メインページ | 最近の更新 | ページを編集 | 履歴 |

印刷用の表示

54.81.139.56 (Talk)
ログイン | ヘルプ

サイバーセックスの夜

Oh!Ah!Now! Wombat - 自由なバザール

 (サイバーセックスの夜)

色男:やあ、可愛いコちゃん。君ってどんな感じかな。

可愛コちゃん:赤いシルクのブラウスにねー、ミニスカでしょ、それにハイヒール。毎日エクササイズしてるから引き締まってパーフェクトボディーよ。サイズは上から90-60-90ね。アナタはどんな感じなの。

色男:オレかい。身長188センチ、体重110キロ。メガネしてて、スーパーで買った新品の青いジャージはいてんだ。Tシャツ着てて、晩メシでこぼしたソースの染みが付いてるな・・・ちょっとニオってるぜ。

可愛:アナタが欲しいわ。シテ。

色男:OK。

可愛:二人は私のベッドルームに居るのよ。ステレオからはソフトな音楽、ドレッサーとナイトテーブルにはキャンドルが燃えてるわ。私、ニッコリしてアナタの目を見つめてるの。私、ゆっくりアナタの股間まで手を下ろし、アナタの大っきくなったモノをまさぐり始める・・・。

色男:息が苦しい。汗ばんできたぜ。

可愛:アナタのシャツをまくり上げて胸にキスするわ。

色男:じゃ、君のブラウスのボタンを外すとするか。おっと、手が震えるぜ。

可愛:ああ〜〜。

色男:君のブラウスを掴んでそっとはぎ取り・・・。

可愛:嬉しくて頭がのけぞっちゃう〜。アタシの温かい肌をひんやりしたシルクが滑り落ちてく。私はアナタを更に刺激する。

色男:あっ、ドジってブラウス破いちゃった。ゴメン。

可愛:いいのよ。そんなに高くないし。

色男:弁償するよ。

可愛:心配しないで。ブラは黒のレースよ。息が弾んで柔らかいオッパイが波打ってるわ。

色男:ん? ブラの止め金がなかなか外れないぞ。引っかかってるようだ。ハサミある?

可愛:そっとアナタの手にキス・・・、止め金に手をまわして自分で外したわ。ブラが体を滑り落ちてく。オッパイがむき出しよ。アナタのために乳首が立ってるわ。

色男:どうやって外したんだい。(と、ブラを拾って止め金をチェックするオレ)

可愛:体が仰け反るわ。あー、ベイビー、ナメナメしてちょうだい。

色男:ブラを放り投げ、君の、その・・・オッパイをばナメるオレ。いい感じ!

可愛:指でアナタの髪を掻き上げ、耳たぶを咬むの。

色男:と、そこに急にクシャミ。君のオッパイ鼻水だらけ。

可愛:エッ?

色男:ゴメン。

可愛:破れたブラウスで鼻水を拭くわ。

色男:べっとり濡れたブラウスを君から受け取り、パシャっと下に落とすオレ。

可愛:OK。アナタのジャージを下ろして、硬いモノを愛撫するわ。

色男:「ア〜ン」って、女みたいな声が出ちまったじゃないか。君の手は冷っこいなー。ヒェー!

可愛:ミニスカートをたくし上げるわ。パンティー脱ぐのよ。

色男:パンティー脱がすぞー。オレの舌が君を隈無くナメまわす。軽く咬んだりしち・・・おや・・・ちょっと待て。

可愛:どうしたの。

色男:のどに陰毛が引っかかった。咳込むオレ。

可愛:大丈夫?

色男:喘息の発作だ!全身真っ赤になってきた。

可愛:どうしましょう。

色男:台所に駆け込んで激しく咳込むオレ。やっとの思いで戸棚まで行き、カップを探す。カップはどこなんだ!

可愛:流しの右の戸棚の中よ。

色男:水を飲むオレ。ふー、一息ついた。

可愛:戻って、ダーリン。

色男:今カップ洗ってるんだ。

可愛:ワタシがアナタを思ってエビ反ってるというのに・・・。

色男:今、カップ拭いてるから。戸棚に戻してと・・・。さっ、ベッドルームに戻ろう。まてよ、暗いじゃないか。オレはどこにいるんだ。ベッドルームはどこなんだ!

可愛:廊下の突き当たり、左のドアよ。

色男:ああ分かった。

可愛:アナタのパンツを脱がして、あー、モダエちゃう。アナタが欲しくてたまんない。

色男:オレもさ、ベイビー。

可愛:さあ、パンツ脱がしたわ。熱いキスしちゃう。二人裸でしっかり抱き合ってるのよ。

色男:顔押しつけるなよ。メガネがめり込むじゃないか。痛いってば!

可愛:メガネ取ったら。

色男:OK。でもメガネがないとよく見えないんだが・・・。

(メガネをナイトテーブルに置く)

可愛:ワンワンスタイルになるわ。ベイビー、早くシテ!

色男:あ、ちょっとオシッコ。(と、ヨタヨタと部屋を抜け、トイレへ向かうオレ)

可愛:早く戻ってきて、ダーリン。

色男:トイレ発見、でも暗い。手探りで便器を見つけ、蓋を上げる。

可愛:アナタが戻るのを今や遅しと待つワタシ。

色男:済んだ。レバーをまさぐるが見つからない。あっ、イカン!

可愛:今度は何なの。

色男:君の洗濯かごにオシッコしたみたいだ。何度も済まん。いま手探りでベッドルームに戻るから。

可愛:あー、イエス、来てちょうだい。

色男:OK。じゃ、オレの、エーつまり、ナニをば・・・君の、そのー、ナニに・・・。

可愛:そうよ、ヤッテ。ヤルのよベイビー!

色男:君のツルツルのお尻、スッゲーいい気持ち。首にキスして・・・。ん? アッ、そ、そんな〜・・・。

可愛:お尻クネクネして悶えちゃうー。もうダメ、入れてー!

色男:ちぢんだ・・・。

可愛:何ですって?!

色男:ダメだ。オレ、早漏なんだ。

可愛:立ち上がって振り返る私。顔には信じられないという表情。

色男:オレは悲しげに肩をすぼめる。男のメンツ丸つぶれ。メガネを探す。

可愛:いいえ、気にしないで。服を着るわ。下着を着けて、濡れてびしょびしょのブラウスを着るわ。

色男:いや、待ってくれ。と言いつつオレはナイトテーブルにチラと目をやる。手探りでタンスにつかまり、つまづいてスプレー缶や写真立て、君のロウソクをなぎ倒す。

可愛:私はブラウスのボタンを留め、靴をはく。

色男:メガネ見つかる。メガネを掛けるオレ。なんてこった!ロウソクがカーテンに燃え移ってるぞー!(と、うろたえるオレ)

可愛:もうアンタなんか知らない! ログオフするわ、バカ!

色男:あー、カーペットまで燃えてる! ギャーーーーーー!(と、オレ)


[メインページ]
メインページ
最近の更新
おまかせ表示
最近の出来事
ページを編集
記事の会話
履歴
リンク元
リンク元の更新
特別ページ
バグの報告