メインページ | 最近の更新 | ページを編集 | 履歴 |

印刷用の表示

54.167.126.106 (Talk)
ログイン | ヘルプ

P2pと自由/P2Pって何?

Oh!Ah!Now! Wombat - 自由なバザール

< P2pと自由

短いURL:P2pIntro_ja

P2pの説明

Mac OSXに最初からついている「web共有」も、自分のデスクトップのファイルを直接、利用者に対して渡すので、p2p ではありますが、これだと、単にサーバを自分のデスクトップで走らせているだけなんです。自分のインターネット接続の転送速度の範囲内でしか、ファイルの配布をすることが出来ないです。また、自分のデスクトップのスイッチを切ったら、だれもファイルを見に来る事ができないですよね。

そういうわけで、何かを配布したい時には、自分のデスクトップから直接ではなくて、サーバにファイルを置いてダウンロードしてもらうわけです。

最近は100Mの接続も安いですから、自宅のデスクトップのスイッチを切らずに、サーバの役目をさせる事があります。でも、やはり、これはP2pとは呼ばずに、サーバと呼びます。

p2pのファイル共有という時、負荷の分散が行われます。Aというファイルの配布を僕がはじめたとします。最初は、僕しかもっていないので、最初の人は僕のデスクトップからダウンロードします。

そうして、最初に誰かがダウンロードした瞬間、そのファイルは僕のデスクトップと、ダウンロードした人のデスクトップの二ヶ所に存在するようになります。

次の人は、ダウンロード元として、二ヶ所を選ぶ事ができます。

僕のデスクトップのスイッチが切られても、ダウンロード元が残ります。

そのようにして、ファイルがダウンロードされればされる程、ダウンロード元が増えて行く訳です。言ってみれば、サーバの数が一人でに増えて行く訳です。放っておくと、人気のあるファイルを配布しているサーバ増えて行くって訳です。

また、一つのファイルを一ヶ所からダウンロードするだけじゃなくて、一つのファイルの部分部分を複数の場所から、別々に、そして同時にダウンロードして、一つにまとめてくれるって事をする P2pソフトもあります。そうすると、一ヶ所がダウンロードを負担するのが軽くなるし、ダウンロードする人も早い速度でダウンロードすることが出来ます。

個人のネットワークが、サーバの役目を分散的にしてくれるのが、P2pだと理解すると良いと思います。

これで、すでに整備されている P2p ネットワークが使えると、新しい投資なしで大規模の配布を行うことが出来るってことが、理解してもらえた?

P2pファイル配布も、そのやり方によって、いろいろな方式がありますが、それは別の機会に。

love + setu


[メインページ]
メインページ
最近の更新
おまかせ表示
最近の出来事
ページを編集
記事の会話
履歴
リンク元
リンク元の更新
特別ページ
バグの報告