▼スタッフルーム
  MAIL | MAILING LIST | BBS | HOME
NOWHERE

 ├まは        └せっちゃん ◆こころヒーリング ◆オープンコミュニティ ◆リアル・インド ◆地球に生きる ◆アート芸術 ◆NOWSCHOOL ◆アナディリンク集
クリック!遊び場へいらっしゃい


   

2001-0311  
Subject:  [oh-nowhere] マハ日誌、あぷるば日記、休載。「シ ーポヨ絵なし日記」が救済。
Date:  Sun, 11 Mar 2001 15:16:07 +0900
From:  setu@via.co.jp
Reply-To:  oh-nowhere@egroups.co.jp
To:  oh-nowhere@egroups.co.jp

ほいな。

今日は、マハさんとミーナさんがホリデーに出かけてしまいました。
やれやれ、あーだコーダと言いながら遊んでいたもので、一人になるとなんとなく気が抜けるものです。NWCO(ヌウコ)も寂しいって言ってます。

で、今日は早々と自分の家です。ニサは、「ダンシング・ウイズ・マスター」って言うブッダホールでするダンスの瞑想をしに行っちゃいました。「一緒に行こうよ」ってニサも言ってて行くつもりだったけど、今日は何かどっとつかれちゃったので、ベッドの上でミーナからまた借りをした「浮浪雲(はぐれぐも)」のコミックスを読んでました。で元気になったけど一人なので、おもむろにラップトップの電源を入れてこうして書き始めているわけです。

さっきの疲れていたのは、何だったんだろうって感じです。何かズズって感じのヴァイブに捕まったって感じでした。そんな感じで、「7身体から時代を読む」のシリーズについいちゃもんをつけてしまいました。気になさらないで続けてください。最初にポストされたのが紛れていて、参考の本の紹介があったのに気がつきませんでした。

ここは「みんなで寄ってたかって、何かを作ってゆく場所」でもありますから、ご検討を。ただ、また、気分でいちゃもんつけるかも知れないので、あらかじめ御かんべんを。

出発前に、ミーナが「背中が朝からすごくいたい」って言ってました。ニサが新しいヒーリングのシェアーをマハスックにするって来てたのですが、マハは出発前のドタバタで忙しいので、「帰ってからにしようか」って言ってたのです。で、急拠ミーナのセッションが始まりました。ベッドルームがゴチャゴチャだったので、リビング(兼NWCO)でしたのですが、近所でコンピュータをいじっていたので、知らないうちに私に飛び火してたのかなぁ。そう言えば、さっきまで特に背中がズズって感じだった。

何はともあれ、数時間後の今はいたって健康に戻ってますので護安心を。へへ。マハはラップトップが半分壊れている状態なので、ホリデーには持って行けませんでした。実は、そのせいもあって、ホリデーに行きたいんだか、行きたくないんだかはっきりしない状態だったですが、それはコンピュータに取り付かれた人には経験があるでしょう。まあ、ホリデーに入ってしまえばホリデーモードに入って楽しむでしょう。出発の時のマハは生き生きしてました。まあ、いつも生き生きしてすが。いぎいぎじでだ。って感じでしょうか。

ニサがミーナに30分程簡単にヒーリングをしたら、あら不思議。「もう、ちっちゃな痛みしかない」ってミーナは大喜び。背中痛くって今日は出発出来ないかもって行ってたんです。ニサルグはチャネラーでもあります。最近チャネリングと同じような手法で、言葉を受け取るかわりに、ヒーリングをするってのを始めています。これがすごく良いです。治療が目的って言うより、その人の「質」を勇気づけるって感じかな?瞑想やにも役立つけど、日々の生活にも役立ちます。たいていの緊張や痛みはエネルギーが原因だったりしますから。

日本にいる間も、私はこのヒーリングのお世話になっていました。何が起きるって、自分の中がクリアーになるので、大抵の問題は問題ではなくなってしまいます。チャネリングと言っても、何処の誰それ神にお伺いを乞うのではなくって、あるエネルギーの質っていうか、誰でもが持っているか、持っているけど表に出て来ていない「質」と継ります。この辺は今度詳しく書いてみようと思っています。彼女はその質とつながってって、ダンスをしてみたり、絵を描いてみたりしています。そのようにして「質」を体験として学んでゆきます。

何はともあれミーナさんは元気になって、「明日に延期かな?」って期待していた反省ザル編集長も、自分のヒーリングを延期したために、ミーナさんにヒーリングのセッションが回って、出発は今日になりました。やっぱりお猿は知恵が少し足りないです。って言うか、存在の流れには逆らえません。

マハは最後の最後までページの調整をしていました。何とか、新生NOWHEREのデザインは一段落した模様です。最後の最後までミーナとセトゥで沢山注文をつけました。ご苦労さまでした。でも一番注文をつけたのは、マハさん自身です。お出かけ先は有名なゴアです。何と夜行バスで10時間以上かけて行きます。ゴアではNOWHEREにも記事の載っているマジュヌと合流の予定です。多分、ページの作成は無理でもBBSかメーリングリストに何か発言があるでしょう。「日本一謙虚な日本人」とか言い出さなければ良いのですが。所で、「日本一」と言う謙虚な人がいるものかは議論に分かれるものです。ホリデーは一週間の予定でございます。その間、アナディとセトゥでホームページはゴチャゴチャになります。はは。

