▼スタッフルーム
  MAIL | MAILING LIST | BBS | HOME
NOWHERE

 ├まは        └せっちゃん ◆こころヒーリング ◆オープンコミュニティ ◆リアル・インド ◆地球に生きる ◆アート芸術 ◆NOWSCHOOL ◆アナディリンク集
クリック!遊び場へいらっしゃい


   



マハのインドノート
2000/1/24---ヘナ---マハも髪染めに挑戦!


 最近、みなさまから、「マハも写真で登場しろっ!」と、「隠れているんじゃないぞ!」とパッシングを受けまして、あんまり、別に特別なこともないのですが、それじゃぁ、僕のとある一日を写真に撮ってみました。
 それで今日は、僕もヘナに挑戦したので、その模様を実況中継!
そもそも、なんで僕もヘナをやったかといいますと、「インドのそらのした」でミーナさんがヘナのレポートを見たからです!というか、実は、そのレポートの撮影とか、実際を見ていて、僕もヘナをやってみたくなったのであります。ヘナの香りをかいでいると、気持ちいいぃんです。インド人のおばさんがやってきて、ミーナさんの頭にヘナをぺちゃくちゃと塗りたくっているのをみていて、ヘナの匂いがぷーんと…なんかよい感じ…がして、僕も鉄鍋に残ったヘナを触ってみたり舐めてみたり、これっていけるかも!?おっ、おっ、お願い!僕にもやって!ということで、マハもヘアーカラーに大挑戦の巻きとなりました。  

 写真上の僕は、手に鉄鍋を持っています。前日からミーナさんが僕のためにヘナを練ってくれてあったのでした。ミーナさんの手も真っ黒!になってしまいます。洗っても少し茶色が手に残るけど…手に残っても、とても気持ちいい…んです、これが。聞くところによると、インドでは昔から女性が手足にヘナで模様を描くそうですが、これは単に装飾だけでなく、もともとヘナには人のエネルギーのバランスを調整する作用があり、手足につけておくと健康にいいそうです。そうかもと思いました。とにかくヘナは気持ちがいいです。
 

 と、僕がヘナっている(ヘナをぬってもらうこと。またヘナが好きな人はヘナリストといいます)ところに、セツー(写真下の右端)がピンポンとやってきました。「わぁ〜、いいないいな、僕もやって!」と彼も今度やってもらうことになりました。

 ヘナは化学的なヘアー・カラーと違って、天然の木の葉っぱを粉末にしただけのものだから、作用がのろいんです。だから、トリートメントの目的なら2時間、頭を染めるのが目的なら5時間から6時間、ヘナを塗ったまま放置します。僕は、最近、白髪がめっきり増えたからなぁ…ということで、5時間ヘナることにしました。頭には乾燥防止のサランラップをまかれています。5時間後には、きれいに染まっているはず…楽しみ。白髪にはうす茶色にそまり、黒い髪はコゲ茶にそまるそうです。ただ、髪質で、染まり具合が変わるらしいので…赤毛になったらどうしよう?


みなさんにもヘナをすすめますっ!