メインページ | 最近の更新 | ページを編集 | 履歴 |

印刷用の表示

54.167.126.106 (Talk)
ログイン | ヘルプ

デビアン(Debian)/最小インストールのデビアンを実用的にする

Oh!Ah!Now! Wombat - 自由なバザール

< デビアン(Debian)

この記事は、ユーザモード・リナックスに乗せた最小インストールのデビアン3.0を実用的にして行く手順として書かれています。

デビアンの更新

デビアンを最新状態にするのは、とても簡単なの。
apt-get update
apt-get upgrade
これで、お仕舞い。新しいパッケージが発行されていたら、かってにダウンロードして乗せてくれる。

シャドーパスワードを有効にする

そのままでは、/etc/passwd にパスワードを暗号化したものがそのまま書かれている。パスワードは別の保護されたファイルの /etc/shadow に置いておきたいので、その様に変更する。
pwconv
これで、すでにあるログインは全部変更されるし、以降に作られる利用者は全て影(シャドー)パスワードモードになる。

ext2のパーティションを、ext3ファイルシステムに変換する

ユーザモード・リナックス用にもらって来た、ディスクイメージを使っていたら、たぶんそれは ext2 ファイルシステムなので ext3ファイルシステムにした方が何かといい。 ジャーナルがついているとより安全だし、仮にダウンしたときのファイルのチェックが早く終る(あっという間)。マウントしたまま変換できる。

ext2ファイルシステムの / を、ext3のジャーナル付のファイルシステムに変換する。

テストの為に ext3 としてマウントしなおす。この場合、ルートを載せ替える。

この後、/etc/fstab の対応するドライブのファイルシステムを、ext2 から、ext3 に変換する。

sshを乗せる

これも、簡単:
apt-get install ssh
これで、一番良さそうな貰って来る場所をみつけて、なおかつ ssh 以外に必要なものがあったら、それも乗せてくれる。

インストール中に質問するので、全部 YES と答えた。

ウェブミン(ブラウザーから出来るシステム管理)を乗せる

apt-get install webmin
これを動かすには結構な量のライブラリが必要なの。apt-get はそれが 4つあるのを見つけて自動的に乗せてくれた。

rootのパスワードを設定していなかった性か、ログインできなかったので、 /etc/webmin/miniserv.users の内容をこうした。kろえで、リナックスの root のパスワードで入れる。

root:x:0
このままでは、何もすることがないって状態だった。

ウェブサーバ

アパッチを乗せて、ウェブサーバにしてみよう。
apt-get install apache
これだけ、これが、アパッチをデビアンに乗せたときの記録

AddHandler cgi-script .cgi .sh .pl

AddType text/html .shtml
AddHandler server-parsed .shtml
がコメントになっているのを有効にする。

ウェブミンからコントロールできるようにしたかったら、

apt-get install webmin-apache

PHPをインストール

どうやら、PHP3と PHP4を選べるようなので、PHP4をインストール。
apt-get install php4

アパッチでは、まだPHP4が有効になっていないので、コメントを外す:

LoadModule php4_module /usr/lib/apache/1.3/libphp4.so
このコメントも外す。
AddType application/x-httpd-php .php
AddType application/x-httpd-php-source .phps
                                                                                
php4に .php3のファイルも処理して欲しいので、この行を追加:
AddType application/x-httpd-php .php3
(php3 を乗せたら良いのかなあとも思うけど、ボクが使っているページでphp4で動かないプログラムはないはずなので、こうしておく。php3の時から使っているので、ファイル名が .php3 になっているんだよね。レッドハットは、.php3も php4 が処理しちゃうし)。

データベース・サーバ MySQL

データベース・サーバって行ったら、なんだかすごい気がするかもしれないけど、リナックスではごく当然の機能なんだよね。これも、簡単に載る:
apt-get install mysql-server
ウェブミンからコントロールするには、
apt-get install webmin-mysql

ウェブミンを最新の状態にする

ウェブミンの中で更新することができる。

「ウェブミン>ウェブミン設定>ウェブミン更新(アップグレード)」から、ウェブミンのサイトから更新するようにする。*.tgz をダウンロードして来て、乗せてくれる。 *.deb じゃないから大丈夫かなって心配したけど問題なかった。これで更新すると、標準として存在する全部のモジュールを乗せてくれる。


[メインページ]
メインページ
最近の更新
おまかせ表示
最近の出来事
ページを編集
記事の会話
履歴
リンク元
リンク元の更新
特別ページ
バグの報告