シーポヨ絵なし日記・ときどき絵日記



覚えていますか?
初めてこの地球にたどり着いた時の事。

青く輝く地球に照らされて、
地上のどんなダイヤモンドよりも
美しく光輝いていた あなたの 姿を

Remember that you are beautiful.

You are the beauty.
You are the joy.
You are the creativity.
ロータス・パラダイス - 新しい存在の開花

ありがとう (はぁと)。
Google
 
Web Oh!Ah!Now!の中だけ探す

2001|10|11|12|
2002|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|06|09|11|
2008|05|06|

トップ 最新 追記
RSS(目次情報)

Bookmark | Free Hugs | QR | Tech | map | tech | おすすめ | お天気日記 | ぼそ | アーユルヴェーダ | アシュラム | イベント | インド | ウェブ | オショウ | コチャン | コレガオンパーク | テク | デジカメ | ネットの道具 | ハート | ハーブ | バンコク | ビデオ | プーナ | ヘンプ | マグダラのマリア | リゾート | リンク | ヴィジョン | 宇宙 | 映画 | 音楽 | | 経済 | 健康 | 今日 | | 自叙伝 | 自由な世界 | 写真 | | | | 神秘 | 世界 | 生活 | 地球 | 停電 | 日記帖 | 日記帳 | 日本 | | 友達 | 予定 | 旅行 | 旅行記 | 料理 | 歴史


2005-09-01 [長年日記]

[QR] 質問を理解する事、質問になりきる事

最近、クイックリリースで質問に答えるテクニックが熟成しつつある。

ある質問があって、それに答えるってワークはQRには含まれないし、含むつもりも無い。でも、答えを得る事ができる。

それは、質問をしているエナジーとの接触により、そのエナジーに対してQR的な働きかけをする。そうすると、質問が答えを運んでいる事がわかるので、結果的に答えを得る事ができる。これは優れもの。

似たようなことは以前からもしていたんだけど、先日のセッションで、QRをよく理解せずに申し込んだ人が「私の自分の人生の目的、するべきことを知りたい」って聞いた事に始まる。

自分の人生の重要なテーマを見るには、オーラソーマの4ボトルのリーディングをすると、そのへんの情報や雰囲気がくるので、使っている部屋もボトルがある部屋だったので、セッションを切り替えようかな?って思いつつも、ちょっとだけ彼女の話を聞いた。

聞いていると、「それを話しているエナジーの塊というのを感じる事ができたので、そのエナジーと接触してそのエナジーを理解する事ができるよ」って説明したらそれを受けたいって言うのでセッションを開始。

QRは、基本的に「中心になって動いているエナジーや質を理解する」っていうことをする。それで、すべて必要なことが起きる。求めた事が満たされる。

この質問のセッションをしてみたことで、ひとつの重要なことを言う事ができる。同じようなことは今までもセッションでしていたし、その後のセッションでも似た事をしてみたらうまくいった。

「僕らは、質問をして、答えを他のどこかに探そうとるする。でも、答えは質問の中にある。質問を理解する事。質問になりきることで、答えが得られる。質問の外に、答えを捜し求めても(たぶん)満足のいく答えを得る事はできない」

QRを使えなくても、このテクニックは使える。

まず、「質問がある」。たぶん、どんな質問でも良い。

そうして、その質問になってみる。質問をしている自分になりきってみる。あるいは、質問をトータルにしてみる。質問になりきってみる。そうすると、そこにはひとつのエナジーの塊が質問をしていることがわかる。

そうしたら、そのエナジーとの接触を始める。エナジーとの接触の方法には各自のテクニックがあるでしょう。

でも、その質問やエナジーを分析しても何も得られないよ多分。少なくとも満足を感じられるものは。心理的、感情的、メンタルな接触ではなくて、エナジー的な接触をすること。このことは別に書いたのがあるかもしれない。無かったら書くね。

QRをするときに起きるのはエナジー的、質的な接触。意識へのより直接的な接触が起きる。

もし、質問へのエナジー的な接触をすることが難しかったら、単に質問に対して質の番号を調べてみても良い。このチューニングを通じて接触が起きる。

たとえば、こういうことだ。「ほげほげをしたい」って思っているとする。

でも、何らかの原因で、自分に「ほげほげをする」ことを許していなかったり、自分が「ほげほげをしたい」ということにすら気がついていなかったりする。多くの場合は、気がついてすらいない。

そうすると、そのエナジーや質が、抑圧され、その抑圧が「質問を作り出す」。「私の人生の目的はだれ?」とか「私はどこで生活をするのが良いの?」とか「私の最適の職業はなに?」とか「私の恋人はいつ見つかって、どんな人?」とか「私は彼と結婚をするべき?」とか何でもよろしい。

そうして、僕らは、そのエナジーや質を許したくないので、答えを外に探す。誰か、別の答えてくれる人を探したりもする。「何が好き?」ではなくて「何が正しい?」と言い換えたりする。

でも、質問になりきる事、質問をしているエナジーや質と接触して、理解して、解放が起きる事、それが自由になることを許したら、答えはそこにあり、欲しかったものもすでにそこにある。どこにも行く必要もなく、未来を待つ必要すらもない。

ビーチ。ビーチ。ビーチ。

今日、スリランカから帰って来た人と話していたら、ビーチにいる感じになってしまった。ビーチをたらふく吸い込んでいるんだなあ。すごいなあ人間の体って。まあ、彼女にあう前にプールサイドのデッキチェアーで30分くらいゴロゴロしてたから、ビーチの雰囲気をもらう準備は出来ていたんだが。

雷、大風、大雨

というのが、今日の5時頃にあった。お昼頃は快晴で、暑いくらい。プールサイドでごろごろってしてるくらいだからさあ。

それが急に雲って来たなあって思ったら、一時間後に嵐だった。

雷を伴っているので、雨期の終りに近い雨かも知れないなあ。日本でも、梅雨の始めと終りには、雷がなるでしょ?

風がすごくて、テラスに置いていた鉢植えが二つ落ちちゃったよ。わあ、すごい風だあって気がついてテラスに出た時には遅かったです。明日、下に行って地面に埋めて上げようかな。

郵便貯金の民営化とか

郵便貯金を民営化したら、350兆円の国民の貯金が外国のサメに食べられちゃうっていうような情報は、結構以前からネットでは流れてた。例えば、ここ

だから、当り前の情報だと思っていたんだけど、。。。。

実は、オランダ人の友達がネットで株をやっているんだけど、今日言ってた。それで、ちょっと何が本当なのか、解らなくなった。

「セトゥ、知ってるか。日本は今投資に向いているんだよ。今株価がどんどん上がっている。今の総理大臣がいるだろう。彼になってから、日本の構造問題が解消されようとしているんだ。

日本は以前の最盛期と同じくらいの実力を持っているんだけど、銀行を中心とした構造的な問題が全てをダメにしてたんだ。それを今の総理大臣が大改革をやって、日本の実力が発揮されるようにしようとしている。

僕は株の情報の為にいろいろな情報を読んでいるんだけど、株の関係では今は日本だって話になっているよ。セトゥ、お前も日本の株を買え」

とか、言ってたんだけど。日本国内では評判の悪い総理大臣ですが、世界の株式界では買われているんですね。

日本に投資されるってことは、日本の株を発行する人や、今、大口の株の所有者に資金が行くって事ですよね。ふむむむ。

ところで、911の選挙はどうなるんでしょうねえ。

まあ、要するに外国から資金が流れて来てバブルが起きるって事でしょうか?

で、友人はこうも言ってました。

「911の選挙でどちらが勝とうと関係ないんだよ。野党も、日本の経済構造の改革をするつもりなんだ。どっちが勝とうと日本の経済は復活するんだよ。株を買うなら今だよ。」

だそうですが。僕はそういう話はあまり知らないんだけど。つい、とある日記を見たら書いてあったので。

まあ、オランダ人の友達が言っている事が、日本も含めて一般のニュースで言われている事なのかな?あはは。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

chameli [そーなんだよね・・・絶対上がらないと思ってた 自社株をこの間、全部売ったら得はしたんだけど 今の方がもっと上がっ..]

ukiha [かみなりは、合図だ〜〜〜 変化するぞ〜〜〜って・・・ あははw]

シーポヨ [>> chameli そっか、本当に上がって行ってるんだね。友達も、画面のグラフを見せてくれてたけど。 >>..]

cash in advance [cash advance today. cash advance networks. discount cash l..]


2005-09-03 [長年日記]

昨日も土砂降り

雨季の末期はこうなんだけど、晴れ間が続いていると思うと、急に雲が広がってドシャーって降ってくる。昨日も大量に降ったようだ。

近所で大きなビルの工事をしているんだが、雨が降ると10メートルくらい掘り下げてある30メートル四方が、池になる。池になっては、ポンプで水をかい出して工事を続けているんだけど、水が空になったかな?と思うと大雨が降ってまた池になるという馬鹿な話を雨季の初めから繰り返している。

この辺は井戸水の低くてすぐに池になるんだよね。すぐ近くに井戸があるんだけど、いまや水は地面のした2メートルくらいのところにある。

工事も雨季が終わるのを待ってから始めたら良いと思うのにね。

晴れている間は暑くなってきて、プールの横でお茶をしていると泳ぎたいなーと思うけど。うふふ。

プーナムちゃんちでロータスパラダイスの販売を

ニサーグがプーナムにロータスパラダイスを7月にプレゼントしたら、気に入ってくれてほとんどいつも下げていてくれたんだけど、帰り際に日本で売ってみるって事でいくつか持って行ってくれた。

すでに何人かの人に買ってもらってる。特にディクシャを受けている人たちは、エナジーに対して敏感になっているみたいで、触ってみたら「強いエナジー」って感じてるそうです。うれしい。エナジーを感じてその質といたいと感じて買ってくれる人が嬉しいです。

実は、ホームページの写真やデザインなども選んで、ロータスパラダイスのエナジーが感じられるようにしてある。もちろん、エナジーを感じられる人にって事だけど。

あるときは、写真を見ながら数行の説明を読んでいたら涙が出てきたって人からの注文があった。

説明を読んで、その効果が欲しくて買うって人はほとんどいないみたい。

そういうわけで、ロータスパラダイスに触れてみたい人は、プーナムちゃんとコンタクトしてみてね。

プーナムのところに行ったら、ロータスパラダイスと遊んでみてね。

3日(今日)午後3時〜5時 」、「6日 午後7時〜9時  」、「8日 昼の部 午前11時〜午後1時、夜の部 午後7時〜9時 」とディクシャの予定が入っているようだ。

ミクシィに入っていないと上のリンクは見れないです。場所は:

場所 世田谷区羽根木2-13-14 プーナム宅

京王線代田橋駅南口を出て、サンクスのある角を左にまがり、150メートルほど右手にある給水場の黒い鉄製の柵沿いに歩き、柵の終わる角を右に柵沿いに曲がります。200メートルほど進むと左手に羽根木神社があります。そこを左に曲がって30メートルほど先の右手に、「世界人類が平和でありますように」というポールが立っている白い一軒家です。 歩いて7分ぐらいです。

初めてディクシャを経験される方は無料です。2回目以降の方は、ドネーションという形で 三千円を 目安に頂いています。

リラックスできる、楽な服装で参加してください。

ということ、地図はここで見れます。グーグルはえらいです。衛星写真や地図を切り替えてみてみてね。

18歳未満アクセス禁止

って書いたら、何人ミクシィから来るかな?って思いながら書いてる。

有料Hサイトのフリーパスワードとかって欲しい?がはは。

ミクシィの足跡の増加率の報告を待て。(なんちゃって)

本日のツッコミ(全7件) [ツッコミを入れる]

ami [せっちゃん、買いましたよーーー。 プーナムのと同じ感じの。 気に入ってるし、大事にするねって、伝えてくださーーい..]

