シーポヨ絵なし日記・ときどき絵日記



覚えていますか?
初めてこの地球にたどり着いた時の事。

青く輝く地球に照らされて、
地上のどんなダイヤモンドよりも
美しく光輝いていた あなたの 姿を

Remember that you are beautiful.

You are the beauty.
You are the joy.
You are the creativity.
ロータス・パラダイス - 新しい存在の開花

ありがとう (はぁと)。
Google
 
Web Oh!Ah!Now!の中だけ探す

2001|10|11|12|
2002|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|06|09|11|
2008|05|06|

トップ «前の日記(2005-09-26) 最新 次の日記(2005-09-30)» 編集
RSS(目次情報)

Bookmark | Free Hugs | QR | Tech | map | tech | おすすめ | お天気日記 | ぼそ | アーユルヴェーダ | アシュラム | イベント | インド | ウェブ | オショウ | コチャン | コレガオンパーク | テク | デジカメ | ネットの道具 | ハート | ハーブ | バンコク | ビデオ | プーナ | ヘンプ | マグダラのマリア | リゾート | リンク | ヴィジョン | 宇宙 | 映画 | 音楽 | | 経済 | 健康 | 今日 | | 自叙伝 | 自由な世界 | 写真 | | | | 神秘 | 世界 | 生活 | 地球 | 停電 | 日記帖 | 日記帳 | 日本 | | 友達 | 予定 | 旅行 | 旅行記 | 料理 | 歴史


2005-09-29 [長年日記]

ちょっとインドから出て帰ってくる羽目に

やれやれ。5年のビザを持っているんだけど、数日前に外国人登録の更新に行ったら、連続して滞在できるのは6ヶ月になったとかで、急にインドから出て、帰ってくることになった。

ニューデリーで申請したら、外国人登録を延ばしてもらえる可能性もある。でも3ヶ月か6ヶ月しか延びないだろうとかいう話もある。

なんでか、今月はバンコクのチケットが格安で税込みで12500ルピーだという。去年は23000ルピーくらいした。今までだって安くても18000ルピーとかそんな感じだ。そうすると二人で10000ルピーが安くなったことになる。

この先の、6ヶ月はどうなるかは分らないけど、今回はバンコクへ行ってこようかなと思ってる。

一瞬、どうせインドを出るんだから日本にセッションにでも行こうかな?と思ったけど、急な話なので人も集まらないだろう。東京ではセッションとQRのトレーニングをやってくれるって所が出来ているんだけどさ。

オショウと弟子

オショウについては、僕も最近ちょっとした進展がある。オショウと弟子って周辺でここ数年思うことがあった。

基本的にどういうことかというと、よそのマスターや、サニヤシン出身のマスターのところに行った人たちが、どちらかというと禅的なアプローチに行っていて、彼らはオショウが作っていったマスターと弟子の関係性には比較的、批判的なのだ。

それはそれでよしと見ていた。要するにオショウはありとあらゆる道を用意して行った。要するに、各種の伝統がもし生まれるならオショウから生まれることができる。なおかつオショウは伝統を受け継いでいない。

禅的アプローチからみると、オショウと弟子のべったりした関係は理解ができないと思う。それで、適当な講和を見つけたいなあと思っていたら、ダルマダスが、彼は彼の文脈で持ち運んでいて、そうして僕に紹介してくれた。

僕、個人的には、禅の道を歩くことが多かったと思う。今の生でも、以前の生でも。でも、オショウとの関係は、禅的ではない。もっとべったりとした関係だ。僕とオショウの区別がない。オショウを愛すると感じるとき、僕は僕を愛すると感じてしまう。

世界にはオショウだけあったら僕には満足。他には何もいららい。これは、僕の個人的なあり方だから、それは他の人には関係のない話で、それを押し付ける必要もない。どちらかというと、独り占めしていたいので(人には紹介したくない、がはは)。

ウパニシャッドは、禅よりももっと人間的な現象だ。それは人間の現実に近い。というのは、それは愛により近いからだ。それはもっと容易に理解することができる。というのは、なんらかの瞬間に愛を味わった事のない人物を見付けることはとても難しい。そこには何からの経験があり、それは、マスターと弟子がお互いの中に溶けあったら起きる何かを、彼に説明するのに使うことが出来る、

