メインページ | 最近の更新 | ページを編集 | 履歴 |

印刷用の表示

23.22.240.119 (Talk)
ログイン | ヘルプ

Osho/The Harmony of Meditation

Oh!Ah!Now! Wombat - 自由なバザール

English Japanese
The Harmony of Meditation 瞑想の調和
The world can come to a harmony if meditation is spread far and wide, and people are brought to one consciousness within themselves. 世界は調和を得る事ができる、もし、瞑想が遠くまで幅広く広げられたならば。そうして人々は彼ら自身の内側の一つの意識へと連れて来られる。
This will be a totally different dimension to work with. Up to now it was revolution. The point was society, its structure. It has failed again and again in different ways. これは全く別の次元への働きかけになるだろう。今までそれは革命だった。ポイントは社会で、その構造だった。それはいろいろな形で何度も何度も失敗した。
Now it should be the individual; and not revolution, but meditation, transformation. 今、それは「個人」であるべきで、革命ではなく、それは瞑想や変容であるべきだ。
AND IT IS NOT SO DIFFICULT as people think. They may waste six years in getting a master's degree in a university; and they will not think that this is wasting too much time for just a degree which means nothing. そうして人々が考えるほど『それは難しくはない』。彼らは大学で修士号を得るために6年間を無駄にするかも知れない。そうして彼ら は、何の意味もない単なる学歴の為に時間を無駄にしすぎているとは思わないだろう。
It is only a question of understanding the value of meditation. Then it is easily possible for millions of people to become undivided within themselves. これは瞑想の価値を理解するかどうかという事に過ぎない。そうしたら、自身の内側では分割されていなくなるということが、数百万人の 人々にとって簡単な可能性になる。
They will be the first group of humanity to become harmonious. And their harmoniousness, their beauty, their compassion, their love -- all their qualities -- are bound to resound around the world. 彼らは、調和を得た最初の人類のグループになるだろう。そうして彼らの調和、彼らの美しさ、彼らの慈悲、彼らの愛、全ての彼らの質が、世界中でそれらの響きが飛び回るだろう。
My effort is to make meditation almost a science -- so it is not something to do with religion, so anybody can practice it, whether he is a Hindu or a Christian or a Jew or a Mohammedan, it doesn't matter. 私の努力というのは、瞑想をほとんど科学にする事だ。だからそれは宗教と一緒にする何かではないのだ。そうしたら誰でもがそれに参加する事ができる。ヒンドゥ教徒でもキリスト教徒でも、ユダヤ教徒でもイスラム教徒でも、それは関係ない。
What his religion is, is irrelevant; he can still meditate. He may not even believe in any religion, he may be an atheist; still he can meditate. 彼の宗教が何であるかは、無関係で、彼は瞑想を続けられる。彼はどんな宗教も信じていないかも知れない、彼は無神論者かもしれない、それでも彼は瞑想をすることが出来る。
MEDITATION HAS TO become almost like a wildfire. Then there is some hope. And people are ready: they have been thirsting for something that changes the whole flavor of the society. ほとんど野火の様に『瞑想はならなくてはならない』。そうしたらそこにちょっとした望みがある。そうして人々は準備が出来ている。かれらは社会の香り全体を変えるような何かへの喉の乾きを感じて来ている。
It is ugly as it is, it is disgusting. It is at the most, tolerable. Somehow people have been tolerating it. But to tolerate is not a very joyful thing. 社会は、そのままで醜い。それはおぞましい。それはせいぜい良くいって、大目に見れる程度だ。なんとか人々はそれを大目に見て来た。でも、それを大目に見ることは、とても楽しい事とはいえない。
It should be ecstatic. It should be enjoyable. It should bring a dance to people's hearts. それは、恍惚的であるべきだ。それは楽しむ事ができる何かであるべきだ。それは人々のハートにダンスをもたらすべきだ。
And once these divisions within a person disappear, he can see so clearly about everything. It is not a question of his being knowledgeable, it is a question of his clarity. He can look at every dimension, every direction with such clearness, with such deep sensitivity, perceptiveness, that he may not be knowledgeable but his clarity will give you answers which knowledge cannot give. そうして、ひとたび、ある人の中の分割が消え去ると、彼は全ての事がそんなにも明確に見る事ができる。それは彼が知識的であるという 質問ではないのだ。それは、彼の明晰さへの疑問なのだ。彼は全ての次元を見る事ができる。全ての方向をそんなにも透明性をもって見る事ができる。深い敏感 さ感知性とともに。そうすると彼は知識的ではないかもしれない、でも彼の明晰さが、知識が与える事のできない答えを与える事ができるだろう。
This is one of the most important things -- the idea of utopia -- which has been following man like a shadow for thousands of years. But somehow it got mixed up with the changing of society; the individual never got looked at. これは、最も重要な事の一つなのだ。ユートピア、楽園の理想、それは何千年ものあいだ、影のように人について回って来た。でもそれ は、社会を変える事と混ぜ込まれてしまってきた。個人が見られる事はなかった。
Nobody has paid much attention to the individual -- and that is the root cause of all the problems. But because the individual seems to be so small and the society seems so big, people think that we can change society, and then the individuals will change. だれも、個人に注意を向けて来なかった。そうしてそれが全ての問題を起こす根っ子なのだ。でも個人はそんなにも小さく見えて、社会 はそんなにも大きく見えるので、人々は考える。我々は社会を変える事ができる、そうしたら、個人が変わるだろうと。
This is not going to be so -- because "society" is only a word; there are only individuals, there is no society. The society has no soul -- you cannot change anything in it. それはそういう風にはならないだろう。というのは、「社会」は単語に過ぎないからだ。そこには個人達しかいない。そこには社会などな い。社会は魂を持っていない。あなたはその中の何も変える事はできない。
You can change only the individual, howsoever small he appears. And once you know the science of how to change the individual, it is applicable to all the individuals everywhere. あなたは、ある個人だけを変える事ができる、彼がどんなに小さく見えるとしても。そうしてひとたび個人を変えるやり方の科学を知った ならば、それは、全ての場所の特定の個人達へと当てはめる事ができる。
And my feeling is that one day we are going to attain a society which will be harmonious, which will be far better than all the ideas that utopians have been producing for thousands of years. The reality will be far more beautiful. そうして、私の感じでは、ある日、私達は調和的になるであろう社会に到達することになる。それは数千年もの間作り続けられて来た全て のユートピアの案よりも、ずっと良いものになるだろう。現実は、もっともっと美しいものになるだろう。
- Osho, Light on the Path: Talks in the Himalayas - オショウ、路の光:ヒマラヤで語られた。

これは、TAOさんの引用がきっかけで翻訳されました。


[メインページ]
メインページ
最近の更新
おまかせ表示
最近の出来事
ページを編集
記事の会話
履歴
リンク元
リンク元の更新
特別ページ
バグの報告