▼スタッフルーム
  MAIL | MAILING LIST | BBS | HOME
NOWHERE

 ├まは        └せっちゃん ◆こころヒーリング ◆オープンコミュニティ ◆リアル・インド ◆地球に生きる ◆アート芸術 ◆NOWSCHOOL ◆アナディリンク集
クリック!遊び場へいらっしゃい


   

2001-0314-2  
Subject:  Re: [oh-nowhere] " Re:[134] ちょっと一息"( BBS)
Date:  Wed, 14 Mar 2001 18:03:07 +0530
From:  Setu the Prem <setu@via.co.jp>
Reply-To:  oh-nowhere@egroups.co.jp
To:  oh-nowhere@egroups.co.jp
References:  <200103140934.SAA14487@raq1.aminet.or.jp>

HI

"シャルマ" wrote:

今回のsetuの意見は大変整理されていて、要点をついていました。
これで皆さんの理解も深まりましたでしょうから、良いことだと思いますし、僕も納得しました。
ありがとう。同意してもらったと理解します。

さて、ついでなので、モデルをまとめてみます。

--------------------------------------------------------
A:統合以前:

人間は第四身体なしではありえません。
タイプ1:はフィジカル重視の第四身体。
タイプ2:はエーテル重視の第四身体。
タイプ3:はアストラル重視の第四身体。
ということが出来ます。第四身体の下層部とでも言いましょう。

ここでは二元性にとらわれています。

例:
欲しい欲しくない(必要、不要):物理的ジャッジ。
好き嫌い:エーテル(感情的)的ジャッジ。
良い悪い(高い低い。光と闇):アストラル(理性的)ジャッジ。

「ジャッジ」とは変更不可能な判断(未来に対しても使われる)を言います。
その場で、スポンテニアスに起きているのは別です。

B:統合を意志:

タイプ4は:統合重視の(偏重のない)第四身体。
と呼べるでしょう。第四身体上層と言ってもいいかも。
ある程度成長し、自覚した第四身体です。

これらの訓練は第五身体のガイドのもとに進みます。
内なるガイドでも、グルでもいいです。訓練の間、何度も何度も
「二元性を超えた世界」をかいま見るでしょう。

C:統合が安定:

統合が安定した時点で、第五に入ります。
統合が結晶化。
二元性、観念などは超えられましたが、
未だに「個」が存在している次元です。

第六第七については触れませんが、第七がエンライトンメントです。
また、このモデルに沿わずに成長するパターンもあります。
例:頓悟禅(って普通の禅でしょう?):段階を踏まない光明。
でも禅のワークは第五から第六への橋渡しだとも言ってるし。
--------------------------------------------------------

このように(人間・社会)基本モデルは3っつの要素です。
誤解が生まれないようにAの中に三つのタイプがあります。

ほとんどの地球上の社会はAのどれかのレベルにあると思います。

ラブ
セトゥ