見晴らしプロジェクト@

今晩は、pari です。

>> “あひるの水掻き”ですが、なんとか「Wombat 見晴らしプロジェクト」
>> を立ち上げて、“求心力の核”のひとつにしたいと思っているんです。
>
>いよっ、待ってましたぁー!!  (*^.^*)

Akaam、合いの手を入れてくれてありがとう。
それから、REIKI さん、nadam、声を掛けてくれてありがとう。

(REIKI さんの問題意識には、個別にレスしなければならないところだけれど、今、その余力がないので、とにかく、この線を押していきます。)

無視されても、とにかく書いていくつもりでしたが、こうして、声を掛けて いただくと、やはり、弾みがつきます。(^^;)

話を小さくしないために、なるべく、“大袈裟に”書いていきますね。
“大袈裟に”受け取ってもらえたら、嬉しいです。

>> 煮詰まり切らないのですが、話題提供の意味で、煮詰まらないままで
>> 問題意識をみなさんの前に投げ出して、いろんなご意見を伺った方が
>> いいかなぁ……。
>
>煮詰まった方がうまいものと、煮詰まらない方がうまいものが
>あるけど................ この場合は、煮詰まる前の段階で加わらせ
>てもらえた方が、おもしろそうです。

ええ、そのプロセスそのものが、まあ、一種の“目的”なんだと思いました。

>> もう“現地球世界”に残された時間もあまりないのかも知れないし。
>
>やはりそうでしたか.....................(-_-) しんみり。って、変でしょか?

こういうことを“口走る”(あるいは“口走れる”:これは「能力」という 意味じゃなくて「気づきの足りなさ」という意味でね)自分を使う“頃合い” みたいなものも、あるのかと思って。

“飛んで火にいる夏の虫”ってあるでしょ。
自覚的に“夏の虫”になれれば、まあ、それもいいかって思うから。

>> レイアウトがしっかり確定しないまま問題意識だけをご披露する
>> ことになりますが、みなさんにいろいろご意見を言っていただけたら、
>> それが可能性のある話か、そうでないかも分かるだろうし、その過程
>> そのものが、何かクリエイティブな動きになりうるのかも知れない
>> とも思います。
>
>つまり、それはParitosho自身にとっても、未確定なもので、問題
>意識を披露することで共同創造の要素が加わるということですか。

自分の「問題意識」の方向性という意味では、未確定ではないんだけど、 その「問題意識」をどういう「レイアウト」として具体化するか、という 部分に“未確定”なところがあるんです。

それで、自分としては“ここまで煮詰めたんだけど”というところを ご披露して、いろんな方々の経験智をそこに流し込んでいただければ、 現実的な形にまでもって行けるかもしれない、という、まあ、勝手な 期待もある、ということです。

対象が、誰の所有物にもなりうるようなものではないので、その意味では Setu が言う「コピーレフト」&「バザール方式」でのコラボレーション を試みることができるひとつの材料ではないかと思います。


        …………○…………○…………○…………


わたしは大袈裟な言い方が好きなので、大袈裟に言いますね。

ことは“地球人類の集合意識”の中にいるわれわれ個々人が、その“地球人類 の集合意識”自体を動かすことを目的として、“「半ば」自覚的に”それに触 れようとする、いわば「ミッション・インポッシブル」とでもいったプロジェクト です。(^^;)

ま、あんまり気取っても、何を言っているかわからないですよね。(*^_^*)

単純に言います。

『Wombat 見晴らしプロジェクト』が意図することは、次のようなことです。

◆『Wombat 見晴らしプロジェクト』の目的◆

●主要目的:「地球人類の集合意識の鳥瞰図」を作ることです。

●派生目的:その「鳥瞰図」で一挙に情報の集中・集約度を高めながら、かつ個々の情報
      の相関性を一目瞭然にする(つまり“見晴らし”を作る)ことによって、
      情報空間そのものの質的変容を促す“触媒作用”を果たすことが狙いです。
      まあ、既に起こっている“情報爆発”の<無秩序性>に、<上昇ベクトル>

      という方向性を与えて、現状の“情報爆発”に「戴冠式」を用意することです。

*猛烈なエネルギーで“てんでんバラバラ”になって行こうとする爆発的な“遠心力”に拮抗して、われわれ“地球人類の憧れ”を吸引するに足るだけの充分な“求心力”を持った「渦の中心」を創造できるかどうかが、勝負の分かれ目。


