シーポヨ絵なし日記・ときどき絵日記



覚えていますか?
初めてこの地球にたどり着いた時の事。

青く輝く地球に照らされて、
地上のどんなダイヤモンドよりも
美しく光輝いていた あなたの 姿を

Remember that you are beautiful.

You are the beauty.
You are the joy.
You are the creativity.
ロータス・パラダイス - 新しい存在の開花

ありがとう (はぁと)。
Google
 
Web Oh!Ah!Now!の中だけ探す

2001|10|11|12|
2002|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|06|09|11|
2008|05|06|

トップ «前の日(07-13) 最新 次の日(07-15)» 追記
RSS(目次情報)

Bookmark | Free Hugs | QR | Tech | map | tech | おすすめ | お天気日記 | ぼそ | アーユルヴェーダ | アシュラム | イベント | インド | ウェブ | オショウ | コチャン | コレガオンパーク | テク | デジカメ | ネットの道具 | ハート | ハーブ | バンコク | ビデオ | プーナ | ヘンプ | マグダラのマリア | リゾート | リンク | ヴィジョン | 宇宙 | 映画 | 音楽 | | 経済 | 健康 | 今日 | | 自叙伝 | 自由な世界 | 写真 | | | | 神秘 | 世界 | 生活 | 地球 | 停電 | 日記帖 | 日記帳 | 日本 | | 友達 | 予定 | 旅行 | 旅行記 | 料理 | 歴史


2003-07-14

プネーに来たのは14日

過去にさかのぼって日記を書いてるの。

ウィキペディアに「ゾロアスター教」の記事を書いた。実はパンチガーニの別荘のオーナーの方がパーシーってインドで呼ばれているゾロアスター教徒の方で、疑問に思っていたインドのゾロアスター教徒の事をいろいろと教えてもらった。

パーシーの人って数人知っていたけど、みんなビジネスで成功していて、裕福なので何かあるのかなとおもってたら、インド第一/第二の勢力を持っているTATA財閥がパーシーの財閥だとしって、非常に驚いた。だっての、日本にいるときはゾロアスター教って過去に滅びたものだと思っていたから。

聞いてみると、どうもイギリスの植民地時代に、イギリス人から非常にサポートを受けたそうです。パーシーのコミュニティはグジャラートの一部に固まって素朴に農民をしていたのが、あることからイギリス人のサポートが始まり、東インド会社が始まると更に強力なサポートを受けて、貿易などで経済力を付けたんだって。

パーシーの人達は外見もヨーロッパ人の顔をしているので、そのこともサポートを受けた理由かもしれないけど、特になぜサポートを受けたかは伝わっていないらしい。詳しくは、記事をみてね。

本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]

純子 [パーシーでなくパルシーだすザリーンがパルシーでーーーーす ]

美香 [室温28.5 ]

シーポヨ [パルシーというと、PaLuSii になって、もとの パーRシーとは似ても似付かない音になっちゃうんだよね。日本にない..]

びー娘 [Rは発音するんだい ]

安寿 [うさぎ跳びアイコ ]


2004-07-14

[自由な世界] saleem:ところでデジタルな自由な世界ってもうすぐ来るのかな〜?

って、前回の日記に質問が入った。

って、もうあるんだよ。僕は結構長い事暮らしている。デジタル自由な製品/作品の上で暮らし始めたら良いんだよ。そうしたら君もすでに住人の一人。

まず、ソフトウェアはデジタル自由な物だけを出来るだけ使うようにする。使うだけで、それはサポートになる。そうして宣伝する。ほかに使いたい人の為にサポートする。

良い情報を持っていたら、出来るだけ『ウィキペディア』に書きに行く。知りたい事を調べる時も、ウィキペディアで調べる。満足しなかったら、ウェブで調べて得た知識をウィキペディアに追加して行く。

ウィキペディアに書けない人、書けない内容を書きたい人は、『自由なバザール』に書きに行く。

実は、ウィキペディアも自由なバザールも、そこに記事を書くと検索エンジンで上位に並ぶ可能性が高いので、当然読者も多くなる。Oh!Ah!Now! の閲覧のログをを見たらよろしい。すでに毎日5000Visitを記録している。ページの閲覧では12810 ページなのだ。これは並大抵のサイトではないのだ。シーポヨ日記は、毎日少くとも500人のページが読まれている。すごいなあ。日記のトップは、少くとも450回開かれている。すごい。

