this is nowhere broadcasting station ... bit fazzy NOWHERE E.T. Phone Home


日記
絵なし日記
リビングアース
そよ風日記
インド日誌
気まぐれ日記
こころ
トップ
おしゃれ良品店
クィックリリース
マジュヌ
ロータスパラダイス
リアルインド
トップ
ヒマラヤの岩塩
インド安宿建築
メヘンディ
ヒマラヤは語る
SWGAT HAI
テクノロジー
MP3マニア
アート
トップ
lomography
アレグリーア
Vijay
サン・ロータス
視覚に魅せられて
アース
トップ
地球のそらのした
微生物
村人通信
戦争と平和
ウエブウオッチ
みてるだけ
コミューン
トップ
シーポヨのしわざ
遊び場
オープンコミュニティ

409

From: Chintano*S.Matsutani  <chintano@d2.dion.ne.jp>
Date: 2001年3月13日(火)  7:08pm
Subject: Re: " インドについて"(BBS)

  Setuありがとう。そして、教えてください。
一時期、わたしもチベットとネイティブアメリカンの社会が、とても成熟した社会に
見えて、あこがれていたのですが、そんなに知識はありません。ただ、両者とも、自
然や人間以外の生き物、目上の人間に対する態度、敵に対する態度、目にみえない存
在、神聖なるものに対する態度が本で見知った限り、敬意を表するものだったので
す。チベットの社会というのは、どう思われます?
 私の話は外面的な、外に意識が向かっての話ですから、シャルマの内なる個の成長
のモデルの話からは幼いものかもしれませんが、ちょっと気楽に書いてみたくなりま
した。
 日本のCMで「夫と父を休んで、今日は少年に戻ってみたい」みたいなコピーがTVで
流れたのですが、(3つの部分は同時に存在するという意味でだした例え)
 わたしも1ー2−3−4のように直線的に成長するのでなく、ナイフとフォークで
食べていたけど、はしをつかったほうが満足、金属の味がするから木のフォークのほ
うがおいしい、手で食べてみたら何か別の自分の部分がすごく満たされた、っていう
感じで1に行ったり、2に行ったり、3に行ったりしてるうちに統合されていくのか
なあ?それとも次の段階がでてくるのかなあ?そしてそのどれもの行為が退行とは思
えないのですが。。。???これが2つめの質問です。
                       Chintano
410

From: シャルマ  <amritsharma_ch@yahoo.de>
Date: 2001年3月13日(火)  7:17pm
Subject: " $B%b%G%k$K$D$$$F(B" (BBS)

  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/13(Tue) 22:47
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: モデルについて

setuのモデルとぼくのそれに食い違いがあります。

タイプ1

下位三つの身体、即ちフィジカル、エーテル、アストラルです。
現代人の多くはすでに活性化されているところでしょうから、あえてここを分けること
はないと判断しました。

感覚的な生き方。

タイプ2

第四身体までは内と外の関係ですから、ここでは下位三つ+メンタル体です。

思考と感受性的な生き方。或いは分かり易く思考的生き方。

タイプ3

第五身体。ここが統合体になってます。

二元性、観念などは超えられましたが、未だに「個」が存在している次元です。


タイプ4、タイプ5はそせぞれ、コスミック体、ニルヴァーナ体です。

setuのモデルでも、分かり易いという人がいればそれでいいと思います。
今回のsetuの意見はとても整理されていて良かったですが、複雑化してしまって返
って話を混乱させてしまいます。

モデルはあくまでもモデルですから納得できればいいのです。

上下はいけない、良し悪しの価値判断は良くない、というのも観念だと気づきません
か?サニヤシンの集合無意識にある反社会的観念です。
それは二元性の一部に過ぎませんから、ナンセンスと何度も書きましたが。

心理的にも丸裸になりなさい。これが新時代の方向性なんですよ、これがメッセージで
す。

すっからかんになってからっとする。

この意味するところが分かればそれでいいのです。
でもこれだけ言って分かる人がどれだけ居るのか、そこでこのモデルというのが出てく
る訳で、これは二義的なことです。

コニューンについては人それぞれ意見があってそれでいいでしょう。ポイントは批判精
神も受け入れる、自分の中にもそれを育てる、ということです。
これをやらなければ閉じていって、カルト性が増していきます。

最後に観念破壊をするなら、アシュラムのようなところで瞑想するより、動物園の檻の
中で瞑想したほうがいいですよ。
そのほうがずっと早く終わります。

--------------------------------------------------------
417

From: Anand  <miki@platon.co.jp>
Date: 2001年3月14日(水)  8:16am
Subject: Re: " モデルについて" (BBS)

  シャルマ、はじめまして
Setuおひさしぶりです。

> setuのモデルでも、分かり易いという人がいればそれでいいと思います。
> 今回のsetuの意見はとても整理されていて良かったですが、複雑化してしまって返
> って話を混乱させてしまいます。

シャルマのモデル、Setuのモデルどちらもわかりやすいです。
ただ、シャルマとSetuはそれぞれ別のモデルだから、たぶん、
ここでは、ふたりとも独自に展開していってもらった方が、
読んでる方としては、わかりやすい。

> モデルはあくまでもモデルですから納得できればいいのです。
>
> 上下はいけない、良し悪しの価値判断は良くない、というのも観念だと気づきません
> か?サニヤシンの集合無意識にある反社会的観念です。
> それは二元性の一部に過ぎませんから、ナンセンスと何度も書きましたが。
>
> 心理的にも丸裸になりなさい。これが新時代の方向性なんですよ、これがメッセージで
> す。
>
> すっからかんになってからっとする。
>
> この意味するところが分かればそれでいいのです。
> でもこれだけ言って分かる人がどれだけ居るのか、そこでこのモデルというのが出てく
> る訳で、これは二義的なことです。

シャルマのいってること、面白いから、どんどんモデルの話、進めてください。
要するに、ちゃんと読んでます、と、そのことを伝えたかったわけです。
では。
411

From:   <nadam@aqu.bekkoame.ne.jp>
Date: 2001年3月13日(火)  7:25pm
Subject: 「横レス」Re: " もろもろ"(BBS)

  Hi チンタノ,セトゥ。

> リスト参加者の中に名前を見つけて、おしゃべりを待っていました。へへ。

僕も待ってたんだけど、昨日岡山から帰ってきたばかりで、
まだ未読を消化してないんですのよ。

> 長いローブやインドの民族衣装を着て、土間にす
> わってケロシンランプの火を起こしながら(こんなことしてるサニヤシン、今はいない
> だろうけど)チャイをつくったり、

なんか、こういうチャイが最高なんですよね。
インディアンフレンドが蘊蓄垂れまくりで、入れてくれるチャイも、
これまたGOOD!!

話しが繋がってないって?!……m(_ _)mゴメンです。

ということで、インド人的乱入「横レス」をしてしまいました。
ただ、とにかく愛をこめて。

love
Nadam
419

From: Chintano*S.Matsutani  <chintano@d2.dion.ne.jp>
Date: 2001年3月14日(水)  8:11am
Subject: Re: " モデルについて" (BBS)

  Anandの書いたこと、私も同感です。Anandの言ってることと同じようなこと、今日わ
たしも書こうと思いました。SharmaとSetuの両方の話に大事なものを感じてます。ど
んどん書いてください。 Chintano

> シャルマ、はじめまして
> Setuおひさしぶりです。
>
> > setuのモデルでも、分かり易いという人がいればそれでいいと思います。
> > 今回のsetuの意見はとても整理されていて良かったですが、複雑化してし
まって返
> > って話を混乱させてしまいます。
>
> シャルマのモデル、Setuのモデルどちらもわかりやすいです。
> ただ、シャルマとSetuはそれぞれ別のモデルだから、たぶん、
> ここでは、ふたりとも独自に展開していってもらった方が、
> 読んでる方としては、わかりやすい。
>
> > モデルはあくまでもモデルですから納得できればいいのです。
> >
> > 上下はいけない、良し悪しの価値判断は良くない、というのも観念だと気づきま
せん
> > か?サニヤシンの集合無意識にある反社会的観念です。
> > それは二元性の一部に過ぎませんから、ナンセンスと何度も書きましたが。
> >
> > 心理的にも丸裸になりなさい。これが新時代の方向性なんですよ、これがメッ
セージで
> > す。
> >
> > すっからかんになってからっとする。
> >
> > この意味するところが分かればそれでいいのです。
> > でもこれだけ言って分かる人がどれだけ居るのか、そこでこのモデルというのが
出てく
> > る訳で、これは二義的なことです。
>
> シャルマのいってること、面白いから、どんどんモデルの話、進めてください。
> 要するに、ちゃんと読んでます、と、そのことを伝えたかったわけです。
> では。
>
>
> ホームページ:http://www.aminet.or.jp/fareast/
> Help URL : http://help.egroups.co.jp/
> Group URL : http://www.egroups.co.jp/group/oh-nowhere/
> Group Owner: mailto:oh-nowhere-owner@e...
>
>
>
420

From: シャルマ  <amritsharma_ch@yahoo.de>
Date: 2001年3月14日(水)  11:24am
Subject: " $B#A#n#a#n#d$X(B" (BBS)

  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/14(Wed) 14:54
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: Anandへ

ご尤もな意見がでました。

つまり、シャルマもsetuも独自に話を展開してくれということです。
立脚点が違えば展望も自ずと違ってくる訳ですから、どちらがどうなんて結局水掛け論
で終わってしまう。

setuもsetuのモデルから話を進めてください。

Anandこれはgood。

setuと話しているとナルタナと話しているみたいでね。気づいてみると両方プレム
だった。
お互い独自にやりましょう。

そのまま、ほおって置いたらいいですよ。これはどうゆうことか?
ほおって置いたら危ないじゃないか、とか、みんなを救うんだ、と思ってしまったら、
これは囚われになってしまう。救済思想も危ない。オオムもそれをやって失敗しました
ね。どちらもあなたの観念でしょう?観念から何かを始めていくって手法はタイプ2の
常套手段でした。
それでこうなった。

これからは観念から出て、心理的に丸裸になっていればモノは見えてしまう。
単純明快な答えがそこにあるってことです。
楽々と分かってしまう。自分のことも外のこともね。これからどうなるか?ってなこと
もなんとなく分かってくる。

観念世界で、タイプ2=第四身体+下位身体のレベルで、観念をどう捏ねくりまわして
も、もう何も進展はない、何も分からない、何も解決できない、ところまできている。
ここで、閉塞感に打ちのめされるっていうけど、これはタイプ2にの立脚点からみたら
そう見えるだけでしょう。
だから、何度も見かけ上自閉に向かって行くって表現してきました。

そっから一旦でてしまえば、観念世界が終わりにきている。タイプ2の世界と世界観が
終わりにきている、ってのは次に移行するのには都合がいい。
まるごと無視できるんだから。

観念が落ちると凄く楽になる。それと同時に、ああなりたいとか、これが欲しいなんて
欲望も落ちてしまう。「悟り」すら観念だった。そんなもの求めてるから、今ここに居
られなかった、あれっ、てなことになるんです。

観念無しで生きるのは、勇気もいるし、どんな心理的サポートも無い訳だから傷つくこ
とがあるかもしれない。
だけど、こんなに楽で清々しいことはないですよ。在るものは全部ある、思考も感情も
肉体もセックスも生存欲もね。かわいい子を見れば、ああやりたい って思う。こんなこ
とには手をつけない。必要ないんです。
だけど、何かが無い。何であったのか、そんな要らないモノ抱えてご苦労様なことだっ
たなーと、無いもんが無くなって、在るもんが在る、これでいいじゃないか。

