シーポヨ絵なし日記・ときどき絵日記



覚えていますか?
初めてこの地球にたどり着いた時の事。

青く輝く地球に照らされて、
地上のどんなダイヤモンドよりも
美しく光輝いていた あなたの 姿を

Remember that you are beautiful.

You are the beauty.
You are the joy.
You are the creativity.
ロータス・パラダイス - 新しい存在の開花

ありがとう (はぁと)。
Google
 
Web Oh!Ah!Now!の中だけ探す

2001|10|11|12|
2002|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|06|09|11|
2008|05|06|

トップ «前の日記(2006-07-12) 最新 次の日記(2006-07-17)» 編集
RSS(目次情報)

Bookmark | Free Hugs | QR | Tech | map | tech | おすすめ | お天気日記 | ぼそ | アーユルヴェーダ | アシュラム | イベント | インド | ウェブ | オショウ | コチャン | コレガオンパーク | テク | デジカメ | ネットの道具 | ハート | ハーブ | バンコク | ビデオ | プーナ | ヘンプ | マグダラのマリア | リゾート | リンク | ヴィジョン | 宇宙 | 映画 | 音楽 | | 経済 | 健康 | 今日 | | 自叙伝 | 自由な世界 | 写真 | | | | 神秘 | 世界 | 生活 | 地球 | 停電 | 日記帖 | 日記帳 | 日本 | | 友達 | 予定 | 旅行 | 旅行記 | 料理 | 歴史


2006-07-13 [長年日記]

[マグダラのマリア] いろいろ

まあ、いろいろな事が起きています。今日は懐かしい友人のチェタンにあって、彼が今はまっているおもちゃを見せてもらった。既におもちゃをわけてもらった。電磁波などから体を守るオモチャ。これはまたこんど。

その後、プーナムに個人セッションですごく良いヒーリングをしてもらった。これが何と、体がすごく元気になった。10年以上は体が若返ったかもしれない。まあ、僕は糖尿病があるので、その系統のヒーリングをお願いして、起きた理解というのが、毎晩、レットゴーして死ななくちゃならない。

体の細胞は古いのが死んで新しいのが生まれて育つので、死ぬことを嫌がっていると、新しい細胞で置き換えることが出来なくなって、そうして老化して行く。

実際に、体の中のまだ死ぬわけには行かないっていう意識が浮かびあがってきた。これらは過去生と関係しているし、数年前に病気がこじれたときに思っていたことだ。

死ぬことを単に受け入れてみたら、体がスゴークくつろいだ。こんなにくつろいだのはひさしぶりだと思った。そうしたら、体の部分に痛みが浮かびあがってきた。これは隠れていた体の痛みだと分かった。しばらくして、終わったあと、自分でもその部分をマッサージしてあげた。

本当に何かがレットゴー出来た感じで、体が毒出しをはじめている感じがしたよ。毒を貯めていたんだね。まだ、少しずつ続きそうだ。

足湯にエッセンスを入れたりクリスタルを手に持ったりで、くつろぐ所から初めて、楽しかった。

----

その後は日本食パーティに呼ばれて行ったら、すごいことになっていた。っていうか、すごい立派な料理が山のようだったよ。いろいろな立派なメンバーだったし。

今は実は早朝で、ふと目が覚めちゃったので書いているのだけど、実は、地球の俯瞰史を見るように、ビジョンが見えていた。いろいろな国の人がきていたので、その集合意識と継って何かを見せてもらったのだろうか?

オショウが世界中の人を集めて話していたのは、そこに来ている個人だけではなくて、そこに来ている個人を窓にした集合意識に話している感じもよくわかった。

今ここは、未来と過去の抗争の結果。そういうビジョンも来た。

超意識は未来で、無意識は過去に根を持っている。その抗争の結果が今ここで起きている。

血のラインは低レベルだとシリーズの最初に言っといたけど、血のライン(遺伝子の受け継ぎのライン)には、父親のラインと、母親のラインがある。現在は父親のラインを重視しているんだけど、過去は母親のラインを重視していた。

母親が家を持ち、父親は外から来ている。家は娘が継ぎ、息子は他へゆく。家を継いだ娘の婿がファラオになるのがエジプトのしきたりだったって話は以前ここでも書いたけど。

マグダラのマリアの話、まあ、ダビンチコードの話では、この血のラインが母親のラインだというのも面白い。日本でも過去はそうだった。

----

純粋な血というのは馬鹿げている。血を混ぜ合わせる、クロスブリードが正しい。

恋の感覚は、このクロスブリードを指示する超意識的な働きなのではないだろうかと思ったこともある。頭を使うことはない。恋に従え。

血が何であるかというよりも、その肉体にいる魂が今なんであるかが重要で、例えば、自分が何も持っていないと思う人が、自分は血を持っているといったのがその始まりなような。

イエスが男だったので、女性しかその血のラインに参加することが出来ない。イエスの子を宿した女性しかイエスの血のラインを受け継ぐことしか出来ない。このことでは、男性の弟子たちは非常に嫉妬に満ちた反応をしたのではないだろうか?

