シーポヨ絵なし日記・ときどき絵日記



覚えていますか?
初めてこの地球にたどり着いた時の事。

青く輝く地球に照らされて、
地上のどんなダイヤモンドよりも
美しく光輝いていた あなたの 姿を

Remember that you are beautiful.

You are the beauty.
You are the joy.
You are the creativity.
ロータス・パラダイス - 新しい存在の開花

ありがとう (はぁと)。
Google
 
Web Oh!Ah!Now!の中だけ探す

2001|10|11|12|
2002|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|06|09|11|
2008|05|06|

トップ «前の日(11-23) 最新 次の日(11-25)» 追記
RSS(目次情報)

Bookmark | Free Hugs | QR | Tech | map | tech | おすすめ | お天気日記 | ぼそ | アーユルヴェーダ | アシュラム | イベント | インド | ウェブ | オショウ | コチャン | コレガオンパーク | テク | デジカメ | ネットの道具 | ハート | ハーブ | バンコク | ビデオ | プーナ | ヘンプ | マグダラのマリア | リゾート | リンク | ヴィジョン | 宇宙 | 映画 | 音楽 | | 経済 | 健康 | 今日 | | 自叙伝 | 自由な世界 | 写真 | | | | 神秘 | 世界 | 生活 | 地球 | 停電 | 日記帖 | 日記帳 | 日本 | | 友達 | 予定 | 旅行 | 旅行記 | 料理 | 歴史


2001-11-24 今日はサニヤス

今日は、土曜日。サニヤスの日。。。

今日は一日おやすみを、アシュラムで過ごして来ます。。。

新しいブッダホールのオープンは、4月以降に延びたらしい。。。まだまだ、工事が続いています。。。

今のアシュラムの入場料は150ルピーで、そのなかにはブッダホールの瞑想の参加費も含まれているね。これが300ルピーに値上がりするって噂があって、焦っていたけど、ほぼ確かな筋の情報では そんな話は公式には何も聞いていない。聞かないわけがないので、根も葉もない噂に過ぎないでしょうってことです。みなさま ご安心を。。

これから コーヒーをいれて、ニサーグのベッドに持って行かないと起きてもらえないの。。。あはは。。。それからアシュラムに行って来ます。。。

チャネリングのジョティ と プラーナヒーリングの チドビラス

ところで、おととい、チャネリングのジョティ と プラーナヒーリングの チドビラスのおうちに ディナーに呼ばれて行って来ました。。。 彼女らはいま、エンライトしているという噂のラニのおうちに住んでいる。ラニは、いま、ゴアにホリデーに出かけているから その間プーナいるらしい。。ラニといれ違いに彼女らはゴアに行く予定。。。。

このお話は 後で書くね。。。
で、この話は22日の日記に書いておいたから見てね。。。

サニヤスは まあまあ、だった。

今回も音楽が静かなの。。。最後に、一人のミュージシャンが反乱をしたように、ドラムを叩きはじめて、それで 盛り上がったよ。。。。やっと、すっきりとして抜けてくれた感じ。。。どうしたんだろ、ミュージック。。楽器だけで、歌は無し。よるの、ホワイトローブも歌がなかったなー。次回に期待しようっと。。。また、おんなじだったら、どこかに質問に行かないと。「どうして音楽の質が落ちたんですか?」なんてさ。。。

夜のパーティは、なんとお絵書きミーラが DJをやっていた。

最後に気がついたんだけどね。選曲が良かったよ。みんな大喜び。。。曲のつなぎに多少問題があったけど、選曲がいいので、またやってほしい。。。曲のつなぎなんかそのうちによくなるからね。。。いろんな種類の音楽が混ざってたのもよかったです。。。。

やっぱり、サマディで一時間座る。

これは楽しい。。。きもちいい。。。今日は、「安心」を見付けた感じ。
ただ、こころを くつろがせて、胸の力を抜いていたら、顔がひとりでに微笑んで来て、ああ、しあわせ。。。


2003-11-24

クリスマスイブまであとひと月

がはは。

印度人のニキールがドイツからふた月の予定で帰って来た

チョコレートもらっちゃった。二つはドイツのチョコレートで、一つはフランスのチョコレートで、フランスのチョコレートを手にニサーグが『わぁー。このチョコレートママがフランスに買物にいったらいつも買って来てたやつぅ』って悦んでた。ニサーグの生まれた場所は、フランスとの国境を歩いて超えれる程度の場所にあったので、買物に良く行ったんだと。日本では考えらんないよね。歩いて外国旅行。

ニキールの動きがヨーロッパ人的になっているのを発見。ちょっと、ピシってしてるんだよね。ニキールがドイツで学んだこと。ボクがインドで学んだことをシェアーして笑った。

マイノリティ・レポート

を、かえす前にもう一度、ハッキリしなかった部分を見なおしたら、話の筋が解かった。やれやれ。これを機会に英語をもっと練習しようっと。良い映画だから、見てなかったら見てね。シーポヨのお願い。

Open Source Everywhere

Open Source Everywhere って英語のワイヤードの記事がある。このどこでもオープンソースの本質は、共有した創造活動なんだけど、昔書いたのがこれ

ワイヤードの記事を見るといよいよ、この始まりがアナウンスされて来たのが解かる。引用したいのがこれ:

Software is just the beginning … open source is doing for mass innovation what the assembly line did for mass production. Get ready for the era when collaboration replaces the corporation.

