シーポヨ絵なし日記・ときどき絵日記



覚えていますか?
初めてこの地球にたどり着いた時の事。

青く輝く地球に照らされて、
地上のどんなダイヤモンドよりも
美しく光輝いていた あなたの 姿を

Remember that you are beautiful.

You are the beauty.
You are the joy.
You are the creativity.
ロータス・パラダイス - 新しい存在の開花

ありがとう (はぁと)。
Google
 
Web Oh!Ah!Now!の中だけ探す

2001|10|11|12|
2002|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|06|09|11|
2008|05|06|

トップ «前の日(09-22) 最新 次の日(09-24)» 追記
RSS(目次情報)

Bookmark | Free Hugs | QR | Tech | map | tech | おすすめ | お天気日記 | ぼそ | アーユルヴェーダ | アシュラム | イベント | インド | ウェブ | オショウ | コチャン | コレガオンパーク | テク | デジカメ | ネットの道具 | ハート | ハーブ | バンコク | ビデオ | プーナ | ヘンプ | マグダラのマリア | リゾート | リンク | ヴィジョン | 宇宙 | 映画 | 音楽 | | 経済 | 健康 | 今日 | | 自叙伝 | 自由な世界 | 写真 | | | | 神秘 | 世界 | 生活 | 地球 | 停電 | 日記帖 | 日記帳 | 日本 | | 友達 | 予定 | 旅行 | 旅行記 | 料理 | 歴史


2002-09-23

もう、9時半だけど絵を描いてない

今日も描かずに終っちゃうかもね。(っていうと描きやすくなるかもね)

21日の絵を見ていて、どうして「動かない」って名前なのかな?って思ってた。
絵の真中の黒いところをじっと見てると、自分が動かなくなって来る。
しんとして 動かない。

えへへ。描いちゃった。

三枚かいちゃった。
今日のは 「無条件の愛」シリーズだった。

大根とアブラゲの炊いたのを作って 食べた。 ニサちゃんも大好き。
これをインドでするには、自分でアプラゲを作らなくっ茶ならないんだよね。
幸いなことに とうふは最近売っているので それを揚げて作るだけだけどさ。

ご飯を食べてお茶を飲んで、「じゃあ 今の気分」って絵を描いて、ペンドラムに聞いたら、「4:4:4」って言うんだよね。
「ハート:メンタル体:意識」なんだけどさ、チャートでは無条件の愛。

ペンドラムに聞く前に付けたメッセージは、
Love Forever
Stay Together

だから、「無条件の愛」:「愛をわかち合う、期待することなく」、「与えること、受け取ること」に重なるでしょう?

で、ペンドラムに回ってもらって しばらくその中にいたら、感じが変わったので、
室を調べたら、同じ質の超意識になっていた。

しばらく 良い気持でいてから、もう一枚かいた。結構 一生懸命描いちゃった。
質は 「4:4:5」無条件の愛の超意識

描いた後、もう これで終りかな?と思ってペンドラムに聞いたら、「もっと」って言うんじゃないの。。。。
「げ、もう疲れたよ」って思ったけど、続けたの。質は「4:4:6」無条件の愛の集合超意識。

絵は、強力だよ。
写真は明日 太陽の光で写すから アップは明日ね。
実は おとといの絵の写真もまだ。これは おとといの日記に載せる予定。

Love
Setu

P.S. 今、11時だから、一時間半の間に、ご飯を作って 食べて お茶をして 絵を描いたって事になるなあ。。。




[QR][] 無題

無題

2002-0923, No.2.
4:4:5

Love
Setu

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

あまら [らぶせとう ]

あまら [ふうんこんなことして遊んでるんやね      やっと見つけたよ       時々遊びにくるかも     始めてのメー..]

Addriene [Created the greatest arletcis, you have.]