オショウ的なマスターと弟子の関係を禅的に見たら、まったく正しくないかもしれない。上の引用をクリックすると、全文をみることができるけど、翻訳は半分しか終わっていない。

これらのオショウの言葉をみながら、これは僕とオショウの関係を見るようだと思った。少なくとも、オショウが僕に働きかけていたのが、そういうことだったのかと、よく分る。人生の中で、いくつかのステップがある。

そろそろオショウの仕事をもうすこし大々的にするような気がしている。いくつかの用意はしているのが分るけど、でも、どんな風に始まって、どんな風に形を取るのかも知らない。始まったら付いていくだけだ。

これらの周辺の講和を集めて、ちょっとした体系になるように並べてみたい。これはオショウの一部を体系にするというだけで、全体を体系にすることは出来ない。オショウは、あなたが個人的に自分自身の関わり方を決めることが出来るんだと思う。

翻訳終わり

上の文章を書いた後、つい、翻訳をはじめたら終わってしまった。まだ、見直していないですが、全部を日本語で読めるようになりました。

ここは、アシュラムのクリシュナハウスのラーダホールと言う場所で、プーナ1の初期にオショウが講和をしていた場所だと聞いています。

もしかして、ヨガのシリーズはここで行われたのかな?

まあ、翻訳したのはオショウ・ウパニシャッドで、これは、アメリカのオレゴンのコミューンで、ごく少数の弟子達に向かって話されました。話された後、それはビデオで他の弟子達も大きなホールで見ることが出来ました。

僕が当時住んでいた、東京のコミューンにもそのビデオが全部定期的に送られてきて、毎日、すべてを見ることが出来るようになっていました。すばらしかったです。

日本でも、毎日、プーナと同じペースでホワイトローブとビデオ講和が起きるようになったらよいですね。

ラブ!

ウィットネス指向のどこが問題なんだろう?

ウィットネス中心で行くと、二つの区別がある。何が良いとは言えないのだ。あくまで個人個人にふさわしいやり方がある。

There are the two ways. Either become completely aware so that whatsoever is happening just becomes objective, you are totally cut off from it, you become a witness. Or, get involved completely so that there is no witness at all, you have become whatsoever is happening - there is no witness to it.

Both lead to the same, because deep down the real thing is not whether you get lost or you remain alert. The real thing is to be t total - totally lost or totally aware. In both the cases you fullfill the condition of being total. So don't think that they are opposites.

- Osho: Tao: The Three Treasures, volume 2, #6

翻訳してみる:

そこには二つの道筋がある。完全に気づきになり何であり起きていることに単に客観的になる。あなたはそれから完全に切り離されている。あなたは一つの気づきになる。もしくは、完全に巻き込まれる、そしてそこには何の気づきもなくなる。あなたは何であれ起きている事になる。- そこには何の目撃者もいない。

両方とも同じところへつれて行く。というのは、深い底では、真の事は、失われていることでも、気づいている事でもない。真の事はトータルになることだ - トータルに失われるか、トータルに気づいているか。どちらの場合も、あなたはトータルになるという条件を満たす。だから、それらは反対にあると思ってはならない。

- オショウ:タオ:三つの宝、第二巻、第六章。

だから、ウィットネスが向いている人と、完全に巻き込まれることが向いている人の場合があれば、同じ人でも、時期によって違う場合もあるかもしれない。

例えば、「気づいている」というと、四六時中、自分のすることや、人のすることを、「良い悪い」と判断しつづける人は、もしかしたら、ウィットネスの時期ではないかもしれない。

オショウの瞑想でも、クンダリーニ瞑想では、踊るときには、自分の踊りを見守る。ナタラジ瞑想では、踊るときには気づいていることもすっかりと忘れて踊りになりきる。というオショウのガイダンスに、違いがある。

