シーポヨ絵なし日記・ときどき絵日記



覚えていますか?
初めてこの地球にたどり着いた時の事。

青く輝く地球に照らされて、
地上のどんなダイヤモンドよりも
美しく光輝いていた あなたの 姿を

Remember that you are beautiful.

You are the beauty.
You are the joy.
You are the creativity.
ロータス・パラダイス - 新しい存在の開花

ありがとう (はぁと)。
Google
 
Web Oh!Ah!Now!の中だけ探す

2001|10|11|12|
2002|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|06|09|11|
2008|05|06|

トップ 最新 追記
RSS(目次情報)

Bookmark | Free Hugs | QR | Tech | map | tech | おすすめ | お天気日記 | ぼそ | アーユルヴェーダ | アシュラム | イベント | インド | ウェブ | オショウ | コチャン | コレガオンパーク | テク | デジカメ | ネットの道具 | ハート | ハーブ | バンコク | ビデオ | プーナ | ヘンプ | マグダラのマリア | リゾート | リンク | ヴィジョン | 宇宙 | 映画 | 音楽 | | 経済 | 健康 | 今日 | | 自叙伝 | 自由な世界 | 写真 | | | | 神秘 | 世界 | 生活 | 地球 | 停電 | 日記帖 | 日記帳 | 日本 | | 友達 | 予定 | 旅行 | 旅行記 | 料理 | 歴史


2005-10-02 [長年日記]

お天気快晴

空気も乾燥して、気持ちの良い天気。晴れているのに暑くもなく、日差しも柔らかい。良い天気は、良い。

バンコク行きのチケットは買った。後は行って帰ってくるだけだ。数日かと思ったら、ニサちゃんは「久しぶりのビーチが嬉しい」ということで、東タイの島に行くと思われ。

一年前に買ってきた5キロ以上の味噌が、5年間で使うつもりだったので、沢山あまってる。ほえー。海苔だって、干ししいたけだって。こうなったら食うぞ。

来年の4月末には東京と京都で、セッションとQRの簡単なトレーニングをすることになりそうだ。やっと重い腰を上げることになる。今年の冬のアシュラムでは、QRをもうちょっと表に出して紹介しよう。

3回セッションを受けると、自分で自分に働きかけるようになるトレーニングを受けれるようにする。そうして、毎日、ミニセッションの形で、その自分にするセッションのフォローアップを出来るようにする。

数人いる、エナジーリーダーにQRを伝授する。とか、まあ、思うだけは思う。

オショウに第四の扉を開けてもらう

ということを、おおやけにダルマダスが始める

最近まで、アシュラムに滞在していた。5ヶ月くらいいたんじゃないかな。基本的にサマディ通いの毎日だったらしい。そういえば僕がいると必ずいた。僕は最近は行ってないのだが。(ワーカをしているといけるのが、朝の7時半か夜の9時半になり、行きづらいのだ)。

ほとんどオショウ・ゲストハウスに宿泊しての、オショウ密着型瞑想三昧だったそうだ。

数週間前に、「超意識が開いてるか、エナジーリーディングで確認できる?」って聞いてきて、それからすごく一緒に盛り上がった。結構、何か、似たような道筋を、お互いに知らず、別々に歩いてきたような感じだったのが、ここに来て出会って「あれがどうしたこうした」ってシェアリングが起きた。

第四の扉は超意識の扉で、これがオショウに対して開いていると、僕らの気分には関係なしにオショウがいつでも僕らにコンタクトできるようになる。

いろいろと話を始めたのは彼が二人目の実験を終えたときで、その二人目のサマディ・ピープルは、以前から知っていて、実際に、質やエナジーの違いが感じられた。ペンデュラムで質も調べて、ある集合超意識が活性化していることも確認した。

オショウが、第四の扉と呼ぶときの超意識とは、クイックリリースの意識のマトリックスのどれに当たるのかは、興味深い。これは、そのうち、事が落ち着いてきたら、書くことがあるかもしれない。

一人目の実験については僕は立ち会わなかったし、彼が一緒にいつも歩いているのを見ていただけだったので、分らないけど。こちらが、ちゃんと開いたらオショウは結構、簡単にコンタクトしてくるようだ。待ちに待っているって感じみたいだ。

それで、僕も意識的にそちらに最近はチューニングしている。多分、すでに僕も第四の扉でオショウと繋がっているんじゃないかと思うけど、意識的になったほうが、オショウからの接触が強力だ。それがオショウなのか、単に存在なのかは置いておこう。僕はそれを最近までは「存在」と呼んできた。

でも、「あ、これってオショウだったんだ」と思ったら、オショウの例のいたずらっぽい笑い顔が浮かんだ。きっとそうだ。これはオショウだ。ありがとう、すごくありがとう。

たぶん、オショウと第四の扉で繋がっている人は意外と多いんじゃないかと思う。でも、それに対して意識的であるかどうかは、働きかけの強さを変えるんじゃないかと思う。そういうわけで、ダルマダスのシェアリングは興味深かったし、彼の実験をしていないけど、何かが急速になり始めた。

10月30日に東京でのシェアリングがあるそうだ。オショウと一緒に道を歩きたいなあって思う人は、行ってみると良い。二番目の実験をした人を見ているけど、ここ一週間の存在の変化は、過去数ヶ月に比べて大きい。

また、最近感じ始めたのは、僕とオショウのつながりのことだ。「他のマスターに開いても、何の心配もないよ」ってオショウから言われている気がしていた。それだけオショウとの繋がりが確固たるものであるからじゃないかと思っている。

それで、そんな感じをみんなにもシェアーしたいなあって思っていたら、何とダルマダスが数年間にわたる積み重ねの結果を見せてくれた。オショウに対して、必要な扉をひらいてお願いしたら、すぐにやってきてくれるってことだ。

だからって、どうなるってことでもない。いわゆる、サニヤシンになるだけのことだ。表面的だけではなくて、内面的にも。次の生になろうとうもオショウからの働きかけは続くと、オショウは言っている。

また、これは、ウパニシャッドやヨガの道と関わっている。マスターと溶け合って進む道。愛の道。

禅はマスターがいようとも孤独な道だ。マスターは道を指差すだけ。見性しても、それは道の始まりに過ぎず、その先は長い。

オショウの道は、禅の道と、ウパニシャッドの道の両方の要素を含むのではないかとも思う。禅の道=オショウの道ではない。そのことだけ知っていたらよい。禅の道は、たぶん、オショウの道に含まれる。その逆は言い切れないと思う。

僕個人的には、オショウに会う前に、それとは知らずに禅的な道を歩いていた。師もなく一人だったのだが。そえを禅的な道だとも知らなかった。ただ、思いついたことをしていただけだ。

ある感じがつかめた。それからマスターを探そうと思ったら、半年もせずにオショウに出会えた。本を見たときに、「(探している人を)見つけた」と思った。不思議な思考であった。なぜそう思ったのか、今でも知れない。

オショウが自分のマスターであるのか、自分がマスターが欲しいのか、よく自分を見てみると良い。もし、マスターが欲しくて、オショウが自分のマスターだと分っているなら、そうして、まだ十分な繋がりに不足していると感じるなら、今回のシェアリングは何かをつかむきっかけになるだろう。

もしかしたら、オショウのサマディへのツアーも企画してくれないかなって、思っている。そんな遊びが起きたら楽しい。オショウがいたら、怖いものはない。がはは。

鬼に金棒。(違うってば

らぶらぶらぶ

プレム・セトゥ

本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]

乙女 [おお 動き始めたんですね。 わたくしも、いよいよ明日出発です。 ドキドキ・・。 ]

うきは [あいたい…。]

シーポヨ [>> 乙女 はいな。どうもQRを中心に動くことが出来るかも。嬉しい。 >> うきは 4月か5月に逢いませう..]

dharmadas [今回のことで、「他力」を学びました。こんな風に和尚が使ってくれるとは想像もしなかってけど。。。毎日、今度のSHARI..]