翻訳すると:

『ソフトウェアはほんの始まりに過ぎない。オープンソースがやっているのは、大量イノベーション(革新?)を、組み立てラインが大量生産の為にしたことなんだ。共同作業(コラボレーション)が、企業(コーポレーション)を置き換える時代の準備をしよう』

って、感じかな?

実は上の英語の記事は読んでいないの。見つけたばかりだから。でも、ページを紹介したくてしょうがないので、とりあえずトップの概要の文を乗せました。

まあ、創造活動を地球規模で共有して、みんなで寄ってたかってつくりあげて行くことがどんどんと起きている。もっと起きる。もっともっと起きる。これは加速してみんなが生きたいと知らずに知っている世界がやって来るまで続く。創造の爆発がもうすぐ始まる。いよいよ、秒読みの段階だ。おほほ。

ちょっと『人類解放の歴史概略』を書き足そうか

と思ったので、自由なバザールに持って行きますね。ここで読めます

「中国初恋」っていうアフリカ旅行記を読んでいる

多分知っている人も多い「ふりむけばインディアン」の作者が今度は中国旅行をはじめるためにアフリカ最南端のケープタウンから旅行をはじめる話。「中国初恋」はここで読めますよ

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

あまら [いくとこまで いかなくちゃね それで また 時が 産まれる なんども なんども くりかえされて きてるんやろね。 ]

作者 [シーポヨさんはじめまして。中国旅行始めようとしたのですが未だに始められていません。パキスタンから次の秋に再開する予定..]

しーぽよ [http://now.ohah.net/amala/keirin1.html にありました。3ページに分れてます。 ..]


2004-11-24

[健康] 体の修復機能による歯の治療

というのを見た。このtDiaryを動かしてる Ruby を作った松本さんの日記経由の情報。人の日記はそいう訳でありがたい。お礼にトラックバックしちゃお。(お礼になるのかな?)

今までの歯の治療というのが、悪い部分や、半分悪い部分を取り除いて、人工物で置き換えるって方法だったのだけど、この方法では、虫歯の再生不可能な表面の部分だけを取り除いて、その場所を完全に殺菌して、殺菌をしばらく続ける薬を置いて、ふたをする。

そうすると、半分虫歯になった部分が、体の自己再生の力で復活する。3Mix-MP法という日本で生まれた方法。すでに沢山の歯医者さんが使いはじめているらしいから、知っている人も多いかな(というか、僕が浦島かな?)

詳しい情報は、ここに、公式のホームページがある。患者さん向けと歯医者さん向けのページに分けてあって、分かりやすく詳しい。

インドでこれをやっている所はないかな?っていうか、行きつけの歯医者さんにこの情報を伝えて、どう反応するかを調べてみても良いかもなあ。

経験者のご意見をお知らせ下さい。自由なバザールにコーナーを作っても良いね。

ラブ

セトゥ

ホエホエ仮面

意味無し法一

ダンテス・ダイジ (大慈) の 「ニルヴァーナのプロセスとテクニック」が うちにやって来た。

僕の23才の頃のガールフレンドが大慈さんにあった事があって、当時、吉祥寺の居酒屋に誘われて飲んでる時に、「ここで大慈さんにあったんだよ」って教えてくれた。どうやら悟ってる人だったらしいのだけど、僕はすでにオショウを見付けていたので、そんなに興味はなかった。その時は噂を聞いただけで逢わず仕舞い。

僕自身十代の終りの頃に最初の小さな覚醒を得ていて、これらは「在りもしないし、無いもしない」事を知っていたし、少しだけ不思議を生きはじめていた。ただし「在りも無いもしない」ことを知っている事は知られないように気をつけていた。何のコッチャカちゃかチャカちゃ。

で、先日、大慈さんの名前を以前日記で見かけたある友人と繋がって、その直後に訪れた全然別の友人の家で、大慈さんの本がテーブルに置いてあるのを見付けて、なんとなく、大慈さんが呼んでるような気がしたのね。

で、今日、その本を借りても良いかって聞いたら、なんとその人は大慈さんと住んでいた事のある女の人だったのだ。やれやれ。これは霊的に面倒臭そうなことになるかもしれないなあ。

話をいっぱい聞いたよ。聞いているあいだ、何かと繋がっていた。オショウかなあ?大慈さんかなあ?

最近、クイックリリースの理論面というか、解説面が進歩しているけれど、これはこのへんとの繋がりかも知れないなあ。今、この文章を書きながら思っている。意識のマトリックスの、5:5,4,3,2 の質、4:4,3,2 の質、3:4,3,2 の質、2:4,(3),2 の質を探検するセッションなどが起きていたんだけれど、これはオショウ、カヴィーシャ、大慈さんとの繋がりから起きていたのかも知れないなあ。やれやれ。

先が続きそうな気配。そろそろアシュラムに登場してみようかなぁ?その前にパチンガニのアナディ宅を訪問するのが先かなあ?