2005-09-23

スティーブ・ジョブスの講和:「自分の人生を生きること」

アップルコンピュータ創立CEOのスティーブ・ジョブス氏のスタンフォード大学卒業祝賀スピーチというのを、Sheelの日記(mixiの会員のみ)からたどって読んだ。うん。いい。

なんとなく、似たようなのをやはりジョブスの言葉で以前読んだような気がする。ジョブスはインドを放浪した時期がある。放浪から帰って間もなく、アップルコンピュータを作った。上のスピーチを読んだらわかるけど、昔からスピリテュアルなひとである。

サニヤシンにマック使いが多いけど、これは、マックのデザインや操作性がスピリチュアルだからなのだ。ウィンドーズは非常にマインドを刺激して、「もっともっと」になってしまうのが、昔から好きでない。

昔からジョブスの事は好きで、追いかけていた。アップルを出て、NeXTを作った時には、これは感動物だった。コンピュータおたくはみんな欲しがったくらいだ。

今のマックOSXのベースになっているのが、このNeXTなのである。NeWSの見掛けをマックにして、マックの古いソフトも動くようにしたのが、MaxOSXなのである。まあ、そういう話は良い。

彼が、過去30年間、朝起きたら鏡を見て「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?」と質問するというのは、初めて聞いた話だ。

自分が死と隣り合わせにあることを忘れずに思うこと。これは私がこれまで人生を左右する重大な選択を迫られた時には常に、決断を下す最も大きな手掛かりとなってくれました。何故なら、ありとあらゆる物事はほとんど全て…外部からの期待の全て、己のプライドの全て、屈辱や挫折に対する恐怖の全て…こういったものは我々が死んだ瞬間に全て、きれいサッパリ消え去っていく以外ないものだからです。そして後に残されるのは本当に大事なことだけ。自分もいつかは死ぬ。そのことを思い起こせば自分が何か失ってしまうんじゃないかという思考の落とし穴は回避できるし、これは私の知る限り最善の防御策です。

君たちはもう素っ裸なんです。自分の心の赴くまま生きてならない理由など、何一つない。

これは、僕にも少しだけ覚えがある。何度か話した事があるけど、神戸の震災の5ヶ月前に神戸(芦屋)に引っ越した。後で思えばそうなんだけど、その頃から、「自分はもうすぐ死ぬかもしれない」という感じがすごくリアルにやって来た。

そこには何の恐怖もパニックもなくて、たんに静かな事実「私はもうすぐ死ぬ可能性が高くある」という感じがあった。それと一緒にいると、とても落ち着くのだ。だから、それはマインドのつくり出した事ではなくて、未来からの信号のようなものだと信頼できた。それは、「死ぬ」とは断定していなかった。

でも、それは自分が一本の細いパイプを通っていて、しばらく先でパイプが消滅している、といった感じだった。単に線が切れてなくなる可能性がある。周辺の事はなんにもわからない。どういう理由で死ぬのかもわからない。病気なのか事故なのかもわからない。何はともあれ、すごく真摯(しんし)な感じでそこにあった。どれは僕に取って非常に重要な事で、それは本当だと分かっていた。理由も分からずに。

それで、それから「もし僕がもうすぐ死ぬとしたら、どれを選ぶか?」というのが基本的な姿勢になった。その問いの答えは非常に論理的ではない。非常にばかげている。マインドはまったく賛成できないことを言う。でも、「もうすぐ死ぬかもしれない」ことをマインドも同意しているので、反対しない。

「OK。もうすぐ死ぬんだから、したいようにやって御覧。サポートはするよ。それに、もうすぐ死ぬんなら、危険を避けようとしても無駄だ。全ての危険は、死ぬことを避けることにあるのだから」とマインドも納得する。

そうしたら、それからの人生が遊園地に、アミューズメント・パークになった。後悔しないように選ぶ。死ぬときに「ああしたら良かった」とは思いたくない。もう時間はないのだ。5年先は確実にない可能性があり、たぶん1年もないというのが分かった。

何が一番後悔するだろう?と思った。何をしなかったら、もう一度生まれてきたいと思うだろう?と質問した。答えは単純だった。自分が少しでも愛を感じている人に愛を伝えなかったら、もう一度帰ってきて、それを伝えたくなるだろうと、思った。

たぶん、これは僕が何度も何度も生まれ変わってきた一番の理由かもしれない。愛を伝えなかったことは後悔になる。受け取ってもらう必要もない、「もし、愛が必要な事があったら、僕があなたを愛していることを思い出してほしい。」っていうメッセージだった。

それで、愛を感じたら、ハートに愛が起きたら、それは表現した。当時は仕事上、日本を旅していたんだけど、各地に恋人が出来てしまった。幸せだった。どこに行こうとも、自分は愛でいられるのだ。これはたまたま、失恋をした直後で、一緒に暮らしているパートナーと言うべき存在がなかった事も幸いした。(幸いした????)