セトゥ [>> dharmadas ウパニシャッドの道って「他力」その物の道なのかもね。 ちょっとちゃんと調べてみたい..]


2005-10-03 [長年日記]

オショウが来た

「オショウが来てくれてるのがわかった」って、メールをもらった。昨日の今日で、何と早い反応だ。

ダルマダスも言ってたけど、三つのドアを開いてお願いしたその日の夜にオショウが強いプレゼンスと共にやってきてくれたそうだ。

マスターが来てくれているってわかるだけでも、弟子は助かる。そうして実際にマスターは、何かを指差したり、何かが起きてくれる。

マスターとは、ノーマインドを超えたその向こう側に行って久しい人か。

「マスター」と「マスターのマスター」の違いについて、オショウが語っているのを少し前に読んだ。ヨガの本だ。エンライトメントしているという意味では、その深みは一緒だけど、肉体を離れたマスターは、高い場所から見渡すことができる。

「マスターのマスター」は「マスター」に対して高みから見たガイダンスを伝える。高みとは時間的な空間的な、確率的な、そういう高み。

オショウはいつでもガイダンスを伝える準備が出来ていると話していた。

「風邪を引いちゃった」って話したら、ムクタが「ギリシャの風邪薬を今切らしているんだよ。あったら、あげるのに。オショウにあげてたんだよ」って言ってた。

バンコクに行くって話したら、ムクタが「私もすぐに行くから、一緒に行こう」って言ったんだけど、ニサーグも行くってわかったら、「3人は混雑しすぎだよね」って言った。気を使ったのかな?面白いたびになるかもって思ったんだけど。

オショウにドアを開けてもらう

前回のリンク先の文章が見にくいので、新しいポストがあった。そこへのリンクです。まだ、ちょっと見にくいか。別ページに記事を置こうかな?

らぶ!

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

アカーム [すごい!!メタオショウだ〜!!   オッショウ〜!!! まばゆい光・・・手を広げて迎えよう]

dharmadas [超意識が開くと本当、和尚がよく来てくれます。 帰国後、母にこの話をした夜、寝てるときに和尚が来て母の扉を開けにきた..]


2005-10-05 [長年日記]

ファキング・スパイシー!

にさちゃんの記録。グルメのマネージャ(オーナ?)が変わったそうだ。アロ・パラタ(インド風ポテトのつめられたパンケーキ)を頼んだそうだ。昔は何も言わなくても、辛さ控えめなのがきていたんだけど、オーナが変わったせが、すっごく辛いのが来た。

ウェイターを読んで、「これは、ファッキンク・スパイシーだ。とてもファッキング・スパイシーだ」って言った。

ウェイターは、思わず「すぐにお取り換えしますから、その言葉はお使いにならないでください」って反応したのだが、にさちゃんは

「これは、本当に(really)ファッキング・スパイシーだぁ!ファキング・スパイシー!」

本日のツッコミ(全9件) [ツッコミを入れる]

kousui [ぜひ、なんとか日本語に訳して! ^^ ]

セトゥ [あ、「ファック」って単語を御存知ないですか?一般には(爆笑)セックスの行為を言います。が、英語圏ではこれはあらゆる意..]

ukiha [爆。 ニサルグさんて、なんかすごい純真なイメージw]

kousui [ほんとに、ていねいな解説ありがとう。 *^^* > オショウが最も愛した言葉の一つです(爆爆 ..]

kousui [たしか、むかし富士通コンピュータ“ FACOM ”? というのが、アメリカで大笑いされたって言う話もあったよね。 ..]

アミニー [ちょっと古いですが、関西では「お前のカアちゃん三段バラ!」っていう悪口があります。これは全国共通でしょうか? 今で..]

セトゥ [>> ukiha そうなの。実は僕は同席してなくて後で本人から聞いたんだけど、それを話す時の嬉しそうな純真な顔った..]

セトゥ [> 「お前のカアちゃん三段バラ!」っていう悪口があります。 これは知らないです。僕は弟とお互いに 「お前のカアち..]

アミニー [>>「いてこます」って「やっつける」って意味だと思うけど、 「おかす」って意味もあるかな? さあぁぁぁー、そ..]


2005-10-06 [長年日記]

オショウの望んだコミューン

オショウは肉体を離れる頃にはコミューンは望んでいなかったのだと、思い込んでいた。実は、10日くらい前だと思うけど、夜のビデオ講和で、89年の2月のキリスト教を非難した講和シリーズの最後の方を見ていた。その中で、オショウはコミューンの話をいろいろとしていた。これはオショウがした講和の最後に近い物だ。

オショウは僕等にその頃にコミューンは作ることを望まなかった。アシュラムは最後にオショウは、Osho Ineternational Commune と名付けた。ここは、瞑想リゾートだとよとも言ったけど。

でも、最後のほうでもコミューンの話をしてくれていると知って、僕は嬉しかった。最近、コミューンが欲しいなあって思うことが多い。

まず、オショウは新しい人々を作った。次に新しい社会を作ろうとして、力指向の人達に利用されて、曲げられて、そうして終わった。たぶん、新しい人々がまだ育ちきっていなかったのだ。でも、彼は種をまいた。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

Giri [ “l leave you my dream"という和尚の言葉を思い出すと目頭が熱くなって、YES!I Take ..]

bhavesh [setu,giri この章には、いろいろ思い入れがある。今朝はあんまり多く語れないけど、僕もこの章を読んだよ、とい..]

amara [ぼくも 読んだよ・・]

セトゥ [>> Giri うん。最近、みんなダイナミックをして、オショウ・ムーブメント(笑)が、高まってきてるよね。ダイ..]