Chintano [Poonamのところではもう売りきれになっちゃったよ。紫のがきれいですね。わたしもほしいな。いつかSETUにPUNE..]

setu [testing....]

Poonam [あっという間に完売! 大人気です。 すでにオーダーしている人も何人かいます。 Lotus Paradiseのエ..]

セトゥ [これから追加の分をエナジャイズして送るので、10日後くらいに日本に着くかも。]

セトゥ [>> ami ありがとう。使ってみて、どんな感じだか知らせてね。質問とかあったら、ニサーグに聞いてみるからね。]

セトゥ [>> Chintano チンタノも見てくれたのね。嬉しいですぅ。 >> Poonam もう、全部、売っちゃ..]


2005-09-04 [長年日記]

朝から曇り

なにやらお天気日記のような。

ラブ

日曜日って何ですか?

ここオショウ・瞑想リゾートでは日曜日はない。いや、ワーカには日曜日はない。休みなくリゾート生活を満喫してもらおうという暖かい親心だ。まあ、「マインドの介入阻止」に休みを与えないという親心だ。

別に仕事を止めたっていつでも戻れるから、休みが欲しくなったら2週間でも3ヶ月でも5年でも休みは取れる。僕なんかは、単なるワーカで、リゾート生活に必需の入場券をただでもらっているだけだから、3ヶ月休んだって、リゾートしたかったら、自分で330ルピー払わされるということ以外に失うものはない。

以前は、部屋も食費もリゾートから配給されている立場に4年ほどあったし、その当時は自分のお金は終わり、ガールフレンド(ニサーグ様です)のお金で生きていた。というか、最低限のものはアシュラムからもらえるのでお金の必要はすごく少ないのだし、彼女も僕の部屋にいつも暮らしていたし。外には気持ちだけの部屋を確保して、彼女の部屋は外に(も)あったので問題はない。

そういう状況だと、簡単に仕事を止めるわけにいかなくなる。「仕事を止める=日本に帰って家と仕事を見つけて新しい生活を始める」だったのだからさ。でも、幸か不幸か持っていたビザが6ヶ月しか有効でなかったので、半年に一度はさんご礁に囲まれた島や、気持ちの良いビーチで休養をとる義務があったのだ(爆笑)。

嫌なに、タイやスリランカやシンガポール(ビーチはマレーシア)でビザを取る必要があったのだが、当然ビザを取ってすぐにとんぼ返りするわけもなく、苦情の出ない範囲でホリデーをする。まあ、あわせて3週間くらいは問題なくホリデーしていた。

その後、シンガポールで5年間有効でインドに連続して滞在できるビザを取ったのだけど、一年後にお金が底をついて日本に行くことになったのだが。

おお、日曜日の話だった。そういうわけで、ワーカには日曜日はない。でも、日曜日だというのは分る。というのは、サニヤシンの(ボランティアの)ワーカ以外に、ここには雇われている(サニヤシンではない)雇用者がいる。ここでは、レイバー(雇用者)と呼ばれ、ボランティアの「ワーカ」と呼び方が区別されている。

レイバーは基本的にお休みである。同じような仕事をしながら給料をもらって日曜日に休むなんざどういうことかと思うが、マネージャー達は「レイバーは鞭で叩くことが出来る」ことを理由に最近はレイバーを好む傾向にある。(鞭というのは、たとえ話です。まあ、強制できるという意味か?コントロールしやすいと意味か?ちゃんと働いてくれると言う意味か?)

レイバーがいないので、「ああ、今日は日曜日か」と分るのだ。

「日曜日がなかったら大変でしょう?」って聞かれることもあるが、実はそうではない。ワークにしろなんにしろ、アシュラムの中で何かをしていると基本的に元気になるのだ。

仕事に疲れたら、別の仕事をしたら元気になるのだ。最近はワークの環境も昔に比べたらよくなくなったのだけど、それでも、なぜか僕は昔のワークのように働いている。うひうひ。

要するに「文句を言いたい人」には「文句を言う機会が与えられる」って事がここでも起きているのかもしれない。

僕は「文句は言わずに楽しくワークしていたいし、楽しくワークできなかったら、楽しくできるようにする準備がある」ので、なぜが「いつでも楽しくワーク」が最初から出来ている。びひぶひ。

疲れたら7時からの瞑想のホワイトローブに出たら、疲れが取れて元気になるし、もっと疲れたり、マインドが「たまにはマインドの言うことを聞いてよ(違)」って言ったら、4時で家に帰ると「ぐだぐだ」する時間は十分ある。

先月は、風邪を引いて何度も休んでしまった。これもマインドの言うことを聞かなかった報いか?(なんのこっちゃ)。

知らない人が多いのだが、ここ、アシュラムでは「ワークをすると違った種類のエナジーや質が沢山もらえる」のだ。単なる訪問者でいるよりもお得というわけだ。普通の考え方では予想は出来ないが。

これは最初に門番を3時間したときにしった。「3時間も椅子に座って何もせずにいられるか」と思っていたら、椅子に座ったとたんに秘密が伝授された。

即座に違うフィールドの生活者になったのだ。瞑想的な空間とでも言いましょうか?エナジーも気持ちよく繊細に流れる。当時はワーカの(瞑想的・創造的)質も高く一緒にいて気持ちよく元気にしてくれる人が多かった。今だってそうだ。僕と一緒に働くのが好きだって言ってくれる人も多い。(ぶひひ

そういうわけで、アシュラムに来たら、ちょっとでも良いのでワークをして見ましょう。自分の「仕事」に対する信じ込みを落とすことが出来て、日本に帰ってからの仕事も楽しくなるかもしれません。

ラブ!

オショウ禅タロット

僕チンのタロットふゆさんの日記に今日のタロットが載っていたので、つい僕も引いたら、イシューは疲労だった。やれやれ。上で「疲れないぞ」って書いたせいか?疲れているってことなのか?生まれてから溜まっている疲れのことか?ああ、そうかも。

ふゆさんも僕も結論は「勇気」だ。今度会ったら挨拶は「勇気」ですね。しかし、ふゆさんのカードがきれいなのに、僕のはなんだか疲れてたり、怠けてたり。必要なのが「怠けること」なのか?それとも「怠けること:レイジー」に気がつけって事か?あとで思って見ます。

「このカードがもたらすメッセージは、このプールサイドのリゾートがあなたの最終的な目的地ではないということです。」はいはい。分りました。げー。

イシュー:46. 消耗

無意識:30. 理解

意識:45. トラベリング

指針:56. 怠惰

結論: 8. 勇気

ネットワーク・ブートLinuxの新版,「DVDブートより速く起動」

クライアント側の起動プログラムのサイズは約5Mバイト。「メールに添付して送信できるOS」(須崎氏)。CD用isoイメージになっている。「5Mバイトのプログラムを起動するだけで3.8GバイトのDVDに収録されたアプリケーションがすべて使用できる」.

これは、同じ設定のコンピュータを複数使う環境、まあ、オフィスだね、では、ありがたいこと。一枚の最新版のDVDをネットワークにひとつ置いておいたら、他のコンピュータはそこからすべてを立ち上げるような感じになる。

コンピュータの世話や、ウィルスの心配をせずにすむ。いつでも最新版にひとつをアップグレードしていたら、10台だろうが、100台だろうが、1000台だろうが、問題はない。PROXYというウェブアクセスの付加を軽くするサーバを必要なだけ用意しておいたら、速度もあがる。

これなど、学校環境にはもってこいだ。DVDにたらふくアプリケーションが載っていたら、文句言う人も少ないだろうし。

Evidence of 6 Dimensions or More?

there may be evidence of 6 dimensions. Galaxies seem to behave as there were more matter in them than is actually visible. 'One explanation, they say, is that three extra dimensions, in addition to the three spatial ones to which we are accustomed, are altering the effects of gravity over very short distances of about a nanometre.

Dark matter highlights extra dimensions

Welcome to the fourth dimension. And the fifth, and the sixth. A team of astrophysicists claims to have identified evidence that space is six-dimensional.

この記事は、宇宙が6次元かそれ以上の可能性が出てきたという話だ。ダーク・マター(暗黒物質)の存在や、ある銀河系の質量を調べているうちに出てきたアイデアらしいが、まだ、ちゃんと読んでません。

宇宙を「空間次元」と「時間次元」に分けて考えるのかな?特殊相対性理論では、3次元の空間+1次元の時間だった。一般相対性理論では、どうなんだろう、4次元の空間+1次元の時間だったのだろうか?知ってる人、教えて。

僕は、少なくとも時間は2次元に拡張することができる。マルチバースというのその考え方だ。1次元の時間というのは、決まった未来を動いているだけで、2次元の時間というのは「可能性の未来を選択しながら進んでいる」という考えになると思う。

一般相対性理論では、時間+空間が併せて4次元って気もするけどな。どうなんだろう?

love from setu

上の2つの記事に解説を追加

しました。読んでみてくださいね。ありがとう。

ジベリッシュ

今日のホワイトローブの最後のジベリッシュの時に、今まで出た事のないような声と言葉(ジベリッシュ語だが)が出て来た。結構、強烈だった。声を出しながら驚いている自分もいた。

こんなに長くオショウと一緒にジベリッシュしていてもこういう事があるんだなあ。まだまだ、自分は神秘です。

スティルネスの正体?