いろんな事も沢山起きた。それまでなら、すこしすくんで選ばなかった事も選んだ。

選んでみると、それは自分が予想したのとは違って、簡単に事が進むことが分かった。マインド(思考)は未来の事を知っているかのように語るけど、実際にはそれが予想するような障害は起きない。むしろ、それが良そうだにしなかった事が起きて、物事はとんとん拍子に進む。案ずるより生むが安し。

そうして、全てがとんとん拍子に進んでいるあるとき、僕は名古屋にいて、神戸に帰って神戸の友人と遊びたがっていた。それまでは、自分が本当に望んでいることを選ぶと、存在の全てがそれをサポートするように動いていたのだけど、それが違った。

一方では、名古屋にもうしばらく滞在することが引っ張り、もう一方では、九州に行くことが引っ張っていた。九州には引っ越すところが決まっていて、そこでは早く来るように要請していた。

名古屋の熱田神宮に行った事がなかったので、そこを尋ねてみた。そうして、16日の朝まで名古屋にいることに決めた。実は、16日の朝までに(つまり15日の夜までに)なんとか九州にこれないかっていう要請もあった。

16日の朝早く、地震があった。名古屋でもちょっとした地震だった。

それから、突然「もうすぐ死ぬかもしれない」という感じが消えてしまった。その感じは懐かしい。もっと一緒にいて欲しかった。

それから、ジョブスのように、その質問を自分にすることはほとんどなくなった。それでも、マインドの反対を無視して、直観を選ぶことが多い。直観に従った方が、マインドの予想に反して、ものごとがうまく進んで、自分も満足することを、おそるおそる知っている。

だから、僕も自信を持っては進められないけど、(あはは)、君達もちょっとは試してみた方が良いよ。ジョブスは正しい、「今日死ぬとしたら」というとマインドは静かになる。マインドは、未来へ向かって進むために動いているらしい。マインドは後悔したくないのだ。マインドに取って、後悔することこそが地獄なのだ。

ジョブスの言葉の「原文」と「オーディオ」へのリンク

英語の原文がここにあります。2005年6月12日の発言だそうです。

これがスタンフォード大学のニュースページ。ジョブスの写真が載ってます。

これが、Wired紙のニュース(英語)。

ここにオーディオが置いてある様子。サーバが忙しい様子。継らないので、30扮後にトライしたら継りました。今ダウンロード中です。16.6MBのMP3。聞いちゃいました。うふふ。まあ、内容がスピリチュアルだよなあ。

リンクした翻訳とは違うかもなあって部分がある。翻訳では「心」となっているのは、ジョブスは「ハート」と言っている。英語と日本語を並べておいて、対訳表示しちゃおうかな?そうして、僕ごのみの訳にしなおしたい気もするが、まあ、いいか。

これが、ホールアース・カタログの裏表紙の写真

ちょっと最後の盛り上がりの部分を翻訳し直してみるね。

Your time is limited, so don't waste it living someone else's life. Don't be trapped by dogma - which is living with the results of other people's thinking. Don't let the noise of other's opinions drown out your own inner voice. And most important, have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become. Everything else is secondary.

君達の時間は限られている。だから、他の誰かの人生を生きることで、それを無駄にしないで欲しい。教義の罠にはまってはならない。それは他の人々の考えた結果によって生きる事だ。他人の意見の雑音に、あなた自身の内なる声をかき消させてはならない。そうして、もっとも重要な事、自分のハートと直観にしたがう勇気を持つこと。それらは、何故か、あなたが本当になりたい何かを既に知っているんだ。他の全ては、二番目の事だ。

-- 以下は、紹介したサイトの訳(ちょっとパワーが落ちてるでしょ?):

君たちの時間は限られている。だから自分以外の他の誰かの人生を生きて無駄にする暇なんかない。ドグマという罠に、絡め取られてはいけない。それは他の人たちの考え方が生んだ結果とともに生きていくということだからね。その他大勢の意見の雑音に自分の内なる声、心、直感を掻き消されないことです。自分の内なる声、心、直感というのは、どうしたわけか君が本当になりたいことが何か、もうとっくの昔に知っているんだ。だからそれ以外のことは全て、二の次でいい。

