メインページ | 最近の更新 | ページを編集 | 履歴 |

印刷用の表示

54.224.164.166 (Talk)
ログイン | ヘルプ

サマサティ/写真日記/2004年10月

Oh!Ah!Now! Wombat - 自由なバザール

< サマサティ | 写真日記

無料メルマガ「インドの砂漠が森へと甦る。イマジン&実践レポート」 http://eforest.org/melmaga/

有料メルマガ『インド伝統医学に学ぶアユルヴェーダな生活』 http://samasati.net/shinbun/yuryo/

無料メルマガ「ああ、インド暮らしの日々」 http://samasati.net/melmaga/

インド石鹸ハーブ通販サマサティ http://samasati.net/

地球再緑化機構 http://eForest.org/


   ミミズ。

ずっと不思議に思っていたことがある。 それは、「バスルームで洗濯する度に、何でミミズが姿を現すのか?」である。 それはそれは小さなミミズで、最初寄生虫かな?と思ったのですが、近くに 寄ってよく見てみると、うっすらピンク色をしているので、やっぱりミミズ。

洗濯は洗濯機でやっている(インドでは、洗濯機は贅沢なもの。裕福な家庭 しか洗濯機で洗濯をしない。ほとんどのインド人はブラシのようなものでシャ カシャカと手洗いする。)ので、洗濯する度にミミズにお目にかかるという ことは、どうやら洗濯機の中にミミズが住んでいることらしい。

ここで、ミミズについて辞書を引いてみた。

■みみず【蚯蚓】

貧毛目に属する環形動物の総称。世界に約三四〇〇種があり、小形種で体長 二~三ミリメートル、大形種は二メートルにもなる。体は細長い円筒状で、 多数の環節からなる。前端に頭があり、やや後方の太くなった環帯と呼ばれ る部分に生殖孔が開く。雌雄同体で、再生力が強い。陸生または水生で、多 くは枯葉や腐植土を食い、中の有機物を栄養とする。光を感ずる細胞をもち、 常に暗がりの方へ進む性質をもつ。普通にみられるのはシマミミズで体長一 〇センチメートルくらいになる。魚釣りのえさにするほか、乾燥したものを 解熱剤にする。赤竜(せきりょう)。めめず。きつねのそば。

小型で2、3ミリメートル。 大型で二メートル。・・・ 二メートルあるミミズにはまだお目にかかったことはありませんが、目の前 に二メートルのミミズが現れたらきっと、失神してしまいそうです。

ちなみにうちのバスルームに現れるミミズは、小さな3cmほどのミミズ。 ミミズがいるということは、洗濯機の中で日に日にとてもいい肥料ができあ っているということでしょうか。 畑に使えばきっと、おいしい野菜ができあがることでしょう。

 水の出ない蛇口。

インドでは、蛇口があるからといって、そこから必ずしも水が出るとは限ら ない。 生きるためには絶対必要な水さえも、インドではとても貴重なものなのであ る。 今住んでいるバンガローに移ってからというもの、水のトラブルはほとんど なく、毎日優雅にお湯をためてお風呂(日本でいう大きな生ゴミバケツ)に ぬくぬくと入っていたのですが、やっぱり水のトラブルがやってきました。 かれこれインドに5年住んでいますが、どこに住んでも必ず多かれ少なかれ 水のトラブルがあり、トラブルの無い場所など超超まれで、インドの大金持 ちくらいしかトラブルを体験しない人はいないといってよいでしょう。

インドでは、水道の蛇口に鍵がつけられているところも多く、この鍵はそこ の敷地のオーナーか管理人がしっかりと握り締めているのであーる。


  頭を洗わないインド人。

つい先日、インドのビューティーコラムニストの女性が書いた「ハーバル・ビ ューティーケア」という小さな本を読んでいたのですが、読みながら、 「えええ!??」という文にぶちあたりました。それは、次のような内容でし た。

『・・髪は、あなたの見た目を美しくするための重要な部分です。では、髪は 一体どのくらいの間隔で洗ったらよいのでしょう? 普通の場合、8~10日に 一度の割合で洗い、フケなどのトラブルや髪がとても汚れている場合は5~8日 に一度・・』

