this is nowhere broadcasting station ... bit fazzy NOWHERE E.T. Phone Home


日記
絵なし日記
リビングアース
そよ風日記
インド日誌
気まぐれ日記
こころ
トップ
おしゃれ良品店
クィックリリース
マジュヌ
ロータスパラダイス
リアルインド
トップ
ヒマラヤの岩塩
インド安宿建築
メヘンディ
ヒマラヤは語る
SWGAT HAI
テクノロジー
MP3マニア
アート
トップ
lomography
アレグリーア
Vijay
サン・ロータス
視覚に魅せられて
アース
トップ
地球のそらのした
微生物
村人通信
戦争と平和
ウエブウオッチ
みてるだけ
コミューン
トップ
シーポヨのしわざ
遊び場
オープンコミュニティ

オープン・コミュニティ
<<コミューン>>

new
新しい経済オープンな情報
独立した サブテーマ ページになりました。


サブ サイト クイックリリース
オープンコミュニティ
LET's MP3
サブ テーマ
新しい経済 オープンな情報

記事 オープンソース三部作 投げ銭システム

リンク集 プロジェクト ソフトウエア


新しい経済
セトゥ



コミュニティ通貨の特集 です。地域を活性化させる。通貨が流れるように仕組みを用意。通貨の仕組みによって経済が全く違った振る舞いをします。今の通貨の仕組みしか知らなかった私の目のうろこが落ちました。今の通貨の仕組みで世界を回すのにはすごく無理があると思いませんか?
少なくともオープンコミュニティは新しい経済の仕組みを自然と要求するでしょう。コミュニティ通貨はいい勉強になります。
■西部忠 ■ミヒャエル・エンデ リンク
(2001-06)


コピーレフト - 世界にただ一つのオープンコミュニティをつくり出す仕組み
Setu
コピー レフトの名前は、コピーライト(著作権)から作った ユーモアのある名前です。 コピーライトが、「これは 自分の 物だ。ほかの 人は 好き勝手に使ってはいけない」と いう働きをするのに対して、コピーレフトは、その逆、「これは みんなの物だ。 誰もが自由に使ってかまわない」「誰かが 自分だけの物にしたり、みんなが自由に使うのを 規制しては ならない」という働きをします。
(2001-7-30)


EMーXが生命 (いのち) を救う - 医師が実証する大いなる治癒力。
EM-Xが生命を救う
最近セトゥがとっても気になってる EM菌の関連のことで、EM-Xは抗酸化のエッセンスで人間の体にも良く効きます。EM-Xは清涼飲料水として販売されています。それは、価格を安くするためとのことですが、体にとっては最高の薬のようにみうけられます。EMーXはEM菌の重要な働きの一つの「抗酸化」を行う「抗酸化物質」摘出、凝縮したもので、EM-Xには微生物は含まれていません。
(2001-7-15)


「孫氏の兵法」 - ソフトバンクに学ぶ オープンコミュニティの戦略
ヨシロー

さまざまなビジネス雑誌などでいろいろと取りざたされているソフト バンクですが、 ぼくが面白いと感じたその思想性、歴史観、組織論の要点だけを紹介します。CIを統一しないで多様な社名で、アメーバーのように増殖している。 孫正義氏の経営手法、組織論は注目に価するほどのものといえます。「生命の進化」を参考にしている組織を形成しています。
(2001-7-9)

オープンなコンテンツ:音楽、読みもの、情報、…
セトゥ

オープンな情報には、一般に本の形態の情報(小説、雑誌、教科書、マニュアル、など)、 科学的情報、技術的情報、音楽、絵画が含まれます。 その情報にオープンさがあればここに含みます。

オープンでフリーの元祖:グレートフル デッド


ファンに自由にコンサートのライブ録音を勧め、テープを自由にコピーしてみんなにシェアーすることを勧めたグレートフルデッドは、コンサートの観客動員数:ナンバー ワンを誇りました。
デッドのファンでツアーを追いかけてアメリカを旅した(?)ミーナがその時のことを話してくれました。(2001-0627)

  オーディオで聞ける!
 ミーナがせっちゃんに聞いた「リニックスって何がいいの?」
セトゥ

いま、コンピュターの世界から始まって、流れが大きく変わろうとしています。それは技術革新以上のものです。フリー・ライセンスの思想のもとに、国境の壁を越えた人と人のつながりが生み出した夢のシステム…それが、リナックスです。
このシリーズでは、リナックス超大好き人間のせっちゃんが、ミーナさんの質問に答えて、分かりやすくリナックスについて話してくれました。

