▼地球に生きる   MAIL | MAILING LIST参加 | MAILING LIST過去ログ | BBS | HOMENOWHERE


n a v i g a t o r
地球に生きる
地球の生き方ガイド
▼メールマガジン

NOWHEREテーマ
こころ・ヒーリング
オープンコミュニティ
リアルインド
地球に生きる
アート
アナディみてるだけ
スタッフ
調理鍋という殺人者(2)★地球・環境★ N O W H E R E ニラバ

調理鍋という殺人者/No.2
THE KILLER COOKING POT No.2
仕組まれた暗闇に明かりをあてる
SOME LIGHT ON THE CONTRIVED DARKNESS:

    しかしながら、1910年ころ、初めて、アルミ調理器具に対する強い反発が表面化した。特に、一人のアメリカ人、ドクター・ベッツはこの論争に勝利を収めたのである。

    However, around 1910, the first experiential backlashes against aluminum cookware began to surface. In particular, one brave American man, a Dr. Betts, became a champion of this cause.

    ベッツはごく平凡で幸せ、健康な人生を送っていたが、彼が40歳のとき、突然、深刻な進行性の病に見舞われた。その症状は、彼にはまったく理解することができない不可解なものだった。何人もの専門家に診てはもらったが、すっきりとした答えが得られない。彼自身は、とても科学的な人物だったために、自分の実験室で、自分自身の、この死の病の原因を究明するために徹底的な調査研究を続けていたが、しかしながら、まったくなにもわからずに、彼はますますわけがわからなくなってしまった。消化器系の慢性疾患が肝臓と腎臓の疾患と併発し、腹部機能不全と一緒に関節炎を患い、そのうえに、一命に関わるほどの貧血症が彼の気力を挫いている。目の下には大きなクマができ、極端な虚脱状態に苦しんでいた。発病からたった一年で彼は車椅子の生活を送る身の上となってしまった。彼には自分はもう死ぬんだとわかってはいたが、しかし、それと同時に、それに対する満足のいく答えを見出すことがまったくできないということも彼にはわかっていた。その答えを捕まえるために彼にやれることなど、もう何もないかのように思われた

    Betts had been living a normal, happy, healthy life until quite suddenly, at around age 40, he began to experience serious degenerative disorders which went completely against his knowledge of his own body. He consulted many specialists. He was a very scientific man. In his laboratory, he ran exhaustive tests to find the cause of his demise, but, even more confusingly, nothing at all revealed itself! Chronic digestive ailments combined with liver/kidney disorders, stiffening arthritic joints alongside bowel dysfunction, and finally pernicious anemia baffled him. He had large black rings under his eyes, suffered from extreme apathy, and, within only one year of the very first symptom, was confined to a wheelchair. He knew he was dying, but he also knew there was absolutely no satisfactory explanation for it, and worse, seemingly nothing he could do to arrest it.

    ベッツは自分に駆け寄る謎の死に対して観念し、なかば望みを捨てかけていた。彼のある友人が、彼の病に効く治療方法を必死に探していたが、その彼がある日、彼を近場の温泉健康農園へ招待した。ベッドから起き上がるということすら、彼には苦痛だったが、彼はその申し出を受けることになった。温泉に到着すると、温泉の主人が彼らにその温泉の湧き水を飲むように差し出した。このときが、ドクター・ベッツの、まさに消え去ろうとしている彼の生涯において、不思議な瞬間だったことがあとになってわかった。幸いなことにドクターベッツの正確な観察力はいまだ衰えていなかった。というのは、主人がどうぞと水を差し出したとき、彼の友人のほうに差し出されたガラスのコップに入った水には何の変化もなく静止していたのに、彼のほうに差し出された水はアルミのコップに入っており、彼が手にして口もとまでもってくると、彼はその水が激しく泡ぶくを放っていることに気が付いた。同じ水が、しかし、まったく違うように反応している!ドクター・ベッツは強烈な興奮を覚えた。彼には直感的に彼の致命的な病の原因を見つけたということがわかったのだ。彼はあわてて自分の家に戻っていった。その途中、彼の頭のなかは、彼がかつて新たに購入した一揃いのアルミの鍋のことでいっぱいだった。いったい購入したのは「いつ」だったのか?もちろん、体がおかしくなる少し「前」だった!彼の科学的思考にとって、この事実は、大発見にも等しいものがあった。

    Betts had almost given up hope, resigned to a puzzling death coming on fast, when one day, a friend, desperately seeking a cure for him, invited Betts to accompany him on a drive to a nearby mineral springs/ spa health farm. It was almost too much for Betts to get out of bed, but he finally consented. On arrival at the spa, their host handed them fresh spring water to drink. This was to prove the magic moment in Dr. Betts' fast fading life. Fortunately, his acute observatory powers were still intact, because he noticed that whilst the water given to his friend, contained in a glass, was absolutely still, his own serving, as he lifted his (not glass but) aluminum tumbler to his mouth, was bubbling furiously. The same waters, yet reacting so differently! Dr. Betts experienced a strange wave of excitement, for he instinctively knew that he had found a clue to his "terminal" disease. He sped back to his home, all the time seeing in his mind only the neat row of aluminum saucepans he had newly purchased - and when was that purchase made? Of course! Just before he began to get ill. To his scientific mind, this was the equivalent of "EUREKA!"



n a v i g a t o r
地球に生きる
地球の生き方ガイド
▼メールマガジン

NOWHEREテーマ
こころ・ヒーリング
オープンコミュニティ
リアルインド
地球に生きる
アート
アナディみてるだけ
スタッフ


▼地球に生きる   MAIL | MAILING LIST参加 | MAILING LIST過去ログ | BBS | HOMENOWHERE