ハーティスト・カフェ


あこがれを こめて、このタイトルにしました。

ハートの 小さな声を 聞きながら、
ただ ただ、ハートが喜ぶことを選ぶ。
選び 続けてゆく。

私の決意は、やわらかく … 甘い …

2003|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|07|08|09|10|12|
2010|08|11|
2011|07|
2012|02|
2013|05|

トップ 更新

[ Oh!Ah!Now! | おしゃれ良品店 | シーポヨ絵なし日記 ]

2012-02-09

「言葉の力」 〜池田晶子〜 

                 *

言葉を信じていない人は、自分のことをも信じていない。

しかし、自分を信じていない人生を生きるのは、とても苦しくて大変だ。

言葉ではああ言ったけれども、本当はそうは思っていない。

そんなふうにしか生きられない人生は不幸だ。

言葉と自分が一致していない人生は不幸だ。

だから、本当の自分はどこにいるのかを、人はあちこちに探し求めることになる。

しかし、本当の自分とは、本当の言葉を語る自分でしかない。

本当の言葉においてこそ、人は自分と一致する。

言葉は道具なんかではない。

言葉は、自分そのものなのだ。

だからこそ、言葉は大事にしなければならないのだ。

言葉を大事にするということが、自分を大事にするということなのだ。

自分の語る一言一句が、自分の人格を、自分の人生を、確実に創っているのだと、自覚しながら語ることだ。

そのようにして、生きることだ。

言葉には、万物を創造する力がある。

言葉は魔法の杖なのだ。

人は、魔法の杖を使って、どんな人生を創ることもできる。

それは、その杖をもつ人の、この自分自身の、心の構え一つなのだ。

                          *

                            *

池田晶子 いけだ あきこ   1960-2007年

作品に「考える人」「帰ってきたソクラテス」「考える日々」「14歳からの哲学」などがある。

本文は本書のために書きおろしたものである。 教育出版。


2011-07-24

お元気ですか?

                             *

ほんとに、ほんとにお久しぶりです。

ちょっと、思いつくまま打ってみますね。

宮崎に来て7年め。

この5月、はじめて風邪をひいたの。

熱、鼻水、そして咳は一ヶ月以上続いた。

こんな酷い風邪は、生まれてはじめてだった。

やっと体調が一段落した雨の夜、ゴローがわが家に全速力でやってきた。

アキちゃん家から6キロ!

「ウォンウォ〜〜〜ン、ウッウォンウォ〜〜〜ン」

も〜〜〜それは言葉になりそうなぐらいに、私に訴えかけていた。

   ナビーン! なんで、おうち出ちゃったの?

          なんで、逢いにきてくんないの?

            ボク、ずっとさびしかったんだよ!

ゴローのさびしさは、怒りになっていた。

そのピュアーな怒りが、せつなくって、愛しくって。。。。。。

ただただ、私はうなずきながら、いっしょにいた。

           私も、さびしかったよ。。。。。。。

そしてしばらくして彼の怒りは沈まり、いっしょにお好み焼きを食べ、

雨上がりの夜を散歩した。

アキちゃん家を離れて、二年半

ゴロー、はじめてのお泊りだった。

そして数日後、彼は突然、次の世界へ旅立ってしまった。

ウソ! ウソでしょ!

  もうすぐ、7才になるんだよ〜〜〜

号泣した。

もう逢えないことが、ふれられないことが

さびしくて、かなしくて、

自分の中で、ゴローがこんなに大きな存在になっていたことに、びっくりした。

父や母、弟が亡くなった時も、こんなに泣かなかった。

というより、その時流せなかった涙が、ここぞ!とばかりにいっしょに出てきたように、ただただ泣きまくった。

今にして思えば、彼はちゃんと自分の死をどこかで感じていて、私に逢いにいきてくれたんだよね。

最後の楽しい想い出をつくりに、訪ねてきてくれたんだね。

    久々たのしかった

      プレゼントのような時間だった。

             よく一人で来れたね。スゴイよっ!

きちっと気持ちを、言葉でエネルギーで伝えて、流して、表現していってくれたな〜〜〜

心を地球に、残さず去っていった。

ゴロー  カッコイイ!!!

