this is nowhere broadcasting station ... bit fazzy NOWHERE E.T. Phone Home


日記
絵なし日記
リビングアース
そよ風日記
インド日誌
気まぐれ日記
こころ
トップ
おしゃれ良品店
クィックリリース
マジュヌ
ロータスパラダイス
リアルインド
トップ
ヒマラヤの岩塩
インド安宿建築
メヘンディ
ヒマラヤは語る
SWGAT HAI
テクノロジー
MP3マニア
アート
トップ
lomography
アレグリーア
Vijay
サン・ロータス
視覚に魅せられて
アース
トップ
地球のそらのした
微生物
村人通信
戦争と平和
ウエブウオッチ
みてるだけ
コミューン
トップ
シーポヨのしわざ
遊び場
オープンコミュニティ

   
348
From: シャルマ  <amritsharma_ch@yahoo.de>
Date: 2001年3月10日(土)  11:42am
Subject: 七身体から時代を読む (BBS)
  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/10(Sat) 15:12
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: 七身体から時代を読む (BBS)

前書き

どーも、
こういったテーマで何回かに分けてここに書き込んで行きたいと思います。
内容はこれから外側の世界がどう変化して行くか、そしてそれに対応するための方向
性、についてです。

自分の立つ場所から自分の経験とOSHO七身体、山手さんの宇宙論、EOイズムなど
からの情報をミックスしてビジョンを展開していきたいと思います。

サニヤシンで七身体について知らない人も結構いるでしょう。OSHOはあまりエソテ
リックなことは英語の講話では語りませんでした。僕もこれは去年初めて知りました。
七身体についてはOSHOの「秘教の心理学」「奇跡の探求2」に書いてあります。

山手さんに関してはたま出版なんかを検索すれば出てくるかな。

EOイズムはお勧めはしません。

この掲示板どのくらいの長文が書けるのか分かりませんので、少しづついきます。

じゃあ
--------------------------------------------------------

353
From: シャルマ  <amritsharma_ch@yahoo.de>
Date: 2001年3月10日(土)  2:30pm
Subject: " ケ型搬里C藥タ紊鯑匹` ケ臑N" (BBS)
  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/10(Sat) 18:00
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: 七身体から時代を読む 主体

初めに断っておきたいのですが、僕はこれを二歳児の子守りをしながら書いています。
きちっとした論理的な文章にまとめたいのですが、なかなかそうもいきません。
ご了承下さい。

さて、未来や過去を知るためには現在に深く入って行かなければなりません。深く入れ
ば入るほど自分=主体は中心に向かい、そこから外を見ることができます。そして内面
世界と外面世界は対応しています。

あなたがあなたの世界なのです。
しかし、そう言われてもピンとこない方も多いでしょう。

時代と言ってもそれは個々人相対的なものです。それは喩えていえば、インドでベンツ
と牛車が平行して走っているようなものです。

さて、どうしてそうゆうことが起きるのでしょうか。これをいろんなモデルを使って分
かり易く説明していく試みが、第一回目のテーマ「主体」です。

ここはじっくり時間をかけて、しかも誰でも分かるように既成のモデルを単純化し、た
くさんの実例を引いて、説明を加えていきます。

勿論、いつものことですが、どんな反応も無いでしょうけど(笑)反論や質問などにも
答えていこうと思います。
こちらで判断して、どうでもいいような意見や揚げ足取りなどは無視する場合があると
思います。
--------------------------------------------------------

354
From: シャルマ  <amritsharma_ch@yahoo.de>
Date: 2001年3月10日(土)  3:14pm
Subject: " ケ型搬里C藥タ紊鯑匹` ケ臑N" (BBS)
  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/10(Sat) 18:44
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: 七身体から時代を読む 主体

主体、と言ってもいろんな定義があります。ここでは純粋にこのことについて考えてい
く訳ではありません。
ここでは単に私という感覚がどこにあるか?自己証明をどこに置いている時に、どんな
世界が立ち現れ、実際の現実社会とどう対応しているかを述べるため主体という言葉を
用いていきます。

さて、一口に私=自分=主体と言っても、個々人で一人一人その意味するところに感じ
方に違いがあります。
先ず初めに、単純なモデルを用いて、それを4っつタイプにカテゴライズしていきま
す。

これはEOイズムの六つのタイプの主体感覚のモデルを参考に、それをもっと分かり易
いように単純化したもので、OSHO七身体にも対応しています。

1、下位の三つの身体(これはチャクラにも対応しています)自己同化しているケー
ス。

1、感受性と思考のセンターに自己同化しているケース。

1、意識に自己同化してるケース。

1、意識への自己同化が落ちたケース。

OSHO七身体によると、次に意識自体が消えたケース、非在、があります。
これについては中心ですらないもの、のようですし取り扱いはしません。

さて、分かり易いように頭の中で図式化してみましょう。

円を描いてまたその中にふたつ円を描き、真ん中に点をかきます。一番外側に、下位セ
ンター、次が感受性、思考、次が意識、最後の点が自己同化が落ちたケースとします。
もしあなたが感受性と思考のところに居るとしますと、あなたは外側、つまり下位セン
ター、しかよく見えません。自分のことはおぼろげながら分かる程度ではっきりとはし
ません。
これがルールです。

お分かり頂けましたか?
図を書くと分かり易いですよ。
--------------------------------------------------------

357
From: シャルマ  <amritsharma_ch@yahoo.de>
Date: 2001年3月10日(土)  5:56pm
Subject: " ちょっと一息" (BBS)
  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/10(Sat) 21:26
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: ちょっと一息

なーんだ、ありきたりのモデルじゃあないか、もっと面白くやれ!
っと言う意見もお有りでしょうが、ここは骨格のところ、基礎工事ですからもう少し我
慢してください。
これを基本のモデルといして、今起こっている現象とか近未来に起こるであろうことを
予想していきます。
そこでは応用編としてたくさんの具体的例をあげ、存分にシャルマ節を回しますので期
待していてください。

さて、僕が観ている視点についてですが、これは意識に自己同化しているタイプです。
ですから、今懸命にここを超えることと、ここへの理解について修行をしています。し
かし、ちょっと出た体験ぐらいでは(厳密にいえば体験とも言えませんが)このタイプ
について理解したとはいえません。

そこから観た現象理解と近未来の予想ということです。

コナラーク寺院を訪れたことはありますか?
カルカッタから南へ下ったところにあるプーリーという街のそばにあります。ここは確
かジャガナートプーリと言われているヒンドゥの聖地です。

僕が訪れたのはもう十年も前の話ですので、記憶は定かではありませんが、コナラーク
の寺院の外側には、交合図、農夫や職人などの働く人、兵士や軍人、王侯貴族の暮ら
し、などの美しい彫刻がほどこされています。
そして中にはいると、神の偶像が在る部屋がありその奥、つまり寺院の中心は空っぽな
のです。

これには驚嘆しました。この寺院はそのままヒンディズムを体現していたのです。宇宙
を顕していたと言ってもいいと思います。OSHOもこの寺院についてどこかで絶賛し
ていたと思います。

とにかく素晴らしいの一語に尽きます。タージなんかも流石に美しいんですが、哲学、
宗教という点では比較にならないものがあります。おそらく古い寺院だと思います。
大英帝国によって寺院の一部、しかも重要な一部が盗まれ、今ロンドンの博物館にある
そうです。

OSHO七身体論を知っていると、こういったことの理解にも役立つと思います。
是非、一読してください。
--------------------------------------------------------

362
From: シャルマ  <amritsharma_ch@yahoo.de>
Date: 2001年3月10日(土)  10:51pm
Subject: " ちょっと一息" (BBS)
  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/11(Sun) 02:21
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: ちょっと一息

えっと、質問がありましたー。普通反応ってのはほとんど無い、無視って感じなので嬉
しいです。

しかし、今回の質問には残念ながら答えません。
それは言葉の定義の問題、例えば意識を定義してくれ、というものとか、どこからの引
用文かというものでした。

まず、今回の企画の主眼はこれから展開する、現実の現象に対する説明とそこから発展
する近未来の予見です。
ですから、今回は探求とは一切関係ありません。道を説いてるのではありません。

いきなり何の説明もなく自説を展開しても、じゃあおまえ根拠はなんだ?と言われます
よね。言われたって別にいいんだけど、それじゃあ説得力もないし面白くもない。
馬鹿があんなこといってらー、で終わり。まあ、これだってそうかもしれないけど、や
っぱりやるからには面白くしたい。

それであっちこっちから既成のモデルを引っ張り出して、あっちこっち弄って、まず分
かり易いモデルをでっち上げる。そこから議論を展開していけば、ああなるほど、そう
ね、そうかもね、よく考えたね、ってことになる。

だから七身体なんて本来どうだっていいんです。ただ権威付けに使っただけですから
ね。ですから、この三つのモデルと七身体とはどう対応しているのか?とかチャクラと
の関係はどうだとか、僕は知りません。そうゆことは自分で調べて納得してください。

言葉の定義の問題も自己判断して読んで下さい。

例えば、主体、って言葉を定義するだけでもこれは大変なことです。
こうゆう探求に関する子細な問題はまた今度。

--------------------------------------------------------

359
From: シャルマ  <amritsharma_ch@yahoo.de>
Date: 2001年3月10日(土)  7:10pm
Subject: " ケ型搬里C藥タ紊鯑匹` ケ臑里筏丗N" (BBS)
  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/10(Sat) 22:40
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: 七身体から時代を読む 主体と客体

ここでは各タイプ別に具体的な主体感覚とそこから見える世界、客体について、またそ
れぞれが現実世界でどのタイプの社会に対応しているかを説いて行きます。

しかし、四つ目の、意識への自己同化が落ちたタイプについてはコメントしません。
ここではこれを単に双六の上がり、としておきます。
 

下位の三つのセンターに自己同化しているタイプについて。

ここで言う下位の三つのセンターとは、セックス、バイタル、エモーショナル、パワー
などです。今現在、多くの人たちがこのレベルに存在していると思われます。俗に言う
世間です。
このレベルの自己同化している時はまだはっきりとした主体感覚はありません。じぶん
というものが何なのか非常にあやふやです。それゆえに人は所有物や社会での地位、自
分の肉体や感情や思考プロセスに常に同化し続けます。
仕事を退職したりすれば自分の存在が無意味に思えるのはこのタイプです。またお金や
外見や体力や地位など、あらゆるものに同化しているために自分のアイデンティティが
はっきりせず、他人の意見によって自分を証明しようとしているのもこのタイプです。

