this is nowhere broadcasting station ... bit fazzy NOWHERE E.T. Phone Home


日記
絵なし日記
リビングアース
そよ風日記
インド日誌
気まぐれ日記
こころ
トップ
おしゃれ良品店
クィックリリース
マジュヌ
ロータスパラダイス
リアルインド
トップ
ヒマラヤの岩塩
インド安宿建築
メヘンディ
ヒマラヤは語る
SWGAT HAI
テクノロジー
MP3マニア
アート
トップ
lomography
アレグリーア
Vijay
サン・ロータス
視覚に魅せられて
アース
トップ
地球のそらのした
微生物
村人通信
戦争と平和
ウエブウオッチ
みてるだけ
コミューン
トップ
シーポヨのしわざ
遊び場
オープンコミュニティ






■第一回
専門家が使うリナックスから、
■第ニ回
リニックスってどこで買えるの?
■第三回
リニックスって……?
■第四回
ユニックスからリニックスへ…
■第五回
リニックスの”フリー”というのは
■第六回
リニックスは何が
■第七回
GNU(グニュー)プロジェクト


リニックス、あるいはリナックスと呼ぶ人もいますが、このLinuxと聞いて、みなさんはどんな反応でしょうか?

  1. 聞いたことがある
  2. それって便器の会社ですか?
  3. なんですか?
  4. うん、ウィンドーズには困ったもんだ。だから一度試してみたいけど、よく知らない。
  5. それって、超むずかしいんでしょう?

このシリーズは、そんなみなさんのために、リナックス超大好き人間のせっちゃんが、ミーナさんにもわかりやすく話してくれました。

せっちゃんが「リナックスを超好きな理由」や、それにはいったいどんな意味があるのか…リニックスの歴史や、リニックスはこれからどうなっていくのか?リニックスの使い勝手はどうなのだろうか?  パソコンをやったことがなかったら、一から始めるんだったら、そういう人なら、リニックスがいいかも! とか、 パソコン買ったけど、まだインターネットとメールだけ、だってソフトって高い!って方に朗報!

リニックスはフリーのソフトが最近充実してきている!アドビもいらない!リニックスなら無料で、すごいソフトがあるよ!
とか〜リニックスをめぐる面白〜くてためになるお話し!

(インタビュー:2001年5月10日)


spoon is fun

■第七回:
GNU(グニュー)プロジェクト。
遊びながら作ったものの方が
最高のものになると言う真実


↓↓↓せっちゃんのお話を直接聞いてみよう!(4分)
★フラッシュ(260K)ストリーミング
☆MP3(260K)

大々的なプロジェクトを作った人たちがいて、いまそのプロジェクトはリニックスの部品になっているんだけど、それはGNU(グニュー)と言うんだ。リニックスは実際にはグニュー・リニックスと呼ばれるべきものなんだ。というのは、リニックスで普段、使っている部品の半分はこのGNUというプロジェクトで作られたものだから。…

そのGNUプロジェクトのサイト を見てみると、いろいろな文書があって、たとえば所有権の歴史に関する文書があって、「もともと所有権というものは存在しなかった」とか、そういう文書があったり、あるいは、仕事というか、何かをする意欲ということに関する文書があったりして、そこでは「報酬をあげるようになると意欲がなくなる」というようなものもあった。

僕も半分くらいそうかなって思っていたんだけど、ほとんどそうなんだって…。デザイナーのチームを集めて、いいものを作ってくださいって言うのと、いいものができたらいくらいくらあげますというチームを集めてみて、作ってもらったら…いいものを作ってくださいってお願いしたチームが最も速くいいデザインのものを作ったんだって。

マハ:えっ?!なんだって?…もう一度言って?どっちのチームがいいものを作ったんだって?

セトゥ:いいものを作ってくださいってお願いしたチームが短期間で一番いいものを作ったんだって。

ミーナ:だけど、報酬があって、いいものを作りなさいって言っても、いいものができなかった…意欲が違うんだね。

マハ:あ〜あ、つまり遊びココロですなぁ。遊んで楽しく作ればオノズといいものができるけど、仕事だ、金だってやると、時間はかかるし、いいものもできないんだ。

セトゥ:まず、「報酬」のためということで、自分のなかの自由な部分がなくなる。そして、人を満足させなくてはと、また自分を制約する。特に創造的な仕事というのは、どれだけ、自分の自由な創造性が働かせることができるかってことが重要だから…。

マハ:自分が満足することが第一の報酬だとういことを優先している人たちのほうが、他の人もみんな満足するイイものができるという…。自分のクリエーティブ(創造)性を満足させるために作ったモノは、とってもみんなにプラスになるってわけかい?…それがリナックスってわけかい??…それは面白いね。
(続きはオーディオで)