2005-10-08 [長年日記]

明日出発、タイへ。

一年ぶりのタイだ。実は僕もニサも病み上がり。熱を出した後だ。体が弱っているせいか、「バンコックに行ったら…」と考えるのは食べ物の事ばかりだ。

熱を出している最中と前後は、ほとんど三日間何も食べてなかった。はちみつをなめたり、咳止め用の「はちみつ+ターメリックのまぜもの」をなめたり。

そうして、お腹もだいぶ良くなってから、「そば」を食べていた。一年前に買って手を付けていなかったそばである。数袋あるんだけど、今年の頭からアシュラムにいることが多くて、自炊も少なくて、使ってなかった。

昔の僕は、二人前の200グラム食べないとお腹いっぱいにならなかったのだが、去年からのダイエットで胃が縮んで、一人前100グラムでお腹いっぱいである。信じられないが本当だ。普通の一人前でお腹いっぱいになる人が信じられなかったが、自分が信じられない存在になってしまった。(なんの、こっちゃ)

ヨーコとディクシャントが帰るときにくれた「良いお醤油」があって、これでそばのつゆを作ると美味しい。作り方は単純である。以前は僕も上手に作れなくて、そばのつゆは買うことにしていたのだが。

昆布と干し椎茸で濃いめの出汁を取る。そこにハチミツをいれる。本当は黒砂糖なんだが、僕は糖尿なのでハチミツを使う。で美味しいお醤油を大目に入れるだけである。

美味しい醤油がないときには、ちょっとだけインスタントの「昆布だし」の粉を入れたりするんだが。

何でか、ポイントは、つゆを作ってから、数時間以上、出来たら数日、冷蔵庫で寝かすんである。これは偶然見付けた。余ったつゆを翌日に使ったら、前日よりもおいしかったのである。何かが良く混ざってこなれれるのか?

そう言えば、埼玉のどっかの美味しい蕎麦屋は、つゆを床下で数年寝かしてから使うとかいうのを聞いた事がある。

「バンコックに行ったら日本食を食べようっと。まずはおそば」と思ったので、まず重い体をあげて作り始めたのであった。胃は「ざるそば以外に食いたい物はない」って言う。お察しします。

何でか、エビを食べたいなあって思う。やっぱり体力が落ちているせいか?

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

ukiha [いってらっしゃいませ おいしいお蕎麦がたべたい うどんより蕎麦・冷やして。]

kousui [きをつけてね〜 いってらっしゃい。。。 ^ ^/~ ]

bhavesh [setuは一生懸命ぼくの日記にレスつけてくれていたけど、体調維持がなかなか大変だったんだね。お大事に。 今月26日..]

さりま [いってらっしゃいせとぅ >埼玉のどっかの美味しい蕎麦屋・・・が気になるけど。。 ]


2005-10-09 [長年日記]

良く晴れた良い日

になりました。雨ざあざあの日に旅立つのはヤダモンね。良かった。すがすがしい良い日です。

テラスのアロエベラに長い茎が立って、つぼみが着いている。アロエベラの花なんて見た事なかったなあ。でも咲く前に出発だあ。23日に帰ってきたらもう花は終わっているかな?

シーク民族

シーク教徒というのは、もともとあった民族か部族が、シークという宗教を始めたのかと思ったら、実は、もともとは、パンジャビの普通のヒンドゥ教徒だったそうである。

そう言っても、信じられない位にシーク教徒の男性は見るからに、シーク民族出身という風に見える。体が大きくて、しっかりしていて、勇気がいかにもあるように見えて、朗らかで何でも笑い飛ばせそうな、一声で10人くらい飛ばせちゃいそうな人が多い。

オショウの本を見ていたら、実は、500年前には普通のパンジャビのヒンドゥ教徒だったそうだ。

開祖のグル・ナナークが、シーク教徒に「シークの男性は勇気に満ちているリーダーだ」というイマジネーションをあたえたのが、その始まりなんだそうだ。イスラムに屈しているヒンドゥの中から反逆の人々をつくり出した事に始まる。

500年で、民族といって良いくらいの外観になったそうだ。イマジネーションの力はすごいんだよって話で、オショウが話してくれた。「サダール」とは指導者を意味するそうだ。シークの男性は大人になるとサダールと呼ばれる。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

sameera [なんだか雨季もあがった感じだね。 いってらっさい。楽しんで潤ってきてね!]

ukiha [アロエの花 たべられるのかな はっぱは、たべられるよね。]

ジョナー [>イマジネーションの力はすごいんだよって話 それって、僕の日記で言いたいことの中核かも。 kickされま..]

ガヤトリ [パパ、いってらっしゃーい! (↑パパ!?、まいっか♪) 楽しんできてねー ]


2005-10-11 [長年日記]

今日はバンコク、明日は地球

というわけで、昨日からバンコクにいてる。バンコクに着いたときの感じは去年と同じ。「なんて、しっとりしているんだろう」。自分が非常に乾いた土地から来たような感覚。去年も同じだが、私は雨季のインドから来た。決して乾燥しているわけはないんだが。

タイでは何がしっとりして、インドでは何が乾燥しているんだろう?不思議だ。体もしっとりして何かが調子よいです。まだいるだけなんだけど。

パッタイたべた。何でタイの料理は美味しいんだろう。何でも美味しい。風邪を引いておなかが疲れていたのか、来るときの飛行機のインド料理を胃が嫌がった。やあ。

ボンベイからの飛行機は、知らなかったけどアーメダバードで1時間ほど止まった。そこでほとんどの人が降りて、ほとんど乗ってくる人がいなかったので、シートはベッド状態になった。

つまり4つのシートを占有して、肘掛を上に上げてベッドにして寝れたってこと。

ボンベイの飛行場が二倍くらいに大きくなっているように感じた。これはビルの話だけど。夜なのでよく確かめだれなかったけど。

タイは去年と変わらないよね。

ボンベイは、去年から大きく変わったように見えた。道が広くなって、ビルが大きくなって並んだように見えた。ボンベイの入り口あたりで夜の景色の中にたくさんの大きなビルが並んでいるのには驚いた。驚いた。驚いた。

お泊りはいつものヴィラ。お気に入り。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

kousui [元気そうで、なにより。。。 ^^v ]

ガヤトリ [旅の始まりですな。 タイからも日記を書いてくれて嬉しいナ。]


2005-10-13 [長年日記]

オショウの弟子になるまでの4つのステップ

以前、オショウが4つの扉について語った講和を引用したけど、それを読んでの感想に「弟子の4つの段階」って書かれたものがあった。これはその時から気になっていたので、やっぱりここに書いておこう。

これは、「弟子の4つの段階」ではなくて、弟子以前の4つの段階だ。4つ目の段階に入って初めてオショウの弟子になる。オショウは、望めば、誰にでもサニヤスをあげている。これは、意図的な弟子側からの希望であって、オショウがそれを受け入れてサニヤスをあげているということは、もし、弟子側が本当に弟子になりたいと準備を整えたら、いつでも弟子にしてくれるってことかもしれない。

そうして、4つのドアのどれかが開いていたら、オショウはそこから働きかけてくれる。でも、弟子と言えるのは4つ目の扉が開いてからといえるんだろう。この講和が新しいと感じたのは、すごく簡単な理由だ。