まあ、まだ宇宙が起きる前、宇宙が終った後の、スティルネス、現象化していない(Unmanifested)の話はしたと思う。宇宙には時間的な始めも終りもないという前提なので、このスティルネスは、時間の外にある。このスティルネスから、全宇宙空間と全時間などが生まれたので、これは当然、時間の外にある。

数日前、ブックストアーの前を歩きながら、ふと、そのスティルネスは今ここにも、空間としてあると来た。真空的空間か?そこに、映像のように物質世界が映し出されていると来た。

なるほど、宇宙の始めと終りは、空間で繋がれているのね。スティルネスは、今もこの現象の背後にあるって訳だ。なるほどー。宇宙の始めか終りから、どういう仕組みで宇宙を観測しているのかな?って思ってたけど、今でもどこにでもあるんなら、もっと単純な事になる。

宇宙は賢い。この空間が、観測者の正体って訳か?むむむ?

本日のツッコミ(全7件) [ツッコミを入れる]

kousui [わたしも、ひさ〜しぶりに引いたばっかりでした。 『 ライオン君 』が、ガッツ ^^v しようとしてるところ。。..]

ruu [違うフィールドの生活者ってわかる気がする。なんかワーカーになるとちがった世界が広がって新鮮で、エナジーもまわるよね。..]

乙女 [禅タロをみて、乙女リーディングでは、 そろそろ今自分の身を置いている状況から 動く時期が来ている気がしますです。..]

シーポヨ [>> 乙女 これはね、朝に思っていたことと大いに関係しているんだよ。多分、タロットを引いたのはあることを考えていた..]

amara [そうか みんな お花に みずやりとか してたなぁ・・ たのしそうに・・]

乙女 [なるほどね〜。その話を聞くと分かりやすい結果でしたね。 さて、どれくらい動くのでしょう???]

セトゥ [そうなの。朝、考えていた事をすっかり忘れていたんだけど、ふと思い出したら、まさにカードにぴったりの文字が並んでいるの..]


2005-09-05 [長年日記]

スポンテニティ(自発性)

ウィットネスを語る人は多いけど、スポンテニティ(自発性)を語る人はすくない。それは、ウィットネスしているには危険はないけど、スポンテニティは危険だからかも。

でも、ウィットネスは単に、スポンテニティを救い出す薬に過ぎず、スポンテニティなしでは、何も意味がないのではないか?スポンテニティとは内なるブッダが生きることを言う。(たぶん、がはは:以下言い切っても「多分」がついていると思って読んでね)。

内なるブッダが見ていても何の危険はない。ぼほほ。「見るだけよ。触っちゃだめ」げ。そんなのなし。好きにさせてくれなくちゃ、やだー。

オショウが禅とヨガを比較してみたときに言ったのが、もし、信頼してスポンテニティになる事ができるなら禅に進み、もし自分への不信があり病んでいると感じるなら、ヨガへ、パタンジャリへ進めと語った。

「私はあなた方に悟りを開いて欲しいのではない。私はあなた方に悟りを生きて欲しいのだ」とオショウが言った意味はなんだろう?

われわれは、悟りを開きたいだけなのか?それとも、悟りを生きたいのか?何度も自分に問い合わせてみる必要がある。マインドは言うかもしれない。悟ることは、この際、許そう。しかし、悟りを生きることは一瞬でも想ったりしないように。

いきはよいよいかえりはこわい。こわいながらも、とおりゃんせ、とおりゃんせ。

太陽が出たり、大雨が降ったり、太陽が出たり、大雨が降ったり

これが朝からの天気でござる。ランチの終わりころに急にドシャーとまた降った。これがバケツをひっくり返したような雨である。

と思ったら、1時間後には太陽が出ていた。わあ、スコールみたい。と、思っていたら、今、5時半に、また、ドシャーって降っている。

あめあめふれふれ、かあさんが、じゃのめで、おむかえ、うれしいな。ぴっち、ぴっち、ちゃっぷ、ちゃっぷ、らんらんらん。

と思ったら、また太陽が出た

これが一回なら「夕立ち」って感じなんだけど、一日に2度って言うのは初めてだな。多分、夜明け前にも雨が降っていたように見えたが。道がヌレヌレだったので。

本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]

アキラ [spontaneity の形容詞形のspontaneousには「のびのびした」という意味もあるのを知って、良い訳だと..]

シーポヨ [「自発」だとマインドが発しても自発に聞こえるので、他の言葉が欲しかった。「スポンテニアス」に対応する禅語は何かな? ..]

アキラ [以前OSHOの言葉で非常にいいのに出会った。ダルマが訳したんだが、それはだいたいこういうものだった・・・、 何..]

シーポヨ [ウィットネスしていると間違ったものは消えてゆき、正しいものは拡大してゆく。だから、ウィットネスしながら生きていると、..]

アキラ [>ウィットネスしていると間違ったものは消えてゆき、正しいものは拡大してゆく。 「観」自体が既にとっても正しいこ..]

シーポヨ [単に知っていることだけを書くと、こんな感じか。 「起きている」感じの時には正しい。自分を通して起きている。踊っ..]


2005-09-07 [長年日記]

お天気日記:落ち着いた天気

朝から落ち着いた天気だ。晴れているけど、太陽はぎらぎらしていない。晴れていると言っても薄くもやのかかったような青い、水色の空だ。空気は比較的乾燥していて、暑くも寒くも無い。

家のインターネットがダウン

一昨日の夜からインターネットが落ちている。ADSLのケーブルが切れているとか、接続がよくないとか、使っている最中に、突然切れたまま。

電話のサポートセンターも、以前は、問題が家だけなのか、エリア全体なのかを答えてくれたんだけど、最近のサポートセンターは、プーナじゃなくて、もっと大きいエリアをサポートしてる別の場所にあるようで、電話で話して「技術のものにお伝えします」で終わってしまう。

僕は夕方4時にならないと家にいないので、技術の人が電話してきてもいない。どうも、ほうっておいても直らないところをみると、家にエンジニアが来ないと対処できないトラブルのようだ。やれやれ。めんどくさい。

数ヶ月前に落雷の時にも、こんな風な状態で、5日くらいかかってしまった。

というわけで、インターネットはアシュラムからだけの状態です。

コンピュータ・ショップ:ミーラナガールの

ミーラナガールにコンピュータショップができたのだが、これが安くて良いみたい。サイバーカフェに売ってきた人が開いた店だそうで、ショップは小さいものの、すでに長い事大きな商売をしてきたようす。

ホールセールの価格で売ってくれる。まあ、他と比べてみたほうが良いかも知れませんが。面倒くさいときにはここで良さそう。

続・スポンテニティ(内発性)

(コメント欄に書いたけど、ここにコピペ)

単に知っていることだけを書くと、こんな感じか。

「起きている」感じの時には正しい。自分を通して起きている。踊っても、絵を描いても、詩を書いても、それをしているのは自分だという感じが無い。

「自分がやっている」という感じがある時に比べて、「自分を通して起きている」時には、エネルギーはずっと大きいし、より、今ここにいる密度が高い。そういうときには、目的は無くて、起きていること自体が目的で、それが起きていること自体がエクスタシー。

そのようにして描けた絵は、自分自身にはとてもすばらしいものに見える。見ていると、少なくとも自分には、内側で眠っている重要な何かのひとつを起こしてくれる。それが自分を通して起きた事に感謝すら感じる。

リーディングのセッションをしているときには、僕は知識としては知らなかった事を、良く知っている事として話しているし、クリアーで軽い確信とともに、答えがそこにある。

ボディワークなどをしている人には、そういう経験がよくあると思う。手が知っている。そのような時には知識は要らず、かえって知識は邪魔になる。

そんな風に、24時間生きられたら良いなあって思う。

アナディの日記の最近の連載

が実は、スポンテニティに関連している。「オショウ」が子供達のために、子供を育てる親のために話したような内容を拾ってきて、アップしてくれている。ここから読めます

スポンテニティのことを前回書いたあと、アナディの日記を見たら、関連していたので、シンクロニシティかな?とか思った。

マスター

ここで、私はあることを言いたい。これは私が生涯にわたって秘密にしてきたことだ。私はいつも、誰のマスターにもなりたくないと思っていた。

…… マスターであるということは、ひじょうに奇妙な仕事だ。ハートに関することを議論と論拠、合理性、哲学によって人びとに納得させなければならない。頭の働き(マインド)をハートの召使として使わなければならない。マスターのワークは、あなたの全エネルギーがハートへと入っていくように、あなたからマインドを取り去ることだ。

要点がわかるかね? 「マスター」という言葉は、弟子、信奉者という発想を生み出す。弟子、信奉者がいなければ、どうしてマスターがありうるかね? だが、「マスター」という言葉のスピリチュアルな意味は、自分自身をマスターするということだ。それはどんな信奉とも関係ない。群集に依存してはいないのだ。マスターはただ独りでいられる。私が話している「新しい人間」は、自分自身のマスターになる。

- Osho

急に曇って土砂降りの雨

うむむ。今日は一日、湿気もなく良い感じの天気かと思ったら、急に分厚い雲が広がったと思ったら、土砂降りだ。インターネットの復旧にエンジニアが4時半に家に来るはずなのだが、この土砂降りの中を出歩きたくない。リキシャで帰るにしても、リキシャまでの30メートルを歩くだけでも嫌だなあ。

家のインターネット復活

良かったぁ。

今日はガーネッシュ祭の初日

夕方からネットの修理のエンジニアを待つのに家にいたのだけど、二つ大きなガンパチ(ガーネッシュ)が通って行った。

ガンパチ・バッパァ

モーリィヤァ

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

ガヤトリ [ハロー! 今日の東京は、明るい曇り時々雨。雲の流れがとっても速かった。クレンジングされているようであった。 スポ..]

セトゥ [24時間ですよ! まあ、出来るだけ、スポンテニアスが起きるのを許したいですね。 朝にダイナミックしてから一日を過..]

セトゥ [じ、実は、クイックリリースを朝一番でしても、同じような効果は期待できます。スポンテニティが出て来やすくなるし、出て来..]

ガヤトリ [>セラピーは瞑想を含まないけど、瞑想はセラピーを含みますね。 そうなのか。セラピーからこちらに渡って来て、もは..]