そっから世の中を見るんですよ。それで自分のできることをしていく。
救済じゃない。遊びっていうのでもないな。
アジズは趣味っていてるけど、僕は暇だから書いている。
--------------------------------------------------------
478

From: シャルマ  <amritsharma_ch@yahoo.de>
Date: 2001年3月15日(木)  9:09pm
Subject: " $B#A#n#a#n#d$X(B" (BBS)

  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/16(Fri) 00:39
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: Anandへ

僕はパソに弱いので、返信に仕方も分からないのでここに書き込みます。

良かったらメール下さい。そこに今のあなたの状況とかそうなった経緯なんかを書いて
くれれば、何か役に立つアドバイスができるかもしれません。

役に立たないかもしれません。
--------------------------------------------------------
490

From: Anand  <miki@platon.co.jp>
Date: 2001年3月16日(金)  9:05am
Subject: Re: " Anandへ" (BBS)

  On Fri, 16 Mar 2001 00:39:04 +0900
"シャルマ" <amritsharma_ch@y...> wrote:

> 良かったらメール下さい。そこに今のあなたの状況とかそうなった経緯なんかを書いて
> くれれば、何か役に立つアドバイスができるかもしれません。
>
> 役に立たないかもしれません。

シャルマ、ありがと。
あのときはああだったんだけど、、、
だから、アドバイスなんて、気をつかってもらはなくてもいいよ。
またつるつるな話とか聞かせてください。
楽しみにしてます。
今日、Arjunaという人の「How About Now?」という本を読んでいたら、
stop waiting for experiencesというセンテンスに出会った。
経験しようとするのをやめなさい、と、そんな感じかな。
彼は、パパジの弟子。
http://www.livingessence.com/index.htm

friendship
miki
421

From: Setu the Prem  <setu@via.co.jp>
Date: 2001年3月14日(水)  12:11pm
Subject: Re: " モデルについて"(BBS)

  "シャルマ" wrote:
上下はいけない、良し悪しの価値判断は良くない、というのも観念だと気づきません
か?サニヤシンの集合無意識にある反社会的観念です。
それは二元性の一部に過ぎませんから、ナンセンスと何度も書きましたが。
オーケー。

ジャッジがいけないと言うのはルールではない。
良い悪いと言うのが存在しない場所で「良い悪い」を言ってもしょうがないでしょうと言っているだけです。

また、話をそらせて「ジャッジ」について言うと、「この状況かでしていることが」「この状況かでの今のあり方が」良い悪いってのがあっても、何か形や人や場所が「良い悪い」と言うのはないって事と理解しています。

だから、「ジャッジをしてはいけない」って言う議論をしているわけではないので、道をそれないでください。

先進国、後進国と言うのはあくまで、西洋的工業的な分類で、必ずしも全てのレベルで先進国が進んでいるのではないって言う議論です。先進国が工業的に進んでいるだけではなく、物質的生活や、感性的生活、思考的生活で、安定しているように今見えているのは、この数百年の西洋文明の破壊活動によるものです。

破壊活動が行われる以前は、地球の多くの場所に「物質的、感性的、思考的」に進んだ(安定して営まれている)社会が、共同体が存在していました。その上に統合された(お互いに補い合い、物感思が三つの足として働く)共有共生のコミュニティが合ったのだと思います。もちろん、全ての場所でと言っているわけではありません。

そして今、西洋文明の破壊傾向が落ち着いて来ているので、統合化が再び始まるのだと思います。統合化が意図的に(または傾向的に)進められている社会は、4を行っています。4の統合化がある程度安定した段階でそれは、5に入ります。社会が5に入り始めると、個人が6、7へ進むことを社会がサポートし始めるでしょう。

今の社会はまだ、個人が1、2、3の何処かで従属されること、バランスを壊していることを要求しています。

ちなみに、多くの野菜はインカ文明等の原アメリカ文明から来ていると記憶しています。じゃがいも、トマト、なす(?)、とうもろこし、サツマイモ、たばこ、…もっとあったと思うけど、忘れました。それらはインカ文明等の原アメリカ文明が科学的に進んでいたことを示しています。

最近、アナディがプラブッダの書いた、「アメリカ独立運動とアメリカ合州国の誕生をサポートした原アメリカ人の国」の話を見せてくれました。その国はイロコイ連邦と呼ばれ、今でもニューヨーク州の北カナダとの間に、独立国家として存在しているそうです。アメリカはそれをはずべきこととして感じているそうで、そういうわけで日本では知られていないそうです。アメリカの憲法、連邦制度、大統領制度はイロコイ連邦から受け継いでいます。日本の憲法もその孫と言うわけです。存在の計らいはこんな風にも働くようです。

そういうわけで、破壊・略奪・搾取活動によって「進化していた物質的な足」を取られたのが、いわゆる現在の後進国に過ぎません。そこにはまだ、進んだものが沢山残されています。

ラブ
セトゥ

PS サニヤシンである事は集合無意識の側面と集合超意識の側面があります。
集合無意識だけであるわけではありません。
本来は、集合超意識が目的です。

425

From: Setu the Prem  <setu@via.co.jp>
Date: 2001年3月14日(水)  1:52pm
Subject: Re: " モデルについて"(BBS)

  "シャルマ" wrote:
最後に観念破壊をするなら、アシュラムのようなところで瞑想するより、動物園の檻の
中で瞑想したほうがいいですよ。
そのほうがずっと早く終わります。
アシュラムのフルタイムワーカーになってさらにコミューンサポートを受ける立場のワークをしていると、動物園の檻の中よりもずっと強力です。私にとっては過去の話しですが。
動物は歯をむき出している上に、エネルギーがありますから、眠らせてくれません。

その上、瞑想をサポートする環境が整っているのですから。一日の間に、アシュラムと西洋の行き来を何度もさせてもらえます。(はは)。その上、ワークの内容によっては対外的な交渉が入ります。MGに買い物に行くくらいならいいのですが、ボンベイの海千山千のバリバリのビジネスマンもやってきます。ニューヨークのビジネス界と折り合っている人たちもいます。

ようは奥が深いということです。ビジターの瞑想入門程度がずっと続いているわけではありません。和尚は巧みな設計をしています。ですから、(目覚めた創造性がはたらくためという以外の意味でも)和尚はグループが終わったら「コミューンでワークをしなさい」と言っています。

また、外に出てゆく必要もやってきます。その時期の見極めが肝心です。まあ、時期になったら、出たくなくても出なくちゃならない状況がやってきますが。

また、外での鍛錬の後、何度も戻ってきてアシュラムの次のレベルの訓練に巻き込まれます。和尚が作った仕組みは、何層にも何層にもわたっています。いやぁ。いつも驚かされます。

ラブ
セトゥ

426

From: Setu the Prem  <setu@via.co.jp>
Date: 2001年3月14日(水)  2:15pm
Subject: Re: " モデルについて"(BBS)

  "シャルマ" wrote:
setuのモデルとぼくのそれに食い違いがあります。
 
ここに、コメントとして書きましたから、具体的な論争点が明確になってくると思います。
 
タイプ1

下位三つの身体、即ちフィジカル、エーテル、アストラルです。
現代人の多くはすでに活性化されているところでしょうから、あえてここを分けること
はないと判断しました。

感覚的な生き方。
 

人間は第四身体なしではありえません。
私の言う意味では
タイプ1:はフィジカル重視の第四身体。
タイプ2:はエーテル重視の第四身体。
タイプ3:はアストラル重視の第四身体。
ということが出来ます。第四身体の下層部とでも言いましょう。
タイプ2

第四身体までは内と外の関係ですから、ここでは下位三つ+メンタル体です。

思考と感受性的な生き方。或いは分かり易く思考的生き方。

タイプ4は:統合重視の(偏重のない)第四身体。
と呼べるでしょう。第四身体上層と言ってもいいかも。
ある程度成長し、自覚した第四身体です。

私が感じるにはシャルマは
「タイプ3:アストラル重視の第四身体」だけをここに置いているように
感じます。

「タイプ1:フィジカル重視の第四身体」
「タイプ2:エーテル重視の第四身体」
は私と同様に下位においてあります。

私は「タイプ4:統合重視の(偏重のない)第四身体」だけをココに置いています。
他の三つは下位に置いています。

私が反論する理由が分かってもらえましたでしょうか?
基本的には同様のモデルですが、この意味で問題を感じます。

「ジャッジする事」は「統合(偏重のなさ)」を邪魔します。
ジャッジを抑圧するなと言う意味ではありません。
「ジャッジ」をしたらそれをしている自分の中に何がそうさせているか見なさいということです。そうして「ジャッジ」つまり「二元性」を超えてゆく訓練をします。私たちは何度も何度も、二元性のわなに落ちてゆきます。

欲しい欲しくない(必要、不要):物理的ジャッジ。
好き嫌い:エーテル(感情的)的ジャッジ。
良い悪い(高い低い。光と闇):アストラル(理性的)ジャッジ。

「ジャッジ」とは変更不可能な判断(未来に対しても使われる)を言います。
その場で、スポンテニアスに起きているのは別です。
たとえば、「シャルマはキチガイ」と判断
→「シャルマが何を言っても耳を傾けない」のようなもの。

「今、シャルマが言ったのはキチガイじみてるよ」は、ジャッジではありません。
ジャッジングとジャッジメントの違いといいましょうか。

これらの訓練は第五身体のガイドのもとに進みます。
内なるガイドでも、グルでもいいです。訓練の間、何度も何度も
「二元性を超えた世界」を見るでしょう。

和尚が「私はグルにはなれない」と言っているのは、肉体に入ったときすでにこの段階を終えていると想像させます。「悩む(サファリング?)」の意味がわからないと言っています。そうしてみようとしたが、失敗したとも言っています。今の肉体で訓練をした事がないと、グルにはなれないのかも知れません.「私はマスター(グル)のマスターだ」と言っています。多分、結晶化する一歩手前の状態で肉体に入ってきたのでは、ないでしょうか?