このタイプは基本的に感覚的に生きています。目先のことしか考えられず、欲望の命ず
るままに、本能の要求に従って生きます。また社会の要求にも十分に従います。しか
し、それは単に社会がセキュルティを与えるからに過ぎず、大変利己的な生き方しかで
きません。

上下関係を好み、社会の枠組みから外へはでません。家畜並み、動物並みと言ってもい
いですが、それではあまりにも失礼ですので高等動物と言ったらいいかと思います。

この高等動物がつくる人間ピラミッド(山手さんより引用)が現行の社会と言ってもい
いとおもいますが、ここではこのモデルを分かり易くするために、このタイプに対応す
る社会を後進国、地方、村と定義します。

これについては、たくさん意見があると思います。例えば今盛んに言われている、北と
南の文化の違い、とか先進国の価値観、つまり西ヨーロッパ起源の文化的価値観は絶対
ではない、とかインドは後進国だけれど精神文化は優れているとか、そうゆうことは一
切ここでは語りません。

あくまでもこのモデルを通して進む方向を模索するからです。

つまり、僕の自説、持論だからです。
 

--------------------------------------------------------

360
From:   <setu@via.co.jp>
Date: 2001年3月10日(土)  4:46pm
Subject: Re: " 七身体から時代を読む 主体"(BBS)
  はい。

"シャルマ" wrote:

> --------------------------------------------------------
> TIME : 2001/03/10(Sat) 18:44
> HOST : 195.141.110.97
> NAME : シャルマ
> EMAIL: amritsharma_ch@y...
> TITLE: 七身体から時代を読む 主体
>
> 主体、と言ってもいろんな定義があります。ここでは純粋にこのことについて考えてい
> く訳ではありません。
> ここでは単に私という感覚がどこにあるか?自己証明をどこに置いている時に、どんな
> 世界が立ち現れ、実際の現実社会とどう対応しているかを述べるため主体という言葉を
> 用いていきます。
>
> さて、一口に私=自分=主体と言っても、個々人で一人一人その意味するところに感じ
> 方に違いがあります。
> 先ず初めに、単純なモデルを用いて、それを4っつタイプにカテゴライズしていきま
> す。
>
> これはEOイズムの六つのタイプの主体感覚のモデルを参考に、それをもっと分かり易
> いように単純化したもので、OSHO七身体にも対応しています。
>
> 1、下位の三つの身体(これはチャクラにも対応しています)自己同化しているケー
> ス。
>
> 1、感受性と思考のセンターに自己同化しているケース。
>
> 1、意識に自己同化してるケース。
>
> 1、意識への自己同化が落ちたケース。
>
> OSHO七身体によると、次に意識自体が消えたケース、非在、があります。
> これについては中心ですらないもの、のようですし取り扱いはしません。
>

用語について、私は混乱しています。
観察者(ウイットネス)と?意識のマインドです。
あと、何処からの引用かを書いてくれるとありがたいです。
OSHOはいくつかの本で違ったモデルを示していますから。
(細かい情報は探求に邪魔になるので話さないとも言ってますから)。
日本語になっている本で知っているのは、「瞑想」の本です。

また、上で意識というのは「自意識」ということでしょうか?

また、「下位の三つの身体」でまとめると分からなくなります。

>
> さて、分かり易いように頭の中で図式化してみましょう。
>
> 円を描いてまたその中にふたつ円を描き、真ん中に点をかきます。一番外側に、下位セ
> ンター、次が感受性、思考、次が意識、最後の点が自己同化が落ちたケースとします。
> もしあなたが感受性と思考のところに居るとしますと、あなたは外側、つまり下位セン
> ター、しかよく見えません。自分のことはおぼろげながら分かる程度ではっきりとはし
> ません。
> これがルールです。
>
> お分かり頂けましたか?
> 図を書くと分かり易いですよ。

また、7つの身体論にも、全く関係なく進むタイプの人もいますから
興味がなければ、それでいいと思います。また害になる人もいると思います。
私個人は、7つのチャクラ、7つの身体、7つの意識でとらえるのが
分かり易くて好きですが。でも、時々、単に「目撃」でいることが一番とも
思います。

ところで、7つの身体論的な側面からワークを進めていたのは
和尚ミステリースクールですが、現在その本体はセドナの和尚アカデミーに
移っています。本体というのはオショウからガイダンスを受けながら
そのようなタイプのワークをしていた人たちのことです。
そこで行われる「エソテリック・サイエンス」トレーニングでは、
オショウの7つの身体論をまとめたテキストを配っていると思います。

また、エソテリックである事と、「瞑想が進んでいるとか」、「精神が高い」ことは
ほとんど無関係ですから、関心のない人は、関係のない人でしょう。
また、エソテリックであるとサニヤシン相手では「瞑想してないんちゃう」とか
思われます。はは。サニヤシンは「瞑想家風タイプ」と「ゾルバタイプ」と
「エソテリック」タイプなどがいますが、エソテリックタイプには一番
日の光が当たりません。また、「ゾルバタイプ」は瞑想にはまっている
ひとが多いです。「毎朝5時半からしっかりダイナミックして、で一日
しっかり遊ぶ」。夜明けまで新しい恋人とエッチしていても、
「あ、ダイナミックの時間だ」とか言って出かけるタイプ。
メディテーター・ザ・グレート。

ラブ
セトゥ

   
361
From: シャルマ  <amritsharma_ch@yahoo.de>
Date: 2001年3月10日(土)  9:46pm
Subject: " 続き" (BBS)
  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/11(Sun) 01:16
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: 続き

さて、次は感受性と思考に自己同化しているタイプです。

ここからいわゆる個人主義というものが芽生え始めます。しかしこのレベルの個人主義
とはまだ周囲との比較に過ぎないものです。極端な例をあげれば、天安門広場で皆が国
民服を着て整列している時に、派手なパーティドレスを着て出て行くようなものです。

西欧諸国や日本の都市部で言われている個人主義とはこのことです。
主体感覚は思考プロセスの中にあります。ここでは人は国家、民族、地域社会、という
ような第一のタイプが自己同化しているものからは離れています。

良い例はその国や民族が経済的、社会的、政治的に今の価値観で見て遅れていればいる
ほど、人は政治だの革命だの民族主義だの民族の解放だのと言って議論ばかりしていま
す。ところが反対に豊かな国の人はそんなことよりも、もっと個人に関わること、を追
求しています。自己実現などと言われ始めるのもこの辺からです。第一のタイプが目指
していた価値観もここでは失われ始めて、自分のやりたいことは何か?自分の生きがい
とは何か?自分発見なんてことも言われていますが、自分とは何かとは問い掛けませ
ん。

即ち、芸術鑑賞、趣味、旅行、恋愛、空想、冒険、創造的な生き方、自己実現(このタ
イプが言う意味での)個性の主張、何か自分をワクワクさせてくれるもの、エクサイト
メント、などを求めてあちこちさまよい始めるのがこのタイプです。

自分では自己のアイデンティティがはっきりしているという思い込みがあるかもしれま
せん。ここでは人はより思考に自己同化していて、第一のタイプとの比較では自己につ
いての思考が構築されているようです。思考の量も多く、きちんと整理もされているの
が特徴かと思います。
第一のタイプでは自己についての思考は単純なものでしか有り得ないでしょう。

思考的に生きている、のがこのタイプの特徴です。自分の幸福を追求しています。
このタイプに対応している社会を、先進国、都市と定義します。
--------------------------------------------------------

364
From: シャルマ  <amritsharma_ch@yahoo.de>
Date: 2001年3月11日(日)  1:29am
Subject: " 続き" (BBS)
  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/11(Sun) 04:59
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: 続き

さて、ここまでは非常に退屈な話でしたね。僕も飽き飽きしました。
面倒をおかけしました。
これ読んでる人は暇な人だよね。

しかし、第三のタイプの説明を最後にしなければなりません。
これが終われば面白い?というかサニヤシンらしい、ブラブラの世界が始まります。

さて、意識に自己同化しているタイプ。これは起きない人もあるでしょう。個人からい
きなり非我へ出たり、大衆からいきなり非在へジャンプする人もいるでしょう。

また、第三のタイプでも人によって感じ方は随分異なるようです。自分という感覚が薄
い人、すでに至福を感じ始める人、深いやすらぎを経験する人様々の様です。

僕の場合は自閉を強く感じます。閉ざされているという感覚、分け隔てられているとい
う感覚です。勿論そこには安心や幸福感もあります。しかし、一番強くあるのは自閉と
いう感覚です。環境にもよるかもしれません。

ここでは、この自閉された意識(本来は意識の影のようなものかもしれません)、閉ざ
された意識ということを強調して話を進めて行きます。しかし、それはネガティブなも
のというのではありません。それだから不幸だというのではないのです。

このタイプの人の主体感覚は意識、というか自意識にあります。第二のタイプが個人を
主張し、それぞれの目的や価値を掲げるのに対し、第三のタイプには一つの目的、価値
しか存在しません。それは個としての消滅、全体との合一です。あるいは、そこに留ま
ることを受け入れるなら目的はない、と言えるかもしれません。

そこで表面的にはこのタイプは不活発に見えます。活動は制限され、自然と世間から自
閉して行きます。(あくまでも僕個人の体験)ちょうどヒンドゥで言う林住期にあたる
と思います。隠居して森の中やアシュラムに住んで修行する時期です。

それはネガティブな放棄ではなくて、自然に不要なことはしなくなるんです。必要最低
限のことだけして、後は思索と瞑想の日々です。静かな幸福と言えるかもしれません。
このタイプは哲学者、修行者といえるでしょう。

このタイプに対応している社会はまだ本格的には現れてないでしょう。
強いていうならば、俗世間からの自閉と個と個のネットワーク、というところでしょう
か。

これで三つのタイプの説明を終えました。
たった三つですから頭に入れて下さい。四つも五つもあったら頭に入らないかもしれま
せんが、たった三つです。
ここから、今起こっている現象を説明していきます。それから近未来の予見を行ってい
きます。
--------------------------------------------------------

363
From: シャルマ  <amritsharma_ch@yahoo.de>
Date: 2001年3月11日(日)  00:31am
Subject: " 気がついたこと" (BBS)
  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/11(Sun) 04:01
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: 気がついたこと

えー、

言葉の定義以前の問題で分かり難いと思われる表現がありました。

意識に自己同一化しているタイプ、とは自分は意識だと認識しているタイプです。
分かり易く言うと、感覚遮断機に入った時に立ち上がってくる、意識という感覚です。
目を瞑った瞬間何がありますか?思考以前に。