調べでは僕の関連のページは、1日に少くとも1300ページ読まれている。数えに入っていないページがまだあるので、数はもうちょっと多いかも。

自由なバザールに記事を書いて、そこから自分のホームページや日記にリンクを張るのは勝手だよ。ウィキペディアみたいな公式の百科事典ではないので、硬い事は言わない。

実はサニヤシンは一般の人よりも共有を避ける傾向にある

かもしれないなあって思ってる。実はさあ、1980年代に全部を共有っていうコミューン生活があった。それは、失敗に終っている。で、オショウもボディを離れたし、プーナのアシュラムもそっけなくなったし、『存在が世話してくれる』って言っていた人達も、何とか『自分の生活を作り出す』ことに精いっぱいになっていたりする。

ウィキペディアは、すごい早さで盛り上がっているけど、サニヤシンがいる気がしないんだよね。なさけない。1990年の前半くらいまでは、新しい世界を生み出すのは僕達だって思っていたみんなはどこに行ったんだろう?とほほ。

でも、僕等は地の塩となって、今の世界がある。そうして、未来の世界がある。昔は自由な世界で、今はちょっと制限があるけど、未来は自由な世界になる。僕の生きているうちになるかどうかは知らないけど、それがやって来るのは分かっている。それがやって来なかったら、人類が終りにされる可能性があるし。

Love

Setu

[自由な世界] 自由の宣言

Saleem曰く『ほんとは自由なものを「自由じゃないです」と宣言するのはご苦労なこったけど、もともと自由なものを「自由です」なんてわざわざ宣言するのもめんどくさいよね〜。ライセンスにしてあればわかりやすいというのはあるけど』

これは、昔の自由な世界の崩壊を避けるために必要なことなんだよね。

『土地は共有されていた』それは、『持ち主かいなくて、使っていない土地は誰でも使って構わない』って事だった。どういてそれがそうじゃないんだろう?

『これは僕の土地で勝手に使われては困る』ということが可能だったからなんだ。そのようにして、力と開発力さえあれば、『独占された土地』というのが増えて行って、今やそんなものはないくらい。

これが、共有が保証されていたらそうはならなかっただろう。保証するのが強い政府だったらそうはならなかっただろう。地球には長い略奪の歴史がある。短い略奪の歴史しかもっていない場所もある。

『もっと。もっと』マインドには満足というものがないのは、僕等は良く知っている。マインドは、満足を奪い去られる事、売り渡してしまう事から始まる。失った満足は、取り戻す以外に手にいれる事はできない。代償は不可能。代償は代償でしかない。満たしてくれない。ただ、満足はすぐそこにあるんだけどね。線がキレているだけの話。

ただ、今の新しい時代が出来たのはマインドの歴史のおかげかもなあ。ご苦労さん。

コピーレフトというのは、今の政府に自由な世界を保証させる方便

なのだ。政府の法律がそれを保証してくれる。これはコピーレフトだとライセンスしたものを、共有の決まりに反すると、今の政府がそれを罰したり、取り戻したりしてくれる。なんと不思議な仕組みだろう。

今の政府は、独占と所有を保証する仕組みだったとみんなが思っていたのに。

Love

Setu

本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]

saleem [そうそう、コピーレフトって法律的な支配を逆手に取っていて面白いよね。いまの世界で自由をぼくらの手に取り戻す手段として..]

saleem [ああそうか、これが行き過ぎると共産主義になるわけだ。 二の舞にならないように、瞑想の質をしっかり入れていかなきゃねっ..]

saleem [たびたび失礼します。 僕も、シーポヨがデビアンの記事をバザールに書き始めた頃にデビアンを入れて、少し使ってたんだよ..]

セトゥ [始めて使うんなら、CDROMからブートしてハードディスクにインストールしないでも使える Knopix を使ったら良い..]

saleem [Knopixもいじったよ〜。 今度はハードディスクに入れてつかってみようかな・・・。 自由を宣言したから自由なので..]

nadam [「実はサニヤシンは一般の人よりも共有を避ける傾向にある」についてひとこと。 共有とシェアって、同じ概念じゃないけど..]