タイプ3

第五身体。ここが統合体になってます。

二元性、観念などは超えられましたが、未だに「個」が存在している次元です。
統合が安定した時点で、第五に入ります。
ただし、第五のサポートのもとに「統合作業中」を、私は第四としています。

シャルマは統合作業中の何度も「二元性のわな」に落ちてゆく段階もココに含めているのかもしれません。

タイプ4、タイプ5はそせぞれ、コスミック体、ニルヴァーナ体です。
ココまで、理解していただけたでしょうか?
基本的に私はシャルマのモデルを理解していると思っていますが。
シャルマは私のモデルを誤解しているように感じます。
また、私もある一点の修正をシャルマに要求しています。

まったく別に話しを続けるのは、何ですから今までのように。
「勝手にそれぞれ話を進める」
「時々お互いに突っかかる」
で良いのではないでしょうか?私はそうしているつもりですが。

また、この文章で論争点が明確になったように思います。この論争点は論争点で重要ですから、論争を続けてゆきたいと思います。
 
 

setuのモデルでも、分かり易いという人がいればそれでいいと思います。
今回のsetuの意見はとても整理されていて良かったですが、複雑化してしまって返
って話を混乱させてしまいます。
 
私が今になって思うには、シャルマのモデルは単純だったので、私から見ると混乱しているように思います。

「セトゥの1,2,3」は同じレベルのことです。どれもシャルマのレベル1に入ります。どれも同じレベルなのですから、インドもスイスも日本も同じレベルで、ただバランスの崩れ方が違うだけです。

ただ、シャルマは「セトゥの3」を上のレベルに置いていて、進化だの退行だの言っているように見えます。

「セトゥの4:統合中」はほとんど「シャルマの3:統合」です。
私は「シャルマの3:統合」を二つに分けて、下半分を(4:メンタル体)と呼んでいます。

「セトゥの1:統合中」はいつでも「どこかに偏重する:1,2,3」可能性があります。自分の「偏重志向」を乗り切るために、世界をアッチコッチ旅するのもいい事だと思います。ただ、「環境に左右されない」のが一番で、それをめざさなければ成長はありません。

モデルはあくまでもモデルですから納得できればいいのです。
 
もちろん、納得できれば。納得できないので、引っかかるわけです。上下はありますが、同じ高さのものに、上下関係を持ってくることには納得がいかないといっています。

さあ、視点が明らかになってきたので、次にどう出てくるか楽しみです。

ラブ
セトゥ

422

From: Setu the Prem  <setu@via.co.jp>
Date: 2001年3月14日(水)  12:13pm
Subject: アーユルベーダ、七つの意識、でへ。

  はい。

ニサルグがしているアーユルベーダのトリートメンとですが、ずいぶん間違いを書いちゃいました。「ドーシャのクリーニング」と書きましたが、「パンチ・カルマ」のクリーニングでした。パンチは5を、カルマはいわゆるカルマですが、過去から溜められているものくらいの意味かしら。

頭のクリーニングの仕方を、「ヨギが鼻から糸をいれて…」と書きましたが、これも間違いでした。たしか誰かそう言った気がしたんだけど、多分誰かが冗談を言ったのを信じたのですね。頭を暖かくしたり、マッサージをしてもらったりして、最後に鼻からハーブの入ったオイルをいれてもらって口から出します。特にいたくもかゆくもなかったそうです。

このクリーニングは今プーナのサニヤシンの間ではやっています。いま、ニサルグが行っているのもいつもサニヤシンでいっぱいのクリニックで、沢山の友人がクリーニングをしてトリートメントをうけて調子が良くなっているお勧めの所です。

そこのドクターはまず、治療に当たって45分以上かけて体のチェックをします。その結果5つの各要素がバランスが取れているかを知ります。バランスが取れていない要素があると、まずそれらの要素に対応する器官のクリーニングをします。各要素のクリーニングに7日間かかります。

彼女の場合三つの要素をお掃除する必要がありました。いままで、肝臓と、腸の掃除が終っていて頭の掃除で終りです。

クリーニングが終らない限り、実際の治療には入りません。治療って言ってもそれは、まだ病気になっていない体を、はっきりとした健康体にする治療ですが。西洋医学でやっと最近言われている「予防医学」って言うのでしょうか?アーユルベーダや漢方医学では当然の事ですね。

七つの意識で言うとアーユルベーダや漢方を作ったのは、六つ目の意識の働きかと思います。7つ目の宇宙的超意識に入ると「エンライト」だそうですから、その手前の意識とつながった人達がつくり出したものですね。

アーユルベーダの勉強には直観の育成が入っています。直観と言うのは5つ目の意識とのつながりです。「今ここにいて、静けさと広がりのスペースにいるときに、やって来る"知ること(knowing)"」です。ただ、5つ目の意識からの信号を正確に受け取るためには1、2、3の意識がある程度統合されている必要があると思います。グランディング(1)、センタリング(2)、自己信頼(3)が整っている必要があるわけです。それぞれ、「自己」のレベルで整っている必要って言って良いでしょうか?意識的であること(4)も大切ですね。

同じように六つ目の意識からの伝達を正確に受けるためには、1、2、3、4の意識がそれぞれ、集合的なレベルで統合されている必要があるでしょう。グランディングと恐怖のなさ(1)、センタリングと愛(2)、自己信頼と信頼(3)、意識的であることと慈悲(4)。これは理論のレベルで話していますので、間違っていたらごめんなさい。

整っていなくとも伝達はやって来ています。受けようとして受けることも出来ます。ただ、何処かに勘違いが混ざることに注意深くしている必要がありますね。それゆえに多くの神託(チャネリング)はトランスかつ意識がなくなっている時に行われるのだと思います。

ただ、統合が進んで意識が強くなって来ていると、意識があるまま集合超意識(6)からの伝達を正確に受け取れるのだと思います。集合無意識の記録も有効に使えると思います。

この後モンジュさんが指摘して下さった、意識の活性化と自覚について見てみたいと思っています。知らないうちに準備をしていたのですね。この偶然の一致(シンクロニシティ)は超えたものがサポートしている時に現れる、流れの中で何かをしているときに起きることだと、私は感じていて、一つの確認の信号として見ます。

そう思って見てみると、数年来個人的にやっている実験的探求があって、「パーソナリティからインディビジュアリティへ」って呼んだりしているのですが、その説明に入る布石をしていることが分かります。そのうち説明を書いて見ようかと思っていたのですが、皆様からのガイドで知らないうちにそちらに向かっていることにも気がつきました。

実は今回NOWHEREで色々おしゃべりするきっかけがあって、一つはなんとなくSNML(サニヤス・メーリングリスト)に首を突っ込んでおしゃべりをしたこと、もう一つは田舎ぐらしの事で新聞社からインタビューを受けて3っ日間それぞれ3〜5時間程度(!)自分の過去やビジョンや『なぜこうしているか?』について話し続けたこと、マハスックとアナディとNOWHEREで遊び始めたこと、ニサルグのビザの件で日本をしばらく離れる必要があったこと、休暇を取ってプーナに滞在していること、コミューンに行かずに毎日マハの家で遊んでいること、超意識層と突然つながって混乱している友人が現れたこと、何を思ったかシャーマが7つの身体と社会のシリーズを書き始めたこと、などなどが実にタイミング良く配置されています。

私は『何処に行くのかな?』って楽しみにしています。

ラブ
セトゥ

424

From: シャルマ  <amritsharma_ch@yahoo.de>
Date: 2001年3月14日(水)  1:39pm
Subject: " Re:[132] $B<7?HBN$+$i;~Be$rFI$`(B $B<gBN$H5RBN(B" (BBS)

  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/14(Wed) 17:09
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: Re:[132] 七身体から時代を読む 主体と客体


> これについては、たくさん意見があると思います。例えば今盛んに言われている、北

> 南の文化の違い、とか先進国の価値観、つまり西ヨーロッパ起源の文化的価値観は絶

> ではない、とかインドは後進国だけれど精神文化は優れているとか、そうゆうことは

> 切ここでは語りません。
>
> あくまでもこのモデルを通して進む方向を模索するからです。
>

setuへ

これが僕がこの話を進めるまえに、きちんとお断りした部分です。
ですから、僕の話に沿った形で意見を言うのであれば、僕の言っていることをまず良く
理解してから話を進めるべきでしょう。

人の意見をいい加減に聞いといて、自分勝手に自分の言いたいことをいうのが、このn
owhereの基本理念ですか?

setuが言っていることぐらい、カウンターカルチャーに一度でも身を置いたことが
あれば誰でも知っていることで、僕だって知ってますよ。
ですが、ここでは話を分かり易く説明するために、一旦そんなこは切り捨てて、モデル
を単純化する必要があった。

ですから、こうして断って置いたのに、何時までたっても同じところをぐるぐる回って
議論を混乱させているのはあなたの方でしょう。

あなたはあなたの作ったモデルに従って、現象を説明していけばいい。
最後にはもうそう言わざるを得ません。

僕に関わるなら、オープンコニュニティを主張して、何かを始めようとするなら、人の
意見をよく聞くべきです。

setuの今の態度は自分や、自分の理念や、自分の理想、自分のコニュニティを守ろ
う、維持しよう、という態度にこちらからは見えますが?

これがオープンの意味でしょうか?
--------------------------------------------------------
427

From: シャルマ  <amritsharma_ch@yahoo.de>
Date: 2001年3月14日(水)  2:35pm
Subject: " $B2?8N@Z$j<N$F$?$N$+!)(B" (BBS)

  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/14(Wed) 18:05
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: 何故切り捨てたのか?

過去だからです。
勿論、過去の遺産から学ぶことができます。十牛図のような素晴らしいものもたくさん
存在したいます。それぞれ好きな方向で学んでいったらよろしい。

しかし、そうして学んだことも、観念に過ぎません。それは役立つものですが最後には
どんな理想も思想も理念もグルも神も宗教も、なんであれ、観念に過ぎないものは観念
に過ぎない。

そして、そこに囚われができてします。

今ここで求められてるのは現象の子細な研究報告ではなく、知識の受け売りでもなく、
過去の遺産のご紹介でもなく、
一体全体、何が起こってて、どうしたら、いいのか?
という疑問に対する明確な答えですよ。

勿論、その答えを聞いたところで何かが起こる筈もない。

しかし、混乱を避けて、究極の単純明快さへ向けてステップを踏む、手助けはできる。

こっちだよー、と指し示す。

こっちとは

今ここ、全部丸ごとないものとして、置き去りにしなさい。瞑想と同じ。

観念、理想があれば巻き込まれる、夢、希望があれば巻き込まれる。目的、価値感があ
ればもっていかれますよ。
「悟り」ってのも同じ。

つるつるになりなさい。在るものは在って、無いものは無い。ほかにどうできる。

この単純明快さが、「今ここ」なのです。未来への方向性なんですよ。
--------------------------------------------------------
428

From: シャルマ  <amritsharma_ch@yahoo.de>
Date: 2001年3月14日(水)  3:04pm
Subject: " Re:[134] $B$A$g$C$H0lB)(B" (BBS)

  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/14(Wed) 18:34
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: Re:[134] ちょっと一息


>
> それであっちこっちから既成のモデルを引っ張り出して、あっちこっち弄って、まず

> かり易いモデルをでっち上げる。そこから議論を展開していけば、ああなるほど、そ

> ね、そうかもね、よく考えたね、ってことになる。
>
> だから七身体なんて本来どうだっていいんです。ただ権威付けに使っただけですから
> ね。ですから、この三つのモデルと七身体とはどう対応しているのか?とかチャクラ

> の関係はどうだとか、僕は知りません。そうゆことは自分で調べて納得してくださ
い。
>

今回のsetuの意見は大変整理されていて、要点をついていました。
これで皆さんの理解も深まりましたでしょうから、良いことだと思いますし、僕も納得
しました。

ただ、何度もいいますが、ここに書いてあるでしょう?

