シーポヨ絵なし日記・ときどき絵日記



覚えていますか?
初めてこの地球にたどり着いた時の事。

青く輝く地球に照らされて、
地上のどんなダイヤモンドよりも
美しく光輝いていた あなたの 姿を

Remember that you are beautiful.

You are the beauty.
You are the joy.
You are the creativity.
ロータス・パラダイス - 新しい存在の開花

ありがとう (はぁと)。
Google
 
Web Oh!Ah!Now!の中だけ探す

2001|10|11|12|
2002|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|06|09|11|
2008|05|06|

トップ «前の日(01-30) 最新 次の日(02-01)» 追記
RSS(目次情報)

Bookmark | Free Hugs | QR | Tech | map | tech | おすすめ | お天気日記 | ぼそ | アーユルヴェーダ | アシュラム | イベント | インド | ウェブ | オショウ | コチャン | コレガオンパーク | テク | デジカメ | ネットの道具 | ハート | ハーブ | バンコク | ビデオ | プーナ | ヘンプ | マグダラのマリア | リゾート | リンク | ヴィジョン | 宇宙 | 映画 | 音楽 | | 経済 | 健康 | 今日 | | 自叙伝 | 自由な世界 | 写真 | | | | 神秘 | 世界 | 生活 | 地球 | 停電 | 日記帖 | 日記帳 | 日本 | | 友達 | 予定 | 旅行 | 旅行記 | 料理 | 歴史


2003-01-31

ウパニシャッド(喜納昌吉)とチャンプルーズがイラク入りするらしい

まあ、イラクとアメリカに要求してる事が大きい。

ウパちゃん、元気よね。

まはちゃんがページを作っていて、コンテンツ管理ようの道具が欲しいと言うので朝からセットアップしてた。

統べての武器を楽器にのページはこちら

そのあと、アシュラムへ

サニヤス セレブレーションが 良かった。

エナジーが上がったよ。久しぶりに高く高くつながれた感じ。

その後のパーティも良かった。

特にパーティって分けじゃなかったんだけど、プラザ・バー(カプチノ・バー)の音楽が良かったので、みんな踊りはじめたら、バーのミュージック担当も乗ってボリュームを上げて、曲を選びはじめた。

最近、アシュラムは 遅くまでやっている。帰ろうかと思ったら、12時半を過ぎていた。結局、プラザバーは1時まで開いていた。

まあ、メインのイベントが 室内に移ったので、騒音の苦情が来なくなったんだろうか? 1時くらいまで開いているのは当り前になった。良かったね。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

Mintia [ポルトガルが独立する時 無血革命に導いたのは ジョセ・アフォンソっていう 音楽家だったんだってね。。。 ]

シーポヨ [そうかあ。音楽家って熱い人多いもんね。 ]

jonah [ブリガリアンポリフォニーもほとんどがかっての民族的英雄を称える歌だよ。 ]

美里真吾 [仏蛇の絵]


2006-01-31

アシュラム

久しぶりに行ってきた。二週間以上行ってなかった。人が増えてグループの数も増えているのか、キャンパス内がいかにもシーズンに入った雰囲気になっていた。やっぱり1月の中以降が本当のシーズンって感じかも。

昨日あった人達の中にも、「今日ついた」とか「三日前についた」とか言う人が何人かいた.

特に何をしたってわけでもないけど、今日は朝から体が福々している。しかし、なんでだろう。人の少ない時期の記憶が強いのか、「人が多すぎる」とか感じちゃう。これも数回行っていれば馴染むのだが。

でも、久しぶりに帰ってきた人達を見るのは嬉しかった。先シーズン、いっぱい遊んでもらった人が三人帰ってきたいた.

ちょうどミーラの6週間のコースが終わった後の絵の展示とパフォーマンスがあってた。ミーラが最後に大きな紙(2x5メートル位)に絵を描いて見せながら話していた内容が、「クイックリリースの説明みたいだ」ので嬉しかった。

「私はこんな風にクッキングもします」ってやっぱリクイックリリースだ.要するに質とともに生きるということだから、何をしても同じことだ。

今年のコースは終わっちゃった。クイックリリースを生きることに使いたい人はミーラのコースに参加してください。(笑

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

ukiha [なんだかすごくうれしそうだw]

bagiya [>キャンパス内がいかにもシーズンに入った雰囲気になっていた 読んだだけで、ハートがふわ〜んと広がったわん。 ..]

shams [うん、伝わる。]


2007-01-31

オショウとメハ・ババのサマディ

ずっと他のマスターには近寄らないでこの2年ほどになって、何かが変わり始めた。僕はマスターを探そうと思ったらすぐにオショウが見付かったので、他のマスターに興味が全然なかった。オショウは僕にぴったりのマスターだったし、彼の本を見付けて、最初の1ページ目で「見付けた」と、後になって思ったら、理由もなく思った。