今年は、僕が結構なプッシュというか強烈なガイドを受けているけど、そういう感じのサニヤシンの友人や、そうではない友人、知っている人が、多いような気がするけど、これは気の性かな?

5:5,4,3,2 というのは、チャクラ5の、身体が5、4、3、2のそれぞれの質をまとめて書いた。意識は4で止まったり、5あるいは6に行ったり、ある場所は7まで行っている。

大慈さん自身は既に肉体を離れているらしいって話は少し以前に聞いていたのね。僕はオショウが肉体を離れた後のほうが直接の働きかけが強くなっているので、特に肉体にいるマスターを探している風もない。

太母さんとはちょっと縁があったようで、数度お会いしている。一緒のコタツに入って結構長い間話を聞いて、夕食も誘われてご馳走になって、泊まって行ったら良いような雰囲気をうかがわせてくれたんだけど、一緒に行っていたガールフレンドが帰りたがって、実は結構、以前はガールフレンドのいいなりになってしまう所があって、後ろ髪を引かれながら帰った事もある。

スッゴイしわの深いオバあちゃんだったんだけど、スッゴク若くて可愛い人って感じだったんだよね。今は太母さんのポックリ(木で出来ている高い履物)が家のリビングに座ってる。太母さんとはなんていうか、御友達って感じがする。オショウは僕のマスター。太母さんは御友達っていうか、ガールフレンドって気分かも。遊び友達。

まあ、言ってみれば、オショウだって、僕の御友達っていうか、まあ恋人というか、深い愛というか、なんとかに落ちているというか、ほげほげ。僕と切っても切れないというか、分けても分けられないというか、僕がオショウの一部なのか、オショウが僕の一部なのか、うーーーん。関係じゃないから説明できないよね。

うーーーーん。何と言うか、わけのわからない事を書いてしまった。タイトルがまず、訳のわならないタイトルを書いてからはじまった性かもなあ。

愛と信頼と喜びと感謝を

セトゥ

(げ、最後のご挨拶すらちょっと変)

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

ばるだ [うおおおおおお・・・ すごいね。歯が再生・・ 日記はありがたいです。]

シーポヨ [クリスマスイブまで、後ひと月。まあ、クリスマスって商業的に染み着いているよね。子供心に汚染されて、クリスマスイブだけ..]

シーポヨ [アシュラムは、最近オショウのお祝いの日をお祝いしないんだけど、クリスマスには何らかのそれっぽいイベントがあるし、キリ..]

Eve [Hey, kilelr job on that one you guys!]


2005-11-24

マインドに捕まる

つい明け方前に目が醒めてしまった。

良く寝れたらしい。もう一度寝るつもりだったら、いろいろと考えてしまった。考えたり思い出した事はこういうことだ。

「自分が思っていることが、本当の事だと勘違いしていたなあ」

子供や少年の頃は、自分の顔をみると男っぽくごつごつしていなくて、「女の顔みたいだなあ」って、これじゃダメだなあって思っていた。今だったら、きれいな顔か、可愛い顔をした子供か少年だったのだなあと思うのだが、本人は決してそうは思っていなかった。

子供や少年の頃はそうは知らなかったので、「損をしたなあ」とか、思ってしまった。

だれか教えてくれたら良かったのだが、多分、そういう風に言ってくれた人はいなかったような気がする。決して見にくいと言われた事もなかったのだが。

そう言えば、すこし知っているのは、綺麗な女の子で自分が綺麗だと知っていない女の子も多いことだ。

派手な服装をしても、顔が映えるのに、地味な服装をしている女の子も多い。似合う服を似合わないと思っている女の子も多い。

なんでかボクはそういう直観が聞くようで、女の子のショッピングにつき合うと、「これこれ」って目を引く洋服が呼んでくる。それで、「これは?」って聞くと「えーー?こんなのぉ」って返事が来ることが多い。でもなだめすかして、試着室へ送り込むと「わーお。すごくいい感じ」って出てくる。

だからニサちゃんの特に似合ってるドレスはボクが選んだのが多い。

だから、もし、僕等が「これは、こう」と思っていることがあるとして、もして、「それが自分が試してみた事から来ていることなのか?」、あるいは、「自分で思ったり、教わったり、当り前に思っていることなのか?」、もう一度、確認してみたら良い。そうして、もしかして、どうしても「それを試した事を思い出せない」としたら、たぶん、もう一度、いや、少なくとも一度は、試してみたらよいかもしれない。

新しい人生の扉はそのようにして開く。ドアはいつでも開いていて、自分のための道が用意されているのに、そこには鍵の掛かったドアがあって、そのドアは他の人のためのドアだと思っている物が多いかもしれない。