本当の弟子にしてもらうなんていうのは、オショウの決めることで僕らの決めることではなく、また、それはいろいろな偶然が重なってのみ可能だという風に思っていた。

こちらの準備ができて「お願いします」と言っても、オショウが認めてくれなかったら弟子にはしてもらえないのだと思っていたら、これはそうでもないようだ。オショウはいつでも弟子にする準備ができているのに、僕らの側が無意識に「いやだ」と言っているに過ぎない。

そうして、この講和は、それを意図的に起こすヒントになっている。これは、なんというか、弟子のバーゲンセールのように見える。望んでも、本当のマスターの弟子にはしてもらえるものではないと、一般に思われていると思ったが、このオショウの話では、弟子のバーゲンセールだ。

そうは言っても、三つの扉を開いて待っている弟子希望者は、そう簡単にできるものでもない。だから、バーゲンではないが。でも、もし、僕らがオショウの本当の弟子になりたいと望んでいるなら、なり方が書いてあるこの講和は、それこそ弟子のバーゲンセールだ。

弟子になった後には、弟子としてのステップがある。弟子以前に4つあり、弟子になってからはそれなりのステップがある。たとえは、弟子とデボーティの違いもある。

また、この講和を読んで思ったのは、オショウの本当の弟子として4つ目の扉でつながっているのに、それに意識的でない場合も数多くあるんではないかとも思う。この場合は、よりそのことに意識的になることで、より多くの可能性が花開くのではないかとも思っているが。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

dharmadas [弟子とDevoteeについては The Osho Upanishad #1 Q.1 に   student ..]

Starleigh [Wow looks like a great show Bella. I have also been to sho..]


2005-10-18 [長年日記]

Koh Chang

I am in Koh Chang, beautiful beach. Quiet. Sleeping in the hut on the tree 2 meter from the beach... woulderful. I will write later this in Japanese...

love

setu

コ・チャン

バンコクから西にバスとボートで6時間で行ける島:コ・チャンに着いたのは、15日の夕方。朝、8時に宿を出て、バスにあちこちから人を集めてきてから出発なので、8時のバスだと聞いていたけど、出発は9時になった。

バスはVIPバスと呼ばれるデラックスなのを使うことにした。ミニバスだと片道300バーツで、VIPバスだと450バーツなのだけど、VIPバスでも往復で払うと550バーツなので驚くほど安い。笑う。

以前は片道だけのバスを使っていたような気がするなあ。こんなに安くなるんならバスのチケットは往復を買っていったほうが良いね。カオサンロードのエージェントで買おうかと思ったけど、エージェントのところに集合だというので、朝からの移動がしんどい。

それで宿の近くのエージェントを使った。宿から歩いて3分だもん。

バスは快適。以前はミニバスを使ったことがあって、そのときは、9人乗りくらいのバンにきっちり詰め込むので、しんどかった覚えがある。デラックスバスは日本の高速バスみたいな感じのバス。2階建のバス。

シートも楽チン。

コチャンに向かうボートの桟橋に着いたときには、すごい雨が降っていた。バンコクでもそんな雨に一日に一度は合っていた。コチャンのほうは西に比べて雨季が先に上がっているって聞いていたけど、これじゃ、一緒かなあって思ったけど、天気は毎日良くなっていって、雨が降ったのは最初の二日に数時間だけ。

最後の数日はほぼ快晴。これを、書いているのは、23日の朝です。

ビーチに来たのは、6年前のマレーシア以来だったの。なんたってインドの5年のビザを持っているので、インドを出る必要もなく、お金もそんなに余裕のある生活を送っていた訳でもないのでさ。

ゴアにはなぜか行かない。今度からたまに行こうかな。実はすっごく、ビーチで元気になった。自然の中でいっぱいに地球とつながった感じかもなあ。以前は半年に一度、ビザを取ったり日本に仕事をしに行ったりしていたので、東南アジアのビーチで数週間を過ごすのが普通だったんだけどさあ。

何でかゴアにひかれないのは、さんご礁の島が好きだからなんだろうと思う。10年前にゴアに数度行ったときに、往復の12時間の夜行バスがしんどかったのも理由かもなあ。

今はバスも良くなっているし、列車でも楽に行けるらしいんだけど。飛行機だってそんなに高いわけじゃないしなあ。ゴアにひかれないなあ。今度、だれかに誘惑してもらおうっと。

では、続きはまたあとで書きます。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

Kohra [How woderfull.You Can think by English languege.]


2005-10-23 [長年日記]

今夜、インドへ移動

夕方7時40分のフライトでインドへ向かいます。昨日、コ・チャンからバスで移動。移動はとても楽だった。朝、9時50分に宿を出発。10時半のフェリーで島を離れて、30分ほど桟橋で待った後、12時にバスが出発、バンコクのカオサンロードに夕方6時に到着。

バンコクを出るときに宿のオーナー(トゥイ)に、22日の6時か7時に来ることを話していたので、部屋をキープしてもらえたし。普通は部屋の予約には応じてもらえないんだけど、15年来の付き合いのせいか、それともポリシーが変わったのか、頼んだら、部屋を取っててくれた。

今日はちょっと買い物をして、のんびりして、4時ころに宿を出る予定。インドにはインド時間で11時に着くことになっているけど、くるときも「直通」の予定のフライトがアーメダバードによったりしたので、予定が変わっているかもなあ。

なんたって、すごく安い2週間有効のチケットだったし、文句は言わない。夜の移動って体に答える。でも、ボンベイで一泊するのも疲れる。疲れたくなかったら、良いホテルはいくらでもあるんだけど、4000ルピーも使いたくないしなあ。4000ルピー(1万円)の価値はあるんだけどねえ。インド感覚的には高い。たまらない。

島から来たら、やっぱり都会は地球とのつながりが少ないよなあ。島じゃ、朝起きたら「地球の子供」になっていたもんなあ。

なんと、ヨガの一巻目を読み終えた

オショウの「ヨガの科学(旧名:ヨガ、アルファからオメガの一巻目)」を昨日の移動中に読み終えた。300ページ。うれしいなあ。オショウの英語の本をちゃんと一冊読み終えるのは珍しい。この本はすごく興味深くて、興奮しながら読んだ。

おかげで英語を読むのも早くなったかも。実は、英語で読むのはコンピュータの情報が多くて、小説やほかの本は読んでいない。雑誌は読む。軽いので。コンピュータ以外の本になるととたんに、体が疲れる体質だったのが、なんだか軽く読める感じになって、すぐに二巻目を50ページ読んだ。すごい。

この分なら、ヨガの全10巻も読み終えちゃうかも。

クイックリリースで使える引用が山のようにある。メモをしているので、少しずつ英語で載せて、翻訳もしてゆくからね。

全10巻の翻訳も手がけたいとか、思っちゃった。とりあえず、気になっている場所、みんなに読んでほしい場所を順に翻訳してゆきます。

ダルマダスのオショウと繋がるワークにも関係している講和がいっぱい。というか、弟子とマスターの関係についての話がいっぱい。

「信頼で繋がっている弟子がいる限り、マスターは体を離れた後も働きかけるし、肉体的や、時間的な距離には無関係だ」とも話している。これは僕の過去15年の体験を裏付ける。