そうか、インド人はフケや髪が汚れている場合でも5~8日に一度なのか・・と、 この文からインド人の「普通」の感覚を垣間見た気がしました。 そして、そういえば髪をしばらく洗わずほったらかしにし、久しぶりに洗うと 髪がとてもいい状態に感じるのは、本当に髪がいい状態になるからでは? インド人はみんな髪が本当にきれいだし、髪がきれいなのは髪をあまり洗わな いからでは?と思う次第です。 そして、髪をきれいにする秘訣は、髪をあまり洗わないことではないだろうか!! という結論に達しました。 というわけで、いつもは一日置きくらいに洗っていた髪を、しばらくほったら かしにして髪の様子を見てみようと思います。 頭がかゆくなったら衝動的に髪を洗ってしまうかもしれませんが。

  数秘について。

数秘学、というのがありますが、私も実はこの数秘学好きです。 数秘によるとちょうど今月あたりから来年の中ごろまで私は「9」という時期 に入り、この時期というのは予期せぬ出来事が次々と起こり、その起こること に対して自分ができることはほとんどなく、物事が起こるにまかせるしかない という時期のようです。自分の成長に必要のなくなったものは目の前から消え 去り、本当に必要なものしか残らない、ようは、新年の前のおおそうじのよう な時期。

この一年が一体どんな一年になるのかは全く予想がつきませんが、起こるべき ことが起こるんだろうから、ただそれを素直に受け入れていきたいと思います。


ピヨ助に、異変。

Born11.JPG 部屋の中で、ヒヨコ一匹を飼っていることは前回号でお伝えしましたが、 そもそもこのピヨ助は、以前まで毎週末通っていたプネー市の滞在先で生まれ た子で、生まれた時はお母ちゃんがちゃんといて、他兄弟が8匹ほどいたので すが、生まれてほんの数日で、母、他兄弟のほとんどが皆殺しにあい(犯人は おそらく近所の野良犬)、この子ともう一匹だけが生き残ったのでした。 襲われたのはたぶん、まだ夜が明ける前か暗い朝方で、生き残った二匹のピヨ コはたまたま羽が黒かったので犯人の目にとまりづらく、逃げ切れたのでしょ う。

Born12.JPG

二匹のピヨコを今住んでるパンチガニのバンガローに運んでいる途中で、一匹 がどこかで行方不明になり、結局今私の部屋にいるピヨ助だけが残ったのです。 ずっと元気ではちきれんばかりで、一日中ジャンプしてたピヨ助が、ほんの数 日前から様子が変わりました。足に力がなくなり、ジャンプどころか歩くのも やっとで、ヨタヨタよろめきながら歩くようになりました。「このまま死ぬか もしれない・・」と思うと涙が止まらず、胸がしめつけられました。

先週末、二週間ぶりにプネーへ行き、2晩ほど過ごしてパンチガニへ戻ってき て、ピヨ助が過ごしているダンボールの箱をのぞいてみると、ヨタヨタ歩きだ ったピヨ助の足が、しっかりと地面につき、元気にピヨピヨ言っているので、 ひとまず安心。「ああ、よかった・・・」

しかし、久しぶりに行ったプネーは、パンチガニと違って暑かった・・。

 プネーの  スーパーマーケットにて。

ついこの間までは毎週末、ゲロバス(揺れが激しく、ゲロが出そうになるバス。 たまに前の座席にいる人のゲロがとんでくる)で3時間揺られながらプネーに 通っていたのですが、毎週末ゲロバスでの移動はさすがにしんどいので、二週 間に一度プネーに行くことにしました。 そんでもって先週末は、二週間ぶりにプネーで過ごしました。

プネーにいる間、インド人の金持ちしかこない大きなスーパーマーケットに、 友人のデヴィ(沖縄からやってきた、英語ペラペラ日本人。見た目はちょっと だけインド人)と一緒に買い物へいったのですが、私たちが調味料売り場で 「この岩塩安い!!」とかなんとかいいながら、あーだこーだしゃべっている と、後ろの方から「日本人ですか?」と日本語で話し掛けられた。 くるりと後ろを振り返ると、インド人の学生風の女の子の姿が。

「はい、そうですが・・」 「日本語が聞こえて来たので・・。日本人かなと思って・・」 「すごい日本語うまいですね。」 「日本で育ったんです。今は大学が休みでこっちに帰ってきてるんです」