これは意識との一体化ではありません。一体化では認識は起きません。ですから認識が
あるということは意識の一瞬後です。ですから意識の影の体験とでも言っておきましょ
うか。
自意識でいいでしょうか。
ここはちょっと難しい話になりますのでまた次回に機会があったらお話します。
できれば一体化が起こったあとに。

簡単な用語を見つけました。

第一のタイプ=大衆
第二のタイプ=個人
第三のタイプ=個
第四のタイプ=非個、非我、存在との一体化
第五のタイプ=非在
--------------------------------------------------------

371
From:   <setu@via.co.jp>
Date: 2001年3月11日(日)  11:46am
Subject: マハ日誌、あぷるば日記、休載。「シーポヨ絵なし日記」が救済。
  ほいな。

今日は、マハさんとミーナさんがホリデーに出かけてしまいました。
やれやれ、あーだコーダと言いながら遊んでいたもので、一人になるとなんとなく気が抜けるものです。NWCO (http://nowhere.webhop.net/setu/nowhere/nwco.html も寂しいって言ってます。

で、今日は早々と自分の家です。ニサは、「ダンシング・ウイズ・マスター」って言うブッダホールでするダンスの瞑想をしに行っちゃいました。「一緒に行こうよ」ってニサも言ってて行くつもりだったけど、今日は何かどっとつかれちゃったので、ベッドの上でミーナからまた借りをした「浮浪雲(はぐれぐも)」のコミックスを読んでました。で元気になったけど一人なので、おもむろにラップトップの電源を入れてこうして書き始めているわけです。

さっきの疲れていたのは、何だったんだろうって感じです。何かズズって感じのヴァイブに捕まったって感じでした。そんな感じで、「7身体から時代を読む」のシリーズについいちゃもんをつけてしまいました。気になさらないで続けてください。最初にポストされたのが紛れていて、参考の本の紹介があったのに気がつきませんでした。

ここは「みんなで寄ってたかって、何かを作ってゆく場所」でもありますから、ご検討を。ただ、また、気分でいちゃもんつけるかも知れないので、あらかじめ御かんべんを。

出発前に、ミーナが「背中が朝からすごくいたい」って言ってました。ニサが新しいヒーリングのシェアーをマハスックにするって来てたのですが、マハは出発前のドタバタで忙しいので、「帰ってからにしようか」って言ってたのです。で、急拠ミーナのセッションが始まりました。ベッドルームがゴチャゴチャだったので、リビング(兼NWCO)でしたのですが、近所でコンピュータをいじっていたので、知らないうちに私に飛び火してたのかなぁ。そう言えば、さっきまで特に背中がズズって感じだった。

何はともあれ、数時間後の今はいたって健康に戻ってますので護安心を。へへ。マハはラップトップが半分壊れている状態なので、ホリデーには持って行けませんでした。実は、そのせいもあって、ホリデーに行きたいんだか、行きたくないんだかはっきりしない状態だったですが、それはコンピュータに取り付かれた人には経験があるでしょう。まあ、ホリデーに入ってしまえばホリデーモードに入って楽しむでしょう。出発の時のマハは生き生きしてました。まあ、いつも生き生きしてすが。いぎいぎじでだ。って感じでしょうか。

ニサがミーナに30分程簡単にヒーリングをしたら、あら不思議。「もう、ちっちゃな痛みしかない」ってミーナは大喜び。背中痛くって今日は出発出来ないかもって行ってたんです。ニサルグはチャネラーでもあります。最近チャネリングと同じような手法で、言葉を受け取るかわりに、ヒーリングをするってのを始めています。これがすごく良いです。治療が目的って言うより、その人の「質」を勇気づけるって感じかな?瞑想やにも役立つけど、日々の生活にも役立ちます。たいていの緊張や痛みはエネルギーが原因だったりしますから。

日本にいる間も、私はこのヒーリングのお世話になっていました。何が起きるって、自分の中がクリアーになるので、大抵の問題は問題ではなくなってしまいます。チャネリングと言っても、何処の誰それ神にお伺いを乞うのではなくって、あるエネルギーの質っていうか、誰でもが持っているか、持っているけど表に出て来ていない「質」と継ります。この辺は今度詳しく書いてみようと思っています。彼女はその質とつながってって、ダンスをしてみたり、絵を描いてみたりしています。そのようにして「質」を体験として学んでゆきます。

何はともあれミーナさんは元気になって、「明日に延期かな?」って期待していた反省ザル編集長も、自分のヒーリングを延期したために、ミーナさんにヒーリングのセッションが回って、出発は今日になりました。やっぱりお猿は知恵が少し足りないです。って言うか、存在の流れには逆らえません。

マハは最後の最後までページの調整をしていました。何とか、新生NOWHEREのデザインは一段落した模様です。最後の最後までミーナとセトゥで沢山注文をつけました。ご苦労さまでした。でも一番注文をつけたのは、マハさん自身です。お出かけ先は有名なゴアです。何と夜行バスで10時間以上かけて行きます。ゴアではNOWHEREにも記事の載っているマジュヌと合流の予定です。多分、ページの作成は無理でもBBSかメーリングリストに何か発言があるでしょう。「日本一謙虚な日本人」とか言い出さなければ良いのですが。所で、「日本一」と言う謙虚な人がいるものかは議論に分かれるものです。ホリデーは一週間の予定でございます。その間、アナディとセトゥでホームページはゴチャゴチャになります。はは。

さあ存在はゴアに何を用意しているのでしょうか?帰ったらゴアガイドを充実するからねって言ったました。たぶん失敗談も山ほどあるでしょう。お笑いの国インドは楽しいです。笑えないと嫌いになりますから、笑いを身に付けましょう。

最近はあの、大笑いで有名なサダージを見ません。和尚の本では、かれは「サルディア・グルジアー・シン」とか呼ばれているけど。アメリカに住んでいるって話です。一時期、彼が病気をして古さとに行っていて、その後久しぶりにお見かかけしたときは、とてもほっとしました。「いやあ。深刻なことって何にもないね」ってエネルギーのフィールドを持っておられる方です。深刻なことは何にもないし、大抵のことはうまく行く。うまく行っていないように見えても、それは勘違いだから面倒な風に考えないでね。大笑いして、瞑想したら人生はただの遊び場だってば。って感じに気がつかせてくれます。気がつかなくても、無意識の内にみんなそうなります。

和尚が、「エンライトしたら、サダージの所へ行け」って良く言ってました。「大笑いしてエンライトを一ふきで飛ばしてくれるから」って。いやあ、ありがたいお言葉です。実際サダージはすごくナチュラルな人で、そばに行って何でもないお話をすると自分もナチュラルな子供に戻ったもんです。そうゆう人は、それだけで役に立つ立たないにかかわらず、ありがたいです。女の子達はサダージにエッチして欲しいといってました。私はしてもらった事ないのでドンなのかは知らないです。でで。

所で何時も「はぐれ雲」を読んでいて思うのは、「ジョージ秋山」は和尚の本を読んでいるかもって思います。皆様はどうお思いでしょうか?

明日は、ニサルグのお友達のレバの家に遊びに行きます。この叔母さんも色んなことをする人で、チャネリングもします。私達の間では事ある事に、チャネリングやらチャクラのリーディグリーディングやらを、友達の間でしあいます。便利なのは、マインドではない部分で何かをしてもらえるって事で、マインドや理屈を信用していない私達にはありがたいです。

明日はニサルグが新しいヒーリングのセッションをしに行きます。日本にいたときと違うのは、自分で見つけた新しい「質」の助けを借りてヒーリングをします。レバも自分で見つけた「質」を沢山持っています。25種類くらい。へへ。
ニサルグは少しおくれて自分で見つけた「質」を受け取り始めました。で、何を愚図愚図しているのかと思っていたら、最初にやって来た「質」は、かなり高品質?です。名前を、"Lotus Paradise, unfolding the new being" 「蓮の花のパラダイス。新しい存在を花開くこと。(?)と言います。もう、1年以上彼女の回りにやって来ていた「質」です。ひとたび、「質」がやって来ると、それは「絵」や「詩」などを使って記録したり、その質をエネルギーや雰囲気としてそのままクリスタルの中に固定します。
彼女がそれを受け取った日に、彼女がそれがどんなものであるか説明をする前に、私がそれにチューニングしてどんな質なのかを彼女に言いました。それは「新しい存在を花開くこと」にぴったりの感じでした。

次の日に、「ヒーリングしてくれー」って頼んだら。第一号でやってくれて、それは今までのとはちょっと違った。もっと何か強力でなおかつとてもソフトなものだった。横たわった私の横に彼女が座って、「質」と同調し始めたとたん、私は思わず丹田から「あはっ」と笑ってしまった。理由もなく。私の丹田がひと声笑った感じ。ほとんど彼女は私の体に触れたりしないんだけど、時々「質」の入っているクリスタルを体の上に置いたりする。声を出したくなったりして、声をだしたり。笑いが出て来たり、咳込んだり。どんどんと寛いで、30分くらいでプロセスが終った。もう、なにか十分な事が起きた感じで、「もっと」って感じもなく、いやあより正常になった。って感じ。もとに戻ると健康なんだね。

この文章を読んでいる人でプーナにいる人は、彼女に声をかけてみてください。新しいヒーリングの練習をしたがっています。もうすぐ日本に戻るので日本の人と練習したいそうです。あ、アニーシャは?アナディも?とりあえずこれはいいし、何の心配もないセッションです。

彼女が「質」を呼んで、「質」がやって来たら、「何をしたら良いか」分かります。ただ、そのように手を軽く置いたり、クリスタルを置いたり、体の回りで手を動かしたりします。彼女は「なぜ」そうするのかは分からないけど、「何」をその瞬間したら良いのか分かるそうです。これは、和尚の言う、knowing 「知りつつあること」ですね。ご存知の方も多いでしょう。ボディワークをするひとは多分みんな知っていると思います。それは知恵と言うことです。

また、チャネリングと私達が呼んでいるのは、この「知りつつあること」つまり、「その場に対応すること」が声でやって来たり、言葉でやって来たりします。「知りつつあること」を色々な場面で練習することは、私達の知恵を育てることになります。知恵は「なぜ」とか「どのように」を含まずにやって来ます。ただ、その瞬間どのようにあれば良いのかが分かるのです。