マスターと自称している人を順に回って自分のマスターを見つけることに対しても話していて、これも興味深いというか、知らずに僕自身がしていたこと。

マスターを訪れて、信頼が起きなかったら、自分のマスターだという感じが起きなかったら、単に離れなさいとも言っている。そのときに、批判や非難をしてはいけないとも言っている。まず、自分には彼が本当のマスターかどうかは判りえないし、非難することで、自分が閉じている状態になる。

閉じた状態になると、本当の、自分のマスターに出会っても、信頼が起きなくなってしまう。だから、「信頼が起きなかった」という事実だけを見て、それが誰のせいであるかも言わず、彼の非難もせずに離れる。

自分のマスターではないことがわかれば、それで十分なのだし、もしかしたら、自分が成長したら、彼が自分のマスターだと判る可能性も残っているわけだしね。

この事に関しては、数ヶ月前のディクシャ騒ぎの時に感じていた。批判する人たちの話を聞きながら、「この人たちは、オショウの本当の弟子になっているんだろうか?」とも思った。自分のマスターやワークではないと感じたら、それでかかわるのをやめたら良いだけなのだ。

オショウの実際の弟子になるという恐怖、誰かに明け渡すという恐怖とと同じことが単にディクシャというワークを受けることで浮かび上がる。

実は、僕はディクシャを受ければ受けるほど、オショウとのつながりがよりクリアーになる。批判する人たちの気持ちがわからない。それで、僕は特別なのだろうか?とも考えた。何かが特別だとしたら、僕はもしかしたら、オショウの本当の弟子になっているということなのか、それとも、いつでもオショウと繋がることができるということなのだろうか?

オショウが15年前に肉体を離れて、オショウからの働きかけがより強くなっている。この数年はより強い。僕はそれを存在と呼んできたけど、どうもオショウと呼んだほうが良いようだ。存在をオショウはのっとっているというのが僕の捕らえ方だけど。(爆笑

オショウが僕の言葉で働きかけることはほとんどないというか、あるのかなぁ?ただ、オショウの働きかけや、ジョークは日常的に体験しているが。

何がおきても、オショウが背後にいることが感じられたら、判ったら、それで何の心配もなくなる。なくなるというのは、まあ、うそになるかもしれないけど、マインドが、「オショウがやっているんなら大丈夫」と納得する部分がある。ぶひひ。

では、また、お逢いしましょう。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

ガヤトリ [セトゥ、弟子とマスターの関係、興味深しー。 そして、ガヤピンはOSHOの本をなかなか一冊読み終えられないよ。行きつ..]

amara [トウィの 宿は いいよね・・ ていっても いまは ぜんぜん 行けていない 最近 日本でも ゲストハウスが できて..]

セトゥ [>> ガヤトリ ほーい。今、プーナだよ。朝5時について一眠りしたとこ。 頭がふらふらするぅ。後で順に翻訳するのが..]


2005-10-24 [長年日記]

プーナはプーナ

しかし、最初にインドに着いての印象は悪かった。「国際空港というのに、この乱雑さはなんだあ」とか、「到着してほっと一息をつきたいのに、ホッとする場所もない」とか、「税関を通って、全部の手続きを終えた後、外に出て、トイレに行こうと思ったら、矢印に従って歩いたら100メートル(50メートル)も建物の外を建物沿いに歩かないとトイレに行き着かない(実は最初、なかなか行き着かないので怒って戻った)」とか。

でも、一晩寝てみると「インドはいいなあ。最高だなあ」なのである。

インドの何が良くないかというと、「人の事を考えてくれていない」ということなんである。「インドに初めて来た人の事なんか考えてない」んである。ウェルカムしてくれてないような気配。

で、インドの何が良いかと言うと、「人の事を放っといてくれる」という事なんである。

まあ、この二つを一辺に望むなら、ブッダの国にならなくてはならない。まあ、それは簡単には望めない。だからどちらか一方を取るしかない。

だから「人の事を放っておいてくれる国」でいてほしいなら、「人の事を考えてくれないのは我慢」するしかないのである。

人の事を考えてくれてないのは、「しばらくしたら、なれちゃう」ものなんである。

インドは精神の国か?違うのである。まったく「物質の国」なんである。見えない物はないのである。心も気持ちも感情もない。見えて触れるものしか、あるとは思ってくれてないのである。基本的に。だから、放っておいてくれる。だから多様的になる。多様的なのに合わせようとしたら、大変だから、無視するしかなくなるのである。良い国なのである。

だから、「精神的な人の事も放っておいてくれる」のである。だから、精神的な人が、安心して精神的になれる世界である。あんまり精神・精神いうと、精神病院のようなイメージが来る。ぶはは。

日本じゃ「人の事を良く考えていてくれている国」なのであるが、それゆえに「人の事を放っておいてくれない国」なのである。

インドには、今のインドの様であってほしいが。

入国の管理のことと考えると、アメリカの「テロの管理」を言い訳に「上のクラスの人達が、一般の人達の管理をしやすい」ようにしているんじゃないかと思う。これは、しばらくしたら分かるだろう。

インドの「5年ビザ無効事件」に際して、そうして入国管理管の雰囲気を見て思った事である。ちょっとした「鎖国」なのかもしれない。鎖国は、管理を容易にするための仕組みだ。誰もが、地球の上を自由に歩き回って、自由なところに住むようになったら、管理は難しくなる。

体制に従う人間と、そうではない人間の管理は十分にしておく必要がある。たぶん、そうなんじゃないかと、思ってしまった。「テロ」とは、「体制に従わない人間の極端な例」である。

まあ、地球のノイズの量が減ってきたら変わってくるだろう。「個人を目覚めさせる」のと、「地上の雑音の削減」が古来、マスターたちの仕事であった。

楽園は、明日にも実現することが出来る。それを阻害しているのは、単なる雑音なのである。「白」と言っているのに、雑音のために聞いている人には「黒」と聞こえてしまう。そういう雑音なのである。

では、またお会いしましょう。楽しみにしています。

ラブ

セトゥ

日刊プレム・セトゥ 10/25 (火)

じゃーん

プレム・セトゥの人生相談がDVDに

1人で悩みを抱えがちな読者に良いニュース。テレビの人生相談番組で人気のプレム・セトゥがDVDを発売し、ブームになっている。内容は番組を編集したもので、以下はその一部。「服装のセンスが悪いのだがどうしたらいいか」という女性に対し、プレム・セトゥはグリーンのカーディガンを褒め「すごく綺麗。これはイモようかん色でしょ」と言ってしまい、あわてて「いや、だから1日50個限定の」とフォロー(?)。「年齢を重ねても成長している実感がない」という男性に対し、「気付かないうちにアスパラガスみたいににょきにょき成長してるはず。見せっこしましょう」と服を脱ぎ出し、スタッフに止められる、など。お勧めである。