2005-07-14

Friends in Miyazaki ! Slow Cafe

笑へるぐらいなスローなカフェ.

love love love

第八意識は、スティルネス?

第七意識までは、超意識に当てはまるのだが、クイックリリースでは、意識の数字が8番が出て来る。これには、名前はまだついていなかったし、それについてオショウが対応する意識の話もしていないように思う。

まあ、クイックリリースの意識の数字をオショウの意識に当てはめたのが正しいのだろうかという問題もあるのだが。これは、まあ、クイックリリースの意識の数字として、どうもオショウの言う意識の階層との関連がありそうだって事だ。

第七意識(宇宙超意識)から第八意識への移行で起きるのは、共通している。これは、遠い旅行をしたあとに戻って来たような雰囲気。それがセッションだとしたら、自分の体が大きくなって行って、ある質が広がり、宇宙全体がその質で満たされている様に感じるのが、第七意識の状態。

これが第八意識に移行すると、全部が消えてしまうような感覚が起きる。夢から醒めたような感じで、ポツンとそこにいる。いつもと同じような気もするけど、何かが違う。今ここにいる感じ。働きかけて来た問題は消えているし、それに隠されていた質が広がっていたのも、それも消える。

今ここのリアリティしかなくなって、全てが制止したようにも見える。

これは、マトリックスの値によって、やはり何かが違うのだが。

気付き(Awareness)の質が何なのかを調べた事がある。

これが、4:4:8 だった。4:4 は無条件の愛の名前もあるし、ハートでもある。これの意識の数字が8というのに注目。これは、見る聞くなどの全ての感覚の背後にいつでもある、気付きというのでそれとチューニングした状態で調べた。絵も書いたかなぁ?

この第八意識が何なのか少しわかって来た。

それは、僕が知っている他のどれと繋がるかがわかったと言う事だ。

これは、先日ディクシャのギバーの人にクイックリリースをした時に、第八意識が出た。自分向けのセッションで第八意識が出る事は良くあるけど、人にするセッションで出る事は非常に少い。

描いた絵は、「古池や 蛙飛び込む 水の音」を連想させる絵。むふふ。

それで、あとでディクシャでそれを呼んでみてねって事でその日は終った。

翌日に、「何だか解ったよ」ってシェアーをもらった。これは、「宇宙は、静と動によって出来ている」という解説を連想して、それは、この宇宙は「呼吸のようなもので、始まりと終りの間に、静がある」っていうやつ。「宇宙は何とか神の呼吸」みたいなヒンドゥの話だね。

この「静」英語では「スティルネス」を思い出すって言うのだ。そう、第八意識の状態では、全てが止まっている。止まっているのに動いている。

これとは別に知っていた事がある。

それは、「ブッダは宇宙のはじまる前、終ったあとにいる」ってやつ。そうして僕等の本体はブッダで、宇宙のはじまる前、宇宙の終ったあとにいて、そこからこの体を通して知覚しているっていうやつ。

