シーポヨ絵なし日記・ときどき絵日記



覚えていますか?
初めてこの地球にたどり着いた時の事。

青く輝く地球に照らされて、
地上のどんなダイヤモンドよりも
美しく光輝いていた あなたの 姿を

Remember that you are beautiful.

You are the beauty.
You are the joy.
You are the creativity.
ロータス・パラダイス - 新しい存在の開花

ありがとう (はぁと)。
Google
 
Web Oh!Ah!Now!の中だけ探す

2001|10|11|12|
2002|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|06|09|11|
2008|05|06|

トップ «前の日(11-22) 最新 次の日(11-24)» 追記
RSS(目次情報)

Bookmark | Free Hugs | QR | Tech | map | tech | おすすめ | お天気日記 | ぼそ | アーユルヴェーダ | アシュラム | イベント | インド | ウェブ | オショウ | コチャン | コレガオンパーク | テク | デジカメ | ネットの道具 | ハート | ハーブ | バンコク | ビデオ | プーナ | ヘンプ | マグダラのマリア | リゾート | リンク | ヴィジョン | 宇宙 | 映画 | 音楽 | | 経済 | 健康 | 今日 | | 自叙伝 | 自由な世界 | 写真 | | | | 神秘 | 世界 | 生活 | 地球 | 停電 | 日記帖 | 日記帳 | 日本 | | 友達 | 予定 | 旅行 | 旅行記 | 料理 | 歴史


2001-11-23 近所の南インド料理の安いレストラン

近所にあった評判の悪いレストランが最近混んでいるのだ。

おいしくなくって最悪って話を数ヵ月前に聞いていたし、いつ見てもガラガラだし。。。。見掛けはちょっと散歩の休憩に使えそうに見えるんだけど、チャイすら最悪って話なので、使っていなかった。。。
最近、混んでいるので「おいしくなったんじゃない?」って話をしていたんだが、じつは すごく おいしかった。そうして、すごく安かった。。。
ローカルな話で申し訳ないが、「マドゥバン」より安くって、負けないくらいの味だった。。。今日食べたのは「マサラドーサ」だけどね。。。

だた、おいしくて安い店はたくさんあるんだけど、「こぎれいな」ところと言うと、少ない。もちろん 高くて おいしくて きれいな ところは 山の用にあるよ。
でも、うちも 節約 節約 に なって来たから、そこに「やすくて」が 付く必要があるってわけ。。。

名前は、キャラバン(Carvan?)といって、インドのマハラシュトラのプーナ市コレガオンパークのミラナガールにあります。。。(ああ、長い説明)。。。ミラナガールの真中の道沿いにあるから すぐ分かるでしょう。。。

昔は ミラナガールって 砂漠みたいだったのに、もう木が大きくなって 森の中になっているね。。。。昔って 10年くらい前の話。。。。このあたりは、地下水の水位が低いんだよね。。。数メートルから10メートルくらい。。。乾期でも数メートルの違いしかないと思う。。。だから、木が大きく育つんだね。。。表面はからからだし、10月から5月までは ほとんど雨が降らないんだけど。。。。

ちなみに、キャラバンのチャイは5ルピー。マサラドーサが15ルピー。安くてすいません。。。5ルピーは、15円て所かな?

定食とも呼んで言い「ターリー」は35ルピー。「スペシャル ターリー」は50ルピー。安いね。。。

カレーの一さらは、30から40ルピーだった。こんど、食べてみるかもしれない。。。

今日 作ったのは、スパゲティ。

MGロードの近くのベジタブル マーケットの外れに、パニール(生のチーズ)を 作って売ってるお店を見付けて、買って来たの。そこは、もうパニールが 山の用においてあって、人がいっぱい集まっている。そのパニールをいれてトマトソースを作ったら おいしかった。。。いやー、おいしかった。。。

ぼくの ガールフレンドはスペイン人だけど、イタリアに長く住んでいたこともあるの。。。その彼女はぼくの作ったパスタのファンなのだけど、今日のは最高だったね。。。

最近は毎日散歩する。。。。

今日は少し遠くまであるて、大きなガジュマルの木の所までいってきた。。大きな川の ムラ・ナタ川の川岸の丘の上に 力強く立っている。。。

この辺には ガジュマルの木がたくさんあるんだけど、ガジュマルって言うのは、枝から根をぶら下げて来て、地面にたどり着くと、根が太くなって行って、立派な幹になる。。。だから、幹が何ボンもある 大きな一つの木って事になる。だから 横に大きく広がっている。。。