2005-09-08 [長年日記]

デババニのハミング:ラララララ

やっぱりお腹が重たいので、9時に出かけるのはやめて休息してた。11時からセッションがブッキングになってるので、これはキャンセルしたくないので、行こう。夕方からお友達にセッションの約束。

少し休んでたらお腹も元気になった。やっぱり、ハミングもしてみた。朝起きて、ベッドのなかでそのままやってた。やっぱり良く効きます。

今、ふと思い付いて、ハミングじゃなくて、デババニ瞑想の、赤ん坊のように「ららららら」と言うのをやっている。こっちのほうが、僕のお腹には良いかも。お腹がくつろぐ。

と言ってる間にオフィスのデスクにいる

セッションじゃ行かなくちゃならないと思ってきたら、受ける人の都合でキャンセルになってた。こんなことならもうちょっと休養したらよかったとか思いながらも、オフィスにいる。

おなかが調子良くないなら、食べないほうがいいかな?と食べていなかったら放っておいても良くなってきてるです。

真言密教と(ワンネス)ディクシャ

友人がディクシャに関連する儀式に何度か参加している話を聞いた。「ホーマ」って言っていて、火を使うって言うんで、勝手にヒンドゥの普通の儀式のあれかと思っていたら、違った。

どうも、密教の護摩のようなものらしい。四角に壇を作って、そこで火を燃やしていろいろなものを入れながら儀式をするらしい。友人の聞くところでは、日本の密教の護摩の元になっているものだそうだ。

それで、なるほど、と、パズルの紐が解けた(?)。

神を降ろすこととと言い、護摩壇といい、ヒーリングを行うエナジーと言い、これは、日本では密教に相当するワークかもしれない。

実は、この日記にも書いているけど、ディクシャに興味がわいている最中に、空海の本を読んでいる。これは、小説ではなくて、史的事実を集めて、そこにある程度の予想も見せてくれる本だった。

その本はたまたま遊びに言った友達の家で沢山ある本の中から借りた数冊の本のひとつだったけど、読みながら、何かが読ませている感じがして、「多分、ディクシャのムーブメントと空海の真言密教のつながりがあるんだろう」と思っていた。

やっぱりそのようである。日本の密教の具体的なことはぜんぜん知らない。知り合いに密教をする人がいて、そこで護摩壇に呼ばれてすぐ横に座っていたことがある。

有名だと聞かされたダーサジがホーマ(護摩)をすると、それはそれは強いエネルギーが降りて来るそうである。見に行ったらよかった。

空海の本を読んでいて、「民衆には物をやれ。貴族にはダルマをやれ」って言う風な一節を読んで、ディクシャのムーブメントとの類似を感じた。

ディクシャでは、悟りが欲しいものには、そちらのワークを渡すけど、そうではない人々には、願い事がかなうようになるワークを渡す。願い事が全部かなっても、「それでもどうしようもない」と言う地点に行かないと、人は悟りを開きたいとは思わないようである。

まあ、詳しいつながりは知らないけど、インドで密教は生まれて、育ち中国に渡った。中国で花開くことなく数代つづき、すぐに空海が来て、すべての伝統を受けつぎ、正式な跡継ぎとなり、日本に持ち帰った。インドから中国へ、中国から日本へと正式な系統を受け継いでいるのが空海なのだが、空海では、二系統あった密教がひとつに統合された。

金剛密教と胎蔵密教の二つに分かれてインドで育ったのが、中国でひとつなり、空海によって統合された。どうも、去年の10月に日本に行ってから密教系のつながりが起きているんだけど、その一環だったわけだ。なるほど。

うれしい

うれしい。うれしい。あはははは。


2005-09-09 [長年日記]

真言密教の大日如来の起源はゾロアスター教?

ウィキペディアの大日如来の記事を見ると、そういう説があるそうだし、インドでの大日如来の名前:マハー・ヴァイローチャナから見ても、そうみたいだね。

そうなると、ディーバとアシュラの戦いがヒンドゥ教ではあるけど、これは、ヒンドゥ教の神々とゾロアスター教の神々の戦いがインド国内で起きたってことかもしれない。そうして、ゾロアスター教の何かが南インドへと伝わって行った可能性もあるかもしれないね。これは後で調べてみよう。

仏教と繋がったディーバと、仏教と繋がったアシュラの両方があると言うのが、実に興味深い。仏教はディーバとだけ繋がっていたのかと思っていたが。

関係がありそうなウィキペディア百科事典へのリンク:「密教」「空海」「真言宗」「タントラ教」「ゾロアスター教」「大日如来

ぎゃあ、今日は雨季の真っ只中のようだぁ

そうなの。昨日の夜に雨が降り始めてから、土砂降りになったり、しとしとになったり、雨が降り続けている。分厚い雲が広がっているなもし。

画像の説明というわけで、これが今の雲の状態だね。インドの上は大きな雲が広がっているね。

これじゃまったく本格的な雨季の状態と一緒だあ。また、大雨になるか?9月17日は満月なのでそれから天気が変わるって話もある。雨降りのガーネッシュ祭りは珍しいぞな、もし。

今は雨もやんでる。でも曇ってる。

夕方の雲の様子ここの衛星写真の雲の様子がちょくちょく更新して解りやすい。赤外線の写真は薄暗くても見えるのかな?このにはいろいろな衛星写真が置いてあるみたい。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

うきは [日本も台風がとおりすぎた、なんかおそうじされてるみたい。]


2005-09-10 [長年日記]

今日の朝早く、チェタンがオーストラリアに向かう

しくしく。この間、ネパールとチベットへ行って来てプーナに2週間ほどよって、オーストラリアに向かう。スガンドたちと一緒に遊んでからなので3月以来から遊んでたんだあ。

エベレストが見える5000メートル級の山の上で拾った石と、エッカート・トールのDVDビデオをもらった。さっき、オショウのポーディアムの大理石のかけらを二かけらプレゼントした。

多分、大昔にチベットの僧院で家族のように育った友達なんだと思う。最初にあった時から懐かしかった。さっき、挨拶をしたら胸がキュンとした。

プーナにいると沢山の人に会って仲良くなるけど、沢山の中の良い人と別れなくてはならない。しくしく。彼はもう60近いだろうから、今生で会えない可能性だってあるんだと思うと涙が滲むなあ。しくしく。

オーストラリアに行かなくちゃならない理由がもう一つできた。良かった。

ラブ

チャタン出発したかな?

朝の5時に出るって行ってたけど、ちゃんと出発できたかな?「寝過ごしたりしてたら良いなあ」とか「バスが来なかったら良いなあ」とか「飛行機が飛ばなかったら良いなあ」とか、好きな人が離れる時にはいつも思ってます。

この願いがかなった事はないです。まあ、存在が望む事がその人に起きたら良いなあって言うのが、ベースにある願い事だからかなあ。とほほ。

存在(Existance と Being のどちらでも)が望む事とマインドの望む事が逆の事が良くあるのでね。

[お天気日記] 暗い曇りで時々小雨が

降っております。やあ、雰囲気は雨季の真っ只中です。うううう。重い。今日は比較的寒げです。お出かけの際にはジャケットをお忘れなく。

デヴィ婦人と好感セッション

違う、交換セッションだってば。クイックリリースのセッションをしてあげて、ご自宅で夕食をニサーグとご馳走になった。

すごく凝った料理をいただいた。ソヤミートで作ったんだけど、お肉からお肉のいやらしさをとった感じで美味しいかった。最近の僕のおなかは以前に比べてすごい小さくなってるの。

半分くらいになってるかも。そのくらいしか食べないほうが調子ヨイ。食べる量が少ないと胃が数ヶ月で小さくなると言うのも、驚きだ。

食べられなかった分を、お持ち帰りにもらった。明日のランチ。

ワイン付きだったの。Madehla だったかな?う、ラベルを覚えてるんだが、名前は正確じゃない。このワインは二度目に飲んだんだが、インド製としてはいけるみたい。高くもない。

スペンインのワイン評論家のニサーグ先生の話では、」「ああ、これ今年のワインだから一年以上寝かしたらもっと美味しくなるよ」ということで「じゃあ、200本くらい買って寝かしとこうか」という話だけした。

別のイタリア人のワイン評論家(笑)の先生の話では、マデーラはインドで一番美味しいワインだよ。ということ。ニサーグはホワイトワインのほうがワインとしては美味しい出来だよって言ってた。

本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]

アキラ [あのデビ婦人?がリゾートに来てるわけ?メーソーしに。]

アニ子 [>アキラ ・・んなわけないやろ!!! (一応つっこみいれておきました。)   ↑これは関西人の愛です]

sameera [わ〜〜デビィの手料理食べたいなぁ。 ワイン、久しく飲んでないけどサトリといわれてるインドワインもおいしいよね。ニサ..]

アキラ [>アキラ >・・んなわけないやろ!!! >(一応つっこみいれておきました。)   ↑これは関西..]

セトゥ [> あのデビ婦人? はい、そうです。(あの) > しかし、デビ婦人がメーソーしてもええやろ。 そり..]


2005-09-11 [長年日記]

ティアスのセッションが良かった

良かったです。

ラブ


2005-09-13 [長年日記]

グーグルとオークットが合体

今日から、グーグルのソーシャルネットワークであるオークット(Orkut)のログインが、Gmailのログインと一緒になった。これは、オークットがグーグルの重要なサービスのひとつになるってことだ。

グーグルのひとつのログインでいろいろなサービスが受けられるようになる。グーグルもチャットのサービスを始めているのは話したよね。

これでメールと繋がった認証のあるサービスの複合体が作られてゆくことになる。楽しみだね。

僕と少しでも知り合いで、Gmailまたはオークットの招待が欲しい人は、連絡くださいね。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

Maru [セッチャン こんにちは 元気そうですね。 仙台は少し暑いですがそれでも吹く風には秋のにおいがします。 Gm..]

シーポヨ [>> Maru はい、マルちゃんの久しぶり。今、アシュラムで、マルちゃんのメアド持ってないので、突っ込みのE-ma..]