直観は、ひっきりなしに呼んでいるのだが、「アホちゃうか?」と自分で言い返しているかも。

----

先日は、「茹でたニガウリ」を見ながら「これでオムレツを作ってみよう」と思って卵を取るときに、横にあったバナナが「ボクを呼んだ」。。。別に、呼んだって、声が聞こえた訳じゃないです。ボクの直観が「これを入れて御覧」っていうのを、ボクには、「バナナが、私も入れて?」って感じで受け取るだけの話です。

げーって思いながらも、手に聞いたら、手は問答無用で、バナナを手にしてちぎっていれ始めた。

食べてみたら、美味しかったです。

----

料理というのは、ボクに取って自分の内発性というか直観を試してみる良い機会として楽しんでいます。結果は、食べてみたらすぐに解かるし、別に失敗しても不味いだけだし、。。。。それなら直観に従っても、ハートに従っても、ハラに従っても、無心を許しても、死の危険は(爆笑)ないし。。。。

試してみると、直観はすごいなあって感心するので、実生活でも耳を傾けたり、相談してみたりすることが出来るようになります。

----

ボクは料理は決まり通りに作らないといけないんだと最初の頃思っていました。それで知っている料理屋、教えてくれる人がいないか、料理の本がないと料理は出来ないと思っていた。結構長いこと。一度、何かを試してみて、それが良かったので、「あ。そうか、最初に料理を作ったひとは、試してみただけなんだ」と納得した。

もっと前の事もある。ある日、嫌いだと思っていた食べ物を食べてみた。15歳くらいの頃の話だ。食べずに「これはこんな感じ」だと思い込んでいたのだ。食べてみたら美味しかったのだ、それ以来、一度は口に入れてみることにした。好きな物が増えた。

----

例えば、ある人や、いろいろな人達の振るまいを見たり、言葉を聞いたり、「あ、これは、こういう意味なんだ」と勝手に思い込んだりすることもある。そうして、それを一度も確認してみた事がないために、「そういうものだ」と思いながら生きてきたりしている。

でも、ある日、そうじゃなかったんだと知って、????ってなる。

人生は、ほんの日常的な事ですら、想像を越えている。頭は何も知らない。予想をすることはできる。それには便利な道具だ。でも、頭が決して知っているという訳ではない。実は何も知らないかもしれない。でも、頭は、人生を支配しようとする。そこに入ってはならない。そこに入ると、一生抜け出せない迷路に入り込む。場合によっては、影響が何生にも渡って引き継がされる。

僕等の親や教師は「これは、こうだ」と教えてくれた。でも、彼らは本当に試してみて知っているのだろうか?ほとんどが、彼らの親や教師が教えただけの事だ。仮りに試してみたとしても、自分のその時の状況の中で試してみただけで、全ての可能性を味わい尽くして、そうして知っている訳でもない。あなたの状況を俯瞰的に見て話している訳でもない。

実は、試してみると、想像もしなかった偶然が続いて起きて、予想だもしない大喜びの満足する結果が起きたりもする。あるいは、起き続けるプロセスが、することの一歩一歩が喜びに満ちていて、もう結果なんてどうでもよくなったりもする。

----

人生はミステリーだ。

ミステリー・スクールへ、ようこそ。

入口はハートにあります。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

ukiha [ありがとう。 これ、何度も何度も・・・つかまる。 わかっているつもりでも・・・アタマがわかったつもりになってるん..]

セトゥ [> ハートでいられたら、きっとすごく楽だとおもう。 多分、頭にいても、ハートに聞いてみたら良いんだと思う。 ..]

amara [最近 えいことだけが おこってる・・・・ でけへんことだらけやけど おこることは えいことばっかりやなぁ・・・]


2006-11-24

[旅行記][バンコク] お買物・その1

実は長い文章を書いたのだが、消えてしまった。すぐに書き直そうかと思っているうちに数日が経過した。もう古い内容は覚えていない。そのときにはとりあえず見出しだけを書いておいたから、その見出しの中を簡単に書き込んでアップしよう。消えないようにエディターで書いています。

「夜明け前のお目覚め」

数日以上、夜明け前に目が覚めてそのまま夜明けを見て、そのまま一日をはじめている。気持ちいいです。バンコクでは部屋からは朝焼けは見えないけど、いすに座ってぼうっとしたり、コンピュータの電源を入れてみたりしている。

バンコクでするのは必要ないくつかのもののお買い物。後は食べて寝るだけ。インドよりよい質のニサーグの洋服とか、インドよりも安くて豊富なデジタル機器とか。

「ネットカフェ」

10前には出発してショッピングセンターの開店とともにショッピングをはじめたいと思ったので、8時半ころネットカフェに向かったけど、残念ながらオープンが9時なので、結局セブンイレブンで買い物したりブラブラした。9時過ぎても開かない。9時15分過ぎても開かないのであきらめてラップトップPCの繋げない別のネットカフェへ。

始めたのが9時半近かったので終わって宿に戻ると10時を過ぎていて、それから朝ごはんを食べたりニサーグを待っていると出たのは11時近かった。

「出発してパラゴンへ」

タクシーでパラゴンへ。最近はタクシーばっかり。最近はカオサン付近からダウンタウンへ直通のバスがなくなったというか、昔あった系統のバスがなくなった。軽く探した範囲では、高架の電車の駅までで、そこから高架の電車を使うと高いのだ。すぐに一人分が30バーツだのいく。