スポンテニティが生きる

自分(マインド)が生きているのか、スポンテニティ(内発性:ブッダ、空、存在)が生きているのかはっきりしてほしい。マインドが邪魔をしなければ、自動的にそれが生きはじめるはずなのだ。一生、マインドが生きているのを見守って終わりにするつもりなのか。

ジョブスのスピーチのワイヤード・ニュース

ああ、これは6月のワイヤード・ニュースに載っていたんだね。だから読んだ覚えがあったんだ。短いニュースだったので、軽くしか読んでいなかった。このときにスピーチの全文を聞くことが出来たら良かったのに。でも、今聞くことができた。良かった。

(ついでに上のワイヤードの英語ページのリンク切れも直しておきました)

本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]

うきは [ものすごく、なんつうか、響いたです。 そしたらぜんぶ許せそうだ、自分自身も、誰のことも 納得いかなかったこともぜ..]

ruu [これって、今日RUUが考えてた事とすごくシンクロしてる。 不思議だなぁ。さっき、私も帰り道、車の中で考えてた事だよ..]

セトゥ [>>ruu シンクロだー。シンクロの影にオショウあり。 >>うきは うふふふふ。もう、オショウに身を任せる..]

Sheel [Setuの訳の方が、いいですね♪]

ガヤトリ [-- 以下は、紹介したサイトの訳(ちょっとパワーが落ちてるでしょ?): うん、落ちてる! セトゥの訳のほうが..]

Diana [This shows real expertise. Thanks for the aenswr.]


月齢:日

2002年
9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

Oh!Ah!Now!
せっちゃんの
シーポヨのしわざ
自由なバザール
クイックリリース
コピーレフトの
ヒーリング体系
シーポヨ絵なし日記
ヘンプ(大麻)のはなし
ヘンプ(大麻)の記事
シーポヨ絵百科事典
エオラノート
にさちゃんの
Lotus Paradise
ロータス パラダイス
チャネリング クリスタル
(売ってるよ)
せっちゃんの好きな
ハーティスト・カフェ
アーユルヴェーダ料理
あまらの日記
オショウ禅タロット
アーユルヴェーダ
ハーブと自然な製品の
印度サマサティ
パワーストーン占い



地球復興
木を植えるNGO
セブンアローズ

史上最強の
トータルサイト
O h ! A h ! N o w !

ちょっと おまぬけな
プラネット マガジン
うおんばっと

さみちゃの
そよかぜ日記
カフェDEアース



最新のコメント:
1.Addriene(08-05 15:24)
2.Diana(04-26 20:32)
3.ガヤトリ(09-27 23:45)
4.Sheel(09-24 10:28)
5.セトゥ(09-24 02:17)
6.ruu(09-23 20:04)
7.うきは(09-23 17:27)
8.あまら(09-26 03:53)
9.あまら(09-26 03:20)











地球は 懐かしい星


しばらく 離れていたから、良く分かるよ。

遠くから最後に見た地球は 何度も思い出した。
涙を流しながら 帰りたいと 思ったから、
たましいの深く深くに 刻み込まれている。

いつか帰れれるとおもって
ずっと ずっと 待ち続けたおもいで。

遠くはなれて、もう 見えなくなった 悲しい思い出。。。

ほかの 星でながいこと ながいことくらしていた。
時々 思い出した 最後に 見た地球。。。。。

地球を 愛してあげてね。。。 シーポヨの お願い。。。

日記の目次:

2005-09-23

スティーブ・ジョブスの講和:「自分の人生を生きること」
ジョブスの言葉の「原文」と「オーディオ」へのリンク
スポンテニティが生きる
ジョブスのスピーチのワイヤード・ニュース

2002-09-23

もう、9時半だけど絵を描いてない
えへへ。描いちゃった。
無題
 あなたがあなたを愛しています。
2002年
9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
2001|10|11|12|
2002|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|06|09|11|
2008|05|06|
Powered by Oh!Ah!Now!
Powered by Oh!Ah!Net!
アクセスアップ.ORG 一括登録 SEO等