2005-09-14 [長年日記]

ちょっとオブジェクト・プログラミング遊び

テクニカル系のお話。最近、日記が静かだと思ったら、空き時間にはプログラミングして遊んでる。オブジェクト・プログラミングの枠組みを作ってみようと思ってる。

去年のバンコク滞在中にラップトップで遊んでいて、その時に Lisp系の言語、Schemaで遊んでいた。使っていたのはGauche。

もっと自然なプログラム作りはないかなあとか思っていて、それはオブジェクト指向プログラミングをもっと、実際の「物」に似せたらよいかと思って作って遊んでいた。バンコクでの暇時間が終わったら触るのをやめていた。

数日前、きっかけが何だったか忘れたけど、親が子供を生んで、子供が親の属性を受け継いだり、集合意識を共有するような感じで集合意識が学んだら、それに属するオブジェクトもそれを学んだかのようなプログラミングが出来ないかな?と思った。

実際のプログラムをいじり始めたのは数日だけど、もともとあった、オブジェクトのシステムが、実はほとんど、今、僕が作りたいものの原型になっていた。シンクロニシティというのはこういうものか?ちょうど一年後に前の仕事の続きをすることになるのも面白い。

開発中のコードや仕様書・作業書は、ここにおいてあります


2005-09-16 [長年日記]

ティアスのセッション、二度目

また、良かったですぅ。しばらくプーナにいるのかと期待していたら、実は日本の予定が二週間空いたので、急に飛んできただけなんだって、知らなかった。昨日は芝生の見えるコーヒーショップで数時間話したよ。

ティアスは元々ヒーラーとしてやってきていて、その後ディクシャにはまってギバーになったの。

霊気というがあって、これは日本で生まれて西洋を一周してきて日本でもヒットした。この時には、僕も「日本のオリジナルの霊気は途切れた」と教えらていたんだけど、実は西洋に霊気を持っていった人達が知らなかっただけで、日本の本家はちゃんと生きていた。

これは、数年前にネットを調べていて知って、いろいろと読んでみたりしていた。それが去年ティアスに久しぶりに会って話してみたら、実は彼は霊気の本家から伝授されてヒーラーをしているんだった。これはすごい。

実は、西洋に出ていかなかった霊気のテクニックなどもいろいろあるんだ。西洋系の霊気では、伝授(イニシエーション)の時には太陽に無かってするとか言うんだけど、本家では雨戸も閉めて真っ暗な中で伝授をするそうだ。

調べたり聞いたりしていると、西洋に出て行った霊気は、本当の霊気の本の一部だったり、解からない部分を勝手に作り上げたりしているんじゃないかとか思ったりするが。知らないので何とも言えない。

そいういわけでヒーラーとしての歴史もあるし、瞑想や創造性の歴史も長い。何と言っても良いのは、お気楽なところだなあ。好きだなあ。22日に大阪でディクシャ・セッションの予定。関西と九州の予定が続いているらしい。

プーナムは今日、日本を出発してチリに向かってしまった。インドからさらに遠くへ行っちゃったよ。

プーナムとティアスのディクシャはやっぱり違う。どちらもそれぞれに優れている。ティアスのディクシャの特徴というと僕に取っては、オショウがそのままディクシャをしてくれている感じか?

プーナムは、オショウに頼んでくれたり、必要に応じてオショウが関わってくれたりした。僕がオショウにも来ていて欲しいなあと思ったら、オショウが来てくれた。

ティアスの場合はオショウとの歴史が長いせいや、他の理由もあるんだろうけど、オショウの関わりが強い。前回も、今回も、昔の、もっともっとオショウ色の強かったサニヤス・イニシエーション(セレブレーション)から帰ってきたような感じが続く。

実際に、セッションを受けていてそこにやって来ているプレゼンスはオショウって感じだね。一度も、アンマやバガヴァンが主人公としては感じなかった。

ティアスは西日本で、プーナムは東日本が基本になっているんだね。一度いっしょにセッションをするのを受けてみたいなあ。うふふ。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

ruu [あれー?テアスったらいつのまにー? 私はてっきり遠隔でテアスのエナジーがきたのかと思っちゃった。フットワークが軽い..]

シーポヨ [>> ruu そうなのよ。フットワーク軽いのよ。プーナから日本を見に来たんだって。見えたんじゃないかな?うふふ。滋..]


2005-09-17 [長年日記]

[お天気日記] 曇り、霧雨

今日はそんな天気ですが、と、書いていたら、太陽が差し込んできました。


2005-09-18 [長年日記]

サニヤスのムーブメントの傷?

アメリカが終わって、オショウがボディを離れて、アメリカ時代やアメリカ以前に比べてサニヤスのムーブメントは勢いがないように感じるなあ。良くも悪くもムーブメントから、個人個人になったんだけど。

アメリカのコミューン時代の80年代には僕はサニヤシンだったけど、会社にいたり、自分のビジネスをしていた。コミューンの中に住んだ事はあったけれど、僕はコミューンのメンバーではなくて、滞在費を払って暮らしている形だった。

これは、僕はまだ自分にはその準備が出来ていなかったし、滞在費を払ってもあまりが沢山あったので、それで個人的には良かったのだ。僕は無理をしないと出来ないと感じていたし、コミューンのメンバーになるジャンプが出来るひとはすごいなあと感じていたのだ。

でも、もしかしたら、コミューンのメンバーだった人達も、もしかしたら無理をしていたのではないだろうかな?アメリカのコミューンの崩壊とともに、サニヤシンの勢いがいまいちないのは、もしかしたら、そのときの傷をまだ運んでいるのではないかと、思うこともある。

それ以前は、信頼とジャンプが合言葉のようだったのが、今は、それがどのくらいあるんだろうか?

サニヤスの世界にいない人達が、今や、信頼と共有とジャンプに向かっている時代に入っているんじゃないかと思う。世界的に何かの機が熟してきていて、傷のない人達は、その機に乗ってきているのじゃないかと思ったりする。

コミューン時代の崩壊は必要に応じて存在が起こした事だと信頼している。あれはあれで良かったのだ。記憶として正しい事が記憶された。ただ、オショウが「心理的記憶は必要ではない」というように、心理的な傷は必要ではない。心理的な記憶が必要なのは、無意識のロボットや、動物のような人達だけだ。

「信頼」というのは、人に任せることじゃないし、また、自分の責任を放棄することでもない。第一に、自分の内側からやってくる事に信頼が起きる必要がある。それがなくては、外への信頼は不可能じゃないかしら。自分への不信があり、そとを信頼すると、それは、信頼ではなくて、信じ込みになる。

自分に信頼があるというのは、自分のすること、した事に対して、文句をいわないと言うことだ。それは、自分の責任で自分が選んだ。だから、文句の言いようがない。

「自分の責任で自分が選んだのじゃなければ、それは文句を言うことができる」でも、そんな風に生きてみたい?自分で選んだのだから、その結果、自分に起きた事には文句は言わない。

「自分に起きた事には文句は言いたくないので、自分の責任で自分で選ぶ」自分の情熱のやりたいようにやっていれば、結果が何であれ、文句の言いようはない。結果が何であれ、それは「良かったのだ」。

仮りに「そこに自分の根付いた部分からの選択がない」としたら、結果が望まなかったことになると、痛い程に後悔があるかもしれない。また、それで結果が望んだようになっても、そこには、思った程の満足はないかもしれない。

そうして、「そこに自分の根付いた部分からの選択があるとき」結果なんてどうでも良い。そのように生きていることが、存在からの祝福なのだ。(とまあ、書くだけは書いておきます。ぶふふふふ。)。

ラブ

デヴィ様、アニーシャ様、感謝!

いやあ、急に予定がなくなって、昨日のお誘いのお断りを変更して、急におじゃまして、夕食をいただいて、いっぱいどうもありがとう。

無事、力車で家に帰り着き、日記などを書いてます。またご飯作ってください。今日の白いワインは軽くて良かったね。

本日のツッコミ(全9件) [ツッコミを入れる]

乙女 [パンチガニまでお出かけしたの? インドに白ワインがあるのか〜・・・。 どんな味かなと想像しましたが、やたらに甘そ..]

Qyou [アメリカといえば、WadudとWadudaはセドナを離れたんだよね。]

セトゥ [>>乙女 デヴィの家はコレガオンパークから力車で15分くらいの郊外のチャンダンナガールにあるんだよ。アニーシャは2..]

Sheel [サニヤスの世界にいない人達が、今や、信頼と共有とジャンプに向かっている時代に入っているんじゃないかと思う。世界的に何..]

Dharma Nirdosh [こちらでは、プーナムが運んできてくれたことから ムーブメントがおきつつあります。オールドサニヤシン もニューサニ..]

アニ子 [>デヴィ様、アニーシャ様、感謝! 律儀なお方・・ >乙女 ちなみに明日はアノーシェとクシュル(アノ..]

乙女 [>セトゥ そーなんだ。それは知らなかったわ。 別宅には私も何度かお邪魔したけど、パンチガニにも 行ってみたい。..]

Vinod [話、づれるけど、ハッピーハウスに長逗留している日本人のマ、シュラッダはまだ、プーナにいますか?]

wrlaqkmib fpvob [twxaqkj qowgyke rbjdh lwkfhstpe dywn mfshapk zcjiyhs]


2005-09-19 [長年日記]

おはよう日本

いやあ、オショウ・アシュラム、コレガオンパーク、マハラシュトラ州、インディアから、おはようございます。(あ、日本じゃ、「こんにちわ」の時間か?)

仙台のバベちゃんがLINUXをインストールした。今度は、デビアンに挑戦のようです。

(オフトピ:「朝鮮」の刺青をした西洋人の話

で、以前笑わせてもらったが、もしかして、こんな手順とか:

『「Challenge」は、日本語でなんていうんだ?』と聞いて、『「ちょうせん」って言うんだよ』って答えをもらう。で、刺青屋に行く

『「ちょうせん」って刺青してくれ』

『あいよ』と、刺青師は「朝鮮」の刺青をする。

いやなに、上で「デビアンに挑戦」と書いたときに、漢字変換が「デビアンに朝鮮」と変換したので思っただけ。

オフトピ、終わり)

本文終わり。


2005-09-22 [長年日記]

オショウの弟子になるには

サニヤスをもらったからって、本当の弟子になっているわけではない。僕は、これは「オショウが弟子として受け入れる」ことを待つ必要があるのかと思っていたら、これがそうじゃないみたいだな。どうも、基本はあくまで弟子側の準備というか信頼の問題に過ぎないみたいだ。

ヨガ:魂の科学(ヨガ:アルファからオメガまで、2巻)6章、質問3を翻訳してみた

ここで、オショウは、弟子になるには四つの扉があると言う。その四つの扉が開いてのみ、本当の弟子というか、24時間途切れることなくマスターと接触している弟子になることができる。

一つ目は、まあ、普通の意識。意識的に、マスターを受け入れる。これは普通の教師と学生のレベル。

二つ目は、愛がそこにある。恋愛のような関係。

三つ目は、身を任せる。これは「信頼」とでも言おうか。自由にしてくださいって態度。

四つ目は、超意識のドアだけど、これを開けるのはマスターの仕事。自分で開けることはできない。最初の三つのドアが開いている時に、マスターがやってきて、四つ目のドアを開くそうだ。

これは、なんとなく、納得である。

これとは別にウパニシャッドの道

というのもある。これはまだ翻訳していないけど、英語で打ち込んだ

これはヨガのやりかたと基本的に一緒じゃないかと思うけど、禅とウパニシャッドのやりかたの違いを説明している。

これはマスターと弟子の関係が基本的に違うのだって感じだ。

ウパニシャッドのマスターと弟子の関係は本当に恋愛のようなものだ。上の、四つ目の扉が開いている弟子とマスターの間で起きることだと思われる。

禅では、基本的に、弟子が自分一人でやる。マスターは指示するだけ。読むと、どうもこれは禅に限らず、ゴータマ・ブッダからの伝統の様にも聞こえる。

「ウパニシャッドのやりかたのほうが簡単なんだよ」って説明する。これはたぶん、「もし、弟子がマスターに身を任せることが出来たら」という事だろう。身を任せることが困難な人は、禅のやりかたが向いていることになる。

また身を任せると言っても物理的なレベルでの話ではなく、霊的なレベルでの話になると思うが。

本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]

kohra [耳が痛いオハナシで....。]

セトゥ [いやあ、実は思う程、難しいことではないらしい。 難しいと思っている考えが落ちたら、試してみたら良い。 「理由付け..]

ruu [4つ目がよくわかんない。 この間の瞑想会ではほんとにそこにOSHOがいるみたいな感覚があった。3つがあてはまるかは..]

