瞑想とは何でしょう?

私達の大半は、ほとんどの場合、自分の思考と感情によって動かされ、支配されています。よって私達は、自分自身がそれらの思考と感情だと考えてしまいがちです。

瞑想とは、単純にただ在るという状態であり、肉体やマインドに邪魔されることなく、ただ純粋に経験するということです。

それは自然な状態なのに、私達はどのように手に入れるかを忘れてしまっています。

瞑想という言葉もまた、もっと正確には、瞑想方法として使われています。

瞑想の方法、テクニック、方策とは、それによってボディマインド(身体とマインド)から距離を置くことを容易にする、内なる環境をつくりだす為の方法です。

始めのうちは、構成を持つ瞑想方法を実践する時間をとる方が助けになります。

日々の生活の中や、仕事や、娯楽の時、ひとりでも誰かといっしょでも実践できる、たくさんのテクニックがあります。

瞑想の状態――くつろいだまま気づき、意識的で、中心に根付いている――が、ただ通り過ぎていく経験ではなく、呼吸のようにその人にの本質になるまでは、メソッドが必要です。

 

瞑想に関する一般的な誤解

瞑想とは......

1) 精神的な探求をしている人々だけのものでしょうか?

瞑想で得ることは、多様です。その中でも中心になることは、くつろいで、しかも努力なしに気づきに満ちていられる様になることです。

瞑想は、本当にすべての人にとって役立つ道具です!

2)「マインドの平和」を得るための、日々の訓練でしょうか?

マインドの平和という言葉は、矛盾しています。

そのまさに本質において、マインドは慢性的批評家です。瞑想を通してあなたが発見できることは、あなた自身と批評との間に距離を置くコツを知ることです。

それは、思考と感情によるサーカスを続けるマインドが、あなたが本来持っている沈黙の状態に、もはや侵入しないようにする為です。

3) マインドをコントロールしたり 『従わせる』 ことによって、もっと思慮深くなるための、精神の訓練または努力でしょうか?

瞑想は精神的な努力でもなければ、マインドをコントロールする試みでもありません。

努力とコントロールは緊張をともない、緊張は瞑想の状態とは正反対です。

さらに、マインドをコントロールする必要などなく、マインドとその働きについての理解が必要なだけです。

瞑想者はマインドをコントロールしたり、もっと思慮深くなる必要はありません。意識的であることにおいて、もっと成長する必要があるだけです。

4)焦点を合わせ、集中し、熟考することでしょうか?

焦点を合わせたり、集中したりすることによって、気づきは狭くなります。あなたはひとつの対象に集中し、他のすべてのことを除外します。

反対に、瞑想はすべてを取り込み、あなたの意識は広がります。

熟考者は対象物――たいていは、写真や神感を受けた格言などの宗教的なもの――に焦点を合わせます。

瞑想者は特に何かに対してではなく、単純に気づいています。

5)新しい経験でしょうか?

そうである必要はありません。

スポーツマンは、彼らが「ゾーン」と呼ぶこのスペースを知っています。

芸術家もそれを知っています――歌うこと、絵を描くこと、楽器を奏でることを通して。私達は、庭で働いたり、子供と遊んだり、海岸を歩いたり、愛を交わすことを通して、それを知ることができます。

子供の頃に、そんな経験を持ったことがあるかもしれません。瞑想は自然な状態であり、おそらくその味わいの名前も知らずに、あなたは確かに味わったことがあるでしょう。