ゴアの写真です


こんにちわ!ミーナです。ここは前も紹介したゴア・カンドリンビーチにあるアグネロレストランです。前回、私がゴアに行ったのは4月上旬で、ビーチの上に建っているレストラン、まぁ海の家レストランって感じのレストランはみな閉業していました。他に空いているところはとても少なくて、ディメロスのすぐ近くにあるアグネロレストランだけが頼りでした。ほんとシーズンオフのゴアは極端です。シーズンは、12月1月2月で、その前後の11月と3月を合わせて、11月から3月でほとんどのバンガローやレストランが休業してしまいます。あとは限られた場所しか空いていません。



★マリア様だ!

   写真右の彼女の名前は、マリア。アグネロの妹で、長女です。まだ20そこそこで、家業のレストランを手伝ってウェイトレス兼調理も担当しています。水玉模様のワンピースがとってもカワイイ!でしょ。彼女はとてもオシャレで朝と晩で違う格好をしています。レストラン(どちらかというと食堂)に行って、「マリア!」って言うと、彼女がニコニコと顔を出してきて、注文を聞き、そして、厨房に行って自分で作って、そして持ってきてくれます。でも、なにか名前が馴染みありませんか?そうです、マリアってキリスト教関係の名前ですよ。長男のアグネロにしても、次女のサンタンにしても、インド系の名前じゃないですよね。ゴアはもともとポルトガルの植民地にされていたため、キリスト教がほとんど。ヒンドゥー教はごく一部しかありません。


   ゴアにはキリスト教の協会がたくさんあり、そして、こういうイエスの像が必ず飾られています。でも私にはちょっと不気味な感じがしました。やっぱりブッダとか観音菩薩の像のほうがいいわ。




★ゴアの第二の首都「マプサ」はマーケットの中心地

   ゴアでマーケットと言えば、やっぱりマプサ。マプサには水曜と日曜に大きな市がたちます。この日はぜひ行ってみてください。その日はバイクを借りて言ってもいいでしょう。キネテックのバイクが一日100ルピー(250円。ただしシーズン中は倍額)です。とにかくたくさんモノが集まります。人出も多く、とても活気があります。見ているだけで、とっても楽しいです。
   写真はフルーツ売りのおばさん。


←インドでよくみかける香辛料売り。顔が真っ黒なお兄さん。カメラに向かってニコニコと笑ってくれました。この日はカルダモンやシナモン、サフランなどを買いましたが、使用目的がわからないものが、ほんとたくさんあった。






トップページへ