メインページ | 最近の更新 | ページを編集 | 履歴 |

印刷用の表示

23.22.240.119 (Talk)
ログイン | ヘルプ

ユーザモード・リナックス/基本的なインストール

Oh!Ah!Now! Wombat - 自由なバザール

< ユーザモード・リナックス

基本的なインストール

それで、今日は、ちょっと試してみた。ほんの数時間で、レッドハット 9 リナックスの上で、利用者モード・リナックスが動いて、更にその上でデビアン・リナックス 3.0 が動いた。利用者モード・リナックスの良いところは、デビアンの導入を自分でしなくても、ほかの誰かが載せたイメージを一つだけ持って来たら済むって事。

レッドハット9の上に、パッケージ版の利用者モード・リナックスを載せようとしたら、乗らなかった。理由は、利用者モード・リナックスのほとんどの部品が標準の レッドハット9に乗っているからだと分った。

Linuxコマンドを落して/載せる

必要なのは、UMLのカーネル。これは、パッケージでは、/usr/bin/linux となっている。 あとは、/usr/ib/uml/config のファイル。

そのほかは、レッドハット9に最初から載っている。kernel-utility に載っているみたいだから、どんなインストールをしても載っているはず。 だから、必要なのは コマンド linux と、設定ファイル config だけ。 これで、利用者モード linux は動く。

http://kernels.usermodelinux.org/kernels/ から落して来る。ボクは linux-2.4.20-6um を、使った。落したのは、linux と dotconfig の二つのファイル。これを、上の場所に置く。

レッドハット9のコマンドの調整

これが、分らなかったので、手間取った。これを読んでいるキミはラッキー。
sudo chmod g+rw,o+rw /dev/net/tun
sudo chmod u+s /usr/bin/uml_net
レッドハットでは、セキュリティ上、デフォルトを上の様にしている。もっと安全なやり方があるけど、取り敢えず、上のやり方で試してみよう。

後は、UML上に必要なリナックスを乗せるだけ

これは別の記事で。。。 ユーザモード・リナックスの記事からたどってください。

[メインページ]
メインページ
最近の更新
おまかせ表示
最近の出来事
ページを編集
記事の会話
履歴
リンク元
リンク元の更新
特別ページ
バグの報告