実はオショウを見付ける前に、ちょっとした一瞥のようなことは起きていて、それをベースにオショウが何かを知っていることは確認が取れた。というか、僕のマスターは、矛盾しているべきだと思っていて、オショウは矛盾しているひとだったので、まさに、これは間違いないと思った。

ある日、これは正しいと言ったら、翌日には、同じものを間違っていると言うべきだと思っていたので、オショウはまさに僕向きのマスターだった。これは、あくまで僕のマインドを納得させるための確認の符合だったのだけどもが。

自分のマスターを見付けた以上、他のマスターが本当のマスターなのかを確認する必要もないし、無駄な作業なので割愛させてもらっていた。オショウが肉体を離れた後、実はオショウからの働きかけは本格的になって来たと感じたので、肉体にいる別のマスターを探す必要も感じなかった。

というか、僕への働きかけは肉体を離れた後でも出来るので、後回しにされたのじゃないかというのが本当に感じていることだ。あるいは、オショウが肉体を離れても、働きかけてもらえるので、肉体にいる間はサボったというのが、僕の本当のことかもしれないし、そうじゃないかもしれない。

何はともあれ、オショウが肉体を離れてからギフトがいっぱい来はじめた。実は肉体を離れる前には、オショウを二度ミスしている。オショウが肉体を離れる直前に、僕は何かをミスしそうな感じに気がついたので、持っているものを捨ててオショウに駆けつけた。

それは正しくて、実は僕が駆けつけてしばらくしたらオショウは肉体を去った。僕は駆けつける選ぶことが出来たので、後悔をすることを避けることができたし、自分をほこりに感じることが出来たし、また、オショウからのメッセージを受け取るコツみたいなものを身につけた。

あるいは、オショウが肉体を去る一年ほど前にオショウとの深いつながりが出来たので、それを通じて働きかけが始まったのかもしれない。

それが、この数年の間、オショウが「ちょっと見て御覧」と言う感じで、他のマスターの何かを見せるようになった。メハ・ババについては、もしかしたら、その最初のことだったかもしれない。メハ・ババに関しては、彼の写真を最初に見たときから、好きになってしまった。

何と言ったら良いか、「僕とオショウといっしょになって、メハ・ババのことが好きだ」というような感じといっても良いだろうか?

でまあ、偶然が重なってというか、「明日、メハ・ババのサマディでお祭りがあって、タクシーを借り切ってそれに行くけど行く?」ってお誘いが来た。そのときは、まだサマディに行くのは避けたいかな?とか、風邪が直りきってないし、とかの理由で返事を保留したのだけど、電話のあとシャワーをしてたら、体が行くことになっていた。

行ってこれは正解。メハババのフィールドでオショウを呼んだら、すごく深い感じでやってくる。メハババの背後の大きな存在としてオショウの臨在が見えるのだった。また、僕にとってメハババは、ハートのサポートをくれていて、どうも今はそのサポートが必要だったみたいだ。

どうもどこでもそうらしいのだが、メハババのところにもオショウのサニヤシンは来ていて、知った顔もいたし。。。

なんとなく、気がついたのは、メハババのところは、プーナ1から続くオショウのある種の流れを持っていた。特にそれはプーナ1で強く、アメリカ時代や、オショウがプーナに帰ってきて、肉体を離れた後も続く何か。今は、だいぶ減ってきている何か。

"Don't worry, be happy."というのが、メハババの写真の下に書いてあるのをみて、まあ、そんな感じかも。「ハートの回りの心配」の少ない感じで、お祝いをするって感じだね。

それで思ってみると、オショウはメハババの後をついだ感じもある。1969年にプーナと車で2時間のメハラバードを中心にしていたメハババが肉体を去った後、オショウは弟子を取り初めて、1974年にオショウはプーナに移動してくる。オショウはメハババの事も話していて、彼はエンライトしているとか、いくつかの事を話しているのを読んだ。

1974年のプーナと言ったら、たぶんメハババの後を探す人達もいただろう。オショウをサポートしたグループに、インドのゾロアスター教徒であるパルシーの人達がいる。実はコレガオンパークというのは、イギリス人が去った後、パルシーの人達がそのほとんどを所有していたのだと聞いたこともある。

メハババは、そのパルシーの出身で、それもあってか、パルシーにはメハババに付いている人が多いと聞く。

そうしてメハババがプーナでダルシャンをしていた建物は、オショウのアシュラムから歩いても10分程度の距離だ。バンガーデンの公園の近く、ボートクラブロードの入口近く、もとホリディイン、今のサン・アンド・サン(Sun'n Sunds)ホテルの隣当たり。