宿の近くからタクシーを拾って、サイアムプラザやパラゴンまでは65バーツくらい。二人で行くんなら高架の電車よりも安くつくし快適である。トゥクトゥクは高くつくことがわかってしまった。

僕らは値段をしらないのでぼられるのである。実はタクシーで行くよりも高く払っていることが何度もわかった。知らないところに行くならタクシーだし、タクシーの値段を知っていてもトゥクトゥクがそれよりも安く行ってくれると言ったことはなかった。

それで、タクシーである。タクシーは普通日本車のほとんど新車に近く整備されている。

パラゴンを見てタイの経済の復興には驚いてしまった。僕は1988年に始めてバンコクへきた。変化を見てきている。

インドを出る前にバーツの値段を見て値上がりしているので驚いた。きっと一時的なものだろうと予想したんだけど、あたら空港や、パラゴンを見て、タイの経済は盛り上がっているんだと思った。

町を歩いていてもみんな裕福に見える。貧乏そうな人が少ないし、中産階級がお金持ちになっているように見える。

実は僕は最近の日本をあまり知らないので比較ができない。

「パラゴン」

パラゴンはとても好きであるし、成功している。

すごく高級志向のショッピングセンターなのだけど、グランドフロアー:日本の1階が、広大なカフェテリアとレストランなどであふれている。今まであったほかのショッピングセンターは、この食品の階は最上階にあった。

この1階が食品であふれているのが、バンコク的だなあと思った。人と熱気であふれている。奥には食料品を売っているスーパーもある。カフェテリアはバンコク特有の屋台の乗りのカフェテリア。どんな食べ物でも食べれる。

上の階には高級ブランドの広々としたお店がならんで、中央にはパラゴンの名前のデパートが入っている。

このグランドフロアーが食品で溢れているのはすごい成功だ。人で溢れているのである。

普通は、グランドフロアーは高級感をだす製品を並べるものだと思っていた。

実は、高級なブランドショップだけで構成されているショッピングセンターも数年前からあるのだけど、人の数は少ない。今でも少ない。やっぱり高級品はまだ高すぎるんだと思う。

最上階には映画のスクリーンが5つ以上入っている。

お店は、食品と映画でサンドイッチ。中央部がデパートで、その周辺をブランドショップがぐるりと囲んでいる。サイアムプラザの古いビルとは2階でつながっている。

古いビルには、最高級ではないけど、まあ安物ではないお店がいっぱい入っている。これは、5年から10年前のバンコクののりだよね。

にさが、この間おいしかったクロワッサンを買ってスターバックスで美味しいコーヒーと一緒に食べるというので、まずはそこからはじまり。持ち込みをするというのでげって言ったら、この間食べたけどなんとも言われなかったそうな。

さすがバンコクなのか、それともカフェテリアの中なので壁に囲まれていても、みんなそうするのかな?パラゴンのスタバにはすわり心地の良いソファーがいっぱいあるのではずれがなくてうれしいです。

ボンジュールっていうベーカリでホールウィート(全粒粉)のクロワッサンとを買って、スタバの二人で座れるカウチがあいていたのでそれを確保。しかし、スタバのコーヒーは高いです。70バーツのコーヒーだもんなあ。感覚がぼけちゃうよ。まあ、場所にお金を払ってるってことで。

場所的にはカオサンのスターバックスが一番好きです。古いお屋敷を改造してあって、奥にあってエアコンが効いていて狭くなくって静かです。

一休みすると、次は?ってきくと、「ここは前回みたいけど、めばしいのがなかったから、そのセトゥの言う「セントラル・ワールドを見てみたい」という。やれやれ。直行したらよかったジャンって言ったら、ホールウィートのクロワッサンはプーナじゃ食べれないから。。。うん、僕もそう思う。

で、セントラルワールドへタクシーで移動。と、乗ったらあっという間だった。35バーツ。歩ける距離だ。今度はあるこう。前回は、東急から歩いたから遠く感じたんだな。もう。

「セントラル・ワールド」

セントラル・ワールド(ZEN)は、これがまた輪をかけてすごいです。この1年くらいの間に大改装と大新築をして、パラゴンに勝っている。まだ、全面開店はしていない。全面開店したらどうなるのか。

実はパラゴンを見たときには、ZENはもう終わりだと思った。っていうか、その前から、もう、ZENは落ち目だと思っていた。10年位前は画期的だったんだけどね。このまま消えてゆくのか?とおもった。18年前にはすでにバンコクでは落ち目になっていた大丸は、そのまま消えて行ったようだし。

ZENには伊勢丹が入っているんだけど、それも終わりかな?とか思った。ソゴウは終わったしな。

それが、センタン・ワーはそうじゃなかった。タイ人が言うと、セントラル・ワールドは、センタン・ワーになる。笑い。最初に、センタン・ワーの店に行けと言われて、地図を描いてもらっていったときには、Sentan-Waa っぽく書いてあるビルを探した。

