▼スタッフルーム
  MAIL | MAILING LIST | BBS | HOME
NOWHERE

 ├まは        └せっちゃん ◆こころヒーリング ◆オープンコミュニティ ◆リアル・インド ◆地球に生きる ◆アート芸術 ◆NOWSCHOOL ◆アナディリンク集
クリック!遊び場へいらっしゃい


   



「インド版、今日のおかず」
餃子と天津飯とわかめスープ

今日の夕食

インドにいながら、こんな食事をいただけるとは、夢のような話しである。別にインドとは言わなくても、海外で生活していると、とかく「日本食、日本食、日本食が食べたい!」と内なる叫びが沸いてくるのは、これは一度ならずも、何度も経験する。だから、こんなものを料理していただくのが、大いなる贅沢と言えるのだ。インドなら、自炊を抜きにしてしまえば、とにかく一にカレー、ニにカレー、三四がなくて、五に中華(チャイニーズレストランがある。でも高い)と言ったところ、仕舞には、その激辛さ加減に嫌気がさして、消化不良で胃がもう受け付けなくなる。もちろん、数週間や数ヶ月の旅行なら、まだしも、もう、十年もインドにいると、他のインド貧乏ケチケチ耐久旅行者みたいな真似はできなくなってしまう。かといって、高級な中華を毎日食するわけにもいかない。


だからこそ、まぁ〜いにち、僕は自炊!で最高の贅沢です。しかも、野菜や食材は安い!たとえばたまねぎはキロ20円くらい(メチャ安)…食費が浮く、経済的、…だけど、日本のように食材が豊富ではない!ので、それなりの準備が必要です。
それでは今日の夕食のために、まず、餃子の皮作りからスタート。

餃子の皮を製作中です

◆餃子の皮はチャパティ用の丸板と伸ばし棒で伸ばす
なんたって、ここはインド。餃子の皮をスーパーで買ってきて…てなわけにはまいりません。餃子を食べたかったら、まず皮から製作しなくてはなりません…ということで、実は昨日の手打ちうどんを作ったときに残しておいた種で、皮を伸ばしはじめました。


ちょっといびつですが、餃子の皮できあがり

◆ちょっといびつですが、皮できあがりました。
でもなぁ、ちょっと心配…うどんを練ったやつの残りでやったもんだから、ちょっと柔らかすぎて、包むときに破れないかなぁと心配…まぁ、いけるか…?


餃子をまるめる

◆餃子を丸める
ここからは日本と同じです…と言いたいのですが、あら、大変。やっぱりうどんの練り残しだったので、柔らかめの皮になってしまって、それで丸めにく〜い、破れそう…で、やっぱり大変でした。破れないように慎重に慎重にやっています。ちなみに、具は、白菜(チャイニーズ・キャベッジとして最近市場に出始めた)、パニール(カッテージチーズのこと。こちらは乳製品は豊富です)、マッシュルーム(インドでは生のマッシュルームが安くて豊富)、豆腐(これはダイエットとしてインド人に人気があり、どこでも手に入るようになりました)ねぎ、生姜、ニンニクをみじん切りにして塩コショウで軽く炒めたものです。

餃子をまるめる

◆これがインドのキッチン!
どうです。総マーブルのキッチン台に、光輝くガステーブル!なんと、つまみをひねるとパッチンとガスが自動的に点火する最先端技術?(十年以上も前の)ですぞ!(日本じゃ当たり前かもしれませんが、こちらではやっと去年くらいから市場でよく見かけるようになったんで、早速購入!でも、日本円で1万もした。値段は日本と変わりません。)
さぁ、餃子を焼こう!で、ミーナさん(写真奥)が焼き始めました(実は、彼女はおっちょこちょいで、この日、せっかく苦労して作った餃子を焦がした!んであります。あとで、みんなして、その焦げた餃子を泣きながら食べました…インドではこんな焦げた餃子もとても美味しい!んであります)。その横(写真手前)で天津飯の卵焼きをやっているのが、セッチャンです(彼は卵焼のベテラン。ちなみに、せっちゃんのおうちには台所がなくて、いつもこうして、うちで料理をして食べているという訳なのであります。インドで、台所があるということはすごいことなのですぞ!みんな、外で、薪をひろって、その上に鍋を置いてやっている…??)。

餃子をまるめる

◆これがインドの酢
餃子にはタレを付けたいなぁ…。それに必要なのが、酢と醤油とラー油ですが…、実は最近、インドではキッコーマン醤油(日本円で800円もする。日本と比べたらかなりお高い…)がどこでも買えるのよねぇ。だから醤油には苦労しません。それに、ラー油は小さくて軽いので、こちらに来る人に持ってきてもらっているのである。だけど、問題は酢!いろいろと酢を試しているのですが、いまのところ、これっだっ!という酢にはお目にかかれていないのが現状です。これはとりあえずの代用の酢。ココナッツ・ジュースから醸造される100%天然醸造ココナッツ・ビネガーです。インドの自然食品店で75RS(250円くらい)で買いました(500ml).。ちょっと癖があるけど、なんとか笑ってごまかしながら使っています(どなたか、こちらに来られる方、ぜひ日本の米酢をプレゼントしてください。一食おごりまっせ!)

いただきます

◆ということで、いただきま〜す
そんなこんなで、皮を伸ばし始めてから半日かかって…!?、うそ、三人の共同作業で、僕が餃子の皮、せっちゃんが天津飯、ミーナさんがスープとご飯で1時間もしないうちに「いただきま〜す」。あ〜あ、今日もとても美味しかった。ちなみに、写真は、マハではありませんで、せっちゃんです。



■掲示板への投稿を待ってます!→掲示板