自分で納得して下さい、って。鼻っから、僕はそう言ってるんですよ。

僕に責任が在るとしたらそのテーマ、主題にあるのであって、モデル、つまり枝葉は二
の次、勝手に各自で調べなさい、納得しなさい、そうゆうことです。
始めからそれは明確です。

僕のモデルが単純過ぎるというのは、setuが自分のモデルでもってビジョンを展開
し結論を出してからにして下さい。
そうして初めてモデルの真価が問われるのですから。

山手さんは、たった三つのモデル、即ち、個体本位制、オプション本位制、宇宙本位制
で説明しました。ただ、これでは少し難しい、そこで僕がEOイズムの観念破壊、OS
HO七身体
論をリミックスした形でこれを出しました。
--------------------------------------------------------
429

From:   <nadam@aqu.bekkoame.ne.jp>
Date: 2001年3月14日(水)  3:54pm
Subject: 第五の社会:Re: " モデルについて"(BBS)

  Hi Setu

なんとか未読消化しました。

Setuが持ち出してきた議論、確かに大変面白いですね。
このあたりのことは、和尚の七つの身体論や、
グルジェフの七つの人間論とも、パラレルで接続することだと思います。

もともと、いつもSetuが立ち上げている、
オープンコミュニティなんかの話には、
ベースにこの辺のビジョンがあることが、透けて見えてくるので、
面白く、共感をもってみさせてもらっています。
#ただ、レスを付けるのは長くなりそうなので、
#控えていたんですけど……(^_^;;)

> 破壊活動が行われる以前は、地球の多くの場所に「物質的、感性的、思考的」に進ん
> だ(安定して営まれている)社会が、共同体が存在していました。その上に統合された
> (お互いに補い合い、物感思が三つの足として働く)共有共生のコミュニティが合った
> のだと思います。もちろん、全ての場所でと言っているわけではありません。
> そして今、西洋文明の破壊傾向が落ち着いて来ているので、統合化が再び始まるのだ
> と思います。

これはまさにその通りだと思います。
ただし、共同体は良いとして、「社会」と呼べるほどの大きな規模になると、
「実現」はしても、「安定」はなかなか難しいところでは…?
第四の段階が完全に開化した文明というと、ブッダやマハビーラの時代の、
ビハール地方なんかを思い出します。
「安定」ということを除外していいなら、
日本も時々なかなかいい線まで行っていると思います。

> 4の統合化がある程度安定した段階でそれは、5に入ります。社会が5に入
> り始めると、個人が6、7へ進むことを社会がサポートし始めるでしょう。

これは、ビジョンということであればうなずけますが、
「現実」レベルでは、なかなかに難しいでしょうね。
少なくとも、人類の記憶に残っている有史以来の社会が、社会全体で、
5のレベルにまで到達したことは一度も無かったと記憶しています。
#確か和尚がそんなことをいっていたような…うろ覚えですが。

いずれにしても第五に行くのは非常に困難だと思います。
第四から、第五への移行はいろいろな意味で、次元の違う問題を含むからです。
ただ、現在第五への可能性が、やっと地平線上に見えてきたのも事実でしょう。
おそらく、史上初めて、社会がグローバル化し、同時に重層化して、
多様性を許すことができる環境が整ってきたからだとおもいます。

諸々の障害をクリアーして、なおかつ第五の次元が少しでも活性化された社会になれば、
地上は随分と住みやすくなるでしょうね。
とにかく第五も不可能ではないというのは、なかなか凄いことです。
プラトンもビックリ。

そして、もし第五が実現すれば、和尚のニューマンのビジョンも
ごく当たり前のこととして実現することになるでしょうねえ。


love
Nadam
430

From: Setu the Prem  <setu@via.co.jp>
Date: 2001年3月14日(水)  4:59pm
Subject: Re: [Fwd: Re: 「ノアの方舟計画」

431

From: Setu the Prem  <setu@via.co.jp>
Date: 2001年3月14日(水)  5:02pm
Subject: Re: " Re:[132] 七身体から時代を読む 主体と客体"(BBS)

  "シャルマ" wrote:
--------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/14(Wed) 17:09
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@yahoo.de
TITLE: Re:[132] 七身体から時代を読む 主体と客体

> これについては、たくさん意見があると思います。例えば今盛んに言われている、北

> 南の文化の違い、とか先進国の価値観、つまり西ヨーロッパ起源の文化的価値観は絶

> ではない、とかインドは後進国だけれど精神文化は優れているとか、そうゆうことは

> 切ここでは語りません。
>
> あくまでもこのモデルを通して進む方向を模索するからです。
>
 

TIME : 2001/03/13(Tue) 05:30
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@yahoo.de
TITLE: もうひとつ

自然が素晴らしいと感じるのは人間として当たり前ですね。

ここでは一度着眼点を変えて、三つのモデルでものを見ていきます。

先進諸国=思考的生き方=タイプ2、これを精神病院とその患者と仮定します。
後進諸国=感覚的生き方=タイプ1、これを動物園とその高等動物と仮定します。

精神病院で疲れた患者が動物園で休暇を取る。

このモデルでいきますと、これは逆行、退化です。
------------------------------------
 

これが僕がこの話を進めるまえに、きちんとお断りした部分です。
ですから、僕の話に沿った形で意見を言うのであれば、僕の言っていることをまず良く
理解してから話を進めるべきでしょう。
「言わないと言った」のは忘れましたが上のように「言っていた」のには引っかかりました。他にも言っていたように記憶しています。
 
人の意見をいい加減に聞いといて、自分勝手に自分の言いたいことをいうのが、このn
owhereの基本理念ですか?
私にはそういう傾向がありますが、NOWHEREには理念がありません。私はシャルマの言う事に刺激されて、何かを言います。無関係ではありませんが、理解しきって話しているわけでもありません。また、シャルマもセトゥの言った事を理解して答えていないと感じる事もあります。

また、一般に掲示板やメーリングリストはそういった傾向があります。理由は文章を作っている間、一人の世界に入るからです。文章の途中で誰も勘違いを指摘しませんから。また、私は単に「シャルマ」と会話しているわけではありません。その中には他の人に向けられている事もあると思いますし、独り言の部分もあるわけです。

実際イロコイ連邦の話しは、そのうち取り上げようと思っていたので、独り言を言いましたが、チンタノへの回答の一部になっています。

また、私をNOWHERE体制派とは見ないことです。私は勝手にNOWHEREの一部になっているだけです。まず、アナタもNOWHEREの一部だと思ってください。それはアナタの選択です。私は選択できないし、私が選択したとしてもアナタが選択しなければ、それはほとんど意味を持ちません。

ですからセトゥの個人的な発言です。NOWHEREのほかの人やNOWHEREという名前にも関係のない事です。くれぐれもNOWHEREという実体があるとは思わないでください。

「アシュラムは」と言った瞬間に自分で体制派を作り出します。なぜ中にはいらなのでしょうか。どうして中にいて同じ人たちが増えてくるのを待たないのでしょうか?「体制派」と言ったときに「体制派」を自分の嫌いな形にプロジェクトして、「体制派」をもっと「体制派」にしてゆきます。実際に中にいて、「反対派」に対する防御や恐怖から、「体制派」が作られているのを見てきました。もちろん「反対派」の言う事を巧みに利用したときもあったでしょうが。

このように上の段落はシャルマに向けたものではありません。もしアナタの知っている事を言ったら「知ってるよ」と読み飛ばしてください。「知らねーと思ってんのか」とは思わないでください。

setuが言っていることぐらい、カウンターカルチャーに一度でも身を置いたことが
あれば誰でも知っていることで、僕だって知ってますよ。
しかし、横で聞いている人には知らない人がいますし、普通の人は知りません。単に「インドは遅れていて、原アメリカ人は未開の人たち。彼らは何も私たちが学ぶ事を持っていない」と思っています。
ですが、ここでは話を分かり易く説明するために、一旦そんなこは切り捨てて、モデル
を単純化する必要があった。

ですから、こうして断って置いたのに、何時までたっても同じところをぐるぐる回って
議論を混乱させているのはあなたの方でしょう。
 

私はシャルマの混乱をはっきりさせたかった。少なくとも、私は同じところをぐるぐる回っていません。いくつかの事に関しての理解がはっきりしてきています。

ちなみにほとんど私はシャルマの二つか三つ前のメールに返事をしています。このメールを発信するときにはシャルマからのメールが二つ三つ届いていることでしょう。

 
あなたはあなたの作ったモデルに従って、現象を説明していけばいい。最後にはもうそう言わざるを得ません。

僕に関わるなら、オープンコニュニティを主張して、何かを始めようとするなら、人の意見をよく聞くべきです。
 

さて、前回のメールで意見の相違点が明らかになったと思います。少なくともモデルを作ってみるのはいい事で、私は自分の勘違いや思い込みがクリアーに見つかったりします。
setuの今の態度は自分や、自分の理念や、自分の理想、自分のコニュニティを守ろう、維持しよう、という態度にこちらからは見えますが?

これがオープンの意味でしょうか?
 

私のオープンとは、みんなで寄ってたかってカオスを経由しながら、何かが出来ていくプロセスだと思っています。そして誰もがそのカオスを見たり参加したりできる用意です。ですから、今起きているのはカオスです。もし、他のみんなも話してくれるとカオスが大きくなります。もし、その結果このメーリングリストがカオスになりすぎたら、そのための用意はしてあります。メーリングリストの名誉の独立です。それは私だけが持っている手札ではありません。egroupの設定を見ればわかりますが、それは誰もがもっている手札です。

あなたはNOWHEREのホームページの変更権をもっていませんが、ウエブのどこにでも自分のページを作ってそれをNOWHEREのメーリングリストで話す事が出来ます。NOWHEREのホームページの変更権をもっている誰かが気に入ったら、リンクや紹介がNOWHEREのホームページに置かれるでしょう。

また、シャルマのモデルと、セトゥのモデルを照らし合わせるのは、少なくとも私がシャルマの言っている事を理解しようとする現われです。「うーん。何か違うな」と思ったら、セトゥに間違いがあるか、シャルマに間違いがあるか、相互の理解に間違いがあるか、またはどちらも正しいか、またはどちらも違うかでしょう?私はそれを知りたいです。

また、シャルマはセトゥを「黙らせよう」と、いろいろ言う事で「黙らせよう」としているようにも感じられます。火に油を注ぐような事をシテイマス。でもNOWHEREにエネルギーがおき始めているので、私は良い現象だと思っています。私は自分がNOWHEREの一部だと思っていますが、それはNOWHEREの創生にエネルギーをいれようと思っているからです。これはほかの誰かが決めた事ではありません。

シャルマの言うように私はキーボードに向かって、浮かんでくる言葉を打つ事に喜びを感じています。書いた言葉は未来のシャルマの以外の「あなた」にも向かって話しています。

ラブ
セトゥ

432

From: kousui  <ofh-119@mpd.biglobe.ne.jp>
Date: 2001年3月14日(水)  5:29pm
Subject: すてきなこと♪

  >それはNOWHEREの創生にエネルギーをいれようと思っているからです。


わたしにも なにかできたらいいな。。って感じていて
さきほど 日記に


『 oh! みんなで素敵に創っていこうぜ! 』


と 書いたとこでした。



... love ... kousui



ps
確定申告中
明日締め切りなのに、まだ本気になれないのです。
433
436

From: シャルマ  <amritsharma_ch@yahoo.de>
Date: 2001年3月14日(水)  6:32pm
Subject: " $BF0J*1`$N]#$NCf$NbTA[(B" (BBS)

  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/14(Wed) 22:02
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: 動物園の檻の中の瞑想

ここはOSHOがいつも話していて、ほとんどのサニヤシンがいつも逃しているところ
ですから、注意して読んで下さい。

たとえコミューンの中でどんなに難しいワークを任されても、あるいはどんなに激しく
瞑想しても、こと、つまり一致は起こりません。
何故ならばそこには常に動機が隠されているからです。探求といい、修行といい、ワー
クといい、何かの為に為される訳です。