セトゥ [>> ruu 四つめは、まあいわゆる超意識で、まあ瞑想の意識というか、創造性の意識というか、過去にとらわれていない..]

kohra [ザ・ウェイ・オブ・ホワイトクラウザにそんな章がありましたね。「まかせてごらん。あとは私は引き受けた」Setuのご説明..]


2005-09-23 [長年日記]

スティーブ・ジョブスの講和:「自分の人生を生きること」

アップルコンピュータ創立CEOのスティーブ・ジョブス氏のスタンフォード大学卒業祝賀スピーチというのを、Sheelの日記(mixiの会員のみ)からたどって読んだ。うん。いい。

なんとなく、似たようなのをやはりジョブスの言葉で以前読んだような気がする。ジョブスはインドを放浪した時期がある。放浪から帰って間もなく、アップルコンピュータを作った。上のスピーチを読んだらわかるけど、昔からスピリテュアルなひとである。

サニヤシンにマック使いが多いけど、これは、マックのデザインや操作性がスピリチュアルだからなのだ。ウィンドーズは非常にマインドを刺激して、「もっともっと」になってしまうのが、昔から好きでない。

昔からジョブスの事は好きで、追いかけていた。アップルを出て、NeXTを作った時には、これは感動物だった。コンピュータおたくはみんな欲しがったくらいだ。

今のマックOSXのベースになっているのが、このNeXTなのである。NeWSの見掛けをマックにして、マックの古いソフトも動くようにしたのが、MaxOSXなのである。まあ、そういう話は良い。

彼が、過去30年間、朝起きたら鏡を見て「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?」と質問するというのは、初めて聞いた話だ。

自分が死と隣り合わせにあることを忘れずに思うこと。これは私がこれまで人生を左右する重大な選択を迫られた時には常に、決断を下す最も大きな手掛かりとなってくれました。何故なら、ありとあらゆる物事はほとんど全て…外部からの期待の全て、己のプライドの全て、屈辱や挫折に対する恐怖の全て…こういったものは我々が死んだ瞬間に全て、きれいサッパリ消え去っていく以外ないものだからです。そして後に残されるのは本当に大事なことだけ。自分もいつかは死ぬ。そのことを思い起こせば自分が何か失ってしまうんじゃないかという思考の落とし穴は回避できるし、これは私の知る限り最善の防御策です。

君たちはもう素っ裸なんです。自分の心の赴くまま生きてならない理由など、何一つない。

これは、僕にも少しだけ覚えがある。何度か話した事があるけど、神戸の震災の5ヶ月前に神戸(芦屋)に引っ越した。後で思えばそうなんだけど、その頃から、「自分はもうすぐ死ぬかもしれない」という感じがすごくリアルにやって来た。

そこには何の恐怖もパニックもなくて、たんに静かな事実「私はもうすぐ死ぬ可能性が高くある」という感じがあった。それと一緒にいると、とても落ち着くのだ。だから、それはマインドのつくり出した事ではなくて、未来からの信号のようなものだと信頼できた。それは、「死ぬ」とは断定していなかった。

でも、それは自分が一本の細いパイプを通っていて、しばらく先でパイプが消滅している、といった感じだった。単に線が切れてなくなる可能性がある。周辺の事はなんにもわからない。どういう理由で死ぬのかもわからない。病気なのか事故なのかもわからない。何はともあれ、すごく真摯(しんし)な感じでそこにあった。どれは僕に取って非常に重要な事で、それは本当だと分かっていた。理由も分からずに。

それで、それから「もし僕がもうすぐ死ぬとしたら、どれを選ぶか?」というのが基本的な姿勢になった。その問いの答えは非常に論理的ではない。非常にばかげている。マインドはまったく賛成できないことを言う。でも、「もうすぐ死ぬかもしれない」ことをマインドも同意しているので、反対しない。

「OK。もうすぐ死ぬんだから、したいようにやって御覧。サポートはするよ。それに、もうすぐ死ぬんなら、危険を避けようとしても無駄だ。全ての危険は、死ぬことを避けることにあるのだから」とマインドも納得する。

そうしたら、それからの人生が遊園地に、アミューズメント・パークになった。後悔しないように選ぶ。死ぬときに「ああしたら良かった」とは思いたくない。もう時間はないのだ。5年先は確実にない可能性があり、たぶん1年もないというのが分かった。

何が一番後悔するだろう?と思った。何をしなかったら、もう一度生まれてきたいと思うだろう?と質問した。答えは単純だった。自分が少しでも愛を感じている人に愛を伝えなかったら、もう一度帰ってきて、それを伝えたくなるだろうと、思った。

たぶん、これは僕が何度も何度も生まれ変わってきた一番の理由かもしれない。愛を伝えなかったことは後悔になる。受け取ってもらう必要もない、「もし、愛が必要な事があったら、僕があなたを愛していることを思い出してほしい。」っていうメッセージだった。

それで、愛を感じたら、ハートに愛が起きたら、それは表現した。当時は仕事上、日本を旅していたんだけど、各地に恋人が出来てしまった。幸せだった。どこに行こうとも、自分は愛でいられるのだ。これはたまたま、失恋をした直後で、一緒に暮らしているパートナーと言うべき存在がなかった事も幸いした。(幸いした????)

いろんな事も沢山起きた。それまでなら、すこしすくんで選ばなかった事も選んだ。

選んでみると、それは自分が予想したのとは違って、簡単に事が進むことが分かった。マインド(思考)は未来の事を知っているかのように語るけど、実際にはそれが予想するような障害は起きない。むしろ、それが良そうだにしなかった事が起きて、物事はとんとん拍子に進む。案ずるより生むが安し。

そうして、全てがとんとん拍子に進んでいるあるとき、僕は名古屋にいて、神戸に帰って神戸の友人と遊びたがっていた。それまでは、自分が本当に望んでいることを選ぶと、存在の全てがそれをサポートするように動いていたのだけど、それが違った。

一方では、名古屋にもうしばらく滞在することが引っ張り、もう一方では、九州に行くことが引っ張っていた。九州には引っ越すところが決まっていて、そこでは早く来るように要請していた。

名古屋の熱田神宮に行った事がなかったので、そこを尋ねてみた。そうして、16日の朝まで名古屋にいることに決めた。実は、16日の朝までに(つまり15日の夜までに)なんとか九州にこれないかっていう要請もあった。

16日の朝早く、地震があった。名古屋でもちょっとした地震だった。

それから、突然「もうすぐ死ぬかもしれない」という感じが消えてしまった。その感じは懐かしい。もっと一緒にいて欲しかった。

それから、ジョブスのように、その質問を自分にすることはほとんどなくなった。それでも、マインドの反対を無視して、直観を選ぶことが多い。直観に従った方が、マインドの予想に反して、ものごとがうまく進んで、自分も満足することを、おそるおそる知っている。

だから、僕も自信を持っては進められないけど、(あはは)、君達もちょっとは試してみた方が良いよ。ジョブスは正しい、「今日死ぬとしたら」というとマインドは静かになる。マインドは、未来へ向かって進むために動いているらしい。マインドは後悔したくないのだ。マインドに取って、後悔することこそが地獄なのだ。

ジョブスの言葉の「原文」と「オーディオ」へのリンク

英語の原文がここにあります。2005年6月12日の発言だそうです。

これがスタンフォード大学のニュースページ。ジョブスの写真が載ってます。

これが、Wired紙のニュース(英語)。

ここにオーディオが置いてある様子。サーバが忙しい様子。継らないので、30扮後にトライしたら継りました。今ダウンロード中です。16.6MBのMP3。聞いちゃいました。うふふ。まあ、内容がスピリチュアルだよなあ。

リンクした翻訳とは違うかもなあって部分がある。翻訳では「心」となっているのは、ジョブスは「ハート」と言っている。英語と日本語を並べておいて、対訳表示しちゃおうかな?そうして、僕ごのみの訳にしなおしたい気もするが、まあ、いいか。

これが、ホールアース・カタログの裏表紙の写真

ちょっと最後の盛り上がりの部分を翻訳し直してみるね。

Your time is limited, so don't waste it living someone else's life. Don't be trapped by dogma - which is living with the results of other people's thinking. Don't let the noise of other's opinions drown out your own inner voice. And most important, have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become. Everything else is secondary.

君達の時間は限られている。だから、他の誰かの人生を生きることで、それを無駄にしないで欲しい。教義の罠にはまってはならない。それは他の人々の考えた結果によって生きる事だ。他人の意見の雑音に、あなた自身の内なる声をかき消させてはならない。そうして、もっとも重要な事、自分のハートと直観にしたがう勇気を持つこと。それらは、何故か、あなたが本当になりたい何かを既に知っているんだ。他の全ては、二番目の事だ。

-- 以下は、紹介したサイトの訳(ちょっとパワーが落ちてるでしょ?):

君たちの時間は限られている。だから自分以外の他の誰かの人生を生きて無駄にする暇なんかない。ドグマという罠に、絡め取られてはいけない。それは他の人たちの考え方が生んだ結果とともに生きていくということだからね。その他大勢の意見の雑音に自分の内なる声、心、直感を掻き消されないことです。自分の内なる声、心、直感というのは、どうしたわけか君が本当になりたいことが何か、もうとっくの昔に知っているんだ。だからそれ以外のことは全て、二の次でいい。

スポンテニティが生きる

自分(マインド)が生きているのか、スポンテニティ(内発性:ブッダ、空、存在)が生きているのかはっきりしてほしい。マインドが邪魔をしなければ、自動的にそれが生きはじめるはずなのだ。一生、マインドが生きているのを見守って終わりにするつもりなのか。

ジョブスのスピーチのワイヤード・ニュース

ああ、これは6月のワイヤード・ニュースに載っていたんだね。だから読んだ覚えがあったんだ。短いニュースだったので、軽くしか読んでいなかった。このときにスピーチの全文を聞くことが出来たら良かったのに。でも、今聞くことができた。良かった。

(ついでに上のワイヤードの英語ページのリンク切れも直しておきました)

本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]

うきは [ものすごく、なんつうか、響いたです。 そしたらぜんぶ許せそうだ、自分自身も、誰のことも 納得いかなかったこともぜ..]

ruu [これって、今日RUUが考えてた事とすごくシンクロしてる。 不思議だなぁ。さっき、私も帰り道、車の中で考えてた事だよ..]

