第3話 インドでもらった宝物


<ナビンからアナタに声のメッセージ>
  ★フラッシュ・ストリーミング  ★MP3ダウンロード
++フラッシュ・ストリーミングはダウンロードしながら聞けます。MP3は音質が良好です。どちらもマック、ウィンドーズで標準で再生ができます++


インドで学んだ宝物の一つに値段の交渉があります。
はじめの頃、日本人の女の人は特に騙され易いと聞いていたので、いつもしっかり構えて 「絶対騙されないぞ!」そして、値切る事ばかり考えていました。

ある時、私が値切り始めるとお店の人が
「Are you happy?それであなたは幸せなの?」
と聞いてきたの。
私、ギクッと固まっちゃった。(ちょっと、値切りすぎちゃったかしら・・・)
それでも私は「イエー――ス」
明るく元気に言ってみたの。
そして、「 あなたはどうなの?」と聞いてみた。

彼は「I am already happy. 僕はすでにハッピィさ!」
って軽やかに言われて、"やられたなぁ〜"って感じで小気味良いショックでした。

その時思ったことは、私の人生の中でたとえ何十万円値切った事に成功しても、それは私の自慢に、宝物にならない、心の通い合うハートフルなコミュニケーションだけが 私の滋養に、宝物になる。

お店の人は時間をかけてエネルギーを注いで品物を揃え、それを私たちに提供してくれる。
そしてそれを買わせて頂く。お互いにとってハッピィな価格を見出していく。
この前までは値段の交渉が大の苦手だったのに、今はそのプロセスを楽しんでいる私がいる。
お互いにカチッとくる価格が決まった時、フワッと空気が和み、笑顔がこぼれる。

私もハッピィ。
あなたもハッピィ。

お客さまは神様。
そしてお店の人も神様。

目線を同じ高さにするとお金と品物の交換だけにとどまらず、感謝が、愛が、コミュニケーションが生まれる。
それはとっても豊か!
きっと、みんな神様なんだよね!!!

「インドおしゃれ良品店」・ナビーン


NOWHERE>>