ですから、ここでは難しさや激しさはもう問題ではないのです。それは全く必要ですが
それだけでは不十分なんです。
勿論、例外もあるでしょうが、エンライトしたといわれる多くのサニヤシンがコミュー
ンを出てから こと が起こったと言っているところを見ると、やはり、こちらの方がよ
り一般的なのでしょう。

どんなに早く走っても水平線は遠のくばかり、犬が自分の尻尾を追いかけている等、い
ろんな形で何千回と言われていますが、いつも逃してしまうところです。

しかし、時期を誤ってはいけません。ガチョウが大きくなってビンが窮屈になるまで、
あなたは待たなければなりません。あせっても何も起きません。
僕はコミューンに反対したことは一度もありません。僕自身がOSHOのメゾッドを通
ってでたんですからね。ただし、批判はします。それは必要です。

さて、動物園の檻の中の瞑想はあなたがたったひとつのことに、それは悟りでも一体化
でも、光明でも瞑想でもなんでもいいでしょう、ひとつのことに関わって頭が一杯にな
ってしまった時から始まります。
ちょうど、老師から「ガチョウの公案」を頂いたの同じです。

あなたは部屋に独り篭って、考えに考えますが答えなどない。ガチョウは益々大きくな
っていきます。つまりあなたのエネルギーがこのことに集中して増大するのです。
寝ても覚めても、こればかり考えて、どう考えても答えなどないのですが、あなたは諦
めることはできません。一生の全てがかかっているからです。

このときあなたは動物園の檻に入っていると想定して下さい。
毎日毎日、檻の中を歩き回って、考えに考え抜く、瞑想もするかもしれません。観客た
ちにいろいろ尋ねられて、身の上話などするかもしれません。あなたは観客にさえ答え
を尋ねてみるかもしれません。

積み木は積まれています。
コップの水は一杯です。

あと一つの木片で、たった一滴の水でも、全体が崩れ去るのに、水が溢れ出すのに十分
です。

さあ、あなたは最後に、もう狂いだしそうなので、誰彼かまわず聞いてまわるでしょ
う。檻の中から、観客へ向かって、「悟りとはなんでしょう?」と聞き始めました。

すると誰かがこう言いました。それは普通のひとかもしれませんし、光明を得た?人か
もしれません。
「そもそも、なんであなたは そ ん な も の を欲しがるのですか?」

この時、あなたは一瞬にして、ことの馬鹿らしさを理解します。ことの全体が初めて見
えたのです。すると同時に何かが落ちる。そして、ここが話の最も美しいところです
が、落ちたものは永遠に戻ってきません。

すると、あなたはどんな時間もなく、檻の外へ出ている。
ガチョウが出た!

これが実はOSHOのメゾッドです。

ここでは、超意識や無意識など必要ありません。それはあなたにとって、観念の一部で
はありませんか?

EOイズムの観念破壊が役立つ地点です。



--------------------------------------------------------
437

From: Setu the Prem  <setu@via.co.jp>
Date: 2001年3月14日(水)  6:03pm
Subject: Re: " Re:[134] ちょっと一息"( BBS)

  HI

"シャルマ" wrote:

今回のsetuの意見は大変整理されていて、要点をついていました。
これで皆さんの理解も深まりましたでしょうから、良いことだと思いますし、僕も納得
しました。
ありがとう。同意してもらったと理解します。
ただ、何度もいいますが、ここに書いてあるでしょう?
自分で納得して下さい、って。鼻っから、僕はそう言ってるんですよ。
シャルマには今までの議論は何かになっているのでしょうか?
少なくとも私には、いい機会でした。また、関連して、いくつか書いておきたかった事も書く事が出来ました。
僕に責任が在るとしたらそのテーマ、主題にあるのであって、モデル、つまり枝葉は二
の次、勝手に各自で調べなさい、納得しなさい、そうゆうことです。
始めからそれは明確です。

僕のモデルが単純過ぎるというのは、setuが自分のモデルでもってビジョンを展開
し結論を出してからにして下さい。
そうして初めてモデルの真価が問われるのですから。

別に今のところビジョンを何にかに対してすることは考えていません。また、実は「7つの身体」をNOWHEREに持ち込むつもりも実はなかったのですが。これはサガでしょう。今回まとめられたモデルは(少なくとも)私にとっていろいろな議論をすすめている上で使える気がします。
山手さんは、たった三つのモデル、即ち、個体本位制、オプション本位制、宇宙本位制
で説明しました。ただ、これでは少し難しい、そこで僕がEOイズムの観念破壊、OS
HO七身体論をリミックスした形でこれを出しました。


ココにいる人たちは「7つの身体」モデルのほかに、

「らくだ」、「ライオン」、「子ども」のモデルが好きかと思います。
多分「らくだの社会」、「ライオンの社会」、「子どもの社会」もあると思います。
「子ども」が最も成長した形です。多分ご存知でしょう。

さて、ついでなので、モデルをまとめてみます。

--------------------------------------------------------
A:統合以前:

人間は第四身体なしではありえません。
タイプ1:はフィジカル重視の第四身体。
タイプ2:はエーテル重視の第四身体。
タイプ3:はアストラル重視の第四身体。
ということが出来ます。第四身体の下層部とでも言いましょう。

ここでは二元性にとらわれています。

例:
欲しい欲しくない(必要、不要):物理的ジャッジ。
好き嫌い:エーテル(感情的)的ジャッジ。
良い悪い(高い低い。光と闇):アストラル(理性的)ジャッジ。

「ジャッジ」とは変更不可能な判断(未来に対しても使われる)を言います。
その場で、スポンテニアスに起きているのは別です。

B:統合を意志:

タイプ4は:統合重視の(偏重のない)第四身体。
と呼べるでしょう。第四身体上層と言ってもいいかも。
ある程度成長し、自覚した第四身体です。

これらの訓練は第五身体のガイドのもとに進みます。
内なるガイドでも、グルでもいいです。訓練の間、何度も何度も
「二元性を超えた世界」をかいま見るでしょう。

C:統合が安定:

統合が安定した時点で、第五に入ります。
統合が結晶化。
二元性、観念などは超えられましたが、
未だに「個」が存在している次元です。

第六第七については触れませんが、第七がエンライトンメントです。
また、このモデルに沿わずに成長するパターンもあります。
例:頓悟禅(って普通の禅でしょう?):段階を踏まない光明。
でも禅のワークは第五から第六への橋渡しだとも言ってるし。
--------------------------------------------------------

このように(人間・社会)基本モデルは3っつの要素です。
誤解が生まれないようにAの中に三つのタイプがあります。

ほとんどの地球上の社会はAのどれかのレベルにあると思います。

ラブ
セトゥ

440

From: Setu the Prem  <setu@via.co.jp>
Date: 2001年3月14日(水)  6:52pm
Subject: Re: 第五の社会:Re: " モデルについて"(BBS)

  Hi Nadam

nadam@aqu.bekkoame.ne.jp wrote:

なんとか未読消化しました。
お付き合いありがとう。
Setuが持ち出してきた議論、確かに大変面白いですね。
このあたりのことは、和尚の七つの身体論や、
グルジェフの七つの人間論とも、パラレルで接続することだと思います。
グルジェフのは知りません。でへ。
もともと、いつもSetuが立ち上げている、
オープンコミュニティなんかの話には、
ベースにこの辺のビジョンがあることが、透けて見えてくるので、
面白く、共感をもってみさせてもらっています。
おー。その辺のビジョンがあったとは知らなかったい。へへ。
まー。そういったビジョンが具体的な形にならずにはありました。
今回、それが形になったのは収穫です。
#ただ、レスを付けるのは長くなりそうなので、
#控えていたんですけど……(^_^;;)
はは。アシュラムのコンピュータセンターで、
コンピュータ屋さんのインド人だのドイツ人だのアメリカ人だのと
やり合ってゆくうちに、人の話しの途中でも平気で切りいる
ようになってしまいました。だって、実際、彼らはすごいんだもん。
> 破壊活動が行われる以前は、地球の多くの場所に「物質的、感性的、思考的」に進ん
> だ(安定して営まれている)社会が、共同体が存在していました。その上に統合された
> (お互いに補い合い、物感思が三つの足として働く)共有共生のコミュニティが合った
> のだと思います。もちろん、全ての場所でと言っているわけではありません。
> そして今、西洋文明の破壊傾向が落ち着いて来ているので、統合化が再び始まるのだ
> と思います。

これはまさにその通りだと思います。
ただし、共同体は良いとして、「社会」と呼べるほどの大きな規模になると、
「実現」はしても、「安定」はなかなか難しいところでは…?

はは。私もそう思ったので「社会」と言った後「共同体」と付け加えました。
第四の段階が完全に開化した文明というと、ブッダやマハビーラの時代の、
ビハール地方なんかを思い出します。
「安定」ということを除外していいなら、
日本も時々なかなかいい線まで行っていると思います。
なんとなく、「もうすぐ開国がやってくる。急げ急げ」って声が聞こえた気がする.
実は、鎌倉の円覚寺や建長寺の、一般の入れない「僧堂」を門の外から見たら
まだ、和尚がボディにいる頃、ラオツーゲートから、ラオツーを見ている気がしました。
関係ない話しかな?
そして、もし第五が実現すれば、和尚のニューマンのビジョンも
ごく当たり前のこととして実現することになるでしょうねえ。
今は地球全体をB:第四:統合化志向に持っていくことだと思います。

そのために、みんなが「統合化は良いね?」って思うようになるといいです。
また、結晶化している人々が増える必要があります。
(自分のことを差し置いて言うのは簡単 :−)

ラブ
セトゥ

441

From: シャルマ  <amritsharma_ch@yahoo.de>
Date: 2001年3月14日(水)  6:51pm
Subject: " $B4*0c$$$7$J$$$G$/$@$5$$(B" (BBS)

  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/14(Wed) 22:21
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: 勘違いしないでください

僕は怒っている訳でも、setuを黙らせたいのでもありません。
全く逆です。

これは僕が話を盛り上げて、世間の注目を引き付ける常套手段です。
お互い気にしないで、最低限度のルールを守って言い合ったらいいんです。
なあなあ なこと言ってても何も始まらない。

僕がsetuにこれだけ突っ込めるのはあなたを直接知ってるからです。

腹も出来てるし、ちょっとしたことではへこたれないだろう、と信頼しているからこ
そ、こうゆうことができるのです。

誤解のないように。

皆さんもドンドン意見を書いてね!
--------------------------------------------------------
442

From: kousui  <ofh-119@mpd.biglobe.ne.jp>
Date: 2001年3月14日(水)  7:05pm
Subject: Re: うちの桜 03/14

493

From: Setu the Prem  <setu@via.co.jp>
Date: 2001年3月16日(金)  2:31pm
Subject: Re: サイトのミッション?

  Hi Anand

Anand wrote:

On Thu, 15 Mar 2001 19:52:23 +0530
Setu the Prem wrote:

> Anand wrote:  セトゥ、アナディ、> だったらANANDも写真送って、こっちで処理するから。(?違うって?何が?) >三木ひまなときに、送ります。

ほぼ裸で十字のポーズにしてください。
できれば木の十字架に乗っている写真が望ましいですが
無理だったらただ十字のポーズでいいです。こちらで特殊効果の処理をします。(違うってば)。
>       あと、ミッションてのは、要は、サイトの目的ということです。
>       あるいは、サイトの主張。始めてきた人への挨拶文ってとこかな。
>        知ってるってば。で、笑ってもらえた?