そうしたら、Central World ってビルが目に入った。ZEN Central World って言ってくれたら知っていたのに。わらい。

僕はデジタル機器を買うので、待ち合わせ場所のカフェをカフェ・ブリスと決めて、ちょっと一緒にあるいていたら、大きなステーショナリー・ショップ(文房具屋さん)があるので入ってみると幸せだった。

予定になかったシステム手帳を買う。大きなシステム手帳は大きくて運ぶのが大変なので使うのを止めて、小さいほうのシステム手帳に変えたら、あまりページが入らないので止めていた。

それで普通の手帳だったのだが、こんかい小さいけどたくさんページが入るシステム手帳があったのでそれを試してみることに。

手帳を買ってから、にさちゃんを一人残して、パンティップ・プラザへ歩いてみる。伊勢丹側から出たら歩いて5分強だった。道は込んでいるし、歩いたほうが早いし。

「デジタル機器の買いもの」

今回買うのは、にさちゃんのMP3プレーヤと、僕のモバイル用ノートPC。実は僕のMP3を貸したら帰ってこなくなったので、もう一台、同じのを買うよてい。僕のは512MBだけどにさのは1GMにしよう。モバイルPCは、前回カメラを買うときに5500バーツで、東芝のダイナブックの1.5キロくらいの重さのが10台くらい売っていた。あとは、カメラ用の充電バッテリー。

「ノートPC」

まずショック。10台もあったのに、2週間で売れてしまった。他の中古のラップトップはたくさん残ってるのに。。。。半年前にあったのもまだ残ってるのに。とほほ。やはり、古い機械なのにファンが未だにいるって聞いていたけど、バンコクにもファンがいたのか?

がっくりしながらも、知ってるほかの中古屋を除いて回ったら、一時間くらい後に2台置いてあるところがあった。って、そこになかったらあきらめるつもりだった。そのお店の一番奥に目立たないように置いてある。

うひひ。知らぬが仏(??)。

調べている途中で、血糖値低下に気がついてレストランへ移動。

一回で天丼を食べて落ち着いたところで、時間をかけてマシンを調べる。食事前に動かしてみた感じでは電池はある程度使える様子。少なくとも20分程度は使える感じだし、表示的には2時間とかシステムは言っている。普通、電池がだめな子は即座に電池で使えなくなるか10分程度で終わるのだ。

1時間程度調べて、二つの機械を一部混ぜてもらって、それで買った。5000バーツ。

詳しくはまた後で報告。

あちこちを見て、保護用のバッグ:300Bと無線マウス:300B、盗難防止用ワイヤー:200Bを買った。

『ニサのMP3プレーヤ」

これは、どれを買うか決まっているし、お店も前と同じ店なのであっというま。2週間のあいだに、512Mモデルが2200バーツから1800バーツへ値下がりして、1GBモデルが2600バーツから2100バーツに値下がりしている。

僕の512Mモデルとおなじ値段で1GBモデルを買った。ああ、僕のは2000バーツにねぎったんだった。色も同じ色にした。にさちゃんが、僕の色が好きだよって行ってたので。オレンジとシルバー。おもちゃっぽいけど、かわいい。あきない。

単三の充電バッテリーと充電器は、いろいろ話を聞いて、サンヨーのリフレッシュ機能付というのをかった。なんでも使っているうちに電池の容量を減らすメモリー効果を防いだり、メモリー効果で容量の落ちているバッテリーもよみがえらせるらしい。

おまけでもらった中国製のバッテリーも充電器も信用できないので、充電器についている2本以外に4本を追加で買った。2本だと390バーツで、4本だと490バーツだというのだ。大した違いがない。

後で、考えたら充電器とバッテリーで1990バーツ、つまり2000バーツも使ったことになり、馬鹿なことをしたきがした。カメラの5500と合わせると7500バーツになるので、まあ、ちょっと機能の落ちる新品が買える。

でも、このサムスンは気に入っているので後悔はないが、バッテリーに2000バーツは悔しいが、まあ、単三電池だから他にも使えるので良いことにする。

これは正解だった。この充電器だけでも価値がある。後で試してみたら古い寝ぼけていたバッテリーがよみがえったのだ。これは後で投資が回収できる。充電器はカメラの一部の費用とは思わないことにしよう。

「1GBのSDフラッシュカード」

そのほか、1GBのSDカード(フラッシュメモリ)をカメラとMP3プレーヤように買った。750バーツ。2GBが1350バーツというので買おうとしたらどこも品切れだった。キングストン。他のメーカのは1950バーツだったので、やめ。

キングストンのは125MBと1GBのを今まで使ってたけど、問題ないです。

これで、僕のMP3プレーヤは、1.5GBということでうれしい。和尚の講話とかヘミシンクとかファイルが大きいんだよね。100MBくらい平気で行く。同じのを聞いたりすることは少ないから、たくさん入れて持ち運びたい。

「にさちゃんの買い物」はまた後で書きます(ふう、いっぱい書いた)