ムラナタ川も川岸が広いから、なにか風景が大きい。。。川岸の丘は、川から30メートルくらい高いから、たくさんの鳥が目の下を、群れになって飛んでいるってわけ。。。今日は、鶴みたいなのが、すごくたくさん 群れになって飛んでいた。。。なんか、アフリカの風景みたい。。。あはは。。。

このコレガオンパークは、森のなかに豪邸が立っていたり、その外れには高級なマンションや、中級のマンションが立っているので、車がたくさん走っている。。。でも、5分あるくと、いやーーーー。。。広大な風景。。。最近までは、豪邸のある2キロ四方を、東に抜けると、そこは畑や森がひろがっていたんだよね。。

いまは その畑や森が、マンション郡になっていって広がっているってわけ。。。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

Cherry [What a pluraese to meet someone who thinks so clearly]


2003-11-23

リスさんの巣立ち?

ニサーグが、「スクエラルズ アー ゴーン(リスさん達、行っちゃった)」ってボソっと言ったの。そういえばこの数日姿を見ない。もう、結構、少年少女くらいになったから、巣立ったのかもしんない。ちょっと前までは、窓のふちにうずくまって、外の世界を見てたのにね。ここは、3階なので、子どものリスさんには怖くて璧を降りて行けない高さなんだよね。まあ、そのぶん、危険から離れてるんだけども。

そっかあ、リスさん、璧を降りて行ったのかあって、下を見たけど姿は見えないので、みんなでもっと木のいっぱいある所に引っ越ししたのかも知んないなあ。巣を「ハロー」って押してみたけど、動く気配がないので、巣はからっぽみたい。夜になったら帰って来ないかな?

フィリップ・カーン・ディック

のファンなのボクって。知ってる? この現実世界のもろさを小説にしたのが沢山ある。こに英語だけど記事があって、12月に Playcheck って映画が来るらしい。インドも同時公開だったらいいのにな。まあ、裏のヴィデオCDがすぐに出回るかもね。

見たら、マイノリティ・レポート(2002年)ってディックの原作だったんだね。今日探してみようかな? なんだか、映画中毒になって来ている感じ。

フレード・ランナー(1982年)はみんな知ってるよね。あ、アマラと一緒に見たのを憶えている。ヴィデオを借りてだれかの家で見たんだよね。だれの家だったかな?

トータルリコール(1990年)もみんな知ってるよね? シュワルツネッガーが火星に行ったりするやつ。

知らなかったら、Screamers (1996) とか、Impostor (2002) とかって出来てるんだね。借りるのが三本もできた。嬉しいなあ。

マイノリティ・レポートを借りて来たぞ

ここに日本語の紹介サイトがあるね。どうも日本では去年の12月にあった様子。

マイノリティ・レポート

英語で見てるので、話の半分しか分らない。この手のアメリカの映画の英語って最高に聞き取れないんだよね。ニサーグも「ねえ、どうして、こうなの?」って聞き取れないくて難度もボクに聞くくらいだから、ボクが聞き取れなくっても良いよね。ニサーグはスペイン人なの。

でも、おもしろい映画だよ。未来を知っていたら、撰択はボクらの手のうちにあるんだよね。世界のモデルを作る遊びをしているので、見に来てみる?

これはさ、なんとなくのカンなんだけどね、このウイットネスって、「未来っていうか果てしのない先に居るの」、で、「反対の端に、ソースがあるの。おおもと」。

この宇宙は、「おおもと」から「ウィットネス」へ繋がる途中の経過なの。ボクらのウィットネスは、存在の究極の果てにあるのね。そこから見ている。だから、「ウィットネス」が未来にない宇宙は、存在できないのね。目撃される存在って言うかさ。

まあ、ウィットネスが究極の果てにある回答はどのくらいあるのかね? まあ、一つしかないとしても、そこにいたる分岐は幾つもあるかもね。仮に間違っても、自動的に正しく復帰せざるを得ないって言うかさ。

