トップページ * ナビーンへメール * リアルインド

インドマジック
空気は悪いのに、呼吸がラク、ラク!??


ナビーン

3ヶ月間、日本へ帰っていました。

今の私なら、きっと日本を楽しめる! 日本に住めるかも! っと思い、日本を旅しながら ワクワク  住む場所を探そう と思ったのですが。。。。。。。。。。。
まずは、地元、札幌に戻って

ガーーーーーーーーーーーーン!!!

すでに挫折してしまった。 親戚、友達から、言われる、言われる、

"人間 働いていないと ダメね! こんなに、ぽわ〜〜〜〜〜んとなってしま って 情けない。。。。。" "7年は 長すぎるよね" "そんな好き勝手やって 両親がいないってことに 甘えてるよね" "存在におまかせ、おまかせ、って 自分でするべきこともやって ないんじゃないの!"

きっちリと、ゲンジツを生きている人達を前に、私何も言えなかった。 結婚もしていなく、仕事もなく、家も無く、おまけに病弱…….. 日本のシッカリ、キッチリしてなくちゃ罰!バツ!バツ!っていうエナジー を肌で感じて、何だか体調が悪くなってきて、呼吸まで苦しくなってきて、 これじゃーもたないと思い 2週間で 早々とインドに帰る決心をした時 友人のヘナが・・・

山形 "とにかく、どんな状態のナビーンでもいいから 山形に来て!"

との、ありがたいお言葉にホロリ……山形に行ったの・・・ すると不思議! 札幌で、心も体も弱りきってた私が、 日一日と元気になっていったの・・これって風水! 山形の自然はすばらしかった。 空気が澄んでいて、透明感があって、 人々の素朴な意識が、反映されているかのようだった。 ヘナのご両親も妹さんもスゴイ苦労をされてきたのに、 どこかスコーンと抜けていて、 軽やかで暖かくて、思わず声援を送りたくなるようなチャーミングな人達 だった。

心地良い、愛に溢れた環境にいるだけで、 まるで植物が伸びて行くようにグングン元気になっていったの。 もしかしたら、人が一番の風水かもしれない。 誰と一緒に居るか、誰と一緒に暮らすか? 大キライな人と、いっしょにハワイに行くより、 大好きな人と、近くの公園に行く方を絶対選ぶな!

私は山形で元気を取り戻し、再び旅を再開した。

ところが……なんでエーーーー次々と大変なめにあってしまった! このことは ゴチャゴチャして、ハブキますが、結局,今回の旅で感じたこ とをまとめます!

考えが甘かった!!! 私は、42歳になったら、棚からボタモチ いいことが、いっぱい、起こるって期待してた。 それは 大きな間違いだった。

状況は、これでもか、これでもかって、私を鍛えてくれている。

なんてたって、私のテーマ

"どんなところからも喜びをみつける!"

大変な状況でこそ、試されるよね。 ネガテイブ、マイナスに流れるのはお得意、 だまってても、どんどんいっちゃう。 そこには、強い意志、決意が必要。 そして、その状況から グーーーーーーーーーーっと引いて、引いて、 俯瞰から眺める映画監督の目。 そして、ユーモア! 絶対に必要だよね。 それは、リラックスしてないとねわあーーーーー課題 いっぱい!!!

"42歳になってから 始まる。.花開く"。

というのは、やっと、その素地ができて、どんなことからも 喜びをみつ けることができる能力が、そなわってゆく、育まれてゆくってことなんだ。

花はすくすく育つ 一瞬、一瞬、 いっぱい、いっぱい、降り注がれている花々に、もっと、気ずいていけますように受けとることが、できますように喜ぶことができますように

日本での日々は、大変なことがおおかった。 でも、今、こうして振り返ってみると、

宝物、ある。ある。ある。
寒い凍った夜に、 星たちがいっそう輝きを増すように、 キツイ日々の中、 いくつかの出逢いがキラキラと光ってる。

やっぱり ひとりでは 生きてゆけない。 山形の日々は天の川。 札幌の人たちの言葉も、私のことを想うあまりの、考えてくれてのことだ ったと、今なら思える。

そして、ひときわ、おおきく輝いてる星があります。

東京のマザーテレサKちゃん。。。

彼女はとても良い人で、たくさんの人が彼女に逢いに、やってくるの。 そんな彼女を遠くから見てて、私はお世話にならいようにと思っていたの だけど。。。。。。 ついつい、つらくなって、Kちゃんを訪ねた。 忙しい彼女のお手伝いも何もできず、 ただお世話になっている自分が情けなく思っていた時・・・・

"ナビーン いつまでも、うちにいて、いいからね。私の一番の喜びは、人がその人らしく、イキイキ'ワクワクして生きていくことをお手伝いする事だって、わかったの。 縁のある人に、私のできることを、させてもらうって決めたの。 だから ナビーンがここに居てくれることは、私の喜びだからね。"

うーーーーーーーーー Kちゃんの優しさの奥には、強い意思が、決意があったんだね。 言葉だけじゃなく、想いだけじゃなく自分にできることを淡々としている。 そして自分のケア、自分へのプレゼントもきちっとしている。 ホント、素敵だと思う。 やっぱり、平成のマザーテレサは、こうでなくっちゃ!

Kちゃん、私、できること、少しずつ、増やしていくからね。 ほんと ありがとね。

そして 結局 再びインドへ

やっぱり、ホッとした。 空気は悪いのに、呼吸はラクなんだよねーーー

お隣の友人が、こんな事を言ってくれました

"42歳で、仕事も無く、家も無く、結婚もしてなく、おまけに病弱で、そんな人が、何だかわからないけど、しあわせに、インドで暮らしてるって、それだけで、もしかしたら、スゴイことかもよ!"

インドでは、こういうとらえ方してくれたりする。 そのまま、ありのままを、受け入れてくれる。 乞食がいて、病気の犬がいて、いろんな国の落ちこぼれがいる。 ボクがいる。OK!キミがいる。OK! 貧しいことは、当たり前。開き直って、受け入れて、みんな、たくましく、

どこかバーーーーーン!としている。

生きる事に対して、すぐ引いてしまいがちな私は町へ出るたび、励まされ てきた。確かに、町は汚いし、バイ菌もウヨウヨいそうで、インドに遊び においでよ!"と気軽に言えない。私なんて命がけ。それでも、また縁があ って、私はインドにいる。

日本で生活しているみなさん 私はそれだけで、スゴイことだと思う。 暗く、悲惨なニュースが渦巻く中、上下の人間関係が重視される中、自分 の感覚をどこか切らないと、鈍くしないと、やっていけないよね。そんな 中でも、なんとか、自分と折り合いつけながら、生活している。スゴイよ! 私は 逃げてきちゃったから。。。。。。

こんな私だけど、きっと何かできるよね。少しずつ、できること増やして、 インドならではの宝物、ごちそう話をお届けしたいです。 まずは、タイピング!はじめて、自分で打ちました。 発信がとても遅くなり、ごめんなさい! これからも、よろしくお願いします!

インドよりとびっきりの愛をこめて
ナビーン



トップページ * ナビーンへメール * リアルインド