オープン コミュニティ サーバー
文字化けをしておりました。申し訳ございませんでした。
ついでに、文章も追加しておきました。(5月29日)
この文章は作成中です。コメントや提案はメーリングリスト にどうぞ。
Original: setu, 2001-05-26.
Version: 0.1, setu, 2001-05-29.

オープン コミュニティ サーバー

(OCサーバー)

オープン コミュニティ サーバーは、ネットワーク上で オープンコミュニティを運営するためのサポートを行なう。コミュニティサーバーの機能は三つある。コミュニケーション、決定と運営、通貨と経済。

私たちノーウエアはEグループのサーバーを現在使っているが、これもある種のコミュニティ サーバーである。驚くべき事に、Eグループのサーバーは、このうちの2つのほとんどを満足する。機能としてほぼ充分であるが、もっと欲しい機能がある。もっとも売りものの、コミュニティ通貨の運営が含まれていない。

ここでは、現存するサーバーには関係なく、自分たちでオープンコミュニティ用のサーバーをたちあげるとしたら、どのようなものになるかについて一緒にみてみよう。

ちなみに、自分たちで作るソフトウエアや文書は全て、GPL、LGPL、GFDLでカバーし、オープンかつフリーである事を保証する。その上で協力者、協調者を集める。

システムは、フレキシブルにつくり、コミュニティの形をある程度自由に設定、動的変更が出来るようにしたい。そのうえで、いろいろなパターンのオープン コミュニティが、世界中で実験できるようにしたい。


三つのサービスについて、要素とその説明をする。
各サービスについて詳しく説明、議論する。
    • OC コミュニケーション サービス
    • OC 決定 運営 サポート サービス
    • OCC サーバー
  • 実現
実際にどのように実現するかについて説明、議論する。
    • 現状
      • 実際の実験としてnowhere で実験運用がされています。
    • プロトタイプ
      現存するサーバーを利用して、いますぐに出来る事から始めてみる。
    • 実験サーバー
      • 自分たちのサーバーと、現存するサーバーの組合せ。
      • 少しずづ必要な設定や、道具を整備して不足する部分を補ってゆく。
      • ある時点でこのサーバーが、本番サーバーとして出来上がる。
    • 本番サーバー
      • 一部現存するサーバーとの組合せになるとしても、コミュニティが問題なく、スムーズに運営されるためのサーバー。
      • 運営しながら、さらに成長する。




概要


三つの基本サービスに分類される。




OC コミュニケーション サービス

コミュニケーション:コミュニティ 全体のコミュニケーションをサポートする。地球レベルで広がっていてもコミュニティが成り立つように。

ここを読むまえに、”現状”に目を通しておくとわかりやすいかもしれません。

あったらいい機能:
(*は今ない機能)          
  • Eメール
    • もっとも基本的な道具。
    • 機能:POP、IMAP*、WEBメール
  • WEBサーバー
    • 情報の共有、発信など。
    • 機能:PHP*、PERL、EーPERL*、CGI、SSI
  • 音声のストリーミング サーバー*
    • リアルタイムのラジオが流せるといいね。
  • ビデオのストリーミング サーバー*
    • リアルタイムのテレビが流せるといいね。
  • ファイル共有
    • FTPサーバー*
  • メーリング リスト
  • インスタント メッセージ、チャット
  • BBS (メーリング リストとリンク*)
  • ニュース グループ (メーリング リストと リンク)*
  • 日記帳(メーリングリストとリンク*)
    • メールでも書き込み可能
  • ディレクトリ サーバー(LDAP)*
    • メンバーの情報(アドレス、予定など)を公開する機能。
  • データベース サーバー(mySQL)*
    • いろいろな機能を実現しようとしたら、あった方が便利。
  • CVSサーバー*
    • テキスト情報のバージョン管理。共同で一つの文書を作るときに便利。
  • テルネット アカウント*
    • これはあくまで管理者が使う機能。新しい機能のテストをしたり。。。
                 

OC 決定 運営 サポート サービス

コミュニティ内の決定や運営を行なう機能。
コミュニケーションサービスと深く連係するが、何かを決めるとき、それをサポートする機能を特別に用意する。

ほかの、サービスと連係する機能。例えば、共有の資産を運営するような機能。
  • BBSやメーリングリストと連係メーリングリスト
    • コミュニケーションに相当する部分はこの中に含めないってこと。
  • OCC(コミュニティ通貨)サービスと連係
    • 会社や、金銭が絡んだ意志決定機関を運営できるようにって事です。
  • 提案とそれに対するメンバーの意志表示、投票。
  • 提案や意志表示のできるメンバーの管理。
  • 複数のコミュニティが、サーバー上に存在できる事。
  • 複数の機関が、一つのコミュニティ上に存在できる事。