■第一回 専門家が使うリナックスから、
おばあちゃんも使えるリナックスへ

■第ニ回 リニックスってどこで買えるの?
■第三回 リニックスって……?
■第四回 ユニックスからリニックスへ…
新しいフリーライセンスのOSの出現

■第五回 リニックスの”フリー”というのは、
権利としての自由

■第六回 リニックスは何が、他のソフトと違うのか?
リベルの 遊び心なんだよ

■第七回 GNU(グニュー)プロジェクト。
遊びながら作ったものの方が、最高のものになると言う真実


せっちゃんのちょっと寄り道


空遊の見る限り、…
空遊

オープンなコミュニティーだけが存在のアウトバーンを最高速度で走ることができる。 何かを閉じる、閉じるのは大抵の場合永遠に封印するためではなくって何かを保持しようとする働きな訳。 それ故、何に閉じて何に開くかということを決めたり、 その後に続く手続きや管理に大量のエナジーが必要になる。

そうこうしているとその内に時代遅れになってしまうのが今日の世界。

responsibleであるために速度が必要、速度にはオープンであることが必要。 オープンなコミュニティーが最も価値のあるコミュニティーとなる。

豊かな社会が存在するために基本的に必要な科学技術はすでに存在している。 ただ「閉じていること」とそれに付随する制度のために先進国にさえ 貧しさが大手を振って歩いているのが現状だ。

20世紀の科学的発展が正しく用いられていたら、「働き過ぎ」などという言葉は 過去の遺物になっていたはず。人間の社会制度の歪みと覚醒と感性、知性の不足が 世界が豊かになることを妨げている。

多くの変化が必要だが最も基本的なこと、その土台の一つは「オープンであること」 なんだ。

空遊


虹のオープン・コミュニティーへ - 多次元的なフィールドの醸成 -
ヨシロー

セトウーの「オープン・コミュニティー」に触発されて、ぼくなりのプランを手織で織ってみたいと思います。使うほどに深みの増す草木染の風合い。洗いざらしの木綿の感触・・・さてさて、サイバースペースで味わえるかどうか、試みてみましょう。
(2001-6-9)
  • 「遊性」のルネッサンス。
  • オープン・コミュニティーの特徴
  • 「ジョイントベンチャー方式」とは?
  • ジャングルのような「デジタル生態系」の創出
  • 胎蔵界のマルチバーシティーから
  • オープン・コミュニティーを読んだとき、「遊性のルネッサンス」を予感しました。子供の頃のように遊びやすくなる大人の社会への変革。これまでの変革、革命とはかなり違うようです。


    オープン・コミュニティ(Open Community)
    セトゥ

    もう始まっている新しい世界の仕組み…ソフトウエアで成功しているリニックスに代表されるオープン・ソース・コミュニティは、来るべき「オープン・コミュニティ」のほんの始まりに過ぎない。来るべき「オープン・コミュニティ」の姿とは?
  • オープン コミュニティ サーバーの概要
    オープン コミュニティをネット上につくり出すためのサーバーは何をするのかな? (2001-5-26)
  • 人類解放の歴史概略
  • Brief History of Human Liberation
  • やっと、書けた分かりやすい説明
  • オープンソースの革命
  • (参考) オープンソース三部作
  • どうしてオープンなのか
  • the reason of openness (英語版)
  • アイデアのメモ
  • オープンな機関のメモ

  • いつか「オープン・コミュニティ」を守るための法律が作られるでしょう。これは地球政府の最初の法律になるべきです。
  • オープンな通貨のメモ

  • オープンコミュニティにサポートされたオープンコミュニティのための通貨


    クイック リリース:人格から個性へ
    Quick Release

    オープンかつフリーのヒーリング、セラピー:「クイックリリース」。
    new "詩と絵画"のギャラリー new

    これらは、生命の質を表現した、客観芸術のはずなんだけど、どうでしょう?クイックリリースを通じてだれでもが自分の自然な質を、存在の自然な質を簡単に表現できるようになります。

    楽しい遊びです。
    クイックリリースはにせの「人格」を落して、隠れていた「個性:自分であること:独自性」を解放する。 「人格」と言う牢獄に閉じ込められていた「個性」って言うか「本来の質」を外の空気に触れさせる。

    苦境を好機に即座に変えられること。苦境がすなわち自分に潜んでいる宝石を黄金を指し示す。

    探し求めた練金の法はこれだったのか?