■第六回:リニックスは
何が他のソフトと違うのか?
リベルの 遊び心なんだよ

That's Rebel
↓↓↓せっちゃんのお話を直接聞いてみよう!(8分)
★フラッシュ(480K)ストリーミング
☆MP3(480K)


世の中には、商売にならなくても、いいものを作りたいっていう人がたくさんいるんだ
ウィンドーズの上でリニックスを動かすこともできるし、リニックスの上でウィンドーズを動かすこともできるようになった。そういうソフトが開発されたんだ。

世の中には、商売にならなくても、いいものを作りたいっていう人がたくさんいるんだ。もし、こういうのが欲しいっていう人の声を聞いたら、じゃあ、作ってあげるって、作ってくれる人が、この世界にはいるんだよ。

ウィンドーズで問題があって、困ったことがあって、それでマイクロソフトに質問メールを書いても、何のお返事も来なかったりするけど、リニックスには、サポートしているいろんなところがあって、そこに質問したりすると、数時間で返事が返ってきたりする。

マハ:それってお金もらってないんでしょう!なんで〜!?お金取っているところからはまったく返事が来ないのに、何のお金も取っていないところからはすぐにお返事が来るんだぁ〜?なんなんだ、これは??

セトゥ:まず、リニックスを使っている人は、リニックスを使っていることが好きだということ。だから、自分が知っていることを人に教えてあげることが好きなの…これは僕がソフトやってて、そういう雰囲気にも気が付いたことなんだけど、どういったらいいかな…たとえば、ウィンドーズを使っている人は、自分の知っていることを教えてあげることにちょっと躊躇がある。ウィンドーズのいいエンジニアだったりすると特にそうなんだ。

ウィンドーズよりもっと専門的なソフトで「ノベル」というのがあるんだけど、これはサーバー関連のソフトで、そのエンジニアに質問すると、彼らは知っていても知らないって言う。というのはね、ノベルのエンジニアたちはね、自分の技術を身に付けるのにいっぱいお金使って、いろいろな講習会を受けて、ノベル公認のエンジニアという資格があって…だから彼らにとって、自分の知識はフリーじゃない。商売の種なんだね。だから、質問しても知らないって言われてしまう。それとはまったく逆に、リニックスを使っている人たちは、それを使っているのが楽しいから、ほとんど遊びなんだ。仕事をやっていても仕事ではないんだ。だから、彼らに質問すると、必要以上に教えてくれる…雰囲気がまったく違うんだね。

リニックスの場合、わからなくて困っていることがあって質問すると、そのプログラムを作っている人自身に質問が行って、その人からお返事が来る確立がすごく高い。実際にそれを作っている人って、教えたいでしょ。でも、企業で質問受けて答えている人はそうじゃないでしょ。自分が苦労して勉強して覚えたんでしょ。楽しんでやっているんではないね…だから、リニックスではまったく違った社会なんだね。
(続きはオーディオで)


■第五回:リニックスの”フリー”というのは
権利としての自由

The Sky, our freedom


↓↓↓せっちゃんのお話を直接聞いてみよう!(8分)
★フラッシュ(480K)ストリーミング
☆MP3(480K)


「フリー」には二つの意味があって、ひとつは「無料」ということ。でも、フリーソフトウェアの人々は無料ということにはあまり重きを置いていない。

無料というのは結果としてやってくるんだけど、フリーというのは権利としての自由なわけ。自分が買うものや手に入れるものを自分が使うことに対してどれだけ制限が加わっているかということが問題なんだ。それがフリーなんだよ。

自分が買ったものの全部の秘密…というか、資料を手に入れることができるという自由。自分が手に入れたものを自由にコピーして人にあげることができる。自分で改良する自由。

でも、いまは、普通のソフトの世界では、自分が買ったソフトを人のコンピュータにいれてあげるのは違法でしょ。…
(続きはオーディオで)


Opening
■第四回:ユニックスからリニックスへ…
新しいフリーライセンスのOSの出現
↓↓↓せっちゃんのお話を直接聞いてみよう!
★フラッシュ(670K)ストリーミング
☆MP3(670K)ダウンロード

リニックスはユニックスはコンパチブルというんだけど、リニックスはユニックスと同じように動くように設計されている。

昔はユニックスはコピー自由で、アメリカのAT&Tがテープ代金を支払えば、あとは全部ただで送ってくれたんだ。フリーだったんだけど、ユニックスは優秀だったにも関わらず、どうしてそれがフリーだったのかというと理由がある。

アメリカのAT&Tという会社は大きな会社で、だから、政府からコンピュター業への進出が禁止されていた。だから、ソフトを作っても、それを商売にできなかったから、政府から禁止されていたから、だから、実費さえ送れば、無料で送ってくれた。使いたいんなら、使ってくださいってね。それでユニックスが広がった。