[旅行記][バンコク] お買物・その1(つづき)

「にさちゃんの買い物」

セントラル・ワールドに歩いて戻って伊勢丹側から入り、裏側の奥の新館にあるブリスカフェへ行くとにさちゃんが待っていた。僕が出発したのは3時ころで待ち合わせは6時だけど、「遅れるかもしれないから、待たないで時々見に来て買い物続けてね」って行って離れた。

が、にさちゃんいわく「二時間もずっと座ってたわよ」っていう。僕は一瞬待ち合わせの時間を間違えて行ったかと思ったら、「まだ島のゆっくりしたリズムにいるから動けないの」だそうだ。うんうん。

で、ほとんど何も見てないということは、僕が一緒に全部着いてまわらないとならないことである。

レモンジュース・砂糖ぬきを頼んだ。なんと80バーツである。センタン・ワー(笑)新館は超高級な場所なのである。

出発して10分後とに僕は「さっきのカフェで待ってるからね」とか苦情を言いながら買い物。だっての3時間走り回って、パックパックはちょっと重たくなってるし、しくしく。

島で「スペイン人のガールズは、みんな、こんなに男使いが荒いのか?」って聞いたら、「こんなもんじゃないわよ」とのこと。たまに僕はサーバントになった気になりますが、それをしていたのは初期のころで、今は動かないです、ぶひひ。

せ:「ヨーロッパのボーイズはガールズにサービスするでしょう?」

に:「うん、うん」

せ:「日本じゃ、ガールズがボーイズをケアーするんだよ」

に:「。。。」

せ:「だから、日本のガールとヨーロッパのボーイのカップルは、お互いにケアーしあうからハッピーなんだよね。だからヨーロッパのボーイが一度、日本人のガールフレンドを持ったら、一生、日本人のガールフレンドを持つことになるんだよ」

に:「ぶひー」

せ:「ヨーロッパのガールと、日本のボーイのカップルだと、普通、お互いにサービスさせようとするから、最悪なんだよね」

に+せ:「爆笑」

実は、僕はガールズをケアーするようになっているので、まあ、最初のころはにさちゃんも、「日本人のボーイにしては」と思ったそうです。わはは。でも、最初の4年くらいはにさちゃんの貯金で生活していましたので僕は扶養家族だったんです。と言っても、僕はアシュラムのCGで、食費と部屋はもらってたので、僕はお金のかからない人でしたが、半年ごとのビザ取りのビーチへの旅行はにさちゃんのお金。

その後、6年くらいは僕が基本的にコンピュータの仕事で生活しているが、最近はにさちゃんのロータスパラダイスの売り上げが上がってきているので、にさちゃんは偉いです。わはは。

というわけで、今回はにさちゃんのドレスやらトップやらジャケットやら、いろいろ買いました。

先日も、高級なジャズ・バーで3曲歌ったし、本当の歌手のゲリー・ロイヤーが、「僕がプーナで歌うときはいつでも数曲歌いに来てね」って言ってくれたので、まあ、その衣装もちょっと増やさないと。ゲリーは月に一度くらいボンベイから歌いに来る。

いろいろ見たけどピンと来なくて、同じビルに入っている伊勢丹に入ってみたら、なんとセールをしているブランドが、にさちゃんの感じで、トップやジャケットやらを買った。

10時の閉店までいろいろ見て回り、最後は僕はスターバックスで30分くらい待ってみたりして、閉店直前にシルク製品で有名なジム・トンプソンのバッグのコピーみたいなのを格安で売ってるNaRaYaを発見。二人で興奮して見ていました。

ジム・トンプソンのようにきれいなバッグが10分の1くらいの値段なので、日本人のおばさんもいっぱい買い物していました。が、考えてみたら、見た目はきれいですが、これはシルクじゃないから安いんですね。

でも、可愛いから良いんです。日本人のガールズもいっぱい買い物していました。

ナラヤは、伊勢丹の1階に入ってるジム・トンプソンのすぐ近くにお店があるのが笑えます。

でも、可愛いけど、ジム・トンプソンと比較できる物ではないです。似てるけど、コピーじゃないし、ブランド名を偽っているわけではないので、ジム・トンプソンも苦情は言えないですね。しかし、お土産にいっぱい買っていたおばさんたちは、つい、タイ・シルクのバッグだと思い込んでるんだろうなあ。どこにもシルクって書いてないけど。これは化繊でしょう。

コピーと言えば、コンピュータ系のビルのパンティップ・プラザの近くにある、大きなプラチナというショッピングセンターは、まったく、偽物を集めまくったようなビルです。偽物の万年筆ばかり売ってる店とか、以前僕の大き目のバックパックを買った店とか。 今回、オレンジのサンダルを買った店とか。

タクシーで帰ろうと思ったが、金曜日の夜のせいなのか?タクシーはすごい列だったり、道で止めても200バーツとか3倍を吹っかけてきたり、乗車拒否だったり。結局、トゥクトゥクが100バーツで行ってくれることで、乗ってかえれた。やれやれ。