これを、究極の恋愛物語に感じるんだよね。

「存在の元」と「究極の存在であるウィットネス」の恋愛。これを、「宇宙の源 - 愛」と「宇宙の種子 - 目撃」の恋愛エナジー。時間軸上ではこの恋人達は出逢うことはないんだけど、この恋人達はいつでも一緒。離れることのない。

だから、出逢うべきものたちが出逢ったときには、恋愛のエナジーが起きるのかな? うふふ。

Love

Setu


2004-11-23

[インド] サラスヴァーグとパルヴァティ寺院(ペシュワ公園)

昨日は「もんもん」として気分だったので、どっか新しい所に行きたいっ!って気分で、パルヴァーティ・ヒルに行こうっ!って言ったら、「私はそんなとこに行かないわよ」ってニサちゃんにつれないお返事。

「一人じゃ行きたくないもん!」って言っても聞いてくれず「私は、今日はもんもんとしていて、そんな気分じゃないのよっ!」って言うので、「しめた!」。

もんもんとして気分は僕も一緒できっとそこに行ったらすっきり元気になるよぉって、セールスマンになって、小高い丘の上に昇ったら、プーナがまるごと見えるし、空は広いし、すっきりだよぉ! それに、パルバティの丘の隣のガーネッシュの寺院のがーねちゃんはきょうりょくだよぉーーーー。

ということで、一緒に行って来た。前回、サラスヴァーグに行った時はやっぱり同じ感じで、僕だけ一人で行って来て、これが元気るんるんって帰って来たのだった。

それで二人で行って、到着して丘を登りはじめるまでニサちゃんの機嫌は崩れ目で地雷を踏まないように気を使いました。(数度地雷は踏んだんだけど、慌てて手で押さえて(爆笑)、大爆発は間逃れました)。

丘を登るのはこれが大変、石の段と坂を登ってこれが良い運動で上についたら二人してすっきり。途中からプーナの全景が見えはじめそれも綺麗。

上について、スッゴーイって見ちゃったよ。丘の高さは下から70メートルらしくそんなに高くないんだけど、他に高いものもないプーナがほとんど全部下にみえるぅぅぅぅぅ。

(ここで一旦休憩)


2005-11-23

今生、最後のランチ

ニサちゃんが、バード・フル(日本じゃ鳥インフルエンザって言うのかもなあ)の最近の事情を知って恐がっているのをちゃかして、歯医者さんの帰りにコーヒーを飲みに寄ったル・メルディアンのラウンジで、ボクは

「I want to have a Kashimili Nam for my last lanch(ボクはカシミリ・ナンをボクの最後の昼ごはんに食べたいよ」って言った。

ちょっと前の日記に書いたが、カシミリナンは、炭のかまど(タンドール)で焼いた、焼きたての薄いインドパンの上にストロベリー・ジャムをぬってフルーツ、ドライフルーツやパニール:フレッシュ・チーズを乗せた物なのだ。これはコーヒーハウスで昔から食べている。

食べているときには、なぜか「世界で一番美味しいたべもの」だという思いが(なぜか)心をよぎる。

決してそう思っている訳ではないのだが、食べている時や、「食べたいなあ」と思うときには、なぜかそう言う思いが心をよぎるのである。

冗談で「ボクはカシミリ・ナンをボクの最後の昼ごはんに食べたいよ」って言ったのだが、言ってみると、つい本当に思った。

それで、「これが最後のランチだとしたら、何が食べたい?」って自分に聞いてみたら、やはり答えは「カシミリ・ナン」だった。

それで「えーーー。これから、あそこまで行きたくないよ」っていうニサちゃんに、「どうしても行く」って言って、結局、「じゃあ、私はいきたくないから、一人で行ってね」ということになった。まあ、そう言ったらボクがあきらめると思ったのだろうが。

でも、リキシャに乗るときにも「ボクはコーヒーハウスに行くから、じゃあね」っていうので、「えー」って感じなので、「じゃあ、ラーマ・クリシュナ(レストラン)でも良いよ。多分、カシミリナンがあるから」って言ったら、「ラーマ・クリシュナなら行く」ってお返事で、一緒にめでたくランチに向かった。

でも、メニューを開いて「タンドール:焼き物?」の所をみても、各種のナンはあるけど、カシミリナンはない。しくしく。

それで半分冗談で「If I die today, I need to come back for next life to have a Kashimili Nan.(もしボクが今日死んだら、カシミリ・ナンを食べに、次の生を戻ってこないとならないよ)」って言ってみた。

