メインページ | 最近の更新 | ページを編集 | 履歴 |

印刷用の表示

54.167.126.106 (Talk)
ログイン | ヘルプ

クイックリリース/紹介

Oh!Ah!Now! Wombat - 自由なバザール

< クイックリリース

ってことで、クイックリリースいくらでも食べさせてあげる。クイックリリースのお土産は、取り戻した生まれながら持って生まれた質を表した絵だったんだけど、最近はそれをクリスタルに入れておもち帰りと言うのもするようになったのだがしかし。

持って帰った絵は毎日(出来たら朝一番で)、しばらく一緒にいた後、もう一度その感じで絵を書いてもらうようにしてる。そうすると、その感じでしばらく生活出来るんだよね。クリスタルはその感じと繋がりやすいように助けになるの。

絵に、言葉を付けたり詩を付けたりもありよ。

ペンデュラムが使えたら

ペンデュラムも使うでしょ? 『今の感じ』って言って絵を書いて、その上で『この絵の感じをペンデュラムの揺れで表現』って言ってペンデュラムに揺れてもらっていると、絵の感じがもっと強くなる。(絵の質の数字の判定はこの場合省略してもある程度働くんだ)

『十分』とか『こんなとこかな?』って感じがしたら、その時の感じでもう一度絵を書いてみる。結構、一枚目よりも研ぎ澄まされたかな?って感じの絵になると思う。

このプロセスを気がすむまで続けても良いし。

質の数字を調べることがが出来ると、

『ああ、この感じって、こう言うことなのね』って分かったり、自分の否定的な質を表現したと思ったのに、実は創造的な質を何らかの理由で『否定的』に勘違いしていることが分かって、『なーんだあ』って事があったりする。

絵の質の数字(いろ?)を調べられると、そのプロセスを通じてチューニングが深くなるから、『その感じがペンデュラムの揺れで表現されるのを許す』ときに感じがもっとはっきりやって来る。緊張が取れたり、良い感じが強くなって言ったり、過去の記憶がやって来て理解が起きたり、もう一度その感じを生きてみたり、その時感じるのを避けていたことを、今になって感じることが起きて、たまっていたものが終わって行ったり。。。。

これが自分一人で起きるから、助かるよ。

リリースって名前を付けたけど、切って捨てる分けではなくて、その中にもっと深くはいるんだよね、そうすると自分が無視したり切れていた、本来の自分の宝物を見つける。自分再発見。

そうして見つけた質は、『自分の物』じゃなくて、一般的な質で、誰のものでもないんだけどね。

つい最近のヴィデオでオショウが言ってたけど、

『イエスは、神は愛って言ったけど、私はもう一歩進めて、愛は神って言うよ』って言ってた。この違いは大きい。
ちょうどぴったりのオショウの言葉が来た

上の文を書いた後にオショウ禅タロットを引いたら、なんとクイックリリースの説明にぴったりの文章が来た。

突破(ブレイクスルー)

挫折(ブレイクダウン)を、突破(ブレイクスルー) に変容させることがマスターの役割のすべてなんだ。サイコセラピストたちは、ただ君達につぎを当てて修理するだけなんだ。それがサイコセラピストの役割なんだ。サイコセラピストは、君達を変容させるためにいるわけではないんだよ。君達に必要なのはメタサイコロジー、ブッダたちの心理学なんだね。

意識を保ったまま挫折を経験するのは、生における最大の冒険なんだ。挫折(ブレイクダウン)が突破(ブレイクスルー) になるという保証はなにもないのだからね、それは最大のリスクだってこと。それはたしかにそうなるよ。でも、こうしたものごとは保証されっこない。君達の混沌(カオス)は太古の昔からあるひじょうに古いものなんだ——多くの、多くの生にわたって、君達は混沌としていたの。それには厚みがあり、濃密なんだよ。

それ自体がほとんどひとつの宇宙ってこと。だから、君達が自分の小さな許容力でその中に入って行くとね、もちろん、危険なことになるんだ。でも、この危険に直面せずに統合された人なんて、これまでひとりもいなかったでしょ。個人(インディヴィジュアル) に、分割することのできないもの(インディヴィジブル) になった人などひとりもいなかったんだから。

禅、あるいは瞑想は、君達がこの混沌、魂の暗夜をバランスを保ちながら、規律を保ちながら、油断せずに通り抜けるのを助ける技法なんだ。

夜明けは遠くない。でも、夜明けに行き着く前に、君達は暗い夜を通り抜けなければならないだよ。そして、夜明けが近づいてくるにつれ、夜はますます暗くなって行くんだ。

Osho Walking in Zen, Sitting in Zen Chapter 1

良い感じでしょ?

で、セラピストの力を必ずしも借りるんじゃなくて、自分一人で全部出来るのがクイックリリースの良いところ。もちろん、人にしてもらうことも、人にしてあげることもできる。

って分けで、クイックリリースはサイコセラピーじゃないって分かってくれた? わざわいを福に転ずるの。自分の欠点やつらい感じは、必ずうまく変容されるんだよね。

かと言って、人は深いので、いちまい皮をはがしても、まだまだ先が続くの。だから、人にセッションしてもらうよりも、自分で自分に出来るようになるほうが良いんだよね。

最後に手にいれた(取り戻した)質と一緒にいながら座っていると、『ああ、瞑想ってこんな感じなのね』って分かる。


[メインページ]
メインページ
最近の更新
おまかせ表示
最近の出来事
ページを編集
記事の会話
履歴
リンク元
リンク元の更新
特別ページ
バグの報告