home > ニサルガダッタ・マハラジ辞書:「ち・つ・て・と」(『アイ・アム・ザット 私は在る』より)


ニサルガダッタ・マハラジ辞書:「ち・つ・て・と」(あまりに不思議な言葉なので 『私は在る』の言葉を辞書形式にしてみました。) (since 2007/7/20)
    うえお    きく  けこ    しt  しw  しん  すせ      ちつてと  な行  はひ  ふへほ  まみ  むめも  や行  ら行  わ行 



小さな光の点 智慧と非実在 智慧の障害 違いとマインド 違いを見ない 知覚するもの 知覚だけがある 知覚の中心@ 知覚の中心A 知覚可能
知覚可能な外側 知覚可能なもの 力と恩寵 知識とジニャーニ 知識が存在す… 知識と無知@ 知識と無知A 知識と夢 知識は無知なる 知識を蓄える
知識を追求する 父親と母親を… 秩序ある生 知的な人びと 地平線の彼方 着手した仕事 注意が解放する 注意と愛 注意とマインド 注意の焦点
注意を移行さ… 注意を退けな… 注意をそむけ@ 注意をそむけA 注意をそむけB 注意を払わない 抽象世界と今 抽象的観念 抽象的理念 中心点は消え
超越している 超然と離れて@ 超然と離れてA 超然と離れてB 長寿の技 調和の内に生… 直接の知識 直接的洞察 沈黙だけが 沈黙と無為
沈黙の観照 沈黙の観照者 沈黙の体験 沈黙の中で待… 沈黙の背景 次の食事を楽… 次の生のために つぎは何か? 作られたもの つながり
つねに考えて… つねに中心軸に 罪で苦しむ 罪とは何か 罪と苦しみ 罪と無知と善 罪と禍(ワザワイ) 罪なものとする 罪のすべて 罪も罪人も
罪や徳@ 罪や徳A 罪や徳B 罪を犯す 積み荷の綿 ディガンバラ 定義しようと… 定義づけと身体 定義不可能 抵抗しなさい
抵抗と強調 低次と高次@ 低次と高次A 敵意あるもの 出来事と体験 出来事の原因@ 出来事の原因A 出来事の世界 出来事の源 出口
弟子とグル 伝統的基準 同一化と死 同一化不可能 同一性 同一性と連続性 投影するマインド 投影と監禁 投影と制御 投影と包含
投影を見る者 どうすれば愛を 動と不動 動を無視し… 動機が道を阻… 動機が最も重要 動機と愛 動機と目的 道具の欠陥 登場人物と個人
同等の感覚 動物性 トゥリーヤ 遠くの土地 解き放つ扉 時を超えた実在 時を超えた要因 時を超えて在る 得心と勇気
特定の経路 特定の思考 特定の存在 特別な重要性 特定な何かで… 独立した存在@ 独立した存在A 独立を実現する 独立性を自覚 どしゃ降り
とても楽なのだ 飛ぶ鳥のように どのヨーガを 止まらない トラと鉄の檻 取らないほうが 捕らわれてし… 取り消し 努力か恩寵か 努力してはな…
努力でさえ自然 努力と得たもの 努力と不安 努力と欲望 努力に背を向… 努力の終わり 努力は誰のもの 努力は無意味だ 努力を要しない 奴隷状態の本質
泥棒を見守る どんな欲望も                

home】  【挨拶】  【本棚】  【映画】  【N辞書】  【R辞書】  【見晴】  【随想】  【仕事】  【通信】  【連絡







powered by OHAH.NET