さあ存在はゴアに何を用意しているのでしょうか?帰ったらゴアガイドを充実するからねって言ったました。たぶん失敗談も山ほどあるでしょう。お笑いの国インドは楽しいです。笑えないと嫌いになりますから、笑いを身に付けましょう。

最近はあの、大笑いで有名なサダージを見ません。和尚の本では、かれは「サルディア・グルジアー・シン」とか呼ばれているけど。アメリカに住んでいるって話です。一時期、彼が病気をして古さとに行っていて、その後久しぶりにお見かかけしたときは、とてもほっとしました。「いやあ。深刻なことって何にもないね」ってエネルギーのフィールドを持っておられる方です。深刻なことは何にもないし、大抵のことはうまく行く。うまく行っていないように見えても、それは勘違いだから面倒な風に考えないでね。大笑いして、瞑想したら人生はただの遊び場だってば。って感じに気がつかせてくれます。気がつかなくても、無意識の内にみんなそうなります。

和尚が、「エンライトしたら、サダージの所へ行け」って良く言ってました。「大笑いしてエンライトを一ふきで飛ばしてくれるから」って。いやあ、ありがたいお言葉です。実際サダージはすごくナチュラルな人で、そばに行って何でもないお話をすると自分もナチュラルな子供に戻ったもんです。そうゆう人は、それだけで役に立つ立たないにかかわらず、ありがたいです。女の子達はサダージにエッチして欲しいといってました。私はしてもらった事ないのでドンなのかは知らないです。でで。

所で何時も「はぐれ雲」を読んでいて思うのは、「ジョージ秋山」は和尚の本を読んでいるかもって思います。皆様はどうお思いでしょうか?

明日は、ニサルグのお友達のレバの家に遊びに行きます。この叔母さんも色んなことをする人で、チャネリングもします。私達の間では事ある事に、チャネリングやらチャクラのリーディグリーディングやらを、友達の間でしあいます。便利なのは、マインドではない部分で何かをしてもらえるって事で、マインドや理屈を信用していない私達にはありがたいです。

明日はニサルグが新しいヒーリングのセッションをしに行きます。日本にいたときと違うのは、自分で見つけた新しい「質」の助けを借りてヒーリングをします。レバも自分で見つけた「質」を沢山持っています。25種類くらい。へへ。
ニサルグは少しおくれて自分で見つけた「質」を受け取り始めました。で、何を愚図愚図しているのかと思っていたら、最初にやって来た「質」は、かなり高品質?です。名前を、"Lotus Paradise, unfolding the new being" 「蓮の花のパラダイス。新しい存在を花開くこと。(?)と言います。もう、1年以上彼女の回りにやって来ていた「質」です。ひとたび、「質」がやって来ると、それは「絵」や「詩」などを使って記録したり、その質をエネルギーや雰囲気としてそのままクリスタルの中に固定します。
彼女がそれを受け取った日に、彼女がそれがどんなものであるか説明をする前に、私がそれにチューニングしてどんな質なのかを彼女に言いました。それは「新しい存在を花開くこと」にぴったりの感じでした。

次の日に、「ヒーリングしてくれー」って頼んだら。第一号でやってくれて、それは今までのとはちょっと違った。もっと何か強力でなおかつとてもソフトなものだった。横たわった私の横に彼女が座って、「質」と同調し始めたとたん、私は思わず丹田から「あはっ」と笑ってしまった。理由もなく。私の丹田がひと声笑った感じ。ほとんど彼女は私の体に触れたりしないんだけど、時々「質」の入っているクリスタルを体の上に置いたりする。声を出したくなったりして、声をだしたり。笑いが出て来たり、咳込んだり。どんどんと寛いで、30分くらいでプロセスが終った。もう、なにか十分な事が起きた感じで、「もっと」って感じもなく、いやあより正常になった。って感じ。もとに戻ると健康なんだね。

この文章を読んでいる人でプーナにいる人は、彼女に声をかけてみてください。新しいヒーリングの練習をしたがっています。もうすぐ日本に戻るので日本の人と練習したいそうです。あ、アニーシャは?アナディも?とりあえずこれはいいし、何の心配もないセッションです。

彼女が「質」を呼んで、「質」がやって来たら、「何をしたら良いか」分かります。ただ、そのように手を軽く置いたり、クリスタルを置いたり、体の回りで手を動かしたりします。彼女は「なぜ」そうするのかは分からないけど、「何」をその瞬間したら良いのか分かるそうです。これは、和尚の言う、knowing 「知りつつあること」ですね。ご存知の方も多いでしょう。ボディワークをするひとは多分みんな知っていると思います。それは知恵と言うことです。

また、チャネリングと私達が呼んでいるのは、この「知りつつあること」つまり、「その場に対応すること」が声でやって来たり、言葉でやって来たりします。「知りつつあること」を色々な場面で練習することは、私達の知恵を育てることになります。知恵は「なぜ」とか「どのように」を含まずにやって来ます。ただ、その瞬間どのようにあれば良いのかが分かるのです。

ラブ
セトゥ