セトゥ [>>ruu シンクロだー。シンクロの影にオショウあり。 >>うきは うふふふふ。もう、オショウに身を任せる..]

Sheel [Setuの訳の方が、いいですね♪]

ガヤトリ [-- 以下は、紹介したサイトの訳(ちょっとパワーが落ちてるでしょ?): うん、落ちてる! セトゥの訳のほうが..]

Diana [This shows real expertise. Thanks for the aenswr.]


2005-09-24 [長年日記]

愛と自由が満たされたら、人生に後悔はない

Man's greatest longing is for freedom.

Man IS a longing for freedom.

Freedom is the very essential core of human consciousness:

love is its circumference and freedom is its center.

These two fullfilled, life has no regret.

----

人の最大の憧れは自由に対するものだ。

人は、自由への憧れ「なのだ」。

自由は人類意識の正に本質的な核なのだ。

愛はその周辺部で、自由はその中心だ。

この二つが満たされると、人生には後悔がない。

-- Osho

Linuxの一部として ie6 が動いてる

ie6 on Linux

ie6ってたぶん今のあなたが使っているウィンドーズのブラウザーの最新版だね。それが、僕の、Linuxの一部として境目もなく(シームレスに)動いている。WindowsのソフトをLinuxで直接動かすWineって仕組みのおかげだ。

今までは、Vmwareっていう仮想コンピュータというのをLinuxの上で動かして、その上でウィンドーズを動かしていたのだけど。その必要も更に少なくなるなあ。

なんと、マイクロソフトのサイトから ie6 のインストーラをダウンロードして、それを、Linuxの上で動かすと、インストールが終わるという、Linuxを使ってるのか、Windowsを使っているのか分からないよう感じだ。

Linuxの上で直接動いてる、Gnomeのウインドーマネージャの外枠を持っている ie6 が動いている。で、Flashを使っているページにいったら、ie6用のFlashのプラグインは間だのっていないから、見えないけど、プラグインのインストールをクリックしたらFlashのインストールを勝手にして、表示した。

なんのてこずりもなくて、驚いた。

ie6のインストールは、Wineの設定にちょっとした技がいるようなんですが、その技を勝手にやってくれる、ツールがあって、それで載せたよ。何もてこずらなかった。

僕の Linux は、Debian-Sargeというのだけど、これに載っているのよりひと月新しい wine が必要なので、etch(時期安定版のtesting)から、wineを借りてきて載せたよ。この辺のやりかたは、後でどこかに書くから、早く欲しかったら聞いてね。

すごいなあって感心してます。

結構、Linux上で動くWindows用のアプリが増えてきてるらしいです。

毎週、水曜日の11時から12時半まで、ミニセッション

マルチバーシティ・プラザで受けられます。20分のを3回するので、突然予約もなしに来ても受けられます。エナジーリーディングのメニューになってますが、クイックリリースのミニ版をします。20分でもそれなりの必要な事が置きます。

たぶん300ルピーくらいだと思うよ。お安いです。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

乙女 [私も今度来プーしたらセッションお願いしようかな? 交換セッションしようよ。]

シーポヨ [>>乙女 交換セッションしようね。楽しみ。]


2005-09-26 [長年日記]

昨日のディナー、むふふ

10日ほど前にDちゃんにしたセッションのお返しに、僕とニサーグと二人でディナーに招待してもらった。メーンランド・チャイナに行ったよ。久しぶりだけど美味しかった。一番いい感じのテーブルがあいていて、そこに座れた。落ち着いて静かに楽しめたよ。

Dちゃん可愛いな。パパになってあげたい。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

jane [むふふ]

セトゥ [愛娘のjaneちゃん、お元気でなりよりですぅ。いつパパに会いにこれるのかな?楽しみに待ってます。オショウにお出迎えに..]


2005-09-29 [長年日記]

ちょっとインドから出て帰ってくる羽目に

やれやれ。5年のビザを持っているんだけど、数日前に外国人登録の更新に行ったら、連続して滞在できるのは6ヶ月になったとかで、急にインドから出て、帰ってくることになった。

ニューデリーで申請したら、外国人登録を延ばしてもらえる可能性もある。でも3ヶ月か6ヶ月しか延びないだろうとかいう話もある。

なんでか、今月はバンコクのチケットが格安で税込みで12500ルピーだという。去年は23000ルピーくらいした。今までだって安くても18000ルピーとかそんな感じだ。そうすると二人で10000ルピーが安くなったことになる。

この先の、6ヶ月はどうなるかは分らないけど、今回はバンコクへ行ってこようかなと思ってる。

一瞬、どうせインドを出るんだから日本にセッションにでも行こうかな?と思ったけど、急な話なので人も集まらないだろう。東京ではセッションとQRのトレーニングをやってくれるって所が出来ているんだけどさ。

オショウと弟子

オショウについては、僕も最近ちょっとした進展がある。オショウと弟子って周辺でここ数年思うことがあった。

基本的にどういうことかというと、よそのマスターや、サニヤシン出身のマスターのところに行った人たちが、どちらかというと禅的なアプローチに行っていて、彼らはオショウが作っていったマスターと弟子の関係性には比較的、批判的なのだ。

それはそれでよしと見ていた。要するにオショウはありとあらゆる道を用意して行った。要するに、各種の伝統がもし生まれるならオショウから生まれることができる。なおかつオショウは伝統を受け継いでいない。

禅的アプローチからみると、オショウと弟子のべったりした関係は理解ができないと思う。それで、適当な講和を見つけたいなあと思っていたら、ダルマダスが、彼は彼の文脈で持ち運んでいて、そうして僕に紹介してくれた。

僕、個人的には、禅の道を歩くことが多かったと思う。今の生でも、以前の生でも。でも、オショウとの関係は、禅的ではない。もっとべったりとした関係だ。僕とオショウの区別がない。オショウを愛すると感じるとき、僕は僕を愛すると感じてしまう。

世界にはオショウだけあったら僕には満足。他には何もいららい。これは、僕の個人的なあり方だから、それは他の人には関係のない話で、それを押し付ける必要もない。どちらかというと、独り占めしていたいので(人には紹介したくない、がはは)。

ウパニシャッドは、禅よりももっと人間的な現象だ。それは人間の現実に近い。というのは、それは愛により近いからだ。それはもっと容易に理解することができる。というのは、なんらかの瞬間に愛を味わった事のない人物を見付けることはとても難しい。そこには何からの経験があり、それは、マスターと弟子がお互いの中に溶けあったら起きる何かを、彼に説明するのに使うことが出来る、

オショウ的なマスターと弟子の関係を禅的に見たら、まったく正しくないかもしれない。上の引用をクリックすると、全文をみることができるけど、翻訳は半分しか終わっていない。

これらのオショウの言葉をみながら、これは僕とオショウの関係を見るようだと思った。少なくとも、オショウが僕に働きかけていたのが、そういうことだったのかと、よく分る。人生の中で、いくつかのステップがある。

そろそろオショウの仕事をもうすこし大々的にするような気がしている。いくつかの用意はしているのが分るけど、でも、どんな風に始まって、どんな風に形を取るのかも知らない。始まったら付いていくだけだ。

これらの周辺の講和を集めて、ちょっとした体系になるように並べてみたい。これはオショウの一部を体系にするというだけで、全体を体系にすることは出来ない。オショウは、あなたが個人的に自分自身の関わり方を決めることが出来るんだと思う。

翻訳終わり

上の文章を書いた後、つい、翻訳をはじめたら終わってしまった。まだ、見直していないですが、全部を日本語で読めるようになりました。

ここは、アシュラムのクリシュナハウスのラーダホールと言う場所で、プーナ1の初期にオショウが講和をしていた場所だと聞いています。

もしかして、ヨガのシリーズはここで行われたのかな?

まあ、翻訳したのはオショウ・ウパニシャッドで、これは、アメリカのオレゴンのコミューンで、ごく少数の弟子達に向かって話されました。話された後、それはビデオで他の弟子達も大きなホールで見ることが出来ました。

僕が当時住んでいた、東京のコミューンにもそのビデオが全部定期的に送られてきて、毎日、すべてを見ることが出来るようになっていました。すばらしかったです。

日本でも、毎日、プーナと同じペースでホワイトローブとビデオ講和が起きるようになったらよいですね。

ラブ!

ウィットネス指向のどこが問題なんだろう?

ウィットネス中心で行くと、二つの区別がある。何が良いとは言えないのだ。あくまで個人個人にふさわしいやり方がある。

There are the two ways. Either become completely aware so that whatsoever is happening just becomes objective, you are totally cut off from it, you become a witness. Or, get involved completely so that there is no witness at all, you have become whatsoever is happening - there is no witness to it.

Both lead to the same, because deep down the real thing is not whether you get lost or you remain alert. The real thing is to be t total - totally lost or totally aware. In both the cases you fullfill the condition of being total. So don't think that they are opposites.