そうして更に、「宇宙には終りもはじまりもない」が同じ文脈に書かれている。

これがスティルネスだと言う事だ。

この宇宙は「動宇宙」で、これは「静宇宙」から生まれたとでも言える。動宇宙は、時間の中で動いて行く。

静宇宙では、まだ、時間すらも生まれていない。それゆえに、それは時間の外にある。そうして、そこから時間(動き?)が生まれ、宇宙が生まれた。

静宇宙は、時間の外にあるので、今もそこにあると言える。そうして、この僕等の観賞意識あるいは、ウィットネスは、そこにいる。ウィットネスはブッダの別名。

そういう訳で、ウィットネスは時間の一部ではないという。

さらに、第八意識が、なぜ、第七の次にあるかというと、

静宇宙は、動宇宙の全てを含んでいるから。時間の(宇宙の)はじまりから、終りまで、全てを含んでいる。

第七が、宇宙全体と言っても、この瞬間の宇宙全体であるわけで、第七意識は、時間の一部である。

第八意識は、宇宙の空間的広がりと、時間的広がりを含むので、それゆえに、第七意識を超えている。

第八意識の視点から言うと、あるいは静宇宙の視点から言うと、宇宙はまだはじまっていないし、あるいは、全ては終っている。

あるいは、この動宇宙全体が夢だと、幻想だということが出来る。

実は今年になってから、第九意識というのが

数字の上で出るようになった。セッションの結果ではなくて、セッションとは無関係にやって来た質の番号で現れた。これは、ちゃんと自分で体験していない。

第八意識の意味が解ったら、第九意識の意味は予想ができる。むふふふふ。

スティルネスについてのメッセージが続く

エックハルト・トールのビデオで、「花の美しさを見ていると、その回りにある、スティルネスが解るでしょ?」という。参った。このスティルネスに気付いたのは、大昔の事だった。エックハルト・トールは、このスティルネスを花の協力を得て、外に見付け、そうしてそれを内側に見ていくガイドをする。

彼はスティルネスを「見る」ことに使っているが、これは、見るも、聞くも、触れるも、味わう事もできる。

彼は、「花はスティルネスを生きている」という。そうなのだ。

彼のビデオを見てから、オショウのビデオを見ると、いろいろと解りやすい。オショウはいろいろなトランスミッションをしている。少しは気付いているつもりだったけど、ずいぶんと気付いていなかったもんだ。多分、mだまだ気付いていない事がいっぱいあるはずだ。やれやれ。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

シーポヨ [プーナムちゃん、お帰り。「僕のディクシャ・ギバー」というのは、プーナムちゃんの事ですが、勝手に名前をだしてもって一応..]


月齢:日

2002年
7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Oh!Ah!Now!
せっちゃんの
シーポヨのしわざ
自由なバザール
クイックリリース
コピーレフトの
ヒーリング体系
シーポヨ絵なし日記
ヘンプ(大麻)のはなし
ヘンプ(大麻)の記事
シーポヨ絵百科事典
エオラノート
にさちゃんの
Lotus Paradise
ロータス パラダイス
チャネリング クリスタル
(売ってるよ)
せっちゃんの好きな
ハーティスト・カフェ
アーユルヴェーダ料理
あまらの日記
オショウ禅タロット
アーユルヴェーダ
ハーブと自然な製品の
印度サマサティ
パワーストーン占い



地球復興
木を植えるNGO
セブンアローズ

史上最強の
トータルサイト
O h ! A h ! N o w !

ちょっと おまぬけな
プラネット マガジン
うおんばっと

さみちゃの
そよかぜ日記
カフェDEアース



最新のコメント:
1.シーポヨ(07-18 04:36)
2.nadam(07-30 18:56)
3.saleem(07-15 04:46)
4.セトゥ(07-15 02:14)
5.saleem(07-15 02:03)
6.saleem(07-15 01:46)
7.saleem(07-15 01:38)
8.安寿(07-25 04:24)
9.びー娘(07-23 23:14)
10.シーポヨ(07-23 18:45)
11.美香(07-18 16:20)
12.純子(07-18 03:09)











地球は 懐かしい星


しばらく 離れていたから、良く分かるよ。

遠くから最後に見た地球は 何度も思い出した。
涙を流しながら 帰りたいと 思ったから、
たましいの深く深くに 刻み込まれている。

いつか帰れれるとおもって
ずっと ずっと 待ち続けたおもいで。

遠くはなれて、もう 見えなくなった 悲しい思い出。。。

ほかの 星でながいこと ながいことくらしていた。
時々 思い出した 最後に 見た地球。。。。。

地球を 愛してあげてね。。。 シーポヨの お願い。。。

日記の目次:

2005-07-14

Friends in Miyazaki ! Slow Cafe
第八意識は、スティルネス?
スティルネスについてのメッセージが続く

2004-07-14

saleem:ところでデジタルな自由な世界ってもうすぐ来るのかな〜?
実はサニヤシンは一般の人よりも共有を避ける傾向にある
自由の宣言

2003-07-14

プネーに来たのは14日
 あなたがあなたを愛しています。
2002年
7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2001|10|11|12|
2002|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|06|09|11|
2008|05|06|
Powered by Oh!Ah!Now!
Powered by Oh!Ah!Net!
アクセスアップ.ORG 一括登録 SEO等