メインページ | 最近の更新 | ページを編集 | 履歴 |

印刷用の表示

54.224.164.166 (Talk)
ログイン | ヘルプ

サマサティ/写真日記/2003年

Oh!Ah!Now! Wombat - 自由なバザール

< サマサティ | 写真日記


2003年の写真日記 2004年1月の写真日記 2004年2月の写真日記 2004年3月の写真日記 2004年4月の写真日記 2004年5月の写真日記 2004年6月の写真日記 2004年7月の写真日記

無料メルマガ「インドの砂漠が森へと甦る。イマジン&実践レポート」 http://eforest.org/melmaga/

有料メルマガ『インド伝統医学に学ぶアユルヴェーダな生活』 http://samasati.net/shinbun/yuryo/

無料メルマガ「ああ、インド暮らしの日々」 http://samasati.net/melmaga/

インド石鹸ハーブ通販サマサティ http://samasati.net/

地球再緑化機構 http://eForest.org/


水不足のアユルベーダ大学病院で、廃水を再利用して緑化に使います。 写真アルバムにアップしました。

http://eForest.org/photo.html

インドの田舎暮しは・・

カラディ農場の写真を見て、「あんな農場に住めるなんて、いいなぁ・・」とメールを下さった人もいます。

カラカラの乾燥地帯で井戸は殆ど涸れ、岩だらけのプーナ市東部でこの農場は川の横にあり井戸も2つあり黒土で、非常に恵まれています。

しかし実際に生活すると厳しい現実に直面します。 下の写真に出てくる2人のインド人ウカームとマナスイは農場に止まりこんで働いてくれましたが、マラリアにかかり、ウカームは長期入院しましたし、マナスイも2週間はフラフラしていました。村上アニーシャも慢性的な熱と下痢に悩まされ全身を虫に刺され、何ヶ月もフラフラでした。そんな中で 4匹の子犬たちは寄生虫と伝染性大腸菌で次々に死んで行きました。

未だ被害にあってはいませんがトイレやキッチンではサソリが歩き回り住居の外には毒蛇が遊んでいます・・

ここはカラディ村のはずれにあるのですが、泥棒が集まった村として有名です・・

こんな環境だからこそ、1ぱいのチャイを美味しく飲めるのかもしれません。

08manasviAnadi.gif

2月8日の写真アルバムをアップしました。 http://eForest.org/KaradiFarm/0208/index.html

10ヶ月もたった今だから、こんなふうに説明もできますが、 当時は、「次は誰が倒れるか?」と、毎日が必死でした・・・


わたしたちの のぞむものは あなたを ころすことではなく

わたしたちの のぞむものは あなたと いきることなのだ

わたしたちの のぞむものは にせものの じんせいではなく

わたしたちの のぞむものは ほんまもんの せいかつなのだ

Couple5.jpg

わたしたちの のぞむものは うそつきの いいひとではなく

わたしたちの のぞむものは しんらいできる ともなのだ

Cock12.jpg

わたしたちの のぞむものは ケィのないさるの わくせいではなく

わたしたちの のぞむものは いきるものの まんだらなのだ

Cocks3.jpg

わたしたちの のぞむものは びょうにんの かねもちではなく

わたしたちの のぞむものは きびしくいきる けんこうなのだ

Basket36.jpg

わたしたちの のぞむものは コンクリートさばく ではなく

わたしたちの のぞむものは みどりはなさく ふるさとなのだ

Kenaf13.jpg

わたしたちの のぞむものは じぶんをうらぎる ことではなく

わたしたちの のぞむものは じぶんを あいする ことなのだ

Hen18.jpg

わたしたちの のぞむものは ひとにほめられる ことではなく

わたしたちの のぞむものは じぶんで ほめる ことなのだ

Henhouse1.jpg

わたしたちの のぞむものは しかたなく いきる ことではなく

わたしたちの のぞむものは いましぬほどいきる ことなのだ

Henhouse4.jpg

ゆめみる ふしあわせに とどまっては ならない

めざめる しあわせに いま とびたつのだ

Chick15.jpg

きみに しあわせ あれ

Chicks1.jpg

きみに しあわせ あれ

Chick8.jpg

きみに しあわせ あれ

Newman223.jpg

うつくしい うつくしい うつくしい

われら もの みな たから なり


『最も重要なことの一つは、慈悲の心です。 慈しみの心は、ニューヨークの大きな店でも買うことはできません。機械でも作り出せません。しかし、心の内なる発展によってはじめて手に入れることができるのです。 』-ダライ・ラマ

ダライ・ラマ法王来日光縁 2003年11月1日(土)2日(日)会場:両国国技館 http://www.tibethouse.jp/dalai_lama/2003japan/jp.html