OC通貨 サーバー

オープン コミュニティ 通貨(OCC)の運営をネット上で行なうための機能。
LETS等の既存の”コミュニティ通貨”も運営できるように、汎用的につくる。

  • 各メンバーの保有通貨の管理。   
  • メンバー間で通貨の交換を行なう機能。
    • 請求(提示)、支払、受領確認
    • OCCとSOCC(共有のコミュニティ通貨)の運営。
  • オープンでフリーなソフトウエアがあったら、それをもとに改造する。
  • ”決定・運営サポート”と”コミュニケーション”と連係して、オープンでフリーな会社、コミュニティを運営できるように。
  • 既存の通貨とつながりをもてるように。例えば、”Eパスポート”や”投げ銭”との関連性ももてるように。
  • フロントエンド(GUIやウエブページ)とバックエンド(実際の処理をするエンジン)を、はっきりと分離して設計。
    • 利用者や、開発者が自由に選択できるように。
    • 最初はウエブページベースの利用になるかもしれないが、GUIベースのソフトウエアを作る開発者がでてくるかもしれない。
    • バックエンドを外から見たときの仕様をはっきりと示す。
  • mySQL(データベースサーバー) とPerl(パール:プログラム言語) で、バックエンドを作ることを考えている。それはそれらが使えるサーバーが簡単にてに入りやすいので。
    • パールで書くとデータベースサーバーの種類からは独立して作ることができる。場合によってはデータベースサーバーを使わずにファイルベースで使うこともできるかも。

  • 管理者が通貨の”オープン”な質を設定できるようにする。
    • オープンな割合も、自由に設定できるように。                      

:-)

詳細


各サービスについて詳しく説明、議論する。
  • OC コミュニケーション サービス
  • OC 決定 運営 サポート サービス
  • OCC サーバー

まだ、何も書いてないってば。

実現


実際にどのように実現するかについて説明、議論する。
    現存するサーバーを利用して、いますぐに出来る事から始めてみる。
    現状はすでにプロトタイプです。
  • 実験サーバー
    • 自分たちのサーバーと、現存するサーバーの組合せ。
    • 少しずづ必要な設定や、道具を整備して不足する部分を補ってゆく。
    • ある時点でこのサーバーが、本番サーバーとして出来上がる。
  • 本番サーバー
    • 一部現存するサーバーとの組合せになるとしても、コミュニティが問題なく、スムーズに運営されるためのサーバー。
    • 運営しながら、さらに成長する。


現状 (2001-5-30)

すでに既存のサービスを利用して、NOWHERE として実験運用されている。
このモデルを参考に他のコミュニティを作る事もできます。

コミュニケーション
  • Eメール
    • 各個人のメールアカウントを使ってい
      • コミュニティのサーバーは提供してしない。
  • ウエブサーバー
    • メインサイト:アミネットに無償で提供してもらっている50MBのスペース。
    • サマサティ通版がもっている有料の30MBのスペースの一部を無償で提供してもらっている。
    • ジオシティズ(YAHOO)の無料スペース。大きな画像や、音声のページをおいている。(広告がでてくるけど、おとなしくて控え目)
  • BBS(掲示版)
    • メインサイト上で自前のCGIでBBSを走らせている。
    • BBSの内容はメーリングリストに転送されています。
      • 逆(メーリングリストをBBSに反映)はサーバーの許可がなくてはできないので、できていません。自前のサーバー(または、テルネットができるサーバー)が必要です。
  • メーリングリスト等
    • Eグループス(YAHOO)の提供する無料のサービスを使っている
      • メーリングリスト:複数のリストを運営
      • BBS的な利用もできる 過去ログ
      • 共有のリンク情報(ほとんど使っていない)
      • ファイル共有機能
      • 投票(つかっていない)
        • 同じメールアドレスのメンバーは一度だけ投票できる。
        • 複数のテーマにたいして、同時に投票を走らせる事ができる。
      • チャット機能(使っていない)
        • 時間を決めて、複数のメンバーが集まって文字でお話ができます。
      • メンバーの情報
        • みんな登録してませ
意志表示、運営
    • Eグループの投票機能がありますが、使った事はありません。
コミュニティ通貨
    • サービスはみつかっていません。
    • 自前でサーバーを用意する必要があるかもしれません。
    • LETS方式のオープンソースのプログラムがありますが、自前のサーバーが必要です。
    • ”パール+データファイル”、で動くプログラムを作れば、今のメインサイトのサーバーの能力で実験ができます。
    • ”Eパスポート”や”投げ銭”は、既存の通貨の部分として使えると思います。