ラブ
セトゥ

372
From: シャルマ  <amritsharma_ch@yahoo.de>
Date: 2001年3月11日(日)  5:19pm
Subject: " 三つのモデルから現裲ケ歙こ゚逅擦鮓Ck" (BBS)
  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/11(Sun) 20:49
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: 三つのモデルから現象世界を見る

さて、まず三つモデルを復習していきましょう。

1のタイプ、感覚的生き方、高等動物、大衆、対応している社会は後進国、地方、村。

2のタイプ、思考的生き方、亜人類、個人、対応している社会、先進国、都市。

3のタイプ、自己意識的生き方、人類、個、対応している社会、個々のネットワーク。

分かり易くするためにこれだけにしました。

さて、お話を始める前に僕が現象世界を理解する上で、またそれが内面世界とも相互補
足関係にある、ということを理解する上で大変役にたった山手さんのお話からの抜粋を
出します。

「地球上の航空路が連結し、コンピューターネットワークがインターネットにより相互
乗り入れしているように、世界の交通、通信、情報処理機能がグローバルネットワーク
化している。つまり世界は神経網、血管網でだんだんと有機体になっているんです。」

山手国弘著、宇宙ライブツアーより抜粋

今盛んに行われている会社間の合併、国家間の政策や経済活動の相互乗り入れ、なんか
をみると、正にその通り、と肯けます。
つまるところ、国家から個人に至るまでの規制の枠組みが崩壊しつつある、ということ
だと思います。これは今までの支配体制、権力構造などの上下の関係の崩壊と言えると
思います。

これはサニヤシンにも言えないでしょうか?
例えば僕はもう、サニヤシンという枠組みの中では自分の知りたい情報を全て得ること
はできません。いろんなグループと相互に知識を交換していったほうが自分の置かれて
いる立場を理解する上で役立つ。

せっかくあるネットワークも使い方が分からないのでは、あまり意味がないでしょう。
これは世界中と繋がっている訳ですよ。現にここはスイスだし、このHPの発信地はイ
ンド?だし、皆さんは日本の各地や世界に散らばっている。まあ、いまのところ言語的
制約というのはありますけど、至極開かれた世界なんです。

それなのに使い手の精神がタイプ1的に閉鎖されていたのでは、サルに電話機を与えた
ようなもので、無くたって群れの中で通信できる、あるいは村の中で電話やFAXで十
分こと足りる訳ですよ。

もう一つはこれは個と個が相互に結ばれた、という画期的なことですよね。例えば今は
好きな作家がいれば話すことも楽にできる。病院に簡単な診断も頼める。テレビ、ラジ
オ、映画のように一方的な交通ではなしに、こちらからだって発信できるんです。
消費文化に慣らされちゃってるタイプ1、2がまだ大多数なんでしょうか?

アシュラムも古い支配体制で成り立っていますよね。これについては意見も多いでしょ
うけど、なんか上下関係でしょう。違います?先生=セラピスト、一般サニヤシン=生
徒、って図式でしょう。勿論必要性からでもありますが、これももう移行していかない
と潰れちゃいますよね。

面白いのはインナーサークルから追い出された、なんて言って抗議の為にデモまでやっ
たって話、某有名サニヤシンね、これじゃあ反体制の世界じゃないですか?
古すぎません、こうゆうのって?

さて、話を戻して旧体制が崩壊しつつあります。これをオオムみたいに同じ体制を作っ
て破壊行為をやるってことも、反体制のレベル。狂信的な原理主義のモスリムやヒンド
ゥも同じ、外側の現象世界と内側の精神世界が相互に補足しあって次元移行している、
ということが分かってないから、実に馬鹿馬鹿しいことが各地で起こっている。

つまり、レベル1、2にいる人たちがどんなに頭を捻って、人道主義だとか民主主義だ
とか言ってみても、なに一つ解決されるどころかやればやるほど、混乱が広がって相互
に破壊しあって終わるしかない。

レベル1、2ではもともと主義主張や目的や価値が、相互の立脚点によって違うんで
す。だからどんなにがんばって繕っても、結局は争うしかない。

そして今この旧体制自体がどんな反体制的破壊も無しに必然的に崩壊しつつある。
次元移行はなしくずしに起こっている。つまり新しい方向へ人間の精神世界を向かわせ
なければ、この現象世界の崩壊に伴って、精神的レベルの比較的低い人たちから自然淘
汰、自然消去されてしまう、ということなんです。

そして現実にそれは起こりつつあります。

ただ一気に潰してしまったら、食べていけなくなる。だからそれを補うためにネットワ
ークの社会が立ち上がってきているのです。
--------------------------------------------------------

373
From: シャルマ  <amritsharma_ch@yahoo.de>
Date: 2001年3月11日(日)  8:08pm
Subject: " 三つモデルから現裲ケ歙こ゚逅擦鮓Ck 続き" (BBS)
  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/11(Sun) 23:38
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: 三つモデルから現象世界を見る 続き

さて、今回はこのHPでも取り上げられている、若年層の登校拒否、また自閉症、自殺
などの現象を説明して行きたいと思います。

さて、今日本のどこに生まれようと、純粋にタイプ1の社会、つまり村に生まれること
はありません。
これだけ、テレビなどの情報通信システム、その他が発達している訳ですから村なんか
存在していません。ですから生まれ出てくる社会はタイプ1から2の間かタイプ2で
す。両親もこのタイプです。そして自分たちの価値観を子供に押し付けるんです。
やれ、勉強して良い大人になって社会の支配階級につけだの、それを言わなければ自分
の道や生きがいを見つけろだの、あるいは自分でも何がなんだか分からないから単に物
を与えて甘やかすとか、とにかく自分たちは何も見えてないんです。この今の社会がず
ーと引き伸ばされて続いて行く、少しの変化はあるだろうが基本的にはどんな違いもあ
りはしない、そう考えて子供にいろいろ押し付けて行く訳です。

子供ほうは良く分からないけれど、本当に両親の言う通りなのか疑問がある。特に今、
日本社会のとんでもない歪みを目の当たりにして、日々進歩して行く科学技術を目の当
たりにして、このままの社会体制が続いて行くとは直感的に思えない訳です。
また、両親が持っている目的意識や価値観にも疑問を感じている。

しかし、子供はそれをうまく伝えられないし、力もない。

そして社会全体の重み、閉塞感。タイプ1、2では身の置き所、即ち外へ自己同化する
場所が必要なのに、信頼して身を任せられる共同体はどこにもない。
ここから生じてくる不満、不平、そして苛め。

現象のほうが人間の精神に先行してなしくずしに起こってしまっている。
閉塞感というのは本来、タイプ2からタイプ3に向かっていれば価値観や目的意識の統
一化という内面の現れですから、ポジでもネガでもない自然な現象なんです。

しかし、タイプ1、2の人がこの環境に放り込まれるのですから、これはたまりません
よ。つまり精神が幼稚なのに自閉せざるを得なくなった訳です。これが自閉症です。
若年層はなんとか自分が所属できるグループを探そうとしますが、たとえ見つかったと
してもそこもまた閉塞感のある自閉した場に過ぎません。

ここに不登校、自殺の原因があると思うのです。

生きている意味が分からない。死んでしまいたい。目的意識がない。無気力。
大人たちは何も見えていないから、対処のしようがない。

自閉症ではやはり始めは外へでていくしかありません。それは精神の成熟なしにはタイ
プ2からタイプ3への移行は難しいからです。
いち早く外へ出て、タイプ3へ移行しなければなりません。海外などへ出るのはいいこ
とです。一人で行くことをお勧めします。

サニヤシンでもこの現象は多く見られますよね。プーナではみんなハイでいいのだけれ
ど、社会へ帰るとどーんと重くてやりきれない。悩んじゃう。不幸になる。
ここではタイプ3へより近づかなければなりません。
--------------------------------------------------------

375
From: シャルマ  <amritsharma_ch@yahoo.de>
Date: 2001年3月12日(月)  2:45pm
Subject: " タイプ3に定義を裲ケC慶_5" (BBS)
  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/12(Mon) 18:15
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: タイプ3に定義を少し訂正

これを書いている本人に今朝シフトが起こって、タイプ3の定義を調整したいと思いま
す。なんてやっても誰も興味ないかな?まっ、いいか。どうせ独り言だ。

タイプ3では分離はあります。しかし、それについて不平不満をいうマインドを理解し
たら、分離感とか閉塞感などのネガな側面が落ちます。
ここでは人が在る、個が以前として存在していますが、只在る。
十牛7図を思い浮かべて下さい。

丸の中におっさんがいる。なんとなく只居る。

ここでは目的や価値観が無いともいえるし、有るともいえる。ちょっと定義するのが難
しいですね。

ただ、ここでのお話の全体の流れには支障はない、と思います。
--------------------------------------------------------

376
From: シャルマ  <amritsharma_ch@yahoo.de>
Date: 2001年3月12日(月)  3:33pm
Subject: " 弾丸は残っているが・瘢雹・瘢雹・瘢雹" (BBS)
  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/12(Mon) 19:03
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: 弾丸は残っているが・・・

えーと、お話を進めていかなければならないのですけど、今日かなり楽になちゃいまし
てね、あんまり現象世界のことを書いていこうという気がしないんです。
この方面では僕かなり考えましたから、まだたくさん弾丸は残っているですけど、ま
っ、溜まってるんだけど、なんか厭になっちゃいました。

要点だけ説明しますと、今の人工増加と環境破壊、経済の停滞などの現象を考えます
と、不活性になって自閉していく(これはあくまでも見かけ上です)方向しか考えられ
ません。一見ネガティブに見えるこの傾向も内面世界との相互関係からみていくと、納
得のいく方向なんですよ。

これからは科学技術の進歩や情報通信システムの発達、経済や政治の地球規模の相互乗
り入れが始まって、今までの価値観が崩れてしまう。
人間の精神がこの発達に対応して進化していかなければ、混乱はますます増えて手がつ
けられなくなてしまう。もうなるでしょうけどね。なるしかない。

しかし、分かるところまできている人には分かって欲しい。
そのきっかけとなれば十分です。

もう一つ、セレブレーションとか言ってそれで盛り上がっていられたのは、80年代で
終わったんじゃないかな。
プーナのアシュラムみたいなところが世界中に広がる、っていうのは夢、希望としては
素晴らしいかもしれないけど、時代錯誤、なんてね。