瞑想には、自分が一番壊れていない場所を使えば良いのだ。ウィットネスが壊れているなら、他の道具を使えば良い。

上の引用は、最近のアシュラムの、寄宿制のワークのプログラムの一部になっているトレーニングコースでも、使われている。最近とみに、ウィットネスを表に出して、ウィットネスが全てのようにアシュラムでもいわれていたので、こういうバランスのとり直しが起きているんだろうと思う。

例えば、愛と瞑想の道とわけることがあるが、愛の道では、完全に巻き込まれて起きていることになる。瞑想の道では、気づいていて、客観的にある。オショウは、両方の道を行くように言ってもいる。

例えば、オショウが肉体にいる頃に集まっていた人々は、比較的、肉体的な存在がないとどうにもならない人達が多いのかもしれない。オショウが肉体を離れてくる人達には、とても敏感で、オショウの肉体的な存在を必要としない人達が多いとも感じる。

新しい人達のほうがずっと準備が整ってやってきていると感じることも多い。不思議な事だ。だから、新しい人達は、あまり古い人達の言葉に振り回されずに、自分の感じを信頼した方がよい。自分がこれで良いと感じていたら、古い人が違うと言っても、軽く聞き流しておいた方が良い場合もある。

「ウィットネス:気づき」と「スポンテニティ:内発性」

ウィットネスを主張している人達が、スポンテニティについて触れているのを聞いた事が少ないのを、非常に不思議に思っている。これらは、二つで一つと言う風な物だと思っている。どちらがかけても、何かがかけている。

スポンテニティから始めても良い。もし、それが簡単ならば。ウィットネスから始めてもい。もし、それが簡単ならば。そんな風に思っている。ウィットネスは、どちらかと言うと、否定的な道で、スポンテニティは、どちらかというと、肯定的な道だ。

ウィットネスをしていたら、スポンテニティが表れ始めるはずだ。

また、スポンテニティを生きていたら、ウィットネスが表れ始めるはずだ。

そんな風に感じている。対応するオショウの言葉は、そのうちに見付かるでしょう。

本日のツッコミ(全8件) [ツッコミを入れる]
kousui (2005-09-30 08:52)

 
いろいろと、参考になります。
ありがとう。。。m(_._)m


“瞑想の道”と“愛の道”

わたしたち“ Osho の人たち ”は、両方楽しむ♪ w^^w
 

kohra (2005-09-30 09:50)

有難う御座いました。合掌。

うきは (2005-09-30 10:02)

愛の道はなにかとても自然な楽なかんじがする、
たまーに、観ていること が、起こることがある…ってかんじかな、今のわたしには…

ありがとうございます。

アキラ (2005-09-30 13:23)

>ウィットネスを主張している人達が、スポンテニティについて触れているのを聞いた事が少ないのを、非常に不思議に思っている。これらは、二つで一つと言う風な物だと思っている。どちらがかけても、何かがかけている。

観照の修行をしていると、観照に照準を当て続けねばならない。一本に絞るわけでしょう。ですから外から見て若干不自然に見えるのは当然だと思います。禅坊主ね(入門したての)。ではなぜ観照修行をするのかといえば、観照はボーっとしてては不可能だから、観照しているかしてないかしかないから、それだけの理由でしょう。

よくある誤解は観照してたらスポンテニイティーが消える(あるいはラブさえ消える、セレブレーションさえ消える、etc・・)という考えで、観照している人はまるで変人かロボットかのごとくに見てしまうということ。

しかし観照は普通の生活の中に在るもので、言い換えれば、普通の暮らしプラス観照が観照修行なので(他にどこで修行する?)観照したらその他の事柄が全て消えるということはない。むしろよりリラックスしたラブリーな気付きの中で日常が送れるようになるという効能があるように思う。

スポンテニイティーとは「今」に在らねば不可能でしょう。で、観照も「今」に在ることを土台とする。両者が離れているワケがない。

dharmadas (2005-09-30 20:22)

気づきはNO MINDに導き
内発性はNO MINDから来る ってアサンガにいわれました
参考までに

セトゥ (2005-09-30 22:58)

