ミーナがインドのそらのしたでお金をどうするか?
現金、TC、それともカード?



   インドのプーナにオープンしたCITYBANKの支店。プーナには2件もあります。


★インドやタイにもっていくお金はキャッシュ?TC?それともカード?

   よく海外旅行にはTCをみなさん持っていきますよね。最近は、カードが発達してきて、CITYBANKは世界のいろいろなところでお金を現地の通貨で下ろせて大変便利なのですが…。残念ながら、便利なCITYBANKのカードもインドではあまりオススメできません。ミーナはどうしているかというと、やっぱりTCです。それに現金も少し。TCはよくパッケージになっているものがありますが、これもバツです。1000ドルセットで、100ドルが何枚で、50ドルが何枚か、そして10ドルが何枚というパッケージはよくありません。理由のその一:かさばる。そのニ:タイではTC一枚につき手数料がとられるので、枚数が多くなると損だし、さらに10ドルのTCはレートが低い。やっぱり50ドル以上。1000ドルとか、10万のTCもあったほうがいいかも。それと円とドルのどちらのTCにするかですが、これは好みでしょう。基本的に、やはりドルのほうがよく流通しているので、特にインドではややドルのほうがレートがいい場合が多いです。それぐらいで、円も問題なくインドやタイでも使えます。また、現金を持っていくのは、田舎に行ったとき、TCがダメなんていう場合もあるし、また、銀行がないところで、お金が尽きた場合、ドルの現金なら、なんとか両替できる場合があります。




★さてCITYBANKのカードについてさらに詳しく…

    タイでは、このCITYBANKのカードは十分に使い勝手がいいです。CITY以外のATMでも使えるところがあり、それはホームページなどでチェックするか、口座を開くときに確認してください。さて、CITYに口座を開くには、100万円以上残金を持っている必要があります。でないと毎月1000円なり2000円なりの口座使用料がとられ、さらに、CITY以外の銀行でお金をおろした場合、なにがしの手数料がかかります。百万円以上あると、その手数料がかからないという、便利なサービスを提供しています。ひとたび、口座を開けば、世界のどこからでもカードと暗証番号ひとつでお金を現地通過で下ろせるとあって画期的なのですが、ただし、インドでは多少のリスクが伴います。実は私も、何回か利用しましたが、五回かに一回くらいの割合はトラぶってしまいました。なぜか?というと、それは銀行は電話回線で世界とオンラインで繋がっていますが、その回線状況がインドではあまりよくないため、お金を下ろしている最中に回線がダウンしてしまうことがありました。それで何が起こるかというと、お金がATMから下りていないのに、日本の口座からはお金が下りたことになっている。つまり、私のお金がどこかに蒸発してしまった!んです。焦りました。本当に。それでプーナ支店に聞いたら、それは日本に帰ったときに、日本の口座がある支店に直接問い合わせてくださいと言われ、困ってしまいました。何回かチェックしても、やっぱり引かれている!それで、その場でゴネまくっていたのですが、それでもダメでした。だから、インドの場合、まだまだ電子的な決済は問題があるんじゃないかと思います。ちなみに、あとで聞いたのですが、友人が日本のCITYBANKで口座を開こうとした際に、インドでのカード使用は問題があるので、やめたほうがいいと言われたとか…やっぱりインドで頼るはTCと現金でしょうか、今のところ。
   さらに、普通のクレジット・カード、例えば、ビザカードなどを利用してインドでキャシングすることについてですが、これは手数料が大きすぎてオススメできません。日本の場合、キャッシングにクレジット・カードを利用すると為替手数料やら、利子やらを結構取られます。さらに、カードでインドのサービスを利用する場合も要注意です。なにしろ、詐欺などが横行する場所ですから、そういう意味でもその場の現金決済をオススメします。





トップページへ