まあ、時代っていうのも相対的なものと始めに言いました。

しかし、現象世界の読みを誤ると、メンタルホスピタルってところへゴールイン、なん
て笑えませんから、くれぐれも気をつけて。

このシリーズはいつかまた再開するかもしれません。

エッチは話の掲示板あったらいいな、なんて考えてます。

んじゃ、また
--------------------------------------------------------

   
377
From:   <setu@v...>
Date: 2001年3月11日(日) 12:26pm
Subject: Re: " 三つのモデルから現象世界を見る"(BBS)
  ハイ。シャルマ。

先日、招待状をegroups.com からお送りいたしましたが
oh-nowhere メーリグリストには参加していただけましたでしょうか?
oh-nowhere-announce リストにご参加いただけたのは確認しましたが
それはこのBBSの内容とリンクされたリストとは違います。
announce リストはNOWHEREの最新情報をお送りするものです。

発言は今のようにBBSへ書き込めば、リストにも繁栄されますから
このままの発言の仕方でいいと思います。

ただし、質問や議論はメーリングリストで起こると思いますので
oh-nowhere メーリングリストに来る可能性が多いので、参加して
受信していただけるとありがたいです。現在17名の方が参加され
ております。

また、我々のメーリングリストはとてもフレキシブルに運営されています。
もし、oh-nowhere のリストの発言が忙しくなるようでしたら、いつでも
新しいリストへと独立してゆく事が出来ます。独立に際して、リストの
参加者を全員新しいリストへ引き連れていきます。

ちなみに、私はBBSへはあまり行きません。インターネットへの接続を
短くしておりますので、メーリングリストへの発言が簡単ですから。
私の発言はBBSに出てこない事がほとんどです。

ラブ
セトゥ

378
From:   <setu@v...>
Date: 2001年3月11日(日)  2:37pm
Subject: Re: " 三つのモデルから現象世界を見る"(BBS)
  ハイ、シャルマ。

この発言はメーリングリストに出しています。BBSには出てきません。
”CC:シャルマ”にして発信していますのでシャルマにも届くように
なっています。今まで数度お送りしたメールも同じようになっています。

メーリングリストの発言はウエブでも読む事が出来ます。
 http://www.egroups.co.jp/messages/oh-nowhere/?threaded=1&expand=1

いくつか気になる事がありますので書いておきます。

私が持っているモデルではタイプには上下や良い悪いはありません。

思考タイプ - 明確さ、良い悪い、正しい正しくない、で判断する。
感覚タイプ - 感覚的、好き嫌い、感情的に、判断する。
欲望タイプ - 必要性、欲望、に判断する。

統合タイプ - 思考、感覚・感情、欲望が統合されている。

この分類で分かるように「統合タイプ」は他の三つの側面を持ちます。

また、はじめの三つのタイプは、完全に分けられるわけではなく
それぞれのタイプを、それぞれの人、社会の中に全てもっており
どれが一番強いか、どれが一番バランスが取れているか、
どれが一番バランスが壊れているか。などで見ることが出来ます。

サニヤシンと付き合うと楽なのは、「統合タイプ」が多いからです。
少なくとも、そのような方向に向かおうとしています。

また、統合タイプとして完成されるためには、他の三つの全てを
マスターしなくてはなりません。他を下と見て無視したり、避けたり
抑圧することでは出来ません。

超意識群はこれらを土台にして、その他のものとして存在します。
超意識群からの働きかけは思考、欲望、感覚を通じてやってくる
ことが多いです。
- - - - - -

またそこには別の場合のタイプわけがあります。

原初的意識 - 三つ用意する為に書きました。よく知りません。
集合的意識 - 集団を重視する東洋的、農業的社会
個人的意識 - 個人を重視する西洋的、狩猟的社会

そして同じく統合された意識。
これも同じ様に、他の意識のあり方を自分の物にする事によって
達成されます。

東洋人は西洋人のあり方を、西洋人は東洋人のあり方を学ばなくては
なりません。たぶんアフリカ人もでんでん。
どのあり方にも上下、良い悪いはありません。
統合される事が重視されます。

- - - - - - - - - -

またまた、そこには別の場合のタイプわけがあります。

視覚タイプ - 主に視覚を重視するタイプ
感覚タイプ - 主に感覚を重視するタイプ
聴覚タイプ - 主に聴覚を重視するタイプ。言語は聴覚に含めます。

それぞれにたいして、内側、外側、コミュニケーション(橋渡し)の場合
わけがあります。

外側の世界を知るために、視覚を重視する。
内側の世界を知るために、感覚を重視する。
コミュニケーションするのに(つながるのに、今ここにいるのに?)、
言葉を重視する。

組み合わせは3X3X3=27通りありますが、同じ感覚を別の目的で
主につかう人は少ないので(統合されてくると別ですが)、
3!=3X2X1=6通りになるのかな?これは後で誰か証明してみて。

- - - - - - - - -

これで充分混乱していただけましたでしょうか?

悟りや、エンライトや、ポンチョポンチョは全部が統合されなくても
起きると思います。ただし、統合が進むと可能性が高くなってくると
思います。(多分)。

今まで述べた事には垂直方向の成長は含まれていません。
水平方向の成長、それぞれを自分の物にする事、が終わると
自然に垂直方向の成長が始まります。

地球は統合化、垂直方向の成長の段階に入ってゆこうとしています。

これでもっと充分に混乱していただけましたでしょうか?
今信じていることを超えて、進んでゆく事が、混乱をもたらします。
混乱は良い知らせです。

ラブ
セトゥ

384
From: シャルマ  <amritsharma_ch@y...>
Date: 2001年3月11日(日)  8:01pm
Subject: " $B$b$m$b$m(B" (BBS)
  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/12(Mon) 22:01
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: もろもろ

はろー、セトゥ

メーリングリストって僕も一度誘われたんですよ。ところが家のPC西ヨーロッパの言
語を選択していますから、どうのこうのって言われてね。
だぶん文字化けとかね、そんなことですは。

それ以来メーリングリストって聞いただけで拒否反応があって、まだ参加していませ
ん。

内面世界のモデルについては勿論いろんな意見があると思うんですよ。サニヤシン的に
上下はいけない、ジャッジはいけない、なんてことも分かります。
どんなモデルでも作れます。5つでも6つでもいい。

しかし、何度もいうようですが、ここでの主眼はあくまでも、それぞれのモデルがどん
な外面世界を作り出し、それがどんな現実社会に対応していて、そこから今起こってい
る現象を理解し、また近未来を予見するのに、そのモデルを役立てるか、ということで
す。

探求の話ではないのです。

そして分かり易いように、とことん単純化したものがあの三つのモデルなんです。
現実社会も個人もこんなモデルでは測りきれないほど複雑です。それは分かっていま
す。

後ね、僕の話をちゃんと読んでいれば、タイプ3が統合タイプだと理解できるはずなん
ですけど。
円を描いて、外側から123と入れて行くと、3からでは12は見えます。
中心からしか外側は見えません。

「ここ」の水平次元の進化、外側、物質。
「今」の垂直次元の進化、内側、精神。

「ここ」については問題無いですね。AからB、進化なんてない、良し悪しはない、っ
てのは僕にはナンセンス。どちらとも言える訳でしょう。

「今」外周から中心へ向かう、と考えればわかるでしょう?AからA。中心へ行けば行
くほど、全体が見える。ジャッジとは無関係。

そして問題はモデルを構築すること自体ではない、そこからどう読むかです。

あるいは、モデルなんてどうでもいい。直感的に理解したことを、マインドへ伝える為
の方便とでもいいましょうか。

根拠を求めるでしょう、マインドは。それでモデルが必要になる。

ってなことで遊んでみました。

また読んでね。また再開する、かも?
--------------------------------------------------------

386
From:   <setu@v...>
Date: 2001年3月11日(日)  4:34pm
Subject: Re: " タイプ3に定義を少し訂正"(BBS)
  Hi シャルマ

いくつかメールを送りましたが、反応してもらえると嬉しいです。
シャルマの「タイプ3」はセトゥの「統合タイプ」に対応すると思うのですが
いかがでしょう。ただ、「タイプ3」の定義は多少「思考タイプ」よりかと
思いますが。

ところで本BBSとメーリングリストには、「7つのレベル」に対して、一言も
二言もある方が多数おられます。気長に続けると、方々の反応も
あると思います。

ラブ
セトゥ

387
From: setu  <setu@v...>
Date: 2001年3月11日(日)  8:25pm
Subject: " $BL5Bj(B" (BBS)
  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/12(Mon) 22:25
HOST : 203.199.132.44
NAME : setu
EMAIL: setu@v...
URL : http://www.egroups.co.jp/messages/oh-nowhere/?expand
TITLE: 無題

"シャルマ" wrote:

エッチは話の掲示板あったらいいな、なんて考えてます。

「エッチは」は「エッチな」の書き間違えと判断してお返事させていただきます。

ここの運営には方針があって、まず全ては「メインのBBSと、それとリンクされた
メー
リングリスト」から始まります。そこで始まった何かが、「とても忙しくなる」か
、または
「苦情がでる」と、新しい場所が出来ます。新しい場所には、古い場所にいた人が

じめに全員参加します。参加者は自分の判断で、「退会」出来ます。

ですから、エッチな話をまずここではじめることから、始まります。

また、BBSの運営はメーリングリストに比べて手間がかかりますので、メーリング

スト+ウエブからの参加ページ(ウエブから誰でも読む事が出来、登録するとBBS
のようにウエブから書くことも出来る)のみになる可能性が大きいですが。
これは、<a href="http://www.egroups.co.jp/messages/oh-nowhere" target='_top'>http://www.egroups.co.jp/messages/oh-nowhere</a> を見てもらえばどうい
うこ
とか分かってもらえます。

理解していただけましたでしょうか?

