メインページ | 最近の更新 | ページを編集 | 履歴 |

印刷用の表示

54.81.139.56 (Talk)
ログイン | ヘルプ

シーポヨ物語

Oh!Ah!Now! Wombat - 自由なバザール

短いURL:Seapollo tale ja
シーポヨは、海に住む鳥的な生き物だけど、大人になったらイルカになるので、イルカも同然(だと少なくともシーポヨ一族は信じているのだ)。

シーポヨ一族の一人は、人間身体としてセトゥを持っている。だから、この物語はセトゥによって語られるし、セトゥ自身も自分をシーポヨと呼ぶことがある。

物語への書き込みは、当面の間セトゥだけがします。
もし、何かコメントをしたかったら、「記事の会話」に書き込んで下さい。

シーポヨは個体と一族とのさかい目が弱い。実際にシーポヨには、個体という感覚がない。自分をシーポヨと呼んでいるし、一族の事もシーポヨと呼んでいる。個体には名前はない。『私』という言葉もない。『シーポヨは嬉しい』は、『私は嬉しい』と同時に、『私達シーポヨ一族全員が洩れることなく嬉しい』を意味する。

シーポヨは人間身体を持つことが多い。これがどういうことか説明すると長くなるので、説明はまた後で。ごくまれに人間身体が自分はシーポヨだと気が付くことがある。しかし、多くの場合は内緒にされる。


[メインページ]
メインページ
最近の更新
おまかせ表示
最近の出来事
ページを編集
記事の会話
履歴
リンク元
リンク元の更新
特別ページ
バグの報告