晩御飯は、ベジタリアンレストランはもう閉じているので、近所の普通のレストランで、遅いし軽く食べて終わらせた。本当は、セントラル・ワールドで食べて帰ろうって行ったんだけど、これも遅くなりすぎでみんな閉じてた。やあ。

帰ってから、新しい充電器と充電池を試してみて、1時間20分程度のビデオが取れるのを確認して、うれしかった。これで、電池の心配はなくなる。ちょっと高かったけど。まあ、専用のバッテリーを買ったと思えば、このくらいの値段か?後で調べたら専用のバッテリーよりも容量が大きいみたいだし、複数持ち歩けることになったし、今後も高い専用バッテリーを買い換えたりする必要もないし。。。。

インド感覚なので2000ルピーなんて行ったらすごい買い物なのだ。これを単三電池ごときに使ってしまったと思うと何か、急いでいたので考えずに出費したようで、とほほと思っていたのだったが、まあ、そういうのりだったから、多分正しいことをしたんでしょう。

本日のツッコミ(全7件) [ツッコミを入れる]

chaki [バンコクってば行ったことないけど、買い物天国なんですね〜 今度行ってみよ♪ 壊れたiPODの代わりが欲しい・・・]

chaki [にさちゃんの歌聴きたかったなぁ〜 ゲイリーは8日にもPUNEでliveするよん♪]

シーポヨ [Hi Chaki インドから行ったらバンコクはすごい買い物天国だよ。パパに連れてってもらいなさい。インドは精神的な..]

esha [atode pantip plaza no omise osiete kudasare. mp3 hosii yo..]

Ggcsypoj [Nash-Hoff views trade as a punting genius.Games also have ..]

Jtmtggdo [, <a href="">&#12458;&#12531;&#12521;&#12452;&#12531; &#12..]

Vbijwxqs [Need: Does a Magnolia Flower Mean? Project Hayano's docume..]


月齢:日

2002年
11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Oh!Ah!Now!
せっちゃんの
シーポヨのしわざ
自由なバザール
クイックリリース
コピーレフトの
ヒーリング体系
シーポヨ絵なし日記
ヘンプ(大麻)のはなし
ヘンプ(大麻)の記事
シーポヨ絵百科事典
エオラノート
にさちゃんの
Lotus Paradise
ロータス パラダイス
チャネリング クリスタル
(売ってるよ)
せっちゃんの好きな
ハーティスト・カフェ
アーユルヴェーダ料理
あまらの日記
オショウ禅タロット
アーユルヴェーダ
ハーブと自然な製品の
印度サマサティ
パワーストーン占い



地球復興
木を植えるNGO
セブンアローズ

史上最強の
トータルサイト
O h ! A h ! N o w !

ちょっと おまぬけな
プラネット マガジン
うおんばっと

さみちゃの
そよかぜ日記
カフェDEアース



最新のコメント:
1.Vbijwxqs(04-25 20:20)
2.Jtmtggdo(04-15 00:27)
3.Ggcsypoj(04-14 16:32)
4.Eve(11-20 14:46)
5.esha(12-02 23:37)
6.シーポヨ(12-02 12:46)
7.chaki(12-02 06:44)
8.chaki(11-30 04:26)
9.amara(11-26 23:02)
10.セトゥ(11-24 23:06)
11.ukiha(11-24 20:54)
12.シーポヨ(11-25 06:15)
13.シーポヨ(11-25 06:05)
14.ばるだ(11-24 18:50)
15.しーぽよ(11-26 02:48)











地球は 懐かしい星


しばらく 離れていたから、良く分かるよ。

遠くから最後に見た地球は 何度も思い出した。
涙を流しながら 帰りたいと 思ったから、
たましいの深く深くに 刻み込まれている。

いつか帰れれるとおもって
ずっと ずっと 待ち続けたおもいで。

遠くはなれて、もう 見えなくなった 悲しい思い出。。。

ほかの 星でながいこと ながいことくらしていた。
時々 思い出した 最後に 見た地球。。。。。

地球を 愛してあげてね。。。 シーポヨの お願い。。。

日記の目次:

2006-11-24

お買物・その1
お買物・その1(つづき)

2005-11-24

マインドに捕まる

2004-11-24

体の修復機能による歯の治療
ホエホエ仮面

2003-11-24

クリスマスイブまであとひと月
印度人のニキールがドイツからふた月の予定で帰って来た
マイノリティ・レポート
Open Source Everywhere
ちょっと『人類解放の歴史概略』を書き足そうか
「中国初恋」っていうアフリカ旅行記を読んでいる

2001-11-24

今日は、土曜日。サニヤスの日。。。
チャネリングのジョティ と プラーナヒーリングの チドビラス
サニヤスは まあまあ、だった。
夜のパーティは、なんとお絵書きミーラが DJをやっていた。
やっぱり、サマディで一時間座る。
 あなたがあなたを愛しています。
2002年
11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2001|10|11|12|
2002|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|06|09|11|
2008|05|06|
Powered by Oh!Ah!Now!
Powered by Oh!Ah!Net!
アクセスアップ.ORG 一括登録 SEO等