実際に、イエスの男性の弟子たちは彼の後を誰が継ぐかが気になっていた。

ユダヤ教では、ユダヤ教徒を持つ母親の子供だけがユダヤ教を受け継ぐことが出来るそうだ。

ユダヤ人のイエスの血のラインがあるとして、それが母親のラインであっても不思議ではない。

話ではローマ法王は、イエスの弟子から始まるそうだ。そのはじめに、弟子たちの誰が一番か競争があったとしても不思議でもない。だれが跡を継ぐか。

悟りを得た人物の跡を継ぐことが出来る人は、継ぐことを許せる人だよね。たしか。だれでも受け継ぐ準備があれば、いつでも、何人でも受け継ぐことが出来る。自分が唯一である主張は、非常に子供じみた物だ。

それは他が認めることではなくて、自らがそれを知るだけに過ぎないし。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
juhi (2006-07-15 12:33)

Beloved Setu,
ジュヒです。
セトゥ、本当に有難う!!!!!
この日記の記事で、物凄い貴重な洞察/インスピレーションを色々と得られました。マグダラのマリアに関して、また「ダ・ウ”ィンチ・コード」に関して、さらにそれを超えたいろいろなところで最近疑問に思っていたことの本当に多くで、答えが閃くきっかけになってくれました。
詳しいことを本当は書きたいのですが、私はPCがとても苦手だったり、今余裕がなかったりして、書くとものすごい分量になってしまうので、またの機会にでもシェアしたいと思っています。
Love,love,
Prem Juhi

シーポヨ (2006-07-17 03:58)

>>Juhi

うん。話を聞かせてもらうあると嬉しいです。
いくら長くなってもわくわくしながら読みます(笑
なにはともあれ、いろいろなきっかけになってくれてありがとう。

love love
Prem Setu


月齢:日

2006年
7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Oh!Ah!Now!
せっちゃんの
シーポヨのしわざ
自由なバザール
クイックリリース
コピーレフトの
ヒーリング体系
シーポヨ絵なし日記
ヘンプ(大麻)のはなし
ヘンプ(大麻)の記事
シーポヨ絵百科事典
エオラノート
にさちゃんの
Lotus Paradise
ロータス パラダイス
チャネリング クリスタル
(売ってるよ)
せっちゃんの好きな
ハーティスト・カフェ
アーユルヴェーダ料理
あまらの日記
オショウ禅タロット
アーユルヴェーダ
ハーブと自然な製品の
印度サマサティ
パワーストーン占い



地球復興
木を植えるNGO
セブンアローズ

史上最強の
トータルサイト
O h ! A h ! N o w !

ちょっと おまぬけな
プラネット マガジン
うおんばっと

さみちゃの
そよかぜ日記
カフェDEアース



最新のコメント:
1.buy soma online(05-27 12:53)
2.シーポヨ(08-04 03:38)
3.atimukta(08-02 10:18)
4.*mahanta(07-31 11:35)
5.うるばし(07-30 07:35)
6.Bhavesh(07-29 22:37)
7.あみ(07-29 08:49)
8.シーポヨ(07-29 05:29)
9.シーポヨ(07-29 05:27)
10.ikkom(07-29 00:34)
11.みんちあ(07-28 21:01)
12.うきは(07-28 20:24)
13.ハルシャ。(07-28 19:24)
14.シーポヨ(07-23 15:36)
15.chaki(07-19 18:47)











地球は 懐かしい星


しばらく 離れていたから、良く分かるよ。

遠くから最後に見た地球は 何度も思い出した。
涙を流しながら 帰りたいと 思ったから、
たましいの深く深くに 刻み込まれている。

いつか帰れれるとおもって
ずっと ずっと 待ち続けたおもいで。

遠くはなれて、もう 見えなくなった 悲しい思い出。。。

ほかの 星でながいこと ながいことくらしていた。
時々 思い出した 最後に 見た地球。。。。。

地球を 愛してあげてね。。。 シーポヨの お願い。。。

日記の目次:

2006-07-28

「孤島に行くなら?」

2006-07-17

電磁波防御

2006-07-13

いろいろ

2006-07-12

宗教性と宗教

2006-07-11

オショウのワーク
オリエントからヨーロッパのゆがみ

2006-07-10

いろいろ、

2006-07-07

ことの始まり

2006-07-02

クリスタルのグループ
 あなたがあなたを愛しています。
2006年
7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2001|10|11|12|
2002|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|06|09|11|
2008|05|06|
Powered by Oh!Ah!Now!
Powered by Oh!Ah!Net!
アクセスアップ.ORG 一括登録 SEO等