>> Kousui
> “瞑想の道”と“愛の道”
> わたしたち“ Osho の人たち ”は、両方楽しむ♪ w^^w

そうです、オショウは固くそう言い残して行きましたね。

>>kohra
スマイル

>> うきは
そうだね。愛の道が うきはに 自然な感じがするよね。

オショウと恋愛に落ちてください。僕がサニヤシンになる半年ほど前に「オショウの子供を身ごもりたい」と思っちゃいました。女の人の気持ちってこんな感じだろうなと思いました。

>> アキラ
> よくある誤解は観照してたらスポンテニイティーが消えるという考えで、

うん。たまに見ることがあるよね。これはたぶん、正しい観照が起きていなくて、マインドで見ているのかも知れないよね。

悪い物が消えて、良い物が現れたり大きくなるのが、観照だよね。

逆方向から言うと(つまり正確な表現としては)観照していて消えたら、それは悪い物で、観照していて現れたり大きくなったら、それは良い物って言えるんだけど。

ただ、マインドで見ていると、「良い物が消えて、悪い物が大きくなる」という事もあると思うので、説明は難しいよね。がはは。

だから、特に「大きくしよう」「小さくしよう」って思っちゃダメって事だけど。ノーマインドで気づいている。良いとも悪いとも言わない。

> ポンテニイティーとは「今」に在らねば不可能でしょう。
> で、観照も「今」に在ることを土台とする。

そういう訳。また、どちらもノーマインドに基礎を置いている。
一方しか、起きなかったら、何かの間違いがあると思ってよいんじゃないかしら?

>> dharamas
やあ、シーポヨ日記、初登場、ありがとう。いらっしゃいませ。

実は、上で紹介しているオショウの言葉は、僕が「オショウが言ってるはずだ、見付けなくては」と思っている最中に、彼は彼の道筋で、僕に見せてくれたんです。ありがとう。見せてくれた言葉は、僕が期待してたのよりも、もっと大きかったんだけどね。うふふ。

そうなの。dharmadasが初めてだよ。「気づき」と「内発性」をきちんと並べて話してくれたのは。まあ、インド人のアサンガが、言ってくれたんだけど。

> 気づきはNO MINDに導き
> 内発性はNO MINDから来る

そうなの。だから、
「No Mindに、行く」のを先にするか、
「No Mindから、来る」のを先にするか、
っていう、向き不向きがあるんじゃないかね?

で、行き始めたら、来始めるんじゃないかとも思う。
逆に、来はじめたら、行き始めるもあり。

----
みなさん、沢山の書き込み、ありがとう!!!
ラブ!

セトゥ (2005-09-30 22:59)

>> あきら
ところで、あきらは内発性が現れていると思うよ。
特に、ディクシャ後から素直に現れるようになったんじゃないかと思う。ぶふふ。(らぶりぃ)

アキラ (2005-10-01 00:18)

ディクシャ後ですか・・・(ニコ)ブリブリやってたのは数年前だからね。人間ちっとは変わるよ。ディクシャかねー、ふふ。ま、そう言われてもハッキリ否定はできないよね。2回受けてるし、ディクシャ自体どういうものかサッパリ分からないんだから。


月齢:日

2005年
9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Oh!Ah!Now!
せっちゃんの
シーポヨのしわざ
自由なバザール
クイックリリース
コピーレフトの
ヒーリング体系
シーポヨ絵なし日記
ヘンプ(大麻)のはなし
ヘンプ(大麻)の記事
シーポヨ絵百科事典
エオラノート
にさちゃんの
Lotus Paradise
ロータス パラダイス
チャネリング クリスタル
(売ってるよ)
せっちゃんの好きな
ハーティスト・カフェ
アーユルヴェーダ料理
あまらの日記
オショウ禅タロット
アーユルヴェーダ
ハーブと自然な製品の
印度サマサティ
パワーストーン占い



地球復興
木を植えるNGO
セブンアローズ

史上最強の
トータルサイト
O h ! A h ! N o w !