日本語ペラペラインド人。 あまりにも日本語がうまいので、しばらく日本に帰っていない私より日本語が うまかった。 彼女の両親はインド人で、家族で日本に住んでいるらしい。


 ジャンクフード。

自慢じゃありませんが、私は大のジャンクフード好きです。 特にお腹が空いてる時のジャンクフードは格別です。 こういうわけで、インドのインスタントラーメンもよく食べます。 何てったって鍋にお湯を沸かしてラーメンを入れるだけで出来上がるので 料理を丁寧に作る気力がないときには、よく利用します。 インスタントラーメンを作るときはいつでも、必ず野菜はたっぷり入れます。 ジャンクフード好きといっても、野菜の全く入っていないインスタントラー メンはさすがに食べる気になりません。 味気なさ過ぎますし、なんだか食べてる途中でどんどん惨めな気分になって、 食べ終わった頃には、得たいのしれない空虚感に満たされるからです。

私はコリアンダーやフェヌグリークが大好きで、よく食べます。 こういった野菜は日本では高級デパートの野菜売り場くらいしか置いてない と思いますが、インドでは普通によく食べられる野菜です。 コリアンダーの独特の香りとフェヌグリークの苦味。 コリアンダー、フェヌグリーク、という英語を使うとなんだか高級感がでて しまいますが、ダニヤ、メティとヒンディー語で呼ぶと高級感が減り、庶民 的な感じがでます。 インスタントラーメンを作る時によく入れる野菜がこの二つです(といって も、その時に冷蔵庫に残ってる野菜を入れるだけなのですが)。

インドには、チャナプタナというヒヨコマメをローストしただけの豆菓子が あり、これも一応ジャンクフードと呼ぶのだと思いますが、豆そのまんまな ので栄養はたっぷりです。 これも最近のお気に入りの一つです。

  犬、ネコ、リス、トリ、そしてサル。 Kali14.jpg 今住んでいるバンガローの屋根から、いつもドタドタと音がします。 ある時はネズミの鳴き声のような音が聞こえてきます。 一体この音は何だろう?と思いながら毎日過ごしていましたが、ある時、う ちのワンコ軍団がいっせいに何かを追いかけてる姿が部屋の窓越しから見え たので外へ出てみると、ワンコ軍団は一本の木の下に集まって上を見ていた。 ワンコ軍団の視線の方向を見てみると、ネコが一匹、木の高いところからこ ちらを見下ろしていた。 「なんだ、ネコだったのか! 屋根の上にすんでネズミを食べてたのか・・」 と、この時は解釈した。 つい先日、またまたワンコ軍団がすごい勢いで何かを追いかけ、ちょうど私 の部屋のすぐ近くにある一本の木の下に集まって上を見ていた。 またネコかな?と思い上を見てみると、なんとサルだった。 しかも他の木から続々と現れ、合計三匹のサルの姿。 ワンコ軍団はサルに向かって激しく吠えている。 サルの一匹が木からバンガローの屋根に移ると、他の二匹もそれに続いた。 屋根から、ドタドタドタ、と大きな音。 「サルだったのか・・(ちょっと驚き)」 Dogs34.jpg 今住んでいるバンガローのまわりは木がわりとあり、部屋の窓越しからリス やさまざまな種類のトリたち、大きなトカゲみたいな動物をたまに見かけます。 木があると、いろんな動物が自然に増えるだな、と実感しました。 ある時、リビングでお茶をしてると、ワンコのご飯の皿がカタカタ揺れる音が 外でしたので、さては食べ残したご飯を誰かが食べてるな・・と思い、そっと 窓をのぞいてみると、丸々太ったリスの姿が。 どうやら皿にくっついてたご飯粒を食べていたようです。 今のバンガローに住んでいると、なんだか自然動物園の中に部屋を借りて住 んでるみたいな気分になってきます。 ちなみに最近、ヒヨコ1匹と卵をうみはじめた一匹の若いニワトリが部屋に います。ピヨ助(ヒヨコの名前)はまだ手の平サイズの大きさですが、毎日 元気はじけてます。


[メインページ]
メインページ
最近の更新
おまかせ表示
最近の出来事
ページを編集
記事の会話
履歴
リンク元
リンク元の更新
特別ページ
バグの報告