では、「エッチな話」をはじめていただきます。(はは。ここではあなたの責任に
おい
て何でも可能だという事です。そう言う方針を私はここに蔓延させたいと思ってい

す)。で忙しくなるか、苦情が出るのを待ちましょう。

ラブ
セトゥ
 
 

--------------------------------------------------------

388
From:   <setu@v...>
Date: 2001年3月11日(日)  5:06pm
Subject: Re: " 弾丸は残っているが・・・"(BBS)
  Hi シャルマ

"シャルマ" wrote:

> えーと、お話を進めていかなければならないのですけど、今日かなり楽になちゃいまし
> てね、あんまり現象世界のことを書いていこうという気がしないんです。
> この方面では僕かなり考えましたから、まだたくさん弾丸は残っているですけど、ま
> っ、溜まってるんだけど、なんか厭になっちゃいました。
>

ん?私のメールがいけなかったカナ?そうだったら言ってください。
最初は、つい、つっかかりたく、なりましたが、今は楽になってます。

とりあえず独り言でいいですから、続けてください。
議論の結果を取り入れながら、変わっていって、そのうち何かが出来てきたら
ポストの結果をまとめて、一つの文章にして、そうしたらページが出来ます。
でマハが気に入ったら、デザインを付けてくれます。誰かほかにデザインを
つけてもいいですが。で、誰かが気に入ったら、NOWHEREの一部として
起きますし。もし、自分のサイトに置いたら、こちらからリンクを張ります。

ラブ
セトゥ

389
From: シャルマ  <amritsharma_ch@y...>
Date: 2001年3月11日(日)  9:45pm
Subject: " $B:F3+(B" (BBS)
  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/12(Mon) 23:45
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: 再開

まあ、意見もあったことだし、暇ですしね。軽くジャブを出しましょう。

これから日本の現状について少し理解していきたいと思います、しかし、その前にダイ
プ2=思考的生き方=都市の時代の終焉について述べていきます。

まず、単なる外面的な学者的読みに終わらないように、理解を深めるために、内面世界
のことから入りましょう。

えー、皆さんはサニヤシン、あるいは準サニヤシン(ジャッジと取らないように)であ
ると僕は仮定していますから、ここで簡単な瞑想の話を始めます。

目を瞑りますと何がありますか?思考、ハイ、あなたはタイプ2と診断されました。
思考を越えて行くには、関わらない、丸ごと無視するのが手っ取り早い方法です。
すると何がありますか?ぼーとしたスクリーンのようなモノ、これを今仮に意識と呼び
ます。本当の意味での意識、純粋意識は認識されませんから、仮に、としておきます。
ここの居るとあなたはタイプ3と診断されます。

思考に居た時は、混乱がありました。何故でしょう?あなたは多だったからですね。
意識に居る時は、人によって感じ方は様々ですが、混乱はないでしょう?少なくともあ
なたは一だからです。一でいることに不満があることは有り得ます。が少なくとも混乱
は無いですね。

さて、これを外の世界へ投影しましょう。(投影はいけない、なんて言わないように)

価値観の多様化、なんてことが言われていました。まだ言われてますか?この「多」は
なんですか?思考=タイプ2です。個人主義なんて言われて過去?ちょっともてはやさ
れたことです。いわゆる自己実現(笑)なんて言うのもこの類です。

それは結構ですけど、その必要に応じて生産、消費を繰り返して、そして幸福を掴んだ
個人や国家、民族は居たのですか?ま、幸福というと語弊があるから、完成された見本
のような者はあるでしょうか?

現実をただ見れば分かります。

ここで誤解して逆戻りする人達がたしかに居ます。このことは後程述べるとして、今僕
たちが直面している問題はつまるところ ここ でしょう。

タイプ2に時代が終わった、新しいものがまだこない、それゆえの混乱。全て頭打ち。
閉塞。出口の無い不況。
都市中心的消費文化とでもしましょうか。これが終わってみんな苦しい。どうするか?

瞑想のコツは何でしたか?丸ごと無視、関わらない、でしたね。
同じ事をすればいいんでしょう。リストラにあっても、失業しても、離婚しても、精神
病になっても、ただご飯さえ食べられるなら、終わったことなんだから、終わらせれば
いいんです。

誰から何を言われようが、執着をなくして、もう丸ごとほおって置いたら言い訳です。
そうすると楽になる。

「諦めてこのスラムの生活に慣れてしまえば、人から貧乏人と言われようと、家庭崩壊
者といわれようが、エイズと言われようが、そんなこと全く気にすることなく、楽に生
きて行けるようになる。」

山手国弘、宇宙ライブツアー、より抜粋。

サニヤシンが都会を捨てて田舎へ移住した、ってのもこの現れでしょう。しかし、しっ
かり自閉してタイプ3に向かわなければあまり意味はない。周りとトラブルを起こさな
いように最低限度のことだけして、後は庭に野菜でも作って、只在る、ってのを生き
る。目的も何もなく、ただ生きるんです。自然の営みのようにね。

都会がどうの、政治がどうの、ってなことを言うのは、瞑想中にマインドは汚いだと
か、良くないだとか、邪魔だ、なんていうのと一緒でしょう。

丸ごと置き去りにすればいいんですよ。

都市は無くならないでしょうね。マインドが消えて無くならないように。無くなったら
困ってしまう。ただ形態がかわって意味も変ってくる。縮小されることもあるでしょ
う。
今までみたいに、都会に憧れて、とか、仕事や興奮を求めて都会に人口が集中すること
はないでしょう。機能としての思考センターとしての都市というのは残るでしょうね。

そして人口は各地に分散して、ネットワークを張り巡らせる。個と個によって運営され
るのが基本的な政治、社会、経済が現れるんです。

その過程によって古い価値に囚われている人々は役割を失って行く。あるいは宇宙法則
のほうから用済みとしてキャンセルされてしまう。

こうゆうことが起きてくる訳です。

--------------------------------------------------------

390
From:   <setu@v...>
Date: 2001年3月11日(日)  7:34pm
Subject: Re: " 三つモデルから現象世界を見る 続き"(BBS)
  Hi シャルマ

日本の社会は、第二チャクラの国です。
一緒にいることが重視され、「役に立たつこと」が重視され、
「役に立たない。仲間はずれ」で、コントロールされます。

西洋は(特にアメリカは)第三チャクラの国です.
独自性が重視され、頼らない事、独り立ちしていることが重視され
「一人じゃ何も出来ないやつ。自信のないやつ。罪悪感」などで
コントロールされます。

第二チャクラが重要視されすぎ、第三チャクラが弱められた結果が
また、第二チャクラ系の攻撃(いじめ)がされた結果が、登校拒否でも
あると思っています。

2と3が逆に攻撃されると、アメリカの暴力問題になるのだと思います。
それぞれの国でそれなりの、問題の出かたがあり、
日本だけ問題あるのではありません。

さて、日本の場合:
「お前なんか、つながってやらない」
「お前なんか、つながる価値がない」

これが、登校拒否:「へん!こっちこそつながってやらない」。
自殺:「私は完全に一人になります」。
自閉症:「つながりたくない」に、なるって感じ。

日本が、ユニークな独自性のある仕事や、素晴らしい個人等が出てこない
のにくらべ、アメリカは、会社としてまとまって何かをするのが苦手で
チームプレーが苦手で、孤独に悩む国であったりします。

日本でインターネットが、「個人が主張する事が出来る」ことが注目され
西洋では「みんながつながりあえる事が出来る」ことが注目され
要するに、インターネットは何かかけていたことを補う力を与えてくれます。

三番目のチャクラを補強すると
「自分を信頼する」
「自分の独自性:みんなと違っている事を好きになる」
「一人でも生きてゆく」
ことが出来ます。日本的個人の攻撃に強くなれる(のかなぁ?)。

もし、ここで「感覚、感性」に対して評価が行けば、第二チャクラは
すくわれるのだけど、半西洋化している日本では、
「理性的論理的であること」が、評価されます。
これはより第三チャクラの仕事になります。

さあ、「みんなから仲間はずれされ、論理的でない子供
(お勉強の出来ない子供)、面白くない事をしなくてはならない子供、
面白い事をする時間を与えられない子供」
の第二、第三チャクラは踏んだり蹴ったりです。

一緒にいてあげること、感性・感覚をもっと大事にしてあげる事、で
第二チャクラがすくわれ、
その子が「自信を取り戻し」「喜びや笑いに満ちる事」で、
「その子らしさを認めること」で、第三チャクラがすくわれます。

まとまっていませんが、思ったことを書いてみました。

ラブ
セトゥ

   
392
From:   <setu@v...>
Date: 2001年3月12日(月)  1:35pm
Subject: Re: " もろもろ"(BBS)
  "シャルマ" wrote:

> はろー、セトゥ
>

はろー。シャルマ。

>
> 内面世界のモデルについては勿論いろんな意見があると思うんですよ。サニヤシン的に
> 上下はいけない、ジャッジはいけない、なんてことも分かります。
> どんなモデルでも作れます。5つでも6つでもいい。
>
> しかし、何度もいうようですが、ここでの主眼はあくまでも、それぞれのモデルがどん
> な外面世界を作り出し、それがどんな現実社会に対応していて、そこから今起こってい
> る現象を理解し、また近未来を予見するのに、そのモデルを役立てるか、ということで
> す。
>
> 探求の話ではないのです。
>
> そして分かり易いように、とことん単純化したものがあの三つのモデルなんです。
> 現実社会も個人もこんなモデルでは測りきれないほど複雑です。それは分かっていま
> す。
>
> 後ね、僕の話をちゃんと読んでいれば、タイプ3が統合タイプだと理解できるはずなん
> ですけど。
> 円を描いて、外側から123と入れて行くと、3からでは12は見えます。
> 中心からしか外側は見えません。
>

ただ、文章を読むと、「高い低い」、「良い悪い」が出てきそうなのと。
タイプ3が、「思考タイプ」に偏って見えるので
タイプ3を、「思考タイプ」「独自性主張タイプ」にして、
はっきりと「統合タイプ」を打ち出して、そうする事で
タイプ1,2,3には何の「高い低いもなく」、どれが「良い悪い」もなく
全てを含む事で、初めて出来上がってくる「統合タイプ」と
言っておきたいのです。

日本人が1,2チャクラで3がかけていがち。
西洋人が1,3チャクラで2がかけていがち。
ように、1,2、(3)にはその順番はないように思います。

私は、「より原始的な社会、つまり、より自然な社会、人工的でない社会」が
とても重要です。実は私は数度に一度、自分で好んで、休息を取るために
原始的(と呼ばれる自然な)社会へ生まれています。(みたいです)。

なぜ、今の今になってアメリカやヨーロッパで原アメリカ人の文化が
見直されてきているか、それは感性感覚を否定しつづけてきた文化が
かけている部分を補い始めているからです。

また、原アメリカ人の文化は「統合された社会」の文化なんです。
それを「次元の低い事もしている」ので「遅れた社会」だと、西洋文明は
勘違いしたのです。

また、インドは「原始的な社会」ではなく、1,2、(3)のどれでもを受け入れる
社会です。それゆえに「4の統合されたタイプ」が出て来やすく、世界でも
まれに見る大量のブッダ産出国であるわけです。