ちょっと おまぬけな
プラネット マガジン
うおんばっと

さみちゃの
そよかぜ日記
カフェDEアース



最新のコメント:
1.Diana(04-26 20:32)
2.cash in advance(01-24 04:37)
3.wrlaqkmib fpvob(09-29 00:10)
4.みどりん(10-02 20:06)
5.シーポヨ(10-02 15:05)
6.みどりん(10-02 11:46)
7.セトゥ(10-01 22:31)
8.みどりん(10-01 21:38)
9.シーポヨ(10-01 13:32)
10.アキラ(10-01 12:24)
11.ukiha(10-01 10:29)
12.みどりん(10-01 08:50)
13.アキラ(10-01 00:18)
14.セトゥ(09-30 22:59)
15.セトゥ(09-30 22:58)











地球は 懐かしい星


しばらく 離れていたから、良く分かるよ。

遠くから最後に見た地球は 何度も思い出した。
涙を流しながら 帰りたいと 思ったから、
たましいの深く深くに 刻み込まれている。

いつか帰れれるとおもって
ずっと ずっと 待ち続けたおもいで。

遠くはなれて、もう 見えなくなった 悲しい思い出。。。

ほかの 星でながいこと ながいことくらしていた。
時々 思い出した 最後に 見た地球。。。。。

地球を 愛してあげてね。。。 シーポヨの お願い。。。

日記の目次:

2005-09-30

素晴らしいことをする必要はない、好きな事をすれば良い。

2005-09-29

ちょっとインドから出て帰ってくる羽目に
オショウと弟子
翻訳終わり
ウィットネス指向のどこが問題なんだろう?
「ウィットネス:気づき」と「スポンテニティ:内発性」

2005-09-26

昨日のディナー、むふふ

2005-09-24

愛と自由が満たされたら、人生に後悔はない
Linuxの一部として ie6 が動いてる
毎週、水曜日の11時から12時半まで、ミニセッション

2005-09-23

スティーブ・ジョブスの講和:「自分の人生を生きること」
ジョブスの言葉の「原文」と「オーディオ」へのリンク
スポンテニティが生きる
ジョブスのスピーチのワイヤード・ニュース

2005-09-22

オショウの弟子になるには

2005-09-19

おはよう日本

2005-09-18

サニヤスのムーブメントの傷?
デヴィ様、アニーシャ様、感謝!

2005-09-17

曇り、霧雨

2005-09-16

ティアスのセッション、二度目

2005-09-14

ちょっとオブジェクト・プログラミング遊び

2005-09-13

グーグルとオークットが合体

2005-09-11

ティアスのセッションが良かった

2005-09-10

今日の朝早く、チェタンがオーストラリアに向かう
チャタン出発したかな?
暗い曇りで時々小雨が
デヴィ婦人と好感セッション

2005-09-09

真言密教の大日如来の起源はゾロアスター教?
ぎゃあ、今日は雨季の真っ只中のようだぁ
今は雨もやんでる。でも曇ってる。

2005-09-08

デババニのハミング:ラララララ
と言ってる間にオフィスのデスクにいる
真言密教と(ワンネス)ディクシャ
うれしい

2005-09-07

お天気日記:落ち着いた天気
家のインターネットがダウン
コンピュータ・ショップ:ミーラナガールの
続・スポンテニティ(内発性)
アナディの日記の最近の連載
マスター
急に曇って土砂降りの雨
家のインターネット復活
今日はガーネッシュ祭の初日

2005-09-05

スポンテニティ(自発性)
太陽が出たり、大雨が降ったり、太陽が出たり、大雨が降ったり
と思ったら、また太陽が出た

2005-09-04

朝から曇り
日曜日って何ですか?
オショウ禅タロット
ネットワーク・ブートLinuxの新版,「DVDブートより速く起動」
Evidence of 6 Dimensions or More?
上の2つの記事に解説を追加
ジベリッシュ
スティルネスの正体?

2005-09-03

昨日も土砂降り
プーナムちゃんちでロータスパラダイスの販売を
18歳未満アクセス禁止

2005-09-01

質問を理解する事、質問になりきる事
ビーチ。ビーチ。ビーチ。
雷、大風、大雨
郵便貯金の民営化とか
 あなたがあなたを愛しています。
2005年
9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2001|10|11|12|
2002|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|06|09|11|
2008|05|06|
Powered by Oh!Ah!Now!
Powered by Oh!Ah!Net!
アクセスアップ.ORG 一括登録 SEO等