そし一ヶ月

昨日、となり町で宮崎最大の花火大会があった。

現地まで行く元気はなかったんだけど、

(アキちゃんのピザ屋が開店一年で、久々手伝いにいってた。)

近くの山の上の公園に行き、芝生の上で寝ころんで、遠くから花火をみることにした。

台風明けの、澄んだ空気に

きらきら〜〜〜と、光と色と音たちが、シャワ〜〜〜のようにとめどなく、とめどなく美しかった。

   なんと、ゴージャス一万発!

そこは、ゴローも大好きな公園だった。

   「ゴローの、おくり火だなぁ。。。。。。」

     「ひかりの国に行くんだよ〜〜〜」

        「大好きだよ〜〜〜」

         「ありがと〜〜〜ありがと〜〜〜」

            なんだか、自分の中で一区切りついた気がした。

                         *

アナログ放送も 今日で終了。

テレビ大好き!大親友のひとりのように、思ってた。

でもちょっと、テレビのない生活も たのしみ!

なんだか、新しい生活がはじまる感じ。

そうそう今回の台風で、ウッドデッキの屋根が粉々吹っ飛んでしまった。

友人が、

「ガラスの扉も窓も、こわれなくてよかったねっ!」

トタンをを取り除き、床と柱だけになったデッキに座り空を見あげた。

新しい景色がひろがった。

   オーーーープン  !

次の扉じゃないよ。

天井が開いちゃったよ!

水平じゃなく、垂直!

    なんだかわくわくしてきたよ〜〜〜

          あ〜〜〜〜うれしいな〜〜〜〜

             久々書かせてもらって

                   ありがとう    

                        ありがとう

                                         *  LOVE & JOY   *


2010-11-05

いま、選択のとき

ほんの少し我慢する?

ぜんぜん別の選択をする?

あらためて最高のとびっきりのものを 選択する?

内奥の正直な本音に従って

今この瞬間

自分にとってベストを 選択していく。

         遊び心、忘れずにね〜〜〜*

             第一希望でいっちゃお〜〜〜*

                 チャオ〜〜〜

                     お茶を〜〜〜


2009-10-15

今日の言葉

                                   *

私たちが自問自答しなければいけないのは、

“1日のうちどれくらいの割合で私は自分の欲しいものにヴァイブレーションを同期させているか。”

                           ということです。

表現を替えると、

1日のうちに自分はどれだけ幸せを感じ、感謝をし、

何かに対して熱心に立ち向かい、満たされ、

敬意を感じて生きているのかという質問です。

そして、それが100%でなくていいのです。90%でなくても、80%にいかなくてもいいのです。

もし、55%の時間をモヤモヤした気分ではなく、上等の気分ですごすことができたら、

あなた自身の体験の中に著しい動きが現れてくるはずです。

                                  *

      自分がご機嫌になることを、してあげようね。

          自分のご機嫌は、自分でとるの。

             人のご機嫌は、とらなくていいからねっ!


2009-10-14

今からだ

                                     *

診断結果とか、処方薬とか、他の人がそのことについてどうしたかといった統計結果に惑わされないように。

もし具合が悪いと感じるのなら、エネルギーが流れやすくなるように考えていないからです。

愛する人に対して心の底から腹を立てて、身体中の筋肉を硬直させてしまうことがあるでしょう。

そんなときにあなたは“何故身体がこんなに凝るんだろう?”と思いませんか?

それはあなたがヴァイブレーションの取っ組み合いを引き起こしているからです。

身体に起きている症状の原因をあなたの心理的、感情的なありかた以外のところに探そうとするのは、やめなさい。

すべてがヴァイブレーションのなすことで、そこに例外はありません!

そしてそれを理解できるようになるとどんな診断結果が下されてもそんなことは関係なくなるのです。

それは一時的なもので、支障は無いのです。

                                          *

私達は自家発電機のようなものです。

うれしいこと、おもしろいこと、楽しいことを選んで生きていれば、

それが燃料となってどんどん細胞は働いてくれます。

私達の身体中の60兆個とも言われる細胞は、2年もすればすべて入れ替わってしまうので、気の持ちようで身体はどんどん変わります。

細胞一つ一つにアンテナがあって、私達が頭で考えて発進する信号の種類で萎縮したり、活性化したりと反応を決めているのです。

                                                                                                                                                                                                         *

       PS  これに、ビビッときました。

            身体に起きている症状の原因をあなたの心理的、感情的なありかた以外のところに探そうとするのは、やめなさい!

