メインページ | 最近の更新 | ページを編集 | 履歴 |

印刷用の表示

54.167.126.106 (Talk)
ログイン | ヘルプ

オープン・コミュニティ/自由な世界のビジネス

Oh!Ah!Now! Wombat - 自由なバザール

< オープン・コミュニティ

『デジタルに自由な世界』のビジネス

今朝、散歩をしてながら思っていたんだけど、『デジタルに自由な世界のビジネス』っていうことを最近話していなかったね。だから、共産主義という話が出て来る。ソビエトも、中国も、どちらも自由な世界ではなかったね。

それは自由な世界を作ろうとして革命をしたんだけどね。どうも原理的に問題があるようだ。あれは、共産教という新しい宗教だったんだね。人間を信頼していないことがベースになっている。憎しみがベースにあるんだね。

コピーレフトの自由な世界というのは、人間を信頼する事がベースにある。遊びがベースにある。好きな事をするのが一番良い事だっていうのが、ベースにある。

コピーレフトな作品は、ビジネスを禁止していないんだよね。コピーレフトな作品は、誰がそれを売ってもも構わない。単に売っても競争相手にかなわないから、良いサービスをベースに乗せる。

LinuxのデスクトップのGnomeプロジェクトを始めて、軌道に乗せた Miguel de Icaza っていうまだ若い人がいる。学生の時にプロジェクトを始めて、メキシコの原子力研究所のシステム管理者に就職して、システム管理のかたわら、コピーレフトのプロジェクトを走らせていた。

これが、後になって投資者がついて、彼は一緒にプロジェクトをやっていた何人かと一緒に Ximianという会社をシリコンバレーで立ち上げた。

これは、昨年 Novell という、大手のソフトウェア会社に買い取られた。そうして、Miguel de Icaza は、現金・有価証券保有高が7億3900万ドル(812億円、総資産はもっとだね)の会社の副社長に就任している。今でも、彼が走らせているプロジェクトとその結果のほとんどは自由な世界に属する。コピーレフトなライセンスで公開されている。

ソフトウェアの市場のうち、ソフトウェア自体の販売っていうのは20%に満たないって聞いた事がある。80%は、サービスを売っているのだ。特定の顧客のためのサービス。サービスはコピーが出来ない物なんだね。人間の即興的な創造的な作業が伴う。これはまだデジタルコピーの出来ない範囲。

だから、いろいろな物がコピーレフトになっても、デジタルコピーが不可能な範囲でビジネスが成り立つ。デジタルコピーな作品のコピーを禁止するのは自然の法則に逆らっているから、それを維持するのは難しいと思うんだよね。抵抗するのに努力するのは止めて、自然の法則にしたがったビジネスを考えたら良い。

そうして、ビジネスっていうのが何のためなのか、もう一度良く考えてみたら良い。

資本の集中は、大きな開発を行い、大きな生産を行うために必要なものだったんだよね。それが、このあたりにきて、必ずしも必要ではなくなって来ている。

個人がデジタルに自由な世界で共同作業を行う事で、大きなプロジェクトを走らせて、大きな生産を行う事ができる。

やがてコピーレフトな車の設計や、エンジンの設計が、出て来るかも知れない。それは、まだ先の話。まだ、安いエンジンや車の生産には、資本の集中が必要でしょ?だから、まだ起きない。

もし、万能機械生産装置が作られて、個人や小さな共同体でそれを持つ事が出来るくらい安くなったら、コピーレフトなエンジンの設計や、コピーレフトの車の設計が、デジタルな世界を流れ始めるでしょう。

でも、その前に、後進国の人達が、コピーレフトなエンジンの設計プロジェクトを走らせて、地球レベルの共同作業で立派なエンジンの設計を作って、それをそれぞれの国や、国の資本家に生産させるっていう、そういう事が起こる可能性だってある。それが起こるとしたら、いつ起きても不思議ではない。

食べ物?とりあえずは、食べ物を作るためのノウハウをコピーレフトに共有したら良い。競争ではなく共同作業を。そうして、いろいろな物がうまくバランスをしながら、自由な世界へと移行して行く。

それには、戦いも革命も必要がない。個人個人が自由な世界へ暮らす事を決める事から、それは始まる。楽園はすぐ目の前に来ている。

もしかしたら、僕等はその世界に暮らす事は出来ないけれど、未来の人達の為にそれを生み出す助けをすることが出来るかも知れない。これは創造の喜び。創造には常に喜びが伴う。それは麻薬のようなものだ。一度、創造する事を覚えたら、抜け出すのは難しい。

Setu 04:58 2004年7月16日 (JST)


[メインページ]
メインページ
最近の更新
おまかせ表示
最近の出来事
ページを編集
記事の会話
履歴
リンク元
リンク元の更新
特別ページ
バグの報告