だから、あれはアナディ宛ね
で、ジョークは長すぎたので、笑えませんでした。(笑い)

そっか、最初の数行で笑ってもらって、その後何度も何度も追い討ちをかけるって基本設計だったのだが。実は書いている私は一人でうけてました。(最後の方は部屋に一人でいて、けらけら笑ってたって訳。げげ)。私の場合は「ビジュアライズ」→「笑い」タイプなので、ついビジュアライズしてしまいました。(マウスをアイコンに持ってきたら、出てくる絵をね)。

映画の「ミッション」は見ましたか?宣伝が「滝の上で起きた事は誰にも語ってはならない」って言う、キリスト教のミッショナリー(伝導師)の話し。心に残るいい映画です。日本語の題名はミッションではなかったかも。
でもあの「十字架貼り付け、滝逆落とし」のシーンは特殊効果なしで取ったように見えたが。でも映画はそういう雰囲気とは関係ないです。

ミッション(使命)って言うとなんかシリアスなので、茶化したのですが。
まあ、NOWHEREが何か?って言う説明は、きっと難しいです。
「21世紀のライフスタイルを発信」ってのも充分ではないし、
「NOWHEREのミッションは何か?」メーリングリストでも立ち上げる必要があるかも。

あ、また茶化して終わらせようとしてる。

簡単には「マハスックとアナディとセトゥが、遊んでいる場所。あなたも一緒に遊びませんか。今起きている事と無関係な事をはじめてもいいです」って感じ。
なんとなくこの支離滅裂さが分かってもらえた?
アナ+マハ ← 「こんな感じだよね。新しい事が入ってくる余地があるよね」

ただ、私たちの遊び場って言うより、もっとグローバルな活動が始まっている気がするけど。オープンコミュニティにしたって、私が勝手に言っているわけだし。もし、NOWHEREをオープンコミュニティにするのだったら、それこそ何でもあり。世界を丸ごと作り変える枠組みになってしまいますが。私は来たるべき「オープンコミュニティ」とは何かを、オープンコミュニティのコーナーで追いかけていったらいいのです。しばらくはね。

だから、各コーナー、「テーマ」と呼んでいるんだけど、テーマ事には「説明」は結構できると思います。この点については最初から表示する事に決まっています。「上の方に」って私が要求して、マハ(デザイン面を作業して最終的に決めています)があんまりたくさん字が並んでもなんだし、一度読んだらほとんど読むことはないので、カーソルを持っていったら字が浮かび上がる事にしようって事になっています。

オープンであるとは、オープンにしたほうがいいものはオープンにしましょう。って事で、クローズにする事は悪い事といっているわけではないです。

1:また、成功しているオープン(=フリー)・ソフトウエア・コミュニティ、の例を、ソフトウエア以外の分野に広げた場合を見てゆく。オープン・ソフトウエア・コミュニティの仕組みや、道具立てを見てゆく。

2: また、コミュニティとしてより独立していくためには、「オープンな共有の資材(物理的な物)」を持つ事。そしてそれを運営する機関。これは、「オープンな運営、決定の枠組み」としてとらえる。オープンな決定・運営について論じられているのはまだ目にしたことがありません。ただ、オープン・ソフトウエアの人たちはうまくやっています。

3: コミュニティの中である程度まかなったり、コミュニティの有力なメンバーをみんなでサポートできるために、「コミュニティの通貨」のようなものを用意する。(私の場合、まずこれを思いついてから、「あ!そっか。地域通貨というのはそうゆうことだ」と思いました。オープン・ソフトウエア・コミュニティの人たちはそのことに気がついていないかもしれない。地域通貨の人たちも、同じくオープン・ソフトウエアに目を向けていない。ただ、西部忠「地域通貨の現代的意義」 ではこの二つを結びつける事を話しています。是非ご覧ください。

まとめると:
「オープン・ソフトウエア・ムーブメントをソフトウエア以外に適用するための枠組み」
「オープンな決定・運営の枠組み」
「オープンな通貨のようなもの」
の3っつが整うと、放っておいてもオープンコミュニティは地上に蔓延するウイルスになります。ウイルスには二種類あって、一つはみんなが知っている風邪をひいたりする奴で、もう一つは進化を地上に蔓延させていったウイルスです。

やれやれ。
話しがつい違う方向に進みましたが、私は満足です。やっと書きたい事がなんだかはっきりしてきました。

ラブ
セトゥ

448

From: シャルマ  <amritsharma_ch@yahoo.de>
Date: 2001年3月14日(水)  9:00pm
Subject: " $BDI2C(B" (BBS)

  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/15(Thu) 00:30
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: 追加

檻の中の瞑想についてですが、これはコミューン批判ではありませんから。
これはどこでも当てはまるところです。

禅寺でも各種瞑想センターでも伝統的アシュラムでも、人は純粋に動機なしには修行も
瞑想もしません。

瞑想はそれ自体が報酬だ、なんて誰でも口には出来ますが、そうなってれば、もうそれ
は悟りです。

無目的に全くどんな意味でも、何も期待せず、只座っていられたら、それが悟りでしょ
う。

通常、動機は隠れていて見えません。ですからトータルになる必要が生まれます。

ですから、これは全ての探求者に当てはまることでサニヤシンに限ったことではありま
せん。

ごくたまに、本物のバクタがいます。彼らがトータルにサレンダーした場合は、結晶化
を通り越して、第六へ行く可能性があります。
--------------------------------------------------------
452

From: シャルマ  <amritsharma_ch@yahoo.de>
Date: 2001年3月15日(木)  00:26am
Subject: " $B30$O$[$C$H$1!"J)$b$[$C$H$1(B" (BBS)

  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/15(Thu) 03:56
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: 外はほっとけ、仏もほっとけ

僕は個人的には外側のことは気にしません。
まあ、食糧難に備えてジャガイモでも庭に植えようかな、程度しかない。

これから、旧世界の崩壊の速度がどんどん加速されて、やらなければいけないことは自
然に見えてきますよ。そうしたら見えたことだけやればいい。
自分の内面世界にさえ責任を持っていれば、生かされる時は生かされます。

今のところ、あれこれ、考えても混乱が増すばかり、観念世界で何かする、っていう手
法がもう臭いんです。

外はほっとけです。ついでに「悟り」とか、これも要らない。
仏もついでにほっといたらよろしい。

要らない、要らない、全部要らない。今びびって何かやったとしても、後々、ああ、無
駄だったと悟るだけです。

備え無し。憂いなし。

だからねえ、農、農、って言い過ぎるのも、ノー足りんなんです。

必要なものは与えられ、やるべき仕事もやってくる。

だから今は つるつるになりなさい!
--------------------------------------------------------
453

From: kousui  <ofh-119@mpd.biglobe.ne.jp>
Date: 2001年3月15日(木)  1:32am
Subject: internet はいま 『情の時代』 へ 

455

From: シャルマ  <amritsharma_ch@yahoo.de>
Date: 2001年3月15日(木)  12:05pm
Subject: " $B$D$k$D$k$N$D$k(B" (BBS)

  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/15(Thu) 15:35
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: つるつるのつる

つるつるになる。

これはどうゆうことか?と頭で考えたらもう駄目です。
何故ならそれは観念世界全体を抜け出て、より中心へ中心へと 向かう ことだから。

歩く、という観念では 進まない。

観念世界全体とは第四身体以下の世界、二元性の世界。ここから出やすくなるようなこ
とが、でなければならない、というようなことが、どんどん起こってきますよ。

だから、その準備をしっかりしなさい。手放せるようにしておきなさい。
お金やモノだけではない。

なーににもしがみつけない。悟り、とか、探求とか、芸術とか、文化だとか、こーだと
か、あなたが着ている着物でしょう?

そんなモノにしがみついたら、一緒にもっていかれますよ、ということだ。

理想だとか、理想の農業だとか聖人君主みたいなこというオッサンね、これは危ない
よ。自分が聖人になったら、悪人をどこかに作ってしまう。ガンディみたいなほんもの
っぽい偽者は危ない。
二元性を超える、聖者じゃない。賢人じゃない。

ヤマギシだってそれで駄目になった。豚肉とか卵はうまかったけど、聖人面しちまった
んだよ。二元性の世界でさ、それでお決まりの人間ピラミッド作って弱者を苛めちゃっ
た。あーまただ。

世間のひとは何も信じなくなった。いい傾向かもしれない。悪い傾向かもしれない。
二元性じゃあダメだ、って分かるまではね、苦しみは続くでしょう。

サニヤシン、OSHOとあなた、これも二元性ですよ。危ない、危ない。
--------------------------------------------------------
461

From: Anand  <miki@platon.co.jp>
Date: 2001年3月15日(木)  2:52pm
Subject: Re: " つるつるのつる" (BBS)

  シャルマ、こんにちは。

ぼくにとっては、
探求、悟り、手放す
このあたりが執着になっています。
あるいは
「わたしは誰か」
これへの回答を見つけ出すことが執着になっています。
そこから一歩も動けない
あるいはそこからどこかへ動こうと
と始終もがいている。
「探求こそが障害である」
そういうのが執着になっている。

では。

On Thu, 15 Mar 2001 15:35:16 +0900
"シャルマ" <amritsharma_ch@y...> wrote:

> --------------------------------------------------------
> TIME : 2001/03/15(Thu) 15:35
> HOST : 195.141.110.97
> NAME : シャルマ
> EMAIL: amritsharma_ch@y...
> TITLE: つるつるのつる
>
> つるつるになる。
>
> これはどうゆうことか?と頭で考えたらもう駄目です。
> 何故ならそれは観念世界全体を抜け出て、より中心へ中心へと 向かう ことだから。
>
> 歩く、という観念では 進まない。
>
> 観念世界全体とは第四身体以下の世界、二元性の世界。ここから出やすくなるようなこ
> とが、でなければならない、というようなことが、どんどん起こってきますよ。
>
> だから、その準備をしっかりしなさい。手放せるようにしておきなさい。
> お金やモノだけではない。
>
> なーににもしがみつけない。悟り、とか、探求とか、芸術とか、文化だとか、こーだと
> か、あなたが着ている着物でしょう?
>
> そんなモノにしがみついたら、一緒にもっていかれますよ、ということだ。
>
> 理想だとか、理想の農業だとか聖人君主みたいなこというオッサンね、これは危ない
> よ。自分が聖人になったら、悪人をどこかに作ってしまう。ガンディみたいなほんもの
> っぽい偽者は危ない。
> 二元性を超える、聖者じゃない。賢人じゃない。
>
> ヤマギシだってそれで駄目になった。豚肉とか卵はうまかったけど、聖人面しちまった
> んだよ。二元性の世界でさ、それでお決まりの人間ピラミッド作って弱者を苛めちゃっ
> た。あーまただ。
>
> 世間のひとは何も信じなくなった。いい傾向かもしれない。悪い傾向かもしれない。
> 二元性じゃあダメだ、って分かるまではね、苦しみは続くでしょう。
>
> サニヤシン、OSHOとあなた、これも二元性ですよ。危ない、危ない。
> --------------------------------------------------------
>
>
> ホームページ:http://www.aminet.or.jp/fareast/
> Help URL : http://help.egroups.co.jp/
> Group URL : http://www.egroups.co.jp/group/oh-nowhere/
> Group Owner: mailto:oh-nowhere-owner@e...
>
446