何度か、言ってみた。そうしたら、叔父さんの事を思い出した。その話をニサちゃんにした。

「ボクのおじさんの一人は、ずいぶん前に癌で死んだんだよ。

彼はね、もう最後だなと自覚した時に、病院を抜け出して、大好きだったある美味しい刺身を食べるために、北海道の札幌から九州の博多まで、飛行機で飛んだんだよ。」

ニサちゃんは、エーばっかみたいって顔をするので、物語りをボクは始めちゃった。

「ボクの母親はその病院の看護婦の婦長をしていて、彼女は叔父さんが抜け出すのに気がついて、後を付けつつ、叔父さんの奥さん、叔母さんに連絡した。

二人はおじさんの邪魔をしないことにして、でも何事かあったら助けることが出来るように後を気がつかれないように付いていくことにした。彼女らは、叔父さんには時間があまり残っていないのを知っていたんだよね。

そうして、ボクのお母さんと叔母さんは叔父さんに気がつかれないように、後を付けて、そうしてタクシーを追いかけて飛行場まで行って、そうして彼がチェックインしたのと同じ飛行機のチケットを買って、みつからないように隠れながら、博多までいったんだ。

そうして、またタクシーの後を付けると、彼は、河豚(ふぐ)って言う美味しいおさしみの、すごく美味しい料理を食べさせてくれる彼の好きだった名前の知れた料理屋に入った。

彼は建物の三階にいかなくちゃならなかったんだけど、衰弱している叔父さんは、階段を登ることができなかった。仕方なしに、叔母さんとボクの母は姿を現して、二人でかついだりおぶったりしながら、三階まで連れていったんだよ。

この話はいつも叔父さんの思いで話をするときにはして、みんなで笑うんだ」

そう言った所で、ニサちゃんの目に涙がいっぱいになって、そうしてボクも涙で一杯になって、ぽろぽろ出ちゃった。

----

そうして、それからしばらくして、思ってみた。

「本当に、今死んだら、ボクはカシミリナンを食べるためだけに、もう一度、生まれてこようと思うかもしれないなあ」。。。。

それは、なぜが本当に、そんな感じがした。

「もしかしたら、ボクは、以前、死ぬときに - カシミリナンを食べたいなあ - って思いながら死んだんじゃないだろうか?」

例えば、誰か、多分、ボクにとって特別な人が「好物のカシミリナンを作って来るからね」って言って、そうしてそれを食べる前に、死んだんじゃないだろうか?って思った。

----

この文章を書きはじめた時には、本当は、この文章を、

「だから、もし、ボクが明日、カシミリナンを食べる前に死んだら、多分、カリミリナンを食べるためだけに戻ってくるかもしれないです」

って書いて終えるつもりだった。

でも、今はちょっと違う

「なんとなく、あのカシミリナンは、あきらめられそうな気がします」

って書いて終えることができそうだ。そう思った。

でも、やはり、そう書きながら、別な事を思ってしまった。

でもそれが、ただのカシミリナンじゃなくて、ボクの大切な誰かが「ランチには、何を食べたい?」と聞いたとして、それにボクが「カシミリナン」と答えたとして、そうして、その人が戻ってくる前に死んでしまったとする。

もし、そうだとしたら、もし、そうだとしたら、多分、その人の気持ちを受け取るためだけに、戻ってくるかもしれないなあと、思っている。

そうして、そう書きはじめたら、涙でグジュジュになってしまいましたよ、お父さん。多分、別の時代、別の肉体の上で起きた、それは、本当の話だったのかもしれません。

オショウの話をつい思い出したので、そう思ったのだ。

ほとんど光明を得た人でも、死ぬときにはそのまま消え去ってしまわずに、もう一度、戻ってくる。それは、約束を果たすためにだ。借りを返すためだけに、輪を閉じるためだけに帰ってくる。

そう書きながら「ああ、オショウはなんだか解からないけど、約束をはたしてくれたんだなあ」って思って「ありがとう」って思ってる。それはなんだっただろう。少なくとも彼は偶然を使ってボクを呼んでくれた。それだけで、もう、必要以上に十分だ。それだけで、ボクの今生はやりのこした事がない。