- Osho: Tao: The Three Treasures, volume 2, #6

翻訳してみる:

そこには二つの道筋がある。完全に気づきになり何であり起きていることに単に客観的になる。あなたはそれから完全に切り離されている。あなたは一つの気づきになる。もしくは、完全に巻き込まれる、そしてそこには何の気づきもなくなる。あなたは何であれ起きている事になる。- そこには何の目撃者もいない。

両方とも同じところへつれて行く。というのは、深い底では、真の事は、失われていることでも、気づいている事でもない。真の事はトータルになることだ - トータルに失われるか、トータルに気づいているか。どちらの場合も、あなたはトータルになるという条件を満たす。だから、それらは反対にあると思ってはならない。

- オショウ:タオ:三つの宝、第二巻、第六章。

だから、ウィットネスが向いている人と、完全に巻き込まれることが向いている人の場合があれば、同じ人でも、時期によって違う場合もあるかもしれない。

例えば、「気づいている」というと、四六時中、自分のすることや、人のすることを、「良い悪い」と判断しつづける人は、もしかしたら、ウィットネスの時期ではないかもしれない。

オショウの瞑想でも、クンダリーニ瞑想では、踊るときには、自分の踊りを見守る。ナタラジ瞑想では、踊るときには気づいていることもすっかりと忘れて踊りになりきる。というオショウのガイダンスに、違いがある。

瞑想には、自分が一番壊れていない場所を使えば良いのだ。ウィットネスが壊れているなら、他の道具を使えば良い。

上の引用は、最近のアシュラムの、寄宿制のワークのプログラムの一部になっているトレーニングコースでも、使われている。最近とみに、ウィットネスを表に出して、ウィットネスが全てのようにアシュラムでもいわれていたので、こういうバランスのとり直しが起きているんだろうと思う。

例えば、愛と瞑想の道とわけることがあるが、愛の道では、完全に巻き込まれて起きていることになる。瞑想の道では、気づいていて、客観的にある。オショウは、両方の道を行くように言ってもいる。

例えば、オショウが肉体にいる頃に集まっていた人々は、比較的、肉体的な存在がないとどうにもならない人達が多いのかもしれない。オショウが肉体を離れてくる人達には、とても敏感で、オショウの肉体的な存在を必要としない人達が多いとも感じる。

新しい人達のほうがずっと準備が整ってやってきていると感じることも多い。不思議な事だ。だから、新しい人達は、あまり古い人達の言葉に振り回されずに、自分の感じを信頼した方がよい。自分がこれで良いと感じていたら、古い人が違うと言っても、軽く聞き流しておいた方が良い場合もある。

「ウィットネス:気づき」と「スポンテニティ:内発性」

ウィットネスを主張している人達が、スポンテニティについて触れているのを聞いた事が少ないのを、非常に不思議に思っている。これらは、二つで一つと言う風な物だと思っている。どちらがかけても、何かがかけている。

スポンテニティから始めても良い。もし、それが簡単ならば。ウィットネスから始めてもい。もし、それが簡単ならば。そんな風に思っている。ウィットネスは、どちらかと言うと、否定的な道で、スポンテニティは、どちらかというと、肯定的な道だ。

ウィットネスをしていたら、スポンテニティが表れ始めるはずだ。

また、スポンテニティを生きていたら、ウィットネスが表れ始めるはずだ。

そんな風に感じている。対応するオショウの言葉は、そのうちに見付かるでしょう。

本日のツッコミ(全8件) [ツッコミを入れる]

kousui [  いろいろと、参考になります。 ありがとう。。。m(_._)m “瞑想の道”と“愛の道” わた..]

kohra [有難う御座いました。合掌。]

うきは [愛の道はなにかとても自然な楽なかんじがする、 たまーに、観ていること が、起こることがある…ってかんじかな、今の..]

アキラ [>ウィットネスを主張している人達が、スポンテニティについて触れているのを聞いた事が少ないのを、非常に不思議に思ってい..]

dharmadas [気づきはNO MINDに導き 内発性はNO MINDから来る ってアサンガにいわれました 参考までに]

セトゥ [>> Kousui > “瞑想の道”と“愛の道” > わたしたち“ Osho の人たち ”は、両方楽しむ♪ w^..]

セトゥ [>> あきら ところで、あきらは内発性が現れていると思うよ。 特に、ディクシャ後から素直に現れるようになったんじ..]

アキラ [ディクシャ後ですか・・・(ニコ)ブリブリやってたのは数年前だからね。人間ちっとは変わるよ。ディクシャかねー、ふふ。ま..]


2005-09-30 [長年日記]

素晴らしいことをする必要はない、好きな事をすれば良い。

今、ぼーっとしていたら、ふっと、言葉を思い付いた。

「素晴らしいことをする必要はない、好きな事をすれば良い」んです。

これは、そうだ。そういう罠がある。素晴らしいことと言うのは、他人中心である。好きな事というのは、自分中心である。

他人を中心にして、自分が満足するはずがない。他人を満たしても、自分が満たされることはない。そういう罠が、どこにでもある。

さあ、この言葉はどこから来たんだろう。

本日のツッコミ(全9件) [ツッコミを入れる]

みどりん [今、そういうことが書かれた本を読んでいます。「ソース(源)」という題名です。 「ワクワクする」ことをやっていけば、..]

ukiha [今日引いたカードが偶然「ソース(源)」だった・・]

アキラ [やりたいことは素晴らしいこと、という言葉が浮かんだ]

シーポヨ [>>アキラ そうだそうだ。 本当の本当にやりたい事は、誰が何と言おうとすばらしいことだし、本当にやりたくてや..]

みどりん [うーむ、、、「ブッダ」っていう題名の手塚治虫さん作の漫画を図書館から借りて読んでるところです。。。 ブッダ=自..]

セトゥ [> ブッダ=自分の本性 これは誰でもがそうですよ。聞いた話ですが(爆笑 ゴータマ(シッダルタ)ブッダは、それを知..]

みどりん [あ、そうか! 漫画にも書いてありました、ブッダ=悟った人、って。 ありがとうございます♪]

シーポヨ [内なるブッダが生きることを許せる、内なるブッダが生きることをはぐくむ世の中になって欲しいです。今でも、基本的には生き..]

みどりん [封じ込められた「ブッダ」を再生させるための過程=この世での人生 というふうに考えてましたが、 ブッダになってから..]


月齢:日

2005年
9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Oh!Ah!Now!
せっちゃんの
シーポヨのしわざ
自由なバザール
クイックリリース
コピーレフトの
ヒーリング体系
シーポヨ絵なし日記
ヘンプ(大麻)のはなし
ヘンプ(大麻)の記事
シーポヨ絵百科事典
エオラノート
にさちゃんの
Lotus Paradise
ロータス パラダイス
チャネリング クリスタル
(売ってるよ)
せっちゃんの好きな
ハーティスト・カフェ
アーユルヴェーダ料理
あまらの日記
オショウ禅タロット
アーユルヴェーダ
ハーブと自然な製品の
印度サマサティ
パワーストーン占い



地球復興
木を植えるNGO
セブンアローズ

史上最強の
トータルサイト
O h ! A h ! N o w !

ちょっと おまぬけな
プラネット マガジン
うおんばっと

さみちゃの
そよかぜ日記
カフェDEアース



最新のコメント:
1.Diana(04-26 20:32)
2.cash in advance(01-24 04:37)
3.wrlaqkmib fpvob(09-29 00:10)
4.みどりん(10-02 20:06)
5.シーポヨ(10-02 15:05)
6.みどりん(10-02 11:46)
7.セトゥ(10-01 22:31)
8.みどりん(10-01 21:38)
9.シーポヨ(10-01 13:32)
10.アキラ(10-01 12:24)
11.ukiha(10-01 10:29)
12.みどりん(10-01 08:50)
13.アキラ(10-01 00:18)
14.セトゥ(09-30 22:59)
15.セトゥ(09-30 22:58)











地球は 懐かしい星


しばらく 離れていたから、良く分かるよ。

遠くから最後に見た地球は 何度も思い出した。
涙を流しながら 帰りたいと 思ったから、
たましいの深く深くに 刻み込まれている。

いつか帰れれるとおもって
ずっと ずっと 待ち続けたおもいで。

遠くはなれて、もう 見えなくなった 悲しい思い出。。。

ほかの 星でながいこと ながいことくらしていた。
時々 思い出した 最後に 見た地球。。。。。

地球を 愛してあげてね。。。 シーポヨの お願い。。。

日記の目次:

2005-09-30

素晴らしいことをする必要はない、好きな事をすれば良い。

2005-09-29

ちょっとインドから出て帰ってくる羽目に
オショウと弟子
翻訳終わり
ウィットネス指向のどこが問題なんだろう?
「ウィットネス:気づき」と「スポンテニティ:内発性」

2005-09-26

昨日のディナー、むふふ

2005-09-24

愛と自由が満たされたら、人生に後悔はない
Linuxの一部として ie6 が動いてる
毎週、水曜日の11時から12時半まで、ミニセッション

2005-09-23

スティーブ・ジョブスの講和:「自分の人生を生きること」
ジョブスの言葉の「原文」と「オーディオ」へのリンク
スポンテニティが生きる
ジョブスのスピーチのワイヤード・ニュース

2005-09-22

オショウの弟子になるには

2005-09-19

おはよう日本

2005-09-18

サニヤスのムーブメントの傷?
デヴィ様、アニーシャ様、感謝!

2005-09-17

曇り、霧雨

2005-09-16

ティアスのセッション、二度目

2005-09-14

ちょっとオブジェクト・プログラミング遊び

2005-09-13

グーグルとオークットが合体

2005-09-11

ティアスのセッションが良かった

2005-09-10

今日の朝早く、チェタンがオーストラリアに向かう
チャタン出発したかな?
暗い曇りで時々小雨が
デヴィ婦人と好感セッション

2005-09-09

真言密教の大日如来の起源はゾロアスター教?
ぎゃあ、今日は雨季の真っ只中のようだぁ
今は雨もやんでる。でも曇ってる。

2005-09-08

デババニのハミング:ラララララ
と言ってる間にオフィスのデスクにいる
真言密教と(ワンネス)ディクシャ
うれしい

2005-09-07

お天気日記:落ち着いた天気
家のインターネットがダウン
コンピュータ・ショップ:ミーラナガールの
続・スポンテニティ(内発性)
アナディの日記の最近の連載
マスター
急に曇って土砂降りの雨
家のインターネット復活
今日はガーネッシュ祭の初日

2005-09-05

スポンテニティ(自発性)
太陽が出たり、大雨が降ったり、太陽が出たり、大雨が降ったり
と思ったら、また太陽が出た

2005-09-04

朝から曇り
日曜日って何ですか?
オショウ禅タロット
ネットワーク・ブートLinuxの新版,「DVDブートより速く起動」
Evidence of 6 Dimensions or More?
上の2つの記事に解説を追加
ジベリッシュ
スティルネスの正体?

2005-09-03

昨日も土砂降り
プーナムちゃんちでロータスパラダイスの販売を
18歳未満アクセス禁止

2005-09-01

質問を理解する事、質問になりきる事
ビーチ。ビーチ。ビーチ。
雷、大風、大雨
郵便貯金の民営化とか
 あなたがあなたを愛しています。
2005年
9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2001|10|11|12|
2002|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|06|09|11|
2008|05|06|
Powered by Oh!Ah!Now!
Powered by Oh!Ah!Net!
アクセスアップ.ORG 一括登録 SEO等