いまでも、世界的な数学者をインドは生み出しています。ノーベル賞の
数は日本よりもずっと多いです。

したがって、1,2,(3)のどれかを受け入れない社会では、精神病者を
数多く生み出します。自殺を、自閉症を生み出します。

健康になるためには1、2、(3)の全てを受け入れ、誰もがそれぞれの
側面を持ち合わせている事を認め合い、1,2,3の「高い低い」をなくし
「統合化された人間を評価する事」だと思います。

> 「ここ」の水平次元の進化、外側、物質。
> 「今」の垂直次元の進化、内側、精神。
>

世界を見るのであれば、世界は統合化以前の姿ですから
それはまだ、水平の成長にあります。
1,2,(3)は同じ水平の次元にあります。
4ができて(統合が起きて)から本格的な、垂直の進化に入ります。

日本が以前「鎖国と言う状況下で水平の成長を超え、垂直の成長をした」後に
鎖国を解く事で、統合を解かれ、世界という広い範囲での統合の段階へと
入ったこと。西洋を取り込むことで、分裂傾向を受け入れ、消化不良で
苦しんでいる姿。問題も極限にまで行けば、向上へ向かい始める。

> そして問題はモデルを構築すること自体ではない、そこからどう読むかです。
>

もし、モデルから「読んでいる」のならば、どんなモデルであるかは重要です。

>
> あるいは、モデルなんてどうでもいい。直感的に理解したことを、マインドへ伝える為
> の方便とでもいいましょうか。
>

直感が「モデル」も示しているのなら、…ははは。

>
> 根拠を求めるでしょう、マインドは。それでモデルが必要になる。
>
> ってなことで遊んでみました。
>

直感は「なぜWhy」かも「どのようにHow」も示さない傾向があります。
オショウが「…問題はない。うまく行く」といい、「どのように?」と質問され
「HOW is not my language」と言いました。

>
> また読んでね。また再開する、かも?

少なくとも、このメールではじめているね。「止める」っていったあと。

私は楽しんでます。今朝おきて、ここに来て、このコンピュータに向かった時より
調子がいいです。シャルノが言わなかったら、思ったり書いたりしなかったことを
しています。ありがとう。たぶん、これも私の統合化の一部?

ラブ
セトゥ

405
From: Setu the Prem  <setu@v...>
Date: 2001年3月13日(火)  9:07am
Subject: Re: " もろもろ"(BBS)
  ハイ、チンタノ。

リスト参加者の中に名前を見つけて、おしゃべりを待っていました。へへ。
すごく納得のいくお話しをどうもありがとう。

サンキュ。

皆様も、「横レス」とか言わずにおしゃべりをどうぞ。たくさん参加すると、何かが生まれ
やすいと思います。NOWHEREは個人的成長にいそしんできたサニヤシンの方々に、共
同体的(共生体的?)活動をサポートする広場でもあります。みんなで寄ってたかって何か
を創って遊びましょう。

ラブ
セトゥ

"Chintano*S.Matsutani" wrote:

> 横レスです。
> Setuの話でなぜ自分がこれほどまでにインドにのめりこんでいるかヒントをくれ
> たので、Setu、ありがとう! 日本が息苦しくて、西洋の文化にいって、疲れ
> て、インドに戻ってみると、ほっとする。インドにいたり、インドの文化に触れてい
> ると、自分の何かが喜んでいるのは、3つのチャクラの関係なのか。シャルマとせ
> トゥの身体モデル論面白く読んでいます。
>  初めてプーラムに行ったとき、アメリカの地をふんで、身体が子供みたいに元気に
> なったのはなんだったのだろう?長いローブやインドの民族衣装を着て、土間にす
> わってケロシンランプの火を起こしながら(こんなことしてるサニヤシン、今はいない
> だろうけど)チャイをつくったり、ほこりだらけになりながら、市場に行って買い物
> したりインド人とからかいあって遊んだり、インド映画や音楽でみるみるうちに私の
> 何かが癒されていくのは、。。そういうことなのか。今の日本は1のチャクラのこと
> も受け入れてはいないのかも?
> 「 統合された社会 」 「統合された人間」 その先の話は2人にまかせるとし
> て、この話は今の私の探求に何かヒントをくれました。 Chintano

396
From: シャルマ  <amritsharma_ch@y...>
Date: 2001年3月12日(月)  7:06pm
Subject: " $B<ALd$KBP$9$k2sEz(B" (BBS)
  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/13(Tue) 04:06
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: 質問に対する回答

えーとですね、まず、モデルに良し悪しとか上下という価値判断が付いているというこ
とですね。それで具体的に例を上げて説明して頂きましたが、僕はこういった反論がく
るであろうことを予め予見していまして、それについてはごく初期の主体モデルを立ち
あげる時点で説明してありますからまず読んでみてください。

もう一度言います。これは探求の為に書いているのではありません。
探求の話であれば、良し悪しや上下の価値判断は確かに不必要であり、邪魔にすらなり
ます。
進化の過程もAからAへ向かう垂直の次元で起こり、別の言い方では周辺から中心へと
向かいます。中心へいたれば周辺も自分であり、そこに価値判断みたいなものは必要あ
りません。実際、内面世界では原初へ帰るという方向ですし。

しかし、ここでの主眼はあくまでも皆さんが現実社会を生き抜く為に、役に立つであろ
う情報を提供するために、現象世界について説明するものです。
この次元で進化はAからBへ、水平に進んでいます。過去から未来という方向ですね。
原始人の石から現代人の科学技術へ向かう方向へ、良し悪しや上下の価値判断を持ち込
むのはおかしいといくら言われてもナンセンスだと言っているんですけど。

実際、現実社会を理想主義的なマインドを一度どけて、大人の現実的な眼で見れば全て
の国が先進国の価値基準に従って、一定の方向へ向かっているのが分かります。ここで
も例外などをいちいち上げていたら話が進まなくなりますから、予めお断りを書いて置
きました。

一つ一つの民族や国家の役割などを全て視野に入れて話を勧めていくのは、これから先
面白い試みかもしれませんが、それでも話は進んでいきませんから、ここでも取り上げ
ることはしません。
またの機会が良いと思います。

ここではこの三つのモデルが

精神、現象、社会、と対応しているところに着眼して下さい。
ここに何か間違いがあるとしたら、話の全体が崩れ去るわけですからね。

そうしたら僕も慌てて狼狽する訳です。(笑)
--------------------------------------------------------

397
From: シャルマ  <amritsharma_ch@y...>
Date: 2001年3月12日(月)  8:30pm
Subject: " $B$b$&$R$H$D(B" (BBS)
  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/13(Tue) 05:30
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: もうひとつ

自然が素晴らしいと感じるのは人間として当たり前ですね。

ここでは一度着眼点を変えて、三つのモデルでものを見ていきます。

先進諸国=思考的生き方=タイプ2、これを精神病院とその患者と仮定します。
後進諸国=感覚的生き方=タイプ1、これを動物園とその高等動物と仮定します。

精神病院で疲れた患者が動物園で休暇を取る。

このモデルでいきますと、これは逆行、退化です。

分かり易い?

また反論したくなった?

して下さい。

しかし、一度感情を度外視してやってみてください。

勿論、何度も言うようにこんなに現実も個人も単純ではないでしょう。
あくまでも考え易いモデルを提供しているに過ぎません。

特別な例として、
動物園の檻の中で瞑想する人も一杯いますからね。
実際、檻の中ほど「光明は在るのか無いのか」と考えるのに相応しい場所はない。
(笑)
--------------------------------------------------------

398
From: シャルマ  <amritsharma_ch@y...>
Date: 2001年3月12日(月)  11:04pm
Subject: " $BF|K\$OD@KW$7$J$+$C$?$N$+!)(B" (BBS)
  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/13(Tue) 08:04
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: 日本は沈没しなかったのか?

昔、日本は海に沈むって話がありましたね。確かに日本列島は沈没しなかった。
しかし、日本は沈没しなかったのか?

日本人の精神が沈没しましたよ。この原因の一つが、タイプ2からタイプ1への逆行で
す。夢や希望を抱いて出発したタイプ2の人たちもそれが実現されてしまうと、こんな
ことは何でもなかった、当たり前のことだった、と空虚感を持ってしまう。
多様になった価値なんか価値でも何でもなかった、自己実現なんて騒いでいたけれど、
実現された自己など、結局面白くも何ともなかったってことでしょう。

今度は幸福を求めて宗教へ走ると、とんでもない集団、破壊的カルトなんかに捕まっ
て、踏んだり蹴ったりの目に会う。
ああ、もう懲り懲りだ、さてどうするんでしょう。ただ感覚の楽しみに耽り出すんで
す。風俗の乱れ、薬物使用、数え上げたらきりがないので止めますが、一般人まで巻き
込んでソドムとゴモラの世界になっている。
ダイプ1への逆行です。

日本だけじゃあないですよ。どこの先進国も同じようなことが起きている。

逆行しない場合はどうなるか?キレちゃう、飛んじゃう、って人たちが世間を騒がせて
いる。幼児虐待とか少年による理由のない殺人とか、食べ物に薬物まぜて人に食べさせ
るとか、勿論こんなことも日常的にどこでも起こっていることです。

そのほか、自閉症、自殺、など解決不可能に思える問題が山積みされている。手の施し
ようは無いでしょう。手遅れという感じ。

タイプ3への移行ということなら、今アメリカのほうが進んでいるでしょうね。

日本は沈没している。

滅びるものは滅びるでしょうね。ここで滅びるものにしがみついたら自分も滅んでしま
う。だから古い価値観を捨てて裸になる。例えばグジャラートで地震があった時に皆大
変困ったけど、サドゥーは平気だった。行っちゃえばいいんだから。

しかし、物質的に裸になればそれでいい、というのではない。
心理的にも裸になって、どんどん剥がしていって、どんな希望も夢も無く、エンライト
メントすら欲しがらず、丸っきりの裸、つるっつるの裸になるしかない。坊主の頭みた
いにね。

成ってみれば、それが清々しいんですよ。モノ欲しがって、生きがい欲しがって、最後
に、欲深くもエンライトメントまで欲しがって、ずーっと、向上、向上でやってきて、
なーーにも掴めなかったけど、掴もうとするのを止めたら、あれっ、ってなことがある
訳です。