        …………○…………○…………○…………


上記の「目的」を達成するために、『Wombat 見晴らしプロジェクト』は次のような 二つの“相互に矛盾した目的物”を一つに“束ねる”ことを、当面の目標にします。

◆『Wombat 見晴らしプロジェクト』が“束ね”ねようとする二つのターゲット◆

@「衆目を惹きつける」:最大多数の人々の「注目」という“意識エネルギー”を集める。
A「価値観を組み込む」:なおかつ、“上昇ベクトル”という方向性を維持する。

(これまでの地球では)ほとんど完全に相互矛盾したこの二つのターゲットを“束ねる” ために『Wombat 見晴らしプロジェクト』は次の手段を採用しようと思います。

◆『Wombat 見晴らしプロジェクト』が採用する手段◆

●「鳥瞰図」は、人々の「注目」の直接的対象ではなく、その“通り道”となる。
●“上昇ベクトル”は、「鳥瞰図」の「レイアウト」の中に埋設される。

・つまり、この「鳥瞰図」は、鑑賞対象としての“商品”ではなく、便利に使われる“道具”となることを狙うということです。

・そして、その“道具”を使うことによって、自然にある種の“気づき”が起こるような仕掛けを、その「レイアウト」自体の中に組み込むことを狙います。

・この目的を実現するために、『Wombat 見晴らしプロジェクト』は、この「鳥瞰図」に“情報の索引”機能を持たせます。

○【誰もがその「鳥瞰図」を“情報の索引”として利用でき、
 しかも、それを利用することでどうしてもある種の“気づき”が起こってしまう
 そのような「道具」を創造する】

これができれば、上記の「二つのターゲット」を一つの作業の中に融合できる、と考えます。


        …………○…………○…………○…………


長々と、何やら得体の知れないことを書いてきましたが、これを要するに、 『Wombat 見晴らしプロジェクト』が意図することは、“地球人類の集合意識” を一目で見渡せるような「情報インデックス」の「レイアウト」(あるいは 「構造」)を構想し、かつその「レイアウト」に基づいて、実際の使用に耐える 具体的な「情報インデックス」を構築することです。

そして、
○そこに集まっている情報の“集積度”“質の高さ”
○それらの情報の相互関係のあまりの分かりやすさ(“見晴らし”の良さ)
のために、ついつい誰もが利用してしまうことになるような、そのような 「情報インデックス」を、「ウェブサイトリンク集」として実現することです。

「Yahoo!」は、膨大な「情報インデックス」であり、“使用に耐える”リンク集です。だから、毎日たくさんの人たちの「注目」を集めることができます。

「Gooogle」はじつに便利で強力な“検索機能”を持っています。だから毎日膨大な人々がそれを利用します。

それらのサイトの“インデックス機能”“検索機能”は、間違いなく情報の“集約性”を高め、“移動速度”を極大化することには貢献していると思います。

ただ、これらのサイトは、
@「衆目を惹きつける」:最大多数の人々の「注目」という“意識エネルギー”を集める。
A「価値観を組み込む」:なおかつ、“上昇ベクトル”という方向性を維持する。
という『Wombat 見晴らしプロジェクト』の二つのターゲットの内、@の機能は十分に果たしていても、Aの機能を持っていません。

これらのサイトが、人々の“気づき”を高めている、と言う人はいないでしょう。

あくまでも、現在の“地球人類の集合意識”の「枠内」で“情報粒子”の移動速度を高め、“発熱”の準備をしているだけでしょう。

しかし、それだけでは、けっして“離陸”を可能にするような“上昇気流”は発生
しないでしょう。

アラインしたベクトルを持たない情報粒子の“いたずらな加速”は、人々に展望を持たせず、逆に、ただ中途半端な“絶望”を促すだけかもしれません。

『Wombat 見晴らしプロジェクト』は、そこにAの「価値観を組み込み」たいと思います。

その意味で、『Wombat 見晴らしプロジェクト』は、けっして、“客観的”でも“ニュートラル”でもありません。あくまでも、そこに「価値観を持ち込み」たいと思います。“上昇ベクトル”を持ち込みたいと思っています。

“地球人類の憧れ”を糾合する「渦」を巻きたいと思っているのです。

大豆は十分に柔らかく煮え、頃合いに“温度”も高まってきています。

しかし、それだけでは「豆腐」はできません。
そこに一滴、どうしても“にがり”が存在することが必要です。
やはり、“展望”が、“ヴィジョン”が、“見晴らし”が必要なのです。
“上昇のベクトル”が必要なのです。

ただし、その“上昇ベクトル”は、けっして“精神論”ではなく、現在という時代を生きていくための“便利”かつ“有用”な道具の中に“慎ましく”収まっているべきものだと思います。

なぜそう思うのか。

“精神論”は、それはそれで、十分にあると思うからです。
でも、“精神論”に“引っかかる”ような人は、とっくに何かに引っかかっているでしょう。でも、それだけでは、まだ“力”が足りないでしょ。

逆に、現在の地上には、“上昇ベクトル”どころか、あまりにもその逆の指向性をもったものが充満していると思います。“便利”かつ“有用”な道具はたくさんあっても、それらを使うことによって、人の意識が自然に“下降スパイラル”に入ってしまうような、“実体的な”ものばかりが、多いのではないか。(-_-;)

少し、バランスを取り戻したいと思います。(^^;)
“夢”も語りましょうよ。(*^_^*)


        …………○…………○…………○…………


この次から、現時点の『Wombat 見晴らしプロジェクト』が構想している「鳥瞰図」の「レイアウト」を、ご披露して行きたいと思います。

>> ぽちぽち、問題意識を出していきますので、肴にして、いろいろ料理
>> したり、つまんでみたりしていただけたらありがたいです。
>
>お腹ペコペコなんで................
>  早くお願いします(^o^)/~~~~~
>
>> 海の物とも山の物とも、分かりませんが。
>
>山海の珍味をお待ちしております。

ご期待に添えるかどうか……。


Love   pari

home  ・見晴らし  ・next