もちろん、次の生に戻ってくる理由は山のようにあるが。

オショウが、これだけ沢山人を集めたのも、そうして、光明を得るのに沢山の生を使って、沢山の道をたどってみて、そうして、大きな柱になったのも、彼が閉じたいと願っている輪が、それだけ沢山あったからなのかもしれない。

----

最近、ニサちゃんに一連のヒーリングセッションをしている。というか、やっと彼女の思い腰をあげて、クイックリリースを自分で自分にしてみることを彼女がやりはじめている。

今までは、「うん。今度は、覚えて自分でするから、今回はセッションしてよ」っていうお願いに従ってきたのだが。それで、今回は、まったく単純な、最も単純なクイックリリースのやりかたで、やってもらって、そうしてうまくいっている。

絵を描いて、そのうえで、「この絵の感じを自由に表現させてあげます」って言って、ペンドラムが動くままに許している。しばらくして、感じが変わったら、もう一枚、その時の感じで絵を描いて、そうして少しだけ、ペンドラムをその上で動かして、そうして終り。

これだと、5分とか15分とかで終る。そうしてそれなりの効果がある。マインドに行ってしまうエナジーがペンドラムでリリースされるので、マインドが何かをする必要がない。僕等は、いつのまにか、マインドを経由しないと表現をすることが困難になっている。そうして、マインドは、表現をねじ曲げて表現してしまう。本来の表現が起きずに終ってしまうので、なんど表現しても表現しきることがない。大笑い。

そうしてある一連のリリースが起きているのだけど、ふと昨日か一昨日か思った。ああ、これにはボクも遠回りで関係しているみたいだなあ。これをリリースする協力をするまでは、何度でも戻ってくるからねって、ボクは思ったような気がする。

そうして、そういう風に思った人たちの数は、もしかしたら、沢山いるかもしれないなあ。それはボクと同じような傷を負った人達なのかも知れないなあ。僕等は、ある種の一族だったのかもしれない。

Have a happy lunch

良い昼食を

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

アキラ [>そうして、マインドは、表現をねじ曲げて表現してしまう。本来の表現が起きずに終ってしまうので、なんど表現しても表現し..]

amara [最近 いい 話にしか 出会わないなぁ。。。]


2006-11-23

[コチャン][旅行記][予定] 17日目。出発の日。バンコクへ移動。

朝10時半の船で島を出る予定。宿からピア(舟着き場)までは30分以上かかるし、乗り合いタクシーはいつでも走っている訳ではなくて、9時から9時半、10時から10時半というタイミングで走るらしいので、宿は9時頃に出て広い通りで乗り合いタクシーを末必要がある。

バスは対岸の大陸側の舟着き場から12時半に出る予定。1時間くらい待つことになるけど、船は普通遅れて出発して遅れて着く。バスは直前の船が来るのを待ってくれるから問題はないだろうが。

バンコクには7時頃に到着の予定で、トゥイのゲストハウスの部屋は予約してある。

[コチャン][旅行記] 17日目。バンコクへ移動

予定通り問題なく進んだ。9時に宿のお兄ちゃんの運転する来るまで宿を出て大通りで乗り合いタクシーを待ち始めるとすぐに来た。すぐって、バックパックを椅子に置いたらタクシーが止まった。

車も早かったし、来るときに60バーツといわれた料金も50バーツだし。

実は前回はタクシーを30分以上待ったし、タクシーがのろのろ走るし、挙げ句の果てに最後の町でお客をいっぱいにするのに待つし、はらはらしながらピアに向かった。でも、10時半の船には間に合ったんだけどね。

今回は9時35分にはピアに着いて、9時30分の船が出る直前で乗れた。大陸側には10時10分くらいに到着して2時間くらいバスを待つことになったけど、僕等と同じバスの人々が沢山同じ船で着ていた。

最初、バスを何度も止めたり、ゆっくり走りながらメカニックの人が何かの配線のチェックか修理をしている。走るのに問題のある部分では内容だけど。

1時間ほどで普通の走行に戻った。映画を流さない所をみると、ビデオの関係の配線がおかしかったのかな?