プレム・セトゥ、サーカスに体験入団

プレム・セトゥは、サーカスへの1日入団を体験した。子供の頃からの憧れだったというプレム・セトゥは、サーカス団のメンバーと一緒に曲芸の練習に汗を流した。「基本でしょ」というナイフ投げでは、基本通りに相手に当ててしまった。しかし、プレム・セトゥの「プロなら避けなきゃ」という一言が惨劇に乾いた笑いをもたらし、怪我をした相手もつられて笑うという場面も見られた。休憩時間になると、サーカスに売られて来た怪力男のために絵本を読んでやるといった優しさで、練習の場の雰囲気を和ませていた。次回の公演では、プレム・セトゥがゲストとして出演の予定。

プレム・セトゥのサポートセンター

プレム・セトゥの「パソコンなんでもサポートセンター」が開局した。熱血指導には定評があるプレム・セトゥ。相手がまだ何も話さないうちから、「元気ですかー!!だぁぁぁーー!!!」などの奇声を発し、さらには「疲れたからちょっと休憩」といって、勝手に保留にしてしまう事もしばしば。6秒10円の情報料を支払わなければならない相談者からすればヒヤヒヤものだ。自分のわからない質問がくると、「大丈夫。やればできる子だよ。昔からそうだったじゃないか。信じてるよ。それじゃ、また。」と、勝手に電話を切ってしまう一幕もあった。パソコンに関する相談は、是非プレム・セトゥまで。受け付け時間はプレム・セトゥによると、「ノリで」とのこと。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

sameera [おかえり。インド、すっごくいい言葉で納得しできます。文章にうまくできていて腑に落ちるね。]

バルダ [おかいり〜。野放し大好きです。が、こんなふうにテロ管理とからまってきちゃったのは嫌だねい。 トイレに行き着きにくく..]

sameera [あは、せっちゃんもやったのね。なんでこれってその人のそれらしいのくるんだろうね〜(笑)私も8000人のファンに見送ら..]

セトゥ [>> sameera ただいまあ。まだ、ビーチボケしてます。ビーチは良いね。やっぱ、プーナじゃなかったら南の島のビ..]


2005-10-25 [長年日記]

おんもに出た

昨日の早朝に帰ってきた後、「外に出れない病」になっていた。単に外に出たくないのだ。お腹が空いたけど、外に出たくない。買いものも、レストランにもいきたくない。それで半日食べずにいて、そのあとあるものを取り合えず朝ごはん用のオーツを炊いて食べる。晩ごはんはピザを宅配。下のお店にちょっだけ買いものに出た。

というのが昨日で、今日は、やはり夕方まで外に出られなかった。で、夕方に散歩にでた。1時間くらい歩いていたかも。

その後、家に帰った後、どこかに食事に行こうかなと思いながらも、結局、昨日と同じオーツを5分炊いて食べた。晩ごはんはレストランに行こうかな?と思いながらも、結局あるものの組み合わせでご飯を作った。まあ、外にでれるようになってきたか?

移動後はこういうパターンになることがある。とくにニサーグは移動後は普通の反応である。

で、まだ、「知り合いに会えない病」なのだ。外に出られるものの、まだ、知り合いに会いたくないのだ。なんでだろ。移動後に、すこしセンターが外れているのだろうか?新しい環境になじむまで時間が必要らしい。

なんでか、ネットは平気なのだ。

本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]

うきは [あ、なんとなくわかります。 どっかデリケートになってて他のエネルギー受けたくないときとか。]

セトゥ [>> うきは > どっかデリケートになってて他のエネルギー受けたくないときとか。 あっ!そうそう。そんな感じ..]

アキラ [環境が変わると自分と対面させられると言うね。で、自分と居たいんじゃないのかな。せっかくだから、もうちょっと、みたいな..]

セトゥ [>> アキラ まあ、好きにおもったら良いけど、急にインドの現実に出ていくには、落ち着くの待つ必要もある。 タ..]

アキラ [単にタイにタイする思いが強い、タイの余韻を引きずりタイ、ということかな。タイの方がタイ質が合う、みタイな? イ..]

Parthena [You are my intake, I have few blogs and occasionally run o..]


2005-10-28 [長年日記]

ぼちぼち皮膚感覚がしっかりしてきた

って感じか?島のビーチでやわやわになったあと、夜の(ショックアブソーバのいかれた)ミニバスでの移動でさらに傷つき安くなっていたのか、なんとなく「病み上がり」って感じだったのが、やっとしっかりしてきた。

安い中華レストランで昨日は食べた。今思うと、対応の悪さがタイに比べて思われるが、昨日は気にならなかった。やっぱり対応の良い高級なレストランにいかなくちゃダメかな?

ただ不思議なのは、インドでは給仕をしてくれるのは、ほとんどウェイターなのだ。ウェイトレスがいるところは少ないよなあ。やっぱ、高級なところではすこしウェイトレスがいるか?

まあ、普通のところでは「いらっしゃいませ。サービスさせてください」って女の子がやってくる訳でも、そういうのりで男性が来る訳でもない。

「おかね払うなんだから、食べさせてあげるよ。欲しい物決まったら、ちゃんと言ってね」くらいの乗りで来る。頭が高いのである。向こうの方が偉い立場にいるのじゃないかってくらいだ。

別にこれは苦情を言ってる訳じゃない。「面白いなあ。ところ変われば、何でも変わるんだなあ」ってくらいの事である。

注文決まっても、忙しいウェイター達は来てくれない。「お、お願いですから注文させてください」あるいは、「てめえ、注文取りに来いっていうのが聞こえないのか」くらいになってしまう。

実際には「君、注文取りに来なさい」くらいの軽い感じで「私が主人だぞ」って当り前の乗りで言うのが正しいのだけど、しばらくインドから離れていると、こちらが主張しなくても「あなたさまがご主人さまです」って扱いをしてもらっていたので、つい、弱々になっているのだ。

ビーチじゃこうだ:

笑顔に100万ドルくらい払いたくなるような、すっごくきれいというか可愛い20歳くらいの女の子が、タンクトップからおっぱいがあふれそうな(実は既にあふれている)ぴちぴちの格好でやってきて、「おはようございます」って嬉しそうにメニューをおいて行く。まだ決まってないうちからこっちを何度も気にしてくれる。

あるいは、「サービスしまっせ」って言いそうな笑顔が大阪商人のマネージャーが愛想よさそうに、「いつも御世話になっております。今日は何に致しましょうか?」って注文を取りにくる。

どっちにせよ、感覚の中にしっとりと流れてくる物がある。心に触れるというか、ハートに無意識ながらも触れるというか。体の周囲数センチにまで広がっているフィーリングボディとでも呼べる第二身体が潤っているのである。

第二身体が「嬉しい。気持ち良い」って言っているっていうか。そんな感じじゃ。(ほんとかな?)。たぶん、お互いに気持ちよい思いをしながら生きてきているんだろう。タイマッサージの国だから、一般的にマッサージをしあうのも良くあるんじゃないだろうか?