これでいいんです。これ以外なにを探してたの?ってなことで笑えるんです。

すっからかん になって すっきり する。

これが新時代の方向性です。
--------------------------------------------------------

401
From: Chintano*S.Matsutani  <chintano@d...>
Date: 2001年3月13日(火)  2:40am
Subject: Re: " もろもろ"(BBS)
  横レスです。
Setuの話でなぜ自分がこれほどまでにインドにのめりこんでいるかヒントをくれ
たので、Setu、ありがとう! 日本が息苦しくて、西洋の文化にいって、疲れ
て、インドに戻ってみると、ほっとする。インドにいたり、インドの文化に触れてい
ると、自分の何かが喜んでいるのは、3つのチャクラの関係なのか。シャルマとせ
トゥの身体モデル論面白く読んでいます。
 初めてプーラムに行ったとき、アメリカの地をふんで、身体が子供みたいに元気に
なったのはなんだったのだろう?長いローブやインドの民族衣装を着て、土間にす
わってケロシンランプの火を起こしながら(こんなことしてるサニヤシン、今はいない
だろうけど)チャイをつくったり、ほこりだらけになりながら、市場に行って買い物
したりインド人とからかいあって遊んだり、インド映画や音楽でみるみるうちに私の
何かが癒されていくのは、。。そういうことなのか。今の日本は1のチャクラのこと
も受け入れてはいないのかも?
「 統合された社会 」 「統合された人間」 その先の話は2人にまかせるとし
て、この話は今の私の探求に何かヒントをくれました。 Chintano
403
From: シャルマ  <amritsharma_ch@y...>
Date: 2001年3月13日(火)  6:31am
Subject: " $B%$%s%I$K$D$$$F(B" (BBS)
  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/13(Tue) 15:31
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: インドについて

市場開放政策以来、インドは急速に変わりつつあります。
プーナに居るだけでそれを感じることができる。どれほど車が増えたことか、MGへ行
けば何でも買えるし、カードでお金も引き出せる。

しかし、インドという国は未だにほかの国に無い存在感と魅力に溢れるところです。
ヒンドゥの精神文化の偉大さは外側からだけでは決して理解できません。
また、ここにはタイプ1からタイプ5まで人間が生きているところです。

しかし、最近の日本の若者がインドについて書いたものを見てみると、交通機関が遅れ
た、人から騙された、といっては、あー、ここはやっぱりインドだ、インドを肌で体験
した、なんて言って喜んでいる。

気持ちは分かりますよね。先進国では何もかもガチガチに縛られていて、全てが予定通
りに、まるで精神病院の日程のように支障無く進んで行く。
そうゆうタイプ2的な社会から見たら、一時的にああ、面白しろいな、非日常的で飛ば
してくれるなあー、って感じでしょう。

でも、一生それだったら?特派員として10年住んだら?
厭になるでしょう、退行なんだから。

それとヒンドゥに心底敬意を持って、自分をインドの子のように感じるような、内面的
な事柄とは分けて欲しいんだな。
これはタイプ1からタイプ5へ向かう方向なんだ。

まあ、ともかく日本の若者がインドへ行くのは面白い有意義なことだね。
いろんな方向へ引っ張られて、大混乱へ陥って下さい。

あなたは誰なのか?インドはそんな疑問をあなたに突き付けてくるかもしれません。
--------------------------------------------------------

404
From: Setu the Prem  <setu@v...>
Date: 2001年3月13日(火)  8:51am
Subject: Re: " 質問に対する回答"( BBS) へのコメント
  ハイ。シャルマ。

単純に言えば、
1:第一身体:肉体
個人的さを重視。
個人の進化を重要視する社会。

2:第二身体:感覚、感情下部
感情的つながりを重視:村、家族。
共同体の進化を重要視する社会。

3:第三身体:感情上部、思考下部
思考、理性的なつながりを重視:都市型。
共有の情報、理論の進化を重要視する社会。

4:第四身体:思考上部、意識
1,2,3を満たす統合型。
少しでも統合していればこの身体が働きます。
統合が安定した時点で、創造的宇宙的進化の土台となる。
1,2,3は4の分ける事の出来ない一部としてとらえる。
慈悲の発現。
理知体が宇宙へ踏み出してゆくためには、統合が安定している事が
必要条件になっている宇宙の決まりがあるようにも感じています。

となります。1,2,3の進化は平行進化になっています。
1,2,3は地球の「南」、「北東(東洋)」、「北西(西洋)」におおむね重なっていま
す。

統合が起きるまでは、1,2,3は相反するようにも見受けられます。

ただ、1が完成するのを待ってから、2を始め、
2が完成するのを待ってから、3をはじめたら、
3が完成した時点で、統合化がほぼ終わっている事になります。
この場合、シャルマの段階的進化が当てはまります。
また、このような進化は(人間の場合も、社会構造の場合も)理想的だと思います。

ただし、そのように進化しているところ(人も社会も)はないように思われます。

たとえば、北西(西洋)は1,2をおざなりにして進化したために、今になって1,2をカ
バーしようとしています。アフリカ的なもの東洋的なものへの憧れです。それは退化ではあ
りません。統合の現われです。また、西洋はある時点で、1,2と繋がる線が切れたとも見
ています。

ですから、私は「段階的進化」ではなく、「平行進化と統合」としてとらえています。たぶ
ん、地球もそのように計画したようにも見えます。多分、自然の持っている性質なのかも知
れません。

人間は生まれた時点で、1、2,3、(4?)の身体を使って生きてゆきますから。まず、
第一身体を学んで、第二身体を学んで、第三身体を…。とは行きません。ほとんどはじめか
ら1,2,3、4の身体を使い始めます。使わなくては生きてゆけませんから。

また、「進化の遅れた」というのは、「統合が遅れた」と置き換えます。統合が起きるため
には各レベルの進化がバランスよく進んでいる必要があります。

長い間(数万年、数億年?)生きているのに統合の度合いが進んでいない、バランスを完全
に崩していて取り戻す気配のない魂は、リフレッシュされる事もあるでしょう。リフレッシ
ュといってもそれは罰ではありません。

すべての魂は一つですから。一つに戻り、新しく分離されます。戻る前と、分離の後の間に
関連がなくなるだけのことです。過去生のない新鮮な、生き生きとした魂として帰ってくる
だけのことです。

話しがそれましたが、世界ネットワークがもたらすのは、共有(共生)による統合です。東
西南北の消失です。この消失を早めるために、オープンムーブメントが重要な役目を持って
います。消失と統合は同時に起こります。東西南北で平行進化した文化が(社会が)統合さ
れてゆく事でしょう。統合が起きる前にはいつでも、混乱がやってきます。

ラブ
セトゥ

407
From: Setu the Prem  <setu@v...>
Date: 2001年3月13日(火)  10:06am
Subject: Re: " インドについて"(BBS)
  オーケー。

"シャルマ" wrote:

> 気持ちは分かりますよね。先進国では何もかもガチガチに縛られていて、全てが予定通
> りに、まるで精神病院の日程のように支障無く進んで行く。
> そうゆうタイプ2的な社会から見たら、一時的にああ、面白しろいな、非日常的で飛ば
> してくれるなあー、って感じでしょう。
>
> でも、一生それだったら?特派員として10年住んだら?
> 厭になるでしょう、退行なんだから。

この退行という視点はどこから来るのかやはり疑問です。

インドはある部分が進歩しており、ある部分が遅れている(欠如している)。
スイスはある部分が進歩しており、ある部分が遅れている(欠如している)。

に過ぎないと思うわけです。

たとえばインド人がスイスに行って、「全てが予定通りに、まるで精神病院の日程のように
支障無く進んで行く」のに接したら、最初は居心地良く感じるでしょうが、やがて嫌になる
でしょう、退行なんだから。自分と自然のリズムを無視するのは退行でしょう?
へへ。

もし、その特派員が、「これはこうなるべきだ」と思っていることがおきずにいらいらして
いて。やがて彼が、いらいらしなくなったとします。もし、それが「鈍感になる」事ではな
く、「自分のマインドが物事の中心ではないし、そうである必要もない。よく見てご覧。物
事は信じていた通りいかなくってもずっとうまく行く。なんで僕はあんなにいらいらしてた
んだろう」ってきずいたら
それは進歩です。必要以上にキッチリ行く必要はないのです。必要以上にキッチリしようと
したら、いろいろな弊害が出てきます。

統合されていない社会では、ある事を物にするのに、別の何かを犠牲にします。統合された
社会では、「そのケーキ、両方もらうよ」が出来ます。統合が安定した時点で、それは第五
段階の始まりになります。

ブッダフィールドは第六身体のフィールドだと言われています。
和尚のブッダフィールドは和尚の第六身体を基底に出来ています。
ブッダーフィールドは調和が自然と起きやすいところです。
でも調和してない事が起きない場所ではないと思うけど。

調和とは「お掃除をするのを遊びだと感じ、料理を苦痛に感じる人」と、
「料理を遊びだと感じ、掃除を苦痛に感じる人」がちょうど偶然具合良く
居合わせて、みんな遊んでいるうちにすべてが起きるところ。
そうこうしているうちに、みんな何でも遊びだと感じられるようになるところ。

普通の社会では、上の例のような事があっても、上司が
「お前は料理をしなさい」と料理が苦痛な人にいったりします。
だれも、すぐ近くに「料理を遊びだと感じる人」がいることにきづかなかったり、無意識的
な意図的に、気づかないようにしたりします。

ただ、全体的には集合的超意識が働きやすいところです。
個人的超意識がサポートされるって事。ただし、自分の信じているパターンを落とす準備が
出来ていて新しい質に開いている必要があります。
和尚の第六身体がどのくらいの期間ありつづけるのか、それが広がって地球を包みこむ事が
できるのか、それはわからないことです。

コミューンにいると、考え方感じ方が変わってくるのはそういうわけです。
私たちの中で、超意識が発言しやすくなります。
恐怖が発言しにくくなります。って言うか根のない恐怖がサポートされません。根のない恐
怖と、根のある恐怖の違いに気づいてください。根のある恐怖は必要に応じて私たちの存在
が発している信号です。

かといって、コミューンが新しい社会のあり方とは言っていません。
集合的超意識のフィールドで何かが起こっているということです。

ラブ
セトゥ

日記
絵なし日記
リビングアース
そよ風日記
インド日誌
気まぐれ日記
こころ
トップ
おしゃれ良品店
クィックリリース
マジュヌ
ロータスパラダイス
リアルインド
トップ
ヒマラヤの岩塩
インド安宿建築
メヘンディ
ヒマラヤは語る
SWGAT HAI
テクノロジー
MP3マニア
アート
トップ
lomography
アレグリーア
Vijay
サン・ロータス
視覚に魅せられて
アース
トップ
地球のそらのした
微生物
村人通信
戦争と平和
ウエブウオッチ
みてるだけ
コミューン
トップ
シーポヨのしわざ
遊び場
オープンコミュニティ