メインページ | 最近の更新 | ページを編集 | 履歴 |

印刷用の表示

54.224.164.166 (Talk)
ログイン | ヘルプ

サマサティ/写真日記/2005年7月

Oh!Ah!Now! Wombat - 自由なバザール

< サマサティ | 写真日記

過去の日記:
2003年
2004年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月


無料メルマガ「インドの砂漠が森へと甦る。イマジン&実践レポート」 http://eforest.org/melmaga/

有料メルマガ『インド伝統医学に学ぶアユルヴェーダな生活』 http://samasati.net/shinbun/yuryo/

無料メルマガ【月刊いんどアーユルヴェーダ新聞】 http://samasati.net/shinbun/

無料メルマガ「ああ、インド暮らしの日々」 http://samasati.net/melmaga/

インド石鹸ハーブ通販サマサティ http://samasati.net/

地球再緑化機構 http://eForest.org/

森番日記 http://now.ohah.net/anadi/diary/


ああ、インド暮らしの日々・第59号

シロ子のその後。 その2

シャバ暮らしにもどったシロ子ですが、数日の間、カーリーと顔をあわせ てもカーリーを攻撃する様子がなかったので、ちょっと安心していたの ですが、ある日夜の12時ぐらいに、またもやカーリーの悲鳴が聞こえて きました。 カーリーの悲鳴をきいてすぐ、カーリーがいつも丸くなっている玄関先に かけつけたところ、ちょうどシロ子はカーリーに襲いかかっていたところ でした。 カーリーは恐怖のあまり、オシッコをもらしてしまったようで、玄関入り 口のすぐ前はオシッコびたしになり、玄関のホールには、血が数滴したた っていました。

シロ子は決まって、私たち人間の目のとどかない時間を狙ってカーリーを 攻撃するようです。

そして、またもやうちのワンコのオス連中は、シロ子とくっつきはじめま した。 なにがよくてシロ子にくっつのかさっぱりわからないのですが、 オス連中にとっては、シロ子はきっと魅力的なのでしょう。 オス連中を惹きつけるフェロモンをムンムンさせているのでしょうか。

それはともかく、 シロ子がカーリーを再び襲った翌日、私はまたプネー市にいかなければ ならなかったので、とりあえずカーリーがケガをしないように、留守番 のプラカッシュに念をおして、パンチガニを離れました。

その3日後、私は再びパンチガニに帰ってきましたが、今のところ、 シロ子がカーリーに襲いかかろうとしているときはすぐにとんでいくよ うにしてるので、カーリーは無事です。

それにしても、シロ子の逃げ足は本当に速いです。

                        《続く》

$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$

◆薬効アップ! サイズが大きくなりました!◆

育毛重視の洗髪用ハイビスカス石けん 「Japa じゃんぐる」約140g/\2380

インドの育毛ハーブがそのまま石鹸の中で生きている、育毛の ための石鹸です。 サイズが大きくなり新しくなったこのJapaじゃんぐるは、ハイ ビスカスの他、 インドの育毛促進ハーブ として有名な ブリン ガラジ、ブラーミ、ヘナ、ニーム、そして頭皮と髪の健康を助 けるアロエヴェラジェル、 さらに貴重な価値のあるアユルヴェ ーダの植物・ジャタマンシのエセンシャルオイルが入った、 育毛用高級ハーブ石けんです。

↓↓詳しくはこちらをどうぞ!↓↓

◎●◎インドハーブと手作り石けん◎●◎~インドに緑の恩返し~ 【フェアトレード・サマサティ通販】http://samasati.net/


ああ、インド暮らしの日々・第58号

シロ子のその後。

このメルマガの56号で、私がバンコクにいる間に起こった出来事を ご紹介しましたが(知らない人はバックナンバーを読んでください まし)、天然野良犬シロ子のその後をご報告します。

シロ子はバンガローの敷地内にあるガレージの中で約1ヶ月間の 瞑想生活を経て、現在はシャバで暮らしています。

シロ子がラッキーなことにシャバに復活することができたのは、 ここパンチガニが雨季に入ってから強風と多雨に見舞われたからだ といえます。 もう少し詳しくいうと、パンチガニは続く強風と多雨の中、木や 電信柱がそちこちで倒れ、電気状態が不安定な日が長く続き、 さらに電話もプツリととぎれ、コンピュータを使うための環境が 整わないので、しばらくはパンチガニを離れ、プーナにいること になったのです。

で、ちょうど同じ時に、パンチガニの住み込みワーカーであるプラ カッシュが、彼の婚約式のためにここから300km離れたところにあ る田舎のソラプールに数日帰ることになったので、彼がパンチガニ にいないあいだ、バンガローの見張り兼ワンコ軍団とバグワン(パ ンチガニで飼ってる馬)のエサやり番として、ウメシュという兄ち ゃんが臨時で、ここパンチガニに来ることになったのである。

最初シロ子は、ガレージの中にひとりだったのですが、 外は毎日雨風が強くて寒かったので、野外で暮らしていたバグワン をガレージに入れた方がいいということになり、シロ子の独房だっ たガレージにバグワンが入ることになりました。 カーリー(シロ子と最高に仲の悪いうちのワンコ)の身の安全上、 シロ子を外に出すわけにはいかなかったので、 バグワンとシロ子を一つ屋根の下に入れるとどうなるかちょっと恐 ろしかったのですが、どうやら争いもなく、お互いをすんなり 受け容れた様子だったので安心しました。

といっても、シロ子は夜になるといつも、嘆き声でずっと吠え続け ていました。

事情を何も知らなかったウメシュは、シロ子があまりにも情けな い声で吠え続けているので、かわいそうになってガレージから出し たそうです。

プラカッシュが田舎から戻った時はすでに、シロ子はシャバ暮らし をしていました。

数日の間、シロ子をバンガローの敷地内で見かけることはなかった のですが、うちのオス犬のラオツーと再び連れ立って敷地内に 現れました。今のところ、カーリーを攻撃する気配は見られません が、シロ子の姿を見ると毛を逆立ててヒーヒー助けを求める カーリーの様子は、以前と変わりません。

まったく、どうしたらよいものやら・・・。

           《シロ子のその後。その2に続く》


[メインページ]
メインページ
最近の更新
おまかせ表示
最近の出来事
ページを編集
記事の会話
履歴
リンク元
リンク元の更新
特別ページ
バグの報告