子供の頃は可愛い可愛いって愛されてた感じ。これをしても、あれをしても、何をしても「あなたは世界で一番愛されている」って当り前のように育ったとでも言ったら、そりゃ言い過ぎだが、言いすぎちゃいたくなるところがある。

島にいるころに腰の痛みがずいぶん出てきて、クイックリリースをしてみたことがある。表面的な部分はおいといて、最終的な部分は、何だったかと言うと、実は1歳か2歳の頃、自分の性器をいじっていて、「気持ちよいなあ」の世界にいるときに、何度も咎められて「汚いから触らないの!」って言われたような記憶である。

それで、1歳か2歳の感じで自分の性器をいじっている感じと一緒にいながら、元々住んでいたエクスタシーの世界をただよってみる。単にその感じを思い起こすと「肉体にいるのはエクスタシー」って感じが体全体に広がる。

何と、それ以来、腰の痛みが戻ってこないんである。大したもんだ。っていうか、そんな風な事件で「自分の好きな事が出来ない」って感じが自分の奥底にうごめいていたのだ。ああ、体にいるのって気持ち良い。

それは、最初に自分の好きな事をしているときに、激しく避難された記憶になっていたようだ。

話が飛んじゃったけど、書いておこうと思った話に継ったので、終わり。

またね!

[お天気日記] 一昨日の爆雨

つい書き忘れたけど、昨日の明け方だったと思うけど、土砂降りの雨が降った。昨日は朝は曇っていた。今日は晴れているけど肌寒い。11月になろうというのに土砂降りの雨には驚いた。

ボクがプーナにいない間も雨が降っていたのだろうか?

面白いサイト

わはは。笑った。ヨシローちゃん(mixiの方のみ見れます)の知り合いの業界の方のブログで、SPAMをネタに面白い商品をいっぱい並べている。やっぱ、業界の人はブログでもひとアジ違うなあ。

暇な時に、エンガジェットってサイトで新商品をみて遊ぶのだけど、そこよりお薦めだ。ブックマークに入れちゃったぞ。後で、RSSの更新一覧ページに追加しようっと。

本日のツッコミ(全13件) [ツッコミを入れる]

アキラ [タイの女性は夫が浮気するとチンポをチョン切るんだそうだ]

セトゥ [参考URL希望(藁 マニマニちゃんなら知ってそうかな?]

セトゥ [そういえば、日本の男性は愛する女性を殺して食べるっていう事件がフランスかどこかであったな。日本人の男は恐い。(爆]

アキラ [タイではチンポを切るのは結構多いみタイ。イタイイタイ! タイ、チンポで検索されたし]

セトゥ [ところで、タイの女性は魅力的だよ。]

ディヤン・アカーム [セトゥちゃん、お久しぶり! >「面白いなあ。ところ変われば、何でも変わるんだなあ」 そうだねー。インドとタイ。な..]

ruu [そうかー。タイってそんなに100万ドルの笑顔だったの? RUUは、あまり記憶にないなぁ。 いつもカオサンの安宿に..]

セトゥ [>> RUU > そうかー。タイってそんなに100万ドルの笑顔だったの? > RUUは、あまり記憶にないなぁ。 ..]

yoshiro [そーか、「焼き餅を焼く」というのは、 ぷーっと膨れっ面になるから言うんだね、 いまわかったよ。 「おしるこ..]

セトゥ [> お妾さんは、それぞれ国の港ごとに待っていてくれれば、 > 旅の途中で入港できるだ、と友人が言っていた。 ..]

セトゥ [>>RUU > 結構、日本と同等くらいのサービスは受けられるけど、 ボクの比較対象はインドですのだ。 日本..]

セトゥ [>>Yoshoro > そーか、「焼き餅を焼く」というのは、 > ぷーっと膨れっ面になるから言うんだね、 > ..]

セトゥ [>> Yoshiro > 何もお妾さんを連れて帰って、 > 本妻と一緒に住まわせることはねーだよ。 > そりゃ..]


2005-10-29 [長年日記]

今日は色々と動き始めた

朝からロータス・パラダイス用のジルコンを注文に行ったり、キッチンの物が増えて乱雑になってきたので、棚を買いに行ったり、プレムスでランチをしたり、続けてした。

夕方にも買いものに出て散歩したりと、普通に行動できるようになってきた。24日の朝について今日が29日だから5日くらい回復にかかるんだなあ。

実はバンコクに到着した時も、すぐに島に移動する予定が、なかなか動けるって感じじゃなくて、やはり5日くらいバンコクに留まってから島へ移動したのだよね。

プレムスではジューシーな女の子を二人見掛けたし、インドも良い感じだ(なんのコッチャ

ガーリック・味噌味パスタ

昨日は夕食にパスタを作って、今日もまたパスタを作る。

実はパスタを作る前に味噌をいじるという偶然から、ガーリック・味噌味パスタを作ったらおいしかったゾ。ニサちゃんもお気に入りだ。

最初は、アーリオ・オリオ・ペペロンチーノを作ろうと思っていた。

偶然、味噌を手に取った時に「味噌味パスタ」と閃いた。

基本は、アーリオ・オリオ・ペペロンチーノである。これに単に塩の代わりに味噌を入れたら美味しいはずである。

作り方:ガーリック(ニンニク=アーリオ)を潰して微塵に切る。結構使う。プライパンにオリーブ・オイル(オリオ)を入れる。ボクは先にチリ(唐辛子=ペペロンチーノ)を入れる。焦げるくらいまで放置。そうして、ガーリックをたくさん入れる。ガーリックも焦げるくらいまで放置する。で、火を止める。

つい、今回はここで、乾燥したバジルが呼んでいたので、放りこんだ。具が欲しいなと思ったので、塩水づけのオリーブを刻んで最後に入れることにした。

オリーブは刻んで待たせる。刻まなくても良いが最近は刻んでいる。

オリーブが浸かっていたスープをすこし取り、そこに味噌を溶かし込む。

これで、パスタが茹だったら、水を切って、火は切ったままフライパンのガーリックオイルと混ぜる。溶かした味噌も混ぜる。刻んだオリーブも混ぜる。

これでできあがり。なんとなくヘルシーな味がする。幸せ。

ラブ!