From: シャルマ  <amritsharma_ch@yahoo.de>
Date: 2001年3月14日(水)  8:29pm
Subject: " $B%0%C%I!&%b%G%k(B" (BBS)

  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/14(Wed) 23:59
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: グッド・モデル

今回のsetuのモデルは実に良く出来ていて分かり易いと思います。また実際の社会
ともより正確に対応しています。
まだ、ほとんど社会はタイプAです。こんなに野蛮で偽善に満ちているんですから当然
です。それではタイプBは限られた個人ということになります。

この考え方でいきますと、次元移行のさいにはタイプCへの移行は限られた個人、社会
全体はタイプBに留まるとなりますか。

しかし、いずれにせよなし崩しに起こってくる現象のまえに個々人は統合化へ向けて進
まなければなりません。
--------------------------------------------------------
448

From: シャルマ  <amritsharma_ch@yahoo.de>
Date: 2001年3月14日(水)  9:00pm
Subject: " $BDI2C(B" (BBS)

  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/15(Thu) 00:30
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: 追加

檻の中の瞑想についてですが、これはコミューン批判ではありませんから。
これはどこでも当てはまるところです。

禅寺でも各種瞑想センターでも伝統的アシュラムでも、人は純粋に動機なしには修行も
瞑想もしません。

瞑想はそれ自体が報酬だ、なんて誰でも口には出来ますが、そうなってれば、もうそれ
は悟りです。

無目的に全くどんな意味でも、何も期待せず、只座っていられたら、それが悟りでしょ
う。

通常、動機は隠れていて見えません。ですからトータルになる必要が生まれます。

ですから、これは全ての探求者に当てはまることでサニヤシンに限ったことではありま
せん。

ごくたまに、本物のバクタがいます。彼らがトータルにサレンダーした場合は、結晶化
を通り越して、第六へ行く可能性があります。
--------------------------------------------------------
451

From:   <nadam@aqu.bekkoame.ne.jp>
Date: 2001年3月14日(水)  10:48pm
Subject: Re: 第五の社会:Re: " モデルについて"(BBS)

  > はは。アシュラムのコンピュータセンターで、
> コンピュータ屋さんのインド人だのドイツ人だのアメリカ人だのと
> やり合ってゆくうちに、人の話しの途中でも平気で切りいる
> ようになってしまいました。だって、実際、彼らはすごいんだもん。

そう聞いただけで、ちょっぴり頭痛がしてくるような…(^.^;)

> んとなく、「もうすぐ開国がやってくる。急げ急げ」って声が聞こえた気がする.
> 実は、鎌倉の円覚寺や建長寺の、一般の入れない「僧堂」を門の外から見たら
>
>まだ、和尚がボディにいる頃、ラオツーゲートから、ラオツーを見ている気がしま
>した。
> 関係ない話しかな?

いやいや、同感です。
そして、こうやって「関係ない話」がバッチリ出て来るところが、
まさに正確なポイントで話ができていることを示していると思います。

> 今は地球全体をB:第四:統合化志向に持っていくことだと思います。

おそらく第四の統合化が起これば、社会は非常に洗練されて、スマートになるはずです。
そして同時に、とても「美」が尊重され、生きて生活していることがとても
美しく思えるような社会が実現すると思います。

> そのために、みんなが「統合化は良いね?」って思うようになるといいです。

これはきっとそうなると思いますよ。
ただ、大抵この時が同時に危機の時で、ネガティブなものが
野心を持ちはじめる場所でもあると思います。

21世紀の現代文明が、このポイントでどういう動きをすることが可能かが、
重要な決め手になる気がします。
だから僕は、インターネットやオープンソースみたいなものが、
力強く広まってゆくのを見ると、勇気づけられるんですよね。

> また、結晶化している人々が増える必要があります。
> (自分のことを差し置いて言うのは簡単 :−)

そうですよね。
でも、時節が来れば、和尚が蒔いた種が
一斉に芽を吹きだしてくると思いますよ。
そういうことにかけては、和尚は全くスミに置けないから……(^^)/

love
Nadam
452

From: シャルマ  <amritsharma_ch@yahoo.de>
Date: 2001年3月15日(木)  00:26am
Subject: " $B30$O$[$C$H$1!"J)$b$[$C$H$1(B" (BBS)

  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/15(Thu) 03:56
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: 外はほっとけ、仏もほっとけ

僕は個人的には外側のことは気にしません。
まあ、食糧難に備えてジャガイモでも庭に植えようかな、程度しかない。

これから、旧世界の崩壊の速度がどんどん加速されて、やらなければいけないことは自
然に見えてきますよ。そうしたら見えたことだけやればいい。
自分の内面世界にさえ責任を持っていれば、生かされる時は生かされます。

今のところ、あれこれ、考えても混乱が増すばかり、観念世界で何かする、っていう手
法がもう臭いんです。

外はほっとけです。ついでに「悟り」とか、これも要らない。
仏もついでにほっといたらよろしい。

要らない、要らない、全部要らない。今びびって何かやったとしても、後々、ああ、無
駄だったと悟るだけです。

備え無し。憂いなし。

だからねえ、農、農、って言い過ぎるのも、ノー足りんなんです。

必要なものは与えられ、やるべき仕事もやってくる。

だから今は つるつるになりなさい!
--------------------------------------------------------
  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/15(Thu) 15:35
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: つるつるのつる

つるつるになる。

これはどうゆうことか?と頭で考えたらもう駄目です。
何故ならそれは観念世界全体を抜け出て、より中心へ中心へと 向かう ことだから。

歩く、という観念では 進まない。

観念世界全体とは第四身体以下の世界、二元性の世界。ここから出やすくなるようなこ
とが、でなければならない、というようなことが、どんどん起こってきますよ。

だから、その準備をしっかりしなさい。手放せるようにしておきなさい。
お金やモノだけではない。

なーににもしがみつけない。悟り、とか、探求とか、芸術とか、文化だとか、こーだと
か、あなたが着ている着物でしょう?

そんなモノにしがみついたら、一緒にもっていかれますよ、ということだ。

理想だとか、理想の農業だとか聖人君主みたいなこというオッサンね、これは危ない
よ。自分が聖人になったら、悪人をどこかに作ってしまう。ガンディみたいなほんもの
っぽい偽者は危ない。
二元性を超える、聖者じゃない。賢人じゃない。

ヤマギシだってそれで駄目になった。豚肉とか卵はうまかったけど、聖人面しちまった
んだよ。二元性の世界でさ、それでお決まりの人間ピラミッド作って弱者を苛めちゃっ
た。あーまただ。

世間のひとは何も信じなくなった。いい傾向かもしれない。悪い傾向かもしれない。
二元性じゃあダメだ、って分かるまではね、苦しみは続くでしょう。

サニヤシン、OSHOとあなた、これも二元性ですよ。危ない、危ない。
--------------------------------------------------------
461

From: Anand  <miki@platon.co.jp>
Date: 2001年3月15日(木)  2:52pm
Subject: Re: " つるつるのつる" (BBS)

  シャルマ、こんにちは。

ぼくにとっては、
探求、悟り、手放す
このあたりが執着になっています。
あるいは
「わたしは誰か」
これへの回答を見つけ出すことが執着になっています。
そこから一歩も動けない
あるいはそこからどこかへ動こうと
と始終もがいている。
「探求こそが障害である」
そういうのが執着になっている。

では。

On Thu, 15 Mar 2001 15:35:16 +0900
"シャルマ" <amritsharma_ch@y...> wrote:

> --------------------------------------------------------
> TIME : 2001/03/15(Thu) 15:35
> HOST : 195.141.110.97
> NAME : シャルマ
> EMAIL: amritsharma_ch@y...
> TITLE: つるつるのつる
>
> つるつるになる。
>
> これはどうゆうことか?と頭で考えたらもう駄目です。
> 何故ならそれは観念世界全体を抜け出て、より中心へ中心へと 向かう ことだから。
>
> 歩く、という観念では 進まない。
>
> 観念世界全体とは第四身体以下の世界、二元性の世界。ここから出やすくなるようなこ
> とが、でなければならない、というようなことが、どんどん起こってきますよ。
>
> だから、その準備をしっかりしなさい。手放せるようにしておきなさい。
> お金やモノだけではない。
>
> なーににもしがみつけない。悟り、とか、探求とか、芸術とか、文化だとか、こーだと
> か、あなたが着ている着物でしょう?
>
> そんなモノにしがみついたら、一緒にもっていかれますよ、ということだ。
>
> 理想だとか、理想の農業だとか聖人君主みたいなこというオッサンね、これは危ない
> よ。自分が聖人になったら、悪人をどこかに作ってしまう。ガンディみたいなほんもの
> っぽい偽者は危ない。
> 二元性を超える、聖者じゃない。賢人じゃない。
>
> ヤマギシだってそれで駄目になった。豚肉とか卵はうまかったけど、聖人面しちまった
> んだよ。二元性の世界でさ、それでお決まりの人間ピラミッド作って弱者を苛めちゃっ
> た。あーまただ。
>
> 世間のひとは何も信じなくなった。いい傾向かもしれない。悪い傾向かもしれない。
> 二元性じゃあダメだ、って分かるまではね、苦しみは続くでしょう。
>
> サニヤシン、OSHOとあなた、これも二元性ですよ。危ない、危ない。
> --------------------------------------------------------
>
>
> ホームページ:http://www.aminet.or.jp/fareast/
> Help URL : http://help.egroups.co.jp/
> Group URL : http://www.egroups.co.jp/group/oh-nowhere/
> Group Owner: mailto:oh-nowhere-owner@e...
>
  
456

From: シャルマ  <amritsharma_ch@yahoo.de>
Date: 2001年3月15日(木)  12:21pm
Subject: " $B<N$F$l$P$$$$(B" (BBS)

  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/15(Thu) 15:51
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: 捨てればいい

あなた、外側のものを捨てるのは、まあ、やってやれないことはない。
いずれ死ぬ時持っていけない。それは馬鹿でも知っている。

でもね、内側のもの、これはなかなかそうはいかない。モノは捨てられても、自分の心
は捨てられぬ、自分のこころ、んー、これは痛い。
自分のこころが自分になってりゃそりゃー痛い。嘘は駄目。私はこころに同化してませ
ん。常套文句だ上等上等。

じゃあ、あなた、OSHOを捨てなさい!
あなたが、「OSHO」いうとき、それはあなたのこころでしょう。
愛してる、感謝してる、捨てられない。
執着、執着、執着と正直に言って、見つめなさい。

観念全体が落ちてしまえば、あとは楽。楽々と生きて行けるんですよ。
OSHOが望んだことはこれ。
執着とは無関係。

あなたがあなたの中心を貫いた時、あなたはOSHOと出会うでしょう。
愛はその時起こる、違う?
--------------------------------------------------------
463

From: シャルマ  <amritsharma_ch@yahoo.de>
Date: 2001年3月15日(木)  2:38pm
Subject: " $B<N$F$m(B $B$H8@$o$l$F$b(B" (BBS)

  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/15(Thu) 18:08
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: 捨てろ と言われても

捨てろ、と言われて、ハイそうですか、とはなかんだ鼻紙みたいにポイっと、なーんの
未練もなく捨てられたら、これほど楽なことはない。

捨てろ、ねえ、じゃあ捨てよう、それもあなたのこころ、観念全体の働きでしょう。

誰かがこんな事といってた、ああ、ご尤も、ってなもんで、真似しちゃう。
「あたしゃOSHOを捨てたのよ」なんて、カッコつけても、ほらまだ居ますよ、そこ
に。

捨てることなんてできるかね?できやしないのコンコンチキだってね。

それが落ちる地点まで、あんたは積み木を積みなさい。もうそれ以上積めなくなった
ら、今度は積むのを止めなさい。そんな緊張状態をずーと維持して、尋ねあぐねている
うちに、あーーーー、とがらがらと全体が崩れる時がやってくる。

あんたが捨てたんじゃないんだな。

煙草の習慣が落ちた、などと馬鹿を言ってる暇があるのなら、一つでも積み木のほうを
積みなさい。

修行じゃない、なんて最後の最後にいう言葉。探求を落とせ、なんてのも同じ。

本物はこう言います。修行しなさい、とことんやりなさい。これは嘘。
偽者はこう言います。修行じゃない、そのままで悟ってる。これはほんと。

でもね、ありがたいのは本物だ。
--------------------------------------------------------
464

From: シャルマ  <amritsharma_ch@yahoo.de>
Date: 2001年3月15日(木)  2:58pm
Subject: " $B$=$N%1%A$J$b$N$,8g$j$G$9(B" (BBS)

  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/15(Thu) 18:28
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: そのケチなものが悟りです

あんた、自分はまだ悟ってない、なんていってんのなら、ちょっと今、この瞬間に、今
ここに居てごらん。

何がありますか?