                                                                          *

                                                       はい。


2009-09-23

今日の言葉

                                *

あなたの周りの世界はとても多くのことがミックスされ、

それぞれ異なったことがすすんでいて、

そしてたった一つの正しいとされている方法などありません。

ちょうどたった一つの色しかないとか

たった一つの花しかないとか、

たった一つの野菜しかないとか、

たった一つの指紋しかない〜ということがありえないように。

ひとつのことが、別のことより正しいということはないのです。

その多様性が創造性を育てるのです。

そしてあなたはこういうでしょう、

”わかったわ、物事や状況に多様性があることは受け入れましょう、

 でもわたしは、きゅうりはあまり好きではないの“ 

だったら、きゅうりを食べなければよいでしょう。

だから、

そのあなたの嫌いなものを取り除いてくれと頼んだりしないことです。

そして、それを食べている人を、非難したりしないことです。

あなたの嫌いなことをしている人たちを

 非難するサインを振り回しながら、すみっこで立っていないことです。

相反するものを押しやりながら、自分の人生も無駄にしないことです。

                                  *

そのかわりに、こういってごらんなさい。

“私は、これを選びます。

     こうすることが、とても気持ちよいのです。“ 


2009-09-22

今日の言葉

                           *

人生のメインイベントは、結果ではないのです。

喜びあふれる旅を続けることです。

あなたはやり遂げる宿題を探すために生まれてきたのではありません。

あなたは人生の流れに身を委ね、人生を愛し、人生を楽しむ理由を見つけるために生まれてきました。

ヴァケーションが終われば必ず家に戻るのだけれど、

あなたが休暇をとる意味は、できる限り急いで家に帰ることではないですよね?

あなたが休暇をとる意味は、

    ヴァケーションを急いで完了させて、「やることリスト」から削除することではないですよね?

        ヴァケーションの意味は、、、そして人生の意味は、、、

                                  楽しい体験をすることにあります!


2009-09-19

今日の言葉

                                   *

何かを直すためではなくて

楽しみを生きるために私はここに存在します

すべてのものが常に変容し拡張していくだけで、

何も壊れているわけではいないのだから、

あなたは何かを直すためにここにいるわけではありません。

苦悩を解き放ちなさい

そして喜びと楽しみを探しなさい。

そうすれば宇宙が繰り広げる壮大な拡張のリズムに同期することができるから。


2009-09-13

今日もご喜元 * 

                                   *

   喜べば〜〜〜

        喜びごとが喜んで〜〜〜 

               喜び集めて喜びにくる〜〜〜〜*

                                            *

                 


2009-08-31

気楽にいこうね〜〜〜*

                                  *

あこがれの人、アヌブッタ

彼が、人の体に触れる、ボディーワークをする時

いつもこの言葉を、自分にかけてるんだって

 「アヌブッタ !

        もっと軽く〜 もっとまるく〜 もっと自由に〜〜〜できる?」

                                                 *

                     ちょっと考えすぎの、そこのあなた  (わたし?)

                           今日の声かけは、これにしましょう〜〜〜*

                                    もっと軽く〜 もっとまるく〜 もっと自由に〜できる?

                                                                                                                 *

みいちゃんから、こんなメッセージをいただきました。

                                                              *

私たちはシェフ

現実は中立で、単なる料理の素材にすぎない

卵に砂糖を入れれば甘くなり

卵に塩を入れれば、しょっぱくなる

卵という現実に味つけしているのは、私たち

使うスパイスは思いのまま

ポジティブというスパイスを使えば、出来上がった料理はポジティブになり

ネガティブというスパイスを使えば、出来上がった料理はネガティブになる

シェフの思いのまま

起きた現実にワクワクを使えばワクワク料理

起きた現実に感謝を使えば感謝料理

起きた現実にラッキーを使えばラッキー料理

起きた現実に悲しみを使えば悲しみ料理

起きた現実に怒りを使えば怒り料理

起きた現実に悩みを使えば悩み料理

私たちはシェフ

スパイスはいつも自分が持っている

味つけは自由

お好きなままに

                                                                    *

                                 シンプル!   プルルル〜〜〜ン!


日記の書き方

Powered by setu (日記).
Powered by Oh!Ah!Now!.
Powered by Oh!Ah!Net!.