その遅れのせいか、休憩の停車はなく、6時半頃にバンコクに到着。12時の出発の前に軽く食べておいたし、スナックがひと袋あったし、水は十分にあったので、問題はなかったけど、少しのびのびとする休憩が欲しかったですが、30分遅れで着くのとどっちが良いかというと分からないな。

到着は、カオサンの近くの広いとおり。裏通りにそこから向かおうとする途中ですぐにメーターで行ってくれるタクシーを確保。メーターだと基本料金で35バーツだよ。トゥクトゥクだと最低でも50バーツとか言うし、交渉に成功したことないし。タクシー万歳。

宿に付くとトゥイがロビーに座っていた。ちょっと痩せていて、弟さん?って感じに雰囲気が違うの。ちょっと若く見えるし。半年前にあったんだよな。

実はコチャンに向かう前に宿代を払おうとしたら、値上げ前の料金で請求書を書いてくれた。「600バーツって言ったけど、前の500バーツでいいよ」ありがとう。それって二割引じゃん。

実はコチャンのバンガローも1割引してくれた。ありがとう。

にさちゃんが「お腹空いたよー」というので、休憩することもなく、近所の美味しいベジタリアン・レストランに移動。ここの料理はホッとします。

食べて宿に帰ってシャワーを浴びたらそのままベッドで寝てしまった。島の時のような生活。9時すぎには寝た。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

Odgwczhl [, <a href="">&#12458;&#12531;&#12521;&#12452;&#12531;&#124..]

Irrnhohg [How does a dog with you our key advantage here is the harb..]

Gbddjyuz [Spanish wolves are threatened by Russian power and wealth ..]

Christina [jodie. i have come back to look at this set of photos i do..]


月齢:日

2002年
11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Oh!Ah!Now!
せっちゃんの
シーポヨのしわざ
自由なバザール
クイックリリース
コピーレフトの
ヒーリング体系
シーポヨ絵なし日記
ヘンプ(大麻)のはなし
ヘンプ(大麻)の記事
シーポヨ絵百科事典
エオラノート
にさちゃんの
Lotus Paradise
ロータス パラダイス
チャネリング クリスタル
(売ってるよ)
せっちゃんの好きな
ハーティスト・カフェ
アーユルヴェーダ料理
あまらの日記
オショウ禅タロット
アーユルヴェーダ
ハーブと自然な製品の
印度サマサティ
パワーストーン占い



地球復興
木を植えるNGO
セブンアローズ

史上最強の
トータルサイト
O h ! A h ! N o w !

ちょっと おまぬけな
プラネット マガジン
うおんばっと

さみちゃの
そよかぜ日記
カフェDEアース



最新のコメント:
1.Cherry(06-26 10:29)
2.Christina(05-15 05:58)
3.Gbddjyuz(04-26 17:51)
4.Irrnhohg(04-25 21:43)
5.Odgwczhl(04-15 17:08)
6.amara(08-15 09:26)
7.アキラ(11-24 12:58)











地球は 懐かしい星


しばらく 離れていたから、良く分かるよ。

遠くから最後に見た地球は 何度も思い出した。
涙を流しながら 帰りたいと 思ったから、
たましいの深く深くに 刻み込まれている。

いつか帰れれるとおもって
ずっと ずっと 待ち続けたおもいで。

遠くはなれて、もう 見えなくなった 悲しい思い出。。。

ほかの 星でながいこと ながいことくらしていた。
時々 思い出した 最後に 見た地球。。。。。

地球を 愛してあげてね。。。 シーポヨの お願い。。。

日記の目次:

2006-11-23

17日目。出発の日。バンコクへ移動。

2005-11-23

今生、最後のランチ

2004-11-23

サラスヴァーグとパルヴァティ寺院(ペシュワ公園)

2003-11-23

リスさんの巣立ち?
フィリップ・カーン・ディック
マイノリティ・レポートを借りて来たぞ
マイノリティ・レポート
これを、究極の恋愛物語に感じるんだよね。

2001-11-23

近所にあった評判の悪いレストランが最近混んでいるのだ。
今日 作ったのは、スパゲティ。
最近は毎日散歩する。。。。
 あなたがあなたを愛しています。
2002年
11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2001|10|11|12|
2002|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|06|09|11|
2008|05|06|
Powered by Oh!Ah!Now!
Powered by Oh!Ah!Net!
アクセスアップ.ORG 一括登録 SEO等