そう考えると、プーナ1のオショウは、メハババの後のムーブメントを引き継いでいたのかもしれない。少なくとも、やってきている人達には、メハババのところからやってきて、その何かをオショウのアシュラムに持ってきていたと考えても不思議ではない。

メハババは、東洋のスピリテュアリティを最初に西洋に紹介した人だと聞いている。1931年頃にヨーロッパやアメリカを何度も訪問して、「わたしは何かを教えるためにやってきたのではない。わたしはあなたがたを目覚めさせるためにやってきた」というメッセージを伝えた。

メハババは日本ではそれほど知られていないけれど、ヨーロッパやアメリカではとても良く知られていてるし、そのムーブメントは続いている。

オショウは、西洋と東洋を融合させることをした。

メハババのところに行ってみて気がついたのは、ハートにいる人達が多いので、とても楽な事だった。スピリテュアルの人達が集まると、議論好きなことも多いので好きではないのだけど、それがなかった。特に、オショウのサニヤシンと共通するなにかを持っていて楽だった。西洋人の長期滞在のグループもいる。特に彼らは頭の人ではなくて、ハートの人なのがうれしい。

メハババは、スーフィではないし、彼独自だけども、彼の最初マスターはスーフィ・マスターだとメハババが呼んでいるババ・ジャンだし、その次のマスターは、やはりモリスム出身だからスーフィの可能性もある元祖サイ・ババのシュルディ・サイ・ババだ。

スフィーのワークはオショウのワークの中でも重要なワークにひとつだ。禅とは両極端のようなスーフィかな?どちらもが、オショウ。でも、一休とかは、スーフィのような。

----

オショウが肉体を離れる一年程前に僕には強烈な出来事が起きていて、精神的な異常も起きたものの、そうではない超正常なことも起きていた。少なくとも、オショウがまだ話していなかった二つの事を、そのときの出来事の中で独自に知ったので、単におかしなだけではなかったことが確認できている。

二つのこととというのは、「僕等には過去生はないこと」、それと「僕等の無意識を使う破壊的なネットワークの存在」。これらのことは、もし、オショウが触れてくれなかったら、どうやって人に話そうかと思っていた。

過去生の事については、僕がそれを知った2ヶ月ほど後に、オショウは話してくれたし、無意識の話については、彼が肉体をさる数週間前に話してくれていた。オショウが話してくれていたので、僕はそれを実証したり、人を納得させる手間が省ける。僕は単にそのメカニズムを話すだけですむ。

この事を書いたのは、メハババのある時期のワークというのが、マスタ達への働きかけだった。マスタというのは、オショウも話していて、実はオショウも彼の初期にはマスタに働きかけていたと聞いたことがある。

マスタというのは、デバイン・マッドマンとも呼ばれ、デバイン:神聖な、マッドマン:気違い、という意味だ。単なるマッドマンと区別される。

他のシステムでは、マッドにならないようなシステムが作られているのだけど、スーフィーのシステムは欠けている部分があって、マスタになる可能性もある。そうして、マスタのケアーのしかたもあるらしいが。

僕がマスタになったときには、宇宙全体が助けに来てくれるような出来事が個人的にはつながった。広大な多元宇宙で迷子になった子供を見付けて家に連れ帰ってくれるようなすごい感じだった。

実際、僕は迷子のまま戻ってこれないのではないかと思ったり、大丈夫、ちゃんと戻ってこれるという確かな感じがあった。

僕は、超正常な感じと、精神分裂症的だったり、たぶん多重人格が起きていた時期が2週間から、軽くは1ヶ月続いて、まあ、普通に戻った。まあ、だれも僕を普通だとは思わないかもしれないけどもが。

戻ってくるための基本的な手法は、おかしな感じが起き始めたら、醒めて見ながらその雰囲気の中で動かされないようにして、その雰囲気が通り過ぎるのを待つということだった。

それ以外にも、あるけどもが内緒(爆

それ以外にも、良く分からないけどガイドしてくれる存在が、たぶん複数いたようなことだ。そのときはオショウだけかと思っていたけどもが。

今回、メハババのサマディに行って、分かったのは、あのときに助けに来てくれた中にはメハババもいたらしいことだ。

----

で、どうしてメハババとのつながりが強いのかが、不思議だったんだけど、今回は、「過去生でメハババを知っていたのだ」ということだった。「この感じは、過去生で知っていたり逢っていないと起きないだろう」と言う感じで、「え?そんなわけないじゃない?彼は1969年まで肉体にいたんだし。。。」と思った後、実は僕のひとつ前の生、前世が、1950年頃まで生きていたアメリカ人だったということだ。前世では日本の研究をしていたので、戦後の処理のためにアメリカ軍の通訳として日本にも来てた気がする。

