home > 仕事


仕事

以下はこれまで発表したものの中で、自分で思い入れがある文章を入れました。
感想などいただければ嬉しいです。

■『21世紀へ指導原理 OSHO』より (1994年8月発行)
前書き    
序にかえて  OSHOとは何か――来るべき世紀の胎動
かすかなるOSHOの胎動 存在する唯一の問題 来るべき世紀の指導原理
第一章 問題はなぜ発生するか  問題と判断停止
OSHO:問題 舞台裏の独り言@ 胎盤からの剥離
狂気の加速 「問題」の中での“判断停止” “判断停止”とは何なのだろう
「問題」はなぜ発生するのか 「意識」の栄光と悲惨 大歓喜自在童子@
第二章 リアルな“自分”とは何か  「全体」と「個」
舞台裏の独り言A 部分最適化系の話@ 部分最適化系の話A
舞台裏の独り言B    
第三章 後ろ向きの<ソフト>  <ソフト>と<タオ>
舞台裏の独り言C 舞台裏の独り言D  
第四章 コンピュータ時代の思考と意識  心と意識
舞台裏の独り言E 挟撃される人間 「思想」と「情報」の狭間で
「思考」と「洞察」の違い ロボットと人間 “心”と意識の関係
痛みを感じるロボット 現象の二つの側面 舞台裏の独り言F
海辺の家 「エントロピーの法則」と<意識> 「ガイア仮説」と<意識>
「散逸構造論」と<意識> 宇宙空間に浮かぶ母子像 物質過程は表現手段に……
脳と心(マインド)と<意識>と すると私たちのしていることは……  
第五章 東洋と西洋の真の統合     科学と瞑想
OSHO:科学と瞑想 舞台裏の独り言G 世界はなぜ複雑になるのか
最初の問い:どうして? HOW:どのように? HOWとWHYの間
WHY:何故か? WHAT:何か? 「自由」について
舞台裏の独り言H 近代西洋科学文明の射程距離 瞑想、刺【とげ】抜きの刺
西洋的偏り:物質主義 東洋的偏り:精神主義 東洋と西洋の統合
ゾルバ・ザ・ブッダ 「主観の科学」と「客観の科学」  
第六章 滅びるものと永遠なるもの   物質と真空
OSHO:永遠 舞台裏の独り言I 意識の声、肉体の声
主人を囲む乞食たち 「真空」、この滅びえぬもの 「真空」、濃密な<意識>の海
大歓喜自在童子A 舞台裏の独り言J 巨大ドームの中の塩粒
肉体は<意識>の窓 <意識>の海の四つの智慧 “万象”と“心情”
『ソラリス』、あるいは象の夢    
第七章 欲望の階梯           執着と超越
OSHO:欲望 舞台裏の独り言K 欲の娑婆
「欲望」はなぜ発生するか 「価値」:肉体の欲望 「意味」:マインドの欲望
「歓び」:ハートの欲望 舞台裏の独り言L 「融解」:魂の欲望(憧れ)
性エネルギーの戯れ欲望のヘキサグラム 七つの身体論(憧れ)
第八章 競争原理の射程距離      比較と競争
OSHO:比較と競争 舞台裏の独り言M 大歓喜自在童子B
「比較」、不幸になるための秘訣 「動物学校」の比喩 「比較」は制度の問題ではない
「比較」の前提 「比較」の根拠とは何か 舞台裏の独り言N
“成功”と“失敗” 「競争原理」とは「原理」なのか “合理的”判断とは何か
私たちの“気づき”のレベル 歩留まりは「個人」でしかない 瓶の中の水
アイデンティティの終焉    
第九章 変容のための危機      危機こそ好機
舞台裏の独り言O 舞台裏の独り言P 舞台裏の独り言Q
第十章 黄金の未来         「個」たちの世界
部分最適化系の崩壊    
■「破壊と再生」(書籍名『ネオジパングの夜明け』)より
     
■投稿文
第1回『SAPIO賞』受賞論文
「得」の経済学    
「ツクヨミ」投稿文
割れた「鏡」 綾部のサガプリア  
テーマ依頼原稿
「OSHOの教育論」 「宇宙芝居:帰還」  

home】  【挨拶】  【本棚】  【映画】  【N辞書】  【R辞書】  【見晴】  【随想】  【仕事】  【通信】  【連絡







powered by OHAH.NET