いろいろな人がそれにプログラムを追加していって…それがある時期、AT&Tが制約が取り払われた。AT&Tが民営化分割されるときに、日本のNTTみたいに、長距離と短距離とかに分割されるときに、いろいろな制約が取り払われた。そのときにAT&Tが途端にユニックスで直接商売をすることを考えて、ライセンス料を高く設定するようになってしまった。それでもうけよと思ったんだね。

  それまでユニックスのコミュニティができていたんだけど、そのためにユニックスのコミュニティが急に不自由になってしまった。ライセンスの問題でね。それで、みんなで作ったもので、かなり大きくなったんだけど、そのうち、ユニックスは20%から30%の割合のものだけど、どうせならその部分を置き換えるフリーなものを作ろうってなった。

そうして、そういう運動が広がって、ユニックスの中核部分をライナスという人物が中心になって、つくりはじめた。それがリニックスの始まりなんだ。彼がやったのは、リニックスの制作の過程をすべて公開したんだ…。
(続きはオーディオで)



■第三回:リニックスって……?

Nop! Yep! あまりに過激な発言にマハもびっくり。放送禁止用語の連続。申し訳ありませんが、公開を断念させて頂きます。


■第ニ回:リニックスってどこで買えるの?
where

↓↓↓せっちゃんのお話を直接聞いてみよう!
★フラッシュ(300K)ストリーミング
☆MP3(298K)ダウンロード

フラッシュ・ストリーミングをオススメします。推定ダウンロード時間3分

せっちゃん: もちろんどこでも買えるし、人から、もらってもいい。リニックスはフリーライセンスなんだね。ウィンドーズだったら、ウィンドーズのCDをコピーして人にあげたら違法になる。コピーしなくても、自分のウィンドーズを友達のパソコンにインストールしてあげても違法になる。でも、リニックスはライセンスがフリー。これをGPLというんだけど、リニックスは公共にに属しますというライセンスなんだ。だから、友達にコピーして分けてあげてもいいし、そうすることがいいと勧めている。

だって、コピーは無料で、瞬時にできてしまうんだよ。

家を作るとしよう。一件作るのに、何ヶ月も何百万円もかかるね。また二件目を同じに作るとしたら、デザイン料は多少安くなるとしても、やっぱり何ヶ月も何百万円もかかるでしょう。でもソフトは、ひとつめ動くのを作る100人が10年かかって作ったとしても、2つめはただでできてしまう。コピーする手間は無料なんだよ。

コンピューターの世界で、コンピューターの上で動くソフトのコピーがタダというのは、自然な性質なんだ。最初にコンピューターが出来たとき、実際にそうだったんだ…コピーはタダだった…
(以下〜オーディオでどうぞ〜)




第一回:専門家が使うリナックスから、
おばあちゃんも使えるリナックスへ

Whats good
↓↓↓せっちゃんのお話を直接聞いてみよう!
★フラッシュ(180K)ストリーミング
★MP3(167K)ダウンロード

フラッシュ・ストリーミングをオススメします。推定ダウンロード時間1分30秒

ミーナ: せっちゃんから話しを聞いて、私もリニックスを使ってみたいと思ったけど、リニックスって、どうなんでしょう、私でも使えるのかしら??
セッチャン:
リニックスは5年くらい前までは、コンピューターの専門家用だった。それはリニックスの基本的な機能が安定していたからなんだ。そして、世界中のみんなが協力して、たくさんの改良を加えられ…そのうちに、リニックスはこんなによくなったから、使いやすくしたら、誰でも使えるだろうって…。その使いやすくする開発が90%くらい出来上がってきた。いまでは、マックをもともと開発したチームが、リニックスをおばあちゃんでも使えるようにしようというプロジェクトが始めている…。
(続きはオーディオで)



マックやウィンドーズなどで、再生できないなどの不具合を調査中です。まことに申し訳ありませんが、何かの不具合が生じた場合は、ぜひ、ご一報ください。→fareast@aminet.or.jp


(ほんとうは?)
数をつい間違えて、一つ飛ばしただけ。最後の7が出来てからマハは気がついた。いまさら変更は手間だし、そのまま載せる事になったのだけど、セトゥが3を載せる事を主張。それで、こんな風な扱いになりました。楽しんでくれた?

日記
絵なし日記
リビングアース
そよ風日記
インド日誌
気まぐれ日記
こころ
トップ
おしゃれ良品店
クィックリリース
マジュヌ
ロータスパラダイス
リアルインド
トップ
ヒマラヤの岩塩
インド安宿建築
メヘンディ
ヒマラヤは語る
SWGAT HAI
テクノロジー
MP3マニア
アート
トップ
lomography
アレグリーア
Vijay
サン・ロータス
視覚に魅せられて
アース
トップ
地球のそらのした
微生物
村人通信
戦争と平和
ウエブウオッチ
みてるだけ
コミューン
トップ
シーポヨのしわざ
遊び場
オープンコミュニティ