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

viru [味噌の加減もあるだろうけど、おいしそうやね、]

セトゥ [味噌は、黒い味噌を使った。一人分おおさじ一杯くらい入れても味は強すぎなかったよ。]


2005-10-30 [長年日記]

おはよう

最近は6時半だの7時半だのに目が醒める。タイとの二時間の時差で、早起きになるんである。

実はタイの島では、6時とか7時とかに目を覚ましていた。寝るのは9時くらいだったもので。

大掃除、衣更え

タイから帰って体も気分も新しくなったのと、まだアシュラムのワークに戻っていないのと、世間がディワリで新年前の大掃除をしているバイブが巷にただよっているのか、我が家も大掃除だの、部屋の衣更えだのをしてる。

本とコンピューを放りこむ棚と、新しいコンピュータを作る箱を買おうかなと思ったら、ニサちゃんに「今日は日曜日よ」って言われちゃった。日本じゃ信じられないけど、インドじゃお店は基本的に日曜日はお休みなのだ。

朝からキッチンの作り変えをしている。

アシュラム登庁

夕方にアシュラムに行った。やあ、やっぱり良い所である。ちょっと座って何もしないでも満たされる。あっちに行って、こっちに行って、ホワイトローブに着替えて、ポーディアムに腰かけてたたずむ夕方。オショウありがとう。

ホワイトローブがこれが良かった。そういえば、思い出した。ひさしぶりのホワイトローブはすごく良いんだ。毎日がそうなのかと思っていると段々と惰性になってくるのが新鮮味が薄まるのか。

ダンスしながらお顔はニコニコ、体を動かしているだけで幸せである。体が一人でダンスをしている。

何かがピタリと決まる。オショウの話がそのままは行ってくる。

ディナーを食べて帰ってきた。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

あまら [えい リゾートやね 世界でいちばんの リゾート地の 近くに暮らしている人の 特権やね・・ いっぱい たのしんでね..]

kousui [ こんな リゾート☆ が、存続してくれてるだけで あきらめず『 がんばろう♪ 』って元気も湧いてくるんです..]

セトゥ [>> あまら >> kousui そうなんですよ。なんだかんだ言っても、世界にはこんな場所他にないもんなあっ..]


2005-10-31 [長年日記]

続アシュラム登庁

朝から行ってワークの後かたずけをする予定で「もうすぐ出かける」と9時から言いつづけて、出かけたのは夕方6時だった。当然ワークの後かたずけもなく、ホワートローブ前のたたずむ15分間とホワイトローブと夕食だけ。

アシュラムっていいなあ。毎日ホワイトローブに出たいなあ。

明日から家でちょっと仕事を始めるので、アシュラムのワークはひと月ほど休業。そうすると入るときには入場料を自前で払うので、10月15日から値上がりした380ルピーはきついなあ。行けるのは週末だけになりそうだ。しくしく。

たったひとつの今ここ

今というのは、ここにしかない。ここというのは今しかない。「今=ここ」なのだなあ。

光よりも早く伝わる物がないとすると、ここではない場所は、全てが過去になる。他の場所から伝わった事は、全てが過去だ。本当に「ここの点」だけが今で、後は過去だ。

共時性:シンクロニシティというのは、ここではない他の場所が、「今」を共有することなのだろうか?そこにいるあなたと、ここにいる私のハートが同じ時を生きる。

ずっとこうして、今を共有していたいです。

ラブ

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

アキラ [ずっと今しかなかったんだ、という説もある。過去は全て今に在る。未来も全て今思い描く。永遠の今の展開がこの宇宙である、..]

セトゥ [今しかないというのが基本だよね。今にいる人が逢うとシンクロニシティが起きるのかな?リアリティの出会い。 上の話..]

アキラ [今以外の時は一度も無かったし、これからも絶対ない、というのがむき出しの事実みたいね。]

セトゥ [時間は存在しないというのが本当の事だそうだね。 宇宙はまだ始まっていないし、宇宙はもう終わってるって噂もある。]


月齢:日

2005年
10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Oh!Ah!Now!
せっちゃんの
シーポヨのしわざ
自由なバザール
クイックリリース
コピーレフトの
ヒーリング体系
シーポヨ絵なし日記
ヘンプ(大麻)のはなし
ヘンプ(大麻)の記事
シーポヨ絵百科事典
エオラノート
にさちゃんの
Lotus Paradise
ロータス パラダイス
チャネリング クリスタル
(売ってるよ)
せっちゃんの好きな
ハーティスト・カフェ
アーユルヴェーダ料理
あまらの日記
オショウ禅タロット
アーユルヴェーダ
ハーブと自然な製品の
印度サマサティ
パワーストーン占い



地球復興
木を植えるNGO
セブンアローズ

史上最強の
トータルサイト
O h ! A h ! N o w !

ちょっと おまぬけな
プラネット マガジン
うおんばっと

さみちゃの
そよかぜ日記
カフェDEアース



最新のコメント:
1.Parthena(05-15 05:46)
2.Starleigh(05-15 05:43)
3.セトゥ(11-01 16:23)
4.アキラ(11-01 15:29)
5.セトゥ(11-01 15:02)
6.アキラ(11-01 12:57)
7.セトゥ(10-31 14:35)
8.kousui(10-31 11:13)
9.あまら(10-31 09:23)
10.セトゥ(10-30 18:34)
11.viru(10-30 16:02)
12.セトゥ(10-29 14:24)
13.セトゥ(10-29 14:18)
14.セトゥ(10-29 14:16)
15.セトゥ(10-29 14:14)











地球は 懐かしい星


しばらく 離れていたから、良く分かるよ。

遠くから最後に見た地球は 何度も思い出した。
涙を流しながら 帰りたいと 思ったから、
たましいの深く深くに 刻み込まれている。

いつか帰れれるとおもって
ずっと ずっと 待ち続けたおもいで。

遠くはなれて、もう 見えなくなった 悲しい思い出。。。

ほかの 星でながいこと ながいことくらしていた。
時々 思い出した 最後に 見た地球。。。。。

地球を 愛してあげてね。。。 シーポヨの お願い。。。

日記の目次:

2005-10-31

続アシュラム登庁
たったひとつの今ここ

2005-10-30

おはよう
大掃除、衣更え
アシュラム登庁

2005-10-29

今日は色々と動き始めた
ガーリック・味噌味パスタ

2005-10-28

ぼちぼち皮膚感覚がしっかりしてきた
一昨日の爆雨
面白いサイト

2005-10-25

おんもに出た

2005-10-24

プーナはプーナ
日刊プレム・セトゥ 10/25 (火)

2005-10-23

今夜、インドへ移動
なんと、ヨガの一巻目を読み終えた

2005-10-18

Koh Chang
コ・チャン

2005-10-13

オショウの弟子になるまでの4つのステップ

2005-10-11

今日はバンコク、明日は地球

2005-10-09

良く晴れた良い日
シーク民族

2005-10-08

明日出発、タイへ。

2005-10-06

オショウの望んだコミューン

2005-10-05

ファキング・スパイシー!

2005-10-03

オショウが来た
オショウにドアを開けてもらう

2005-10-02

お天気快晴
オショウに第四の扉を開けてもらう
 あなたがあなたを愛しています。
2005年
10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2001|10|11|12|
2002|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|06|09|11|
2008|05|06|
Powered by Oh!Ah!Now!
Powered by Oh!Ah!Net!
アクセスアップ.ORG 一括登録 SEO等