只何かがある。

ん?

それが悟りです。ごしゅうしょうさま。

するとね、あんたは決まってこう言うの、

「しかし、こんなケチなものが悟りですか?」

そら見てごらんなさい、あんたは、悟り と あなた を分けた。
あんたの中の「悟り」というイメージにつられて、また同じ観念世界のゲーム=幻ー夢
を始めた。
動機と目的に分かれてしまった。未来を作り出した。ああー、元の木阿弥。

あんたと実存のすきまにある、夢、幻の薄い膜にからめとられて、
今回もまた、あんたは逃しました。

今ここ、そのケチなもの、分離のない一致、
それが悟りです。

しかしねえ、「悟り」なんてないんですよ。方便、方便、大方便。
--------------------------------------------------------
  --------------------------------------------------------
TIME : 2001/03/15(Thu) 21:57
HOST : 195.141.110.97
NAME : シャルマ
EMAIL: amritsharma_ch@y...
TITLE: 七身体から時代を読む

あとがき

こういったテーマで何日かお話してきました。
もう言うことも無くなりましたので、この辺で終わりにします。

さて、何故こんな話をいきなり始めたのか、といいますと、ある日、僕がいつもの通り
ネットでサーフィンしていると、あるサイトでサニヤシンが政治批判なんかを講じてい
る。その時僕はある掲示板から追放されまして、むしゃくしゃしていたので、ついウッ
カリ、そんなことはエネルギーの無駄では、と言ってしまいました。
普段はそんな人の話の水を差すようなことは言わないんですが・・・。

そこでまあ、そのことをよくよく説明しなければならない羽目に陥りまして、というか
暇つぶしを発見しまして、30分ほど思考エンジンを回しますと、ドバッ、と、こう頭
に話の全体が出来上がった。
早く出さないと、でも何処へ?

サニヤシンのサイトでは受け入れ準備の出来ているところは、えー、あっ、nowhe
re、オープン・コミュニティ、あそこはそんなこと言ってんだったら、文句も言えな
いだろう、文句言ってきたら、じゃあ看板さげろ!と道場破りも辞さないつもりでやっ
てきました。

まあ、皆さんにご親切にして頂きまして、無事全部出ました。

今こうやって読み返してみますと、何でいつもスケベな話ばかりしている、エロおやじ
のシャルマの頭に、こんな大量の思考が宿ったのか?
不思議です。
通過して行ったー、という気がします。

つるつるであることがもたらした、通過だった、そんな感想を最後に持ちました。

最後に皆さん、ありがとう。

2000年 3月 Sw、Amrit Sharma



--------------------------------------------------------
469

From: Setu the Prem  <setu@via.co.jp>
Date: 2001年3月15日(木)  5:35pm
Subject: シーポヨ絵なし日記。3月15日号。

  今朝は早くに(未明に)覚めたら、「ダイナミックかな?」と、思ったので時計を見たら、5時22分にだった。ニサが「オリエント・エクスプレス」と呼んでいる早朝深夜のアシュラムの送迎バスが来るかな?と思った途端、外でバスの音。やー。これはダイナミックだなって事で、ダイナミックに行く事にした。

実は今回プーナに来てダイナミックは一度もしていない。(って書いたら他にはしている気がするでしょ?)で、どうもお出迎えエナジーも来ているようなので、ぽんとローブをかぶって(やー。ローブはホントに楽だよね。『ぽん』ですむから)、ニサに行って来ますをして(ってHをするわけではないよ。でも脳天逆落としでもないよ。で、)外に出たら次のバスが来た。

早朝のお出迎えバスは初めて。ドライバーはサニヤシンではないけど(または隠れサニヤシン。インド人でもサニヤシンだったらお給料のもらえる仕事は出来ないんだ)、長くアシュラムではたらいているインド人なので、普通のサニヤシンより気持ちがいい。バスは南コレガオン道を通って、インディアンビレッジで曲がって、ホワイトハウスの前を通って、ラシミで曲がって、ミラナガールへ抜けて、北コレガオン道に出て後はまっすぐジャーマンベーカリに向かい、手前でメインゲートに向かう。ドライバーはホントにサニヤシンをサポートしてるのが嬉しそうに、アッチこっちを覗き込みながら、サニヤシンを見つけてはクラクションを鳴らしてとまる。もちろんバスは無料。

早朝と深夜を利用すると、力車代が30ルピーくらい浮くなと思うと、値上がりした入場料もちょっと帳消しかな。

久しぶりのダイナミックは気持ちが良かったです。ダイナミックでは、「その日のために用意してあるエナジーを全部注ぎ込む」をモットーにしています。でも、ジャンプを始めたら足腰が付いていかないので、「やー」って感じ。でも、「その日のために用意しているエナジーを注ぎ込むと」あら不思議、もーダメって言ってた膝も、だんだんとしゃきっとしてきた。要するに通りが悪くなっていたんだな。

「ダイナミックでその日のためのエナジーを使い切る」と、何が起きるかって言うと、「その日の残りが10倍元気になる」と言うマジック。体も楽だし、頭も文句を言わないし、心も軽い。でも、久しぶりにしたので、明日は体が痛いかも。

ビックリしたのは、実は21日間ダイナミックの期間で、声を出せた事。新しいブッダホールになったら、とりあえず毎日声を出せるのがいい事だね。ここプーナのダイナミックで声を出せないってのは、すごく馬鹿みたいだもん。声を出しながら、「やー!ミスティック・ローズとノーマインドとボーンアゲインのごちゃ混ぜだー」って感じ。

体が痛くならない方法は、「水をたくさん飲む」、「ダイナミックを三日続ける」。えへえへ。

そのあとサマディーへ直行。そうしてディスコースを10時まで。

やー。このように書くとまじめなサニヤシンのようでしょ?

そのあと、ならパークへ行ってから、歩いて家に帰ったのだが。ならパークに座っている和尚の彫像を見たらついプレゼンスを感じてしまったよ。最初に見たときから和尚が座っているように見えたのだけど、今日はじっくり見た。

実はニサルグのお友達が作ったそうな。その人は今新しいブッダホールようの彫像を作っているんだそうな。実は、和尚がその人に彫像を作るように指示していたんだそうな。知らなかったね。

たまにこんな生活をすると、ゴアのビーチに行ったようにフレッシュ。

実はブッダホールが壊されるようなショックを、ずいぶん前に経験していたことを思い出した。それは和尚のベッドルームを壊したときの事。雨期の人の少ないときに声をかけられた。和尚のベッドルームで働かない?って。初めて入ったベッドルームのエネルギーのすごかったことったらない。でも仕事はベッドルームを壊す仕事。

しばらく悩んだね。でも、和尚がそうしなさいって行ったんだから。他の誰かがやる事になるんだったら私がする、って思った。360度からやってくる大量の和尚のエナジー。もうこれは作り直すことが出来ないんだよ。って思いながらした。私がしていた仕事は、はがしたマーブルの中でいくつかの特別なピースの割れたのをきれいに繋ぐこと。すぐに他のスタッフが他に用事が出来たり、病気になったりで、2週間くらい静かな中で慎重な仕事をするという計らいもあった。

お昼休みの時は、15分くらい、まだ壊されていないマーブルの浴槽に横になってから食事に行ったり。(うらやましいでしょ?エナジーや環境に敏感な人はね)。一日が終わると酔っ払っていたよ。

やがてそれもおわって、ベッドルームはコンクリートがむきだしの部屋になった。新しく貼り付ける白いマーブルが届いていた。新しいマーブルには当然和尚のエナジーも記憶もない。だたのマーブル。そりゃイタリアから取り寄せたんだから質はいいけどさ。

で、今度は穴のあいているマーブルの穴をふさぐのが仕事になった。やっぱり慎重な仕事。マーブルを切る仕事は外でしているので、ベッドルームはおおむね静か。

はずした古いマーブルはしばらく、和尚の図書室に並んでいた。マーブルを飾るための木のスタンドを作るのに、そこでもしばらく仕事をした。ある日、カビーシャが自分のマーブルを選びにやって来た。「ワー。和尚が一杯いる!」って彼女がはしゃいだ。実はマーブルも一緒にはしゃいでいた。エネルギーが「ブワッ!」っと大きくなった。

買ったマーブルを小さく切ってくれって頼む人がいて、「セトゥ切ってくれる」ってんで切る仕事もした。何で切るの?とか思いながら。でも切っているとたくさんエナジーがもらえた。ヤー和尚の意識ってすごく強力だったのねって思いながら。意識って言うか、ウイットネス。

ベッドルームの工事が終わる前にプーナを離れた。1年くらいして帰ってきて、新しいベッドルームに入った。「ブワラ!」。なんと和尚のエナジーがすごい量あるではないの!それもまた違う質のエナジー。古いベッドルームが和尚のより肉体よりのエナジーだったとすると、新しいのはもっと高い周波数。マイ・ゴッド。和尚にはかなわないね。

だからね、私は期待もしているんだ。新しいブッダホールでホワイトローブをしたらすごい量の和尚が来てくれるんじゃあないかってさ。とりあえずは通信装置としてはすごい設定だと思わない?これだけアシュラムに迷惑をかけて、それがなかったら許さないからね、和尚。へへ。

ラブ
セトゥ

日記
絵なし日記
リビングアース
そよ風日記
インド日誌
気まぐれ日記
こころ
トップ
おしゃれ良品店
クィックリリース
マジュヌ
ロータスパラダイス
リアルインド
トップ
ヒマラヤの岩塩
インド安宿建築
メヘンディ
ヒマラヤは語る
SWGAT HAI
テクノロジー
MP3マニア
アート
トップ
lomography
アレグリーア
Vijay
サン・ロータス
視覚に魅せられて
アース
トップ
地球のそらのした
微生物
村人通信
戦争と平和
ウエブウオッチ
みてるだけ
コミューン
トップ
シーポヨのしわざ
遊び場
オープンコミュニティ