メインページ | 最近の更新 | ページを編集 | 履歴 |

印刷用の表示

54.81.139.56 (Talk)
ログイン | ヘルプ

豆腐の作り方

Oh!Ah!Now! Wombat - 自由なバザール

豆腐

実は俺は豆腐というものを自宅で作り続けていた時期があった。これは先ず苦塩をゲットせねばならない。スイスで苦塩を探すのは大変な苦労であった。いや、俺はね、豆腐なんて別にどうでもよかったんだけれど、妻が日本で食べた絹ごしの豆腐を食べたいなんて言いながら、何軒も店を回ったっけ、結局、あるケミストが自然の豆腐を作っている工場まで電話して取り寄せてくれた。

で、作り方だが、これも最初は日本で購入した日本食のクッキングブック、これは英語だったが、それを元にして作ってみたが、あまり美味しくはなかった。それで結局自然食のお店で、ドイツ語の分厚い豆腐専門の本を購入した。そう、その当時は自然食だの菜食に凝ってった。まっ、一種の狂信だね、しかし、信じる力は強かった、かな、どんな困難でも克服していくような、ガッツというか、要は暇人なんだけれど、あったんだね。

豆腐っつうのは、大豆、これもわざわざ自然食の大豆を使ってたっけ、我ながらイカレテいたが、一日水に浸け込んで置く。翌日にそれを先ずジューサーにかけ、それを大きな鍋で煮るんだな。で、ただ煮るんじゃない、煮ながら沸騰するまでずっとかき混ぜんの、だから、大変な手間。馬鹿か狂信者か暇人、あるいは、その全部の要素がないとできない業。でね、沸騰したものをきれいな布にくるんで絞るんだね。ここで、豆乳とおからに分かれるんだな。で、その豆乳にだね、確か、水で溶いた苦塩をかき回しながら加える、んだと思ったがもう忘れてしまってて定かではない。で、それを適当な容器に移して、重しをかけるんだね。そうすると余分な水分がなくなるんだ。

うーんと、こんな感じ。

ホームメイドは旨いよ。でもね、これだけを蛋白元にしていたんで、豆腐ばかり食って飽きるんだね、そのうちに。作るのも大変だしね。で、冷蔵庫にいつも、豆腐が入っててさ、またー、ってなっちゃう。 新鮮なものほど旨い。

うん、コツなんだが、豆乳を少し煮るんだね、確か、で、温度を測ったな、確か、で、適当な温度の時に、苦塩を入れんだ。で、この苦塩の入れ方、これにもコツってあってね、なかなか難しいんだな。

絞るのもね、熱いから、何らかの器具が要るんだな。素手だと駄目。しかも、やっぱりオモイッキリ絞ってなるべく豆乳を増やす、ってのがあって、これもケッコウ難しかったね。 重しをする、これも適当な重さってあってね。

まあ、なんだ、もう一回やってみないと正確な記述は無理だ。 ゴメン。

シャルマ


[メインページ]
メインページ
最近の更新
おまかせ表示
最近の出来事
ページを編集
記事の会話
履歴
リンク元
リンク元の更新
特別ページ
バグの報告