日本や東洋の文化に引かれていたとすると、たぶん、アメリカに訪問もしていたメハババに引かれていたとしても、不思議ではない。

細かい話はやってきていないし、まあ、どうでも良いことのような気もするが、それでメハババが僕を知っていて、僕がメハババを知っていたとしても、まあ、あり得るんだなあっていう、まあ、単にビューティフルな話でしょう?ってだけだけどもが。ビューティフルだね。ありがとう、メハババ。

(ラブ・フォーエバー

ジャイ・ババ

本日のツッコミ(全9件) [ツッコミを入れる]

アキラ [「僕等には過去生はないこと」と上に書いてるんだけど、あるのかな。]

シーポヨ [「過去生はない」も「過去生はある」は、それをとらえるアスペクトによってどちらも本当だというのが、僕の現在の立場。 ..]

シーポヨ [この肉体に意識として入った瞬間の事に関しては、過去を持たない新鮮な意識として入った瞬間をとらえたんだよ。それは、過去..]

chaki [何だか不思議なお話、私にはですが。 Fpapaの家族もメハババに付いている人がほとんどなので、 ええ、友達とかも..]

シーポヨ [>> chaki メハババの所もオショウの所に似て「信じる」とかってないみたいです。オショウの所は昔はもっとい..]

にゃあこ [私もセトゥーとメハーババのところにいったのだけれど、あそこで感じたハートが愛でいっぱいというかんじが プーナの彼の育..]

bagiya [>「僕等の無意識を使う破壊的なネットワークの存在」 こっちの説明も、もう少しして欲しいんだけど・・・。(ー人ー..]

シーポヨ [>>にゃあこ よかったね。僕の中ではオショウとメハババが混ざってるよ(笑 前からも、ふとしたときにハートの助けを..]

online casino ratings [casino royale online viewing movie. casino careers online ..]


月齢:日

2002年
1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Oh!Ah!Now!
せっちゃんの
シーポヨのしわざ
自由なバザール
クイックリリース
コピーレフトの
ヒーリング体系
シーポヨ絵なし日記
ヘンプ(大麻)のはなし
ヘンプ(大麻)の記事
シーポヨ絵百科事典
エオラノート
にさちゃんの
Lotus Paradise
ロータス パラダイス
チャネリング クリスタル
(売ってるよ)
せっちゃんの好きな
ハーティスト・カフェ
アーユルヴェーダ料理
あまらの日記
オショウ禅タロット
アーユルヴェーダ
ハーブと自然な製品の
印度サマサティ
パワーストーン占い



地球復興
木を植えるNGO
セブンアローズ

史上最強の
トータルサイト
O h ! A h ! N o w !

ちょっと おまぬけな
プラネット マガジン
うおんばっと

さみちゃの
そよかぜ日記
カフェDEアース



最新のコメント:
1.美里真吾(12-30 20:56)
2.online casino ratings(01-22 12:43)
3.シーポヨ(02-06 02:48)
4.bagiya(02-06 01:02)
5.にゃあこ(02-05 16:10)
6.シーポヨ(02-04 03:23)
7.chaki(02-02 17:14)
8.シーポヨ(02-02 15:22)
9.シーポヨ(02-02 15:00)
10.アキラ(02-02 14:29)
11.shams(02-02 09:35)
12.bagiya(02-01 00:58)
13.ukiha(01-31 20:21)
14.jonah(02-07 19:31)
15.シーポヨ(02-06 15:47)











地球は 懐かしい星


しばらく 離れていたから、良く分かるよ。

遠くから最後に見た地球は 何度も思い出した。
涙を流しながら 帰りたいと 思ったから、
たましいの深く深くに 刻み込まれている。

いつか帰れれるとおもって
ずっと ずっと 待ち続けたおもいで。

遠くはなれて、もう 見えなくなった 悲しい思い出。。。

ほかの 星でながいこと ながいことくらしていた。
時々 思い出した 最後に 見た地球。。。。。

地球を 愛してあげてね。。。 シーポヨの お願い。。。

日記の目次:

2007-01-31

オショウとメハ・ババのサマディ

2006-01-31

アシュラム

2003-01-31

ウパニシャッド(喜納昌吉)とチャンプルーズがイラク入りするらしい
そのあと、アシュラムへ
 あなたがあなたを愛しています。
2002年
1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2001|10|11|12|
2002|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|06|09|11|
2008|05|06|
Powered by Oh!Ah!Now!
Powered by Oh!Ah!Net!
アクセスアップ.ORG 一括登録 SEO等