しあわせ

このよに うまれて しあわせ

まいにち まいにち しあわせ

おなかが すいて しあわせ

のどが かわいて しあわせ

しあわせ

しあわせ

しあわせ

けんかに まけて ばかりで しあわせ

だいすきな ほしざかなを とられて しあわせ

おもいどおりに ならないこと ばかりで しあわせ

いきてる だけで しあわせ

しあわせ

しあわせ

おなかが いたくて しあわせ

のどと むねが いたくて しあわせ

しょくよくなくて すいじゃくして しあわせ

いたくて くるしくて いたくて くるしくて いたくて くるしくて しあわせ

しあわせ

やっと しぬ とき がきて しあわせ

しあわせ

と 教えてくれた 貴方に

ただただ、感謝の涙で

合掌

しあわせ


http://www.gaiasymphony.com/e-02.html

『  ヒトはいつ頃から、自分の”物の感じ方””考え方”が自分固有のものであり、自分がこの世に生を受けて以後に培われたものだ、と思うようになったのだろうか。私にはそれが、ヒトを現代人たらしめた巨大な”錯覚”であるように思えてならない。』

『この次元では、少女は百代前の予言者とも、現代の女性とも、何の障壁もなく響き合い、励まし合っている。』

(以上、ガイアシンフォニー龍村仁エッセイより引用)

『その真っただ中に立つ少女は、

自らが星であり、天空の音楽そのものであり、

時を超え、場所を超え、種を超えて

すべてのいのちとつながって、

今この一瞬に共に舞い踊っていることを知る。』

(星川淳著『精霊の橋』(幻冬舎)より引用)


シカの月/電気の月 KIN 217:赤い太陽の地球

貴方からの贈り物

初代ラオツーが静かに痩せて死んだ。

アニーシャ村上とチャンドラカーンが泣きながら穴を掘ってレンガの墓を創った。

アナディは深夜に独り涙を味わう。

颯爽として風景に溶け込み、悠々と生を楽しんでくれた

貴方からの贈り物を、いま受け取りました。

今日は死ぬのにもってこいの日

 今日は死ぬのにもってこいの日だ。

 生きているものすべてが、私と呼吸を合わせている。

 すべての声が、わたしの中で合唱している。

 すべての美が、わたしの目の中で休もうとしてやって来た。  

 あらゆる悪い考えは、わたしから立ち去っていった。

今日は死ぬのにもってこいの日

 今日は死ぬのにもってこいの日だ。

 わたしの土地は、わたしを静かに取り巻いている。

 わたしの畑は、もう耕されることはない。

 わたしの家は、笑い声に満ちている。

 子どもたちは、うちに帰ってきた。

 そう、今日は死ぬのにもってこいの日だ。

今日は死ぬのにもってこいの日

(「今日は死ぬのにもってこいの日」ナンシー・ウッド著。めるくまーる刊)


シカの月/電気の月 KIN 216:黄色い銀河の戦士

わからぁ~ん!

>ところで ナミートってインド人?

そうです。 スワミ・チェタン・ナミート

アナンタ・ファーム取締役専務。

アナディが話す、わけのわからないアイディアにも 辛抱強く耳を傾け、次の日には全く逆のアイディアを 言われて、頭を抱える28歳の青年実業家・・・

「わからぁ~ん!」 わからぁ~ん!


サソリの月/月の月 KIN 202:白い共振の風

もっと近くで良~く観てごらん

ぼくは生まれて2ヶ月。「ラオツー」って名前で呼ばれてる。

僕の弟は隣の農場に居て1日中繋がれてる・・

朝も昼も夜も悲鳴のように泣き叫んでる・・

でも二本足の毛の無い猿達は気が付かない

自分達は何十年も観えない鎖に繋がれてるから。

慣れっこになってしまって、

繋がれない暮しがどんなに楽しかったか忘れてる

もっと近くで良~く観てごらん 無心

あなたはわたし


ヘンプが僕を呼んでいる

KIN 195:青い宇宙の鷲

セツーがヘンプのこと http://now.ohah.net/setu/article--129.html

をこの何日か書いていて、きのうカラディ農園に遊びに来て「ヘンプが生えてる~!」 というので見たら、約1mの高さになって30本くらい立ってる。 「砂漠にヘンプを蒔くと良いよ3mの高さになる」 と聴いて興味が湧いてナミートに種を手に入れてほしいと頼んだ。

ひと眠りして、横に寝てるチヤンツーとラオツーの顔にみとれてしまった・・

天使が来てくれた・・安らぎと感謝・・・

「シンクロニシティ」って名前を付けてるブックマークのフォルダー の、akiraさんの日記を開いたら麻のこと言ってる・・いくら鈍感な僕も観念した。

木を植えることになった時 http://now.ohah.net/anadi/indianowhere/5tree.html

と同じだ・・ヘンプが僕を呼んでいる・・・

天の邪鬼主義 http://www.akiramania.com/diary/0309.html#today

 11 lunar moonの日付けから以下引用

『麻の根は、自然に土地を耕してくれるし、土地の浸食や土砂崩れを防ぐダムの代替え手段にも有効だ。  大麻の特徴は、成長の速さと生命力である。木材の生育期間は10年から50年かかるのに、麻は農薬や化学肥料もいらず3ヵ月で生育する。・・』

『アマゾンで大麻は「サンタ・マリア」と呼ばれ、聖母マリアの植物として崇められていた。・・ 大麻は植物界と人間界をつなぐ精霊なんだ・・』

天使とマリアが来てくれた

天使


[メインページ]
メインページ
最近の更新
おまかせ表示
最近の出来事
ページを編集
記事の会話
履歴
リンク元
リンク元の更新
特別ページ
バグの報告