    全てのテクニックが今公開される。人類を次世代へ導く光になるのか? (やー。ちょっと言い過ぎました)

    詳しくは、こちら


    Let's MP3 Let's MP3




    MP3(エムピースリー)今流行りの音楽のデジタルメディア。音楽をオープン・コミュニティにガイドするお道具MP3で遊んでみる。 NOWHEREが総力をあげて 運営するマニアックなサポート・サイトです。
    編集したフリーな音楽を楽しむ
    - 入門篇 - 実用編 - 応用篇
    ソフトウエアの紹介(フリー/ノンフリー)
    - プレイヤー - MP3作製ツール
    とっても詳しく御紹介!
    MP3ファイルをゲットする方法
    - インディーズのサイトも紹介!
    - 自分のCDやテープをMP3に
    - ネットでMP3データを買う
    - 違法なMP3音楽の交換サービス?
    ★ ただいま、サイト管理者を募集しています。ニュースや、記事を書いてくれる人も歓迎! ★


    スペシャル




    ■予告もなく突然始まった、シャルマの連載、「七身体から時代を読む」。噛み付くセトゥ、燃え上がる議論の行方はいかに。 21世紀・元年3月、メーリングリストをお騒がせしたシリーズを、ご要望にお答えしてまとめてお読みできるように致しました。



    紹介
    サイトの紹介をNOWHERE特派員がお知らせします。


    ■エリック・レイモンド: オープンソース 三部作
    エリック・レイモンドは、一般向けにたくさんの文書を書きました。実はそれが、法人が「オープン ソース」を採用し始めたきっかけになっています。 オープンな方法を戦略的にとらえて、たくさんの人たちを理解・納得させる文章です。 もし、あなたがオープンソースの考え方を知りたかったら、いつかこの文章を読まなくてはなりません。 結構分かり易い言葉で、親しみ深い言葉で語ります。英語でもそうだけど、翻訳もね。 翻訳は、やはりオープンソースの山形ひろ氏がしました。
    (3月8日2001年)



    ■投げ銭システム
    「投げ銭システム」は、わたし たちがいいと思ったHPや活動やテキストに、インターネットを通じてその場 で投げ銭のようにお金を送るシステムです。個人と個人、個人と小組織が気軽に少額のお金をやりとりできる小さな市場をインターネットのなかに立てたい、という試みです。
    めざすものは、「市民が市民をささえる土台。市民社会そのもの」、といいましょうか。
    (3月4日2001年)





     最新リンク 
     情報 
     新しい経済 
     プロジェクト 
     ソフトウェア 
     その他 
     検索 
     掲示板 
        最新のリンク
    ↑戻る


    ただいま準備中です。



     最新リンク 
     情報 
     新しい経済 
     プロジェクト 
     ソフトウェア 
     その他 
     検索 
     掲示板 
        プロジェクト
    ↑戻る


    ただいま準備中です。



     最新リンク 
     情報 
     新しい経済 
     プロジェクト 
     ソフトウェア 
     その他 
     検索 
     掲示板 
        ソフトウエア
    ↑戻る


    オープン・ソフトウエア オープンソフトウエアはGNUプロジェクト、フリー・ソフトウエア・ファウンデーションが「フリー・ソフトウエア」と定義し呼んでいるものと同じです。ここでは、「フリーウエア(単に無料のソフトウエア)とはっきりと区別する為に、呼び方を「オープン・ソフトウエア」と呼びます。

    LINUXでは「オープン・ソフトウエア」が当たり前のように扱われていますので、ここにはあえて紹介しません。多分将来LINUXリニックスのページを作ることになるでしょう。

    ウインドウズ用の「オープン・ソフトウエア」

    • GIMP

    • フォトショップと同レベルの画像、ペイント系の道具。日本語で動作しています。多分日本語のマニュアルもあります。
      LINUXから移植されました。ここは英語サイトです。リンクからウインドーズ用のページをたどってください。
       
    • DIA - a drawing program

    •  


     最新リンク 
     情報 
     新しい経済 
     プロジェクト 
     ソフトウェア 
     その他 
     検索 
     掲示板 
        検索
    ↑戻る

    キーワード→