天楽 <あまら>

天 楽 ヒーリング



ひとつ ひとつの 細胞を よびおこし 踊らせる処


- 天 楽が 旬の 季節を 迎えました。。。 -

こころ と からだ の くつろぎのために おいしく 実った 二本の手に 出会いください。。。 身体への デザート それが amara art... amara これは 私の マッサージ ユニーク&ソフト どこに いかれても ありません これは 私の マッサージなのです
伊予市双海町 しずむ夕日のたちどまる町
予約 090ー5270ー5391

60分 5000えん

2002|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|07|
2008|01|05|06|07|10|
2009|01|04|
トップ 最新 追記
[XML/RSS]

2009-01-17 携帯から

たまたま 携帯から 入力しています

今日は あの阪神大震災から 14年目

すべての ことが 必然で その事以外は 歴史が 行なっていないなら

あの地震は 何を意味しているのでしょうね

あの時 亡くなった 多くの御霊に 心を 合わせつつ

未だ生きている生を 模索中です

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

 [ふるいにかけられ残されたものとして どう生きるか? 14年経って この日はまた その日に戻って考えさせられます。]

Saakshi [It's a paelsure to find someone who can identify the issue..]

Nunuy [TYVM you've sloved all my problems]


2009-01-18 内なる微笑

いつ: 何もしないで座っているときならいつでも

第一ステップ: 口で呼吸しなさい

下顎をゆるめて、口がほんの少し開くのを許しなさい。口で、深くはない呼吸をはじめなさい。ただ身体に呼吸させなさい。それはどんどん浅くなるだろう。そして呼吸がとても浅くなったと気づくとき、口は開いていて、顎はゆるみ、身体全体がとてもくつろいでいると感じるだろう。

第二ステップ: 微笑みを感じなさい

微笑みを感じ始める瞬間、顔だけではなく、あなたの実存全体に感じ始めなさい。きっとそう感じられるだろう。それはくちびるだけにやって来る微笑みではない。ただ内側に広がる、実存的な微笑みだ。試してごらん。そうすればわかるだろう。なぜならそれは説明できないからだ。顔やくちびるで、微笑もうとする必要はない。ちょうど、お腹から微笑みがやって来るかのように、お腹が微笑んでいるかのように感じてごらん。

そして、それは微笑みであって、笑いではない。だからそれはとてもとても柔らかく、微妙で、こわれやすい。お腹のなかで、小さなバラの花が開き、その香りが体全体に広がっているかのようだ。

一度この微笑みがどんなものであるかを知ったら、あなたは一日24時間、幸福でいられる。そして、あなたがその幸福さをほしいと感じるときはいつでも、ただ目を閉じて、その微笑みをつかまえてごらん。それはそこにあるだろう。昼間、あなたはほしいだけ、それをつかまえることができる。それはいつも、そこにある。

-OSHO-

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

 [ありがと!!]


2009-01-25 タントラ

タントラに関してもっとも基本的なことは。。。

世界は低いものと高いものに分けられていないということ

ひとつのものだということ

高いものと低いものは手をつないでいる

高次のものは 低次のものを内にいだき

低次のものは高次のものを 内にたずさえている。。。

低いものは否定や非難されるべきものではなく

変容されるべきものなのだ

タントラビジョンより

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

 [メビウスの輪のようにまわり繋がっているのね。]

キャサリン♪ [わかりそうで わからないです う〜〜ん、残念!!]

松山 [?高い、低いだけが基準じゃないよ]




こころ と からだ の くつろぎのために
<>

   
9;00〜24:00
 

予約 090ー5270ー5391

場所は



伊予市双海町上灘 しずむ夕日のたちどまる町


ひとはあかるくて 真面目

使える テクニック

  • クラニオ セクラル リバランシング
  • ホリスティック マッサージ
  • フット リフレックス
  • エナジーワーク etc

40分 3500えん 60分 5000えん







この絵は 高知にすむ 絵本作家で 小笠原まきさん(サイトがないので 検索ででる)が あまらのセッションルームの 2.7 x 4 メートル+の壁 に 絵を描いてくれた。 彼女は気づかなかったんやけど 丁度仲秋の明月の日でした。 でおなじ絵を26x20の板に描いてもらって、 それを コンピュータージプシー SAVA が 処理してくれて、 それでセトウが 日記をつくってくれた。

Powered by Oh!Ah!Now!
Powered by Oh!Ah!Net!