▼地球に生きる   MAIL | MAILING LIST参加 | MAILING LIST過去ログ | BBS | HOMENOWHERE


n a v i g a t o r
地球に生きる
地球の生き方ガイド
▼メールマガジン

NOWHEREテーマ
こころ・ヒーリング
オープンコミュニティ
リアルインド
地球に生きる
アート
アナディみてるだけ
スタッフ
調理鍋という殺人者(3)★地球・環境★ N O W H E R E ニラバ

調理鍋という殺人者/No.3
THE KILLER COOKING POT No.3
ベッツの発見
BETT'S FINDINGS:

    彼は彼のアルミ鍋を綿密に調査した結果、とりわけ鍋の底の部分に小さな黒い穴のくぼみがあことに気が付いた。彼は新たな発見の熱狂振りはさらに大きくなっていった。

    Upon close inspection of his aluminum pots, he observed that the inside surfaces, especially the bottoms, were pitted with small black holes. His newfound enthusiasm soared even further.

    (いますぐ、あなたのお宅のアルミ鍋やコーヒーポット、フライパンなどを見て欲しい。あなたも同じく、この月面クレーターのような、分解現象の様子を見ることができるはずだ。そこから解き放たれたもの、溶け出したものは、いまはあなたと、あなたの夕食をともにいただいたゲストたちの体のなかに落ち着いている。)

     (Right now, take a look at your own aluminum saucepans, coffeepots, frypans, etc. You will see the same cratered, disintegrating landscape, and what has been loosened, dissolved from there now lies in the bodies of you and your dinner guests.)

     彼は、アルミ調理器具のすべてを処分し、昔ながらの安心できる鉄製のなべに切り替えて、数日もたたないうちに事態が解放に向かっていることを感じはじめた。彼の実験室の検査結果によって、酸味がある食物はどんなものであってもアルミ鍋の表面に強い反応を引き起こすということが判明した。なぞなぞに対する解答を発見したと、ここに至って、彼にははっきりと納得できた。さらに、数ヶ月のち、彼は車椅子を捨て去り、あっという間に元気で健康な状態に戻ったのである。

    Within only days of abandoning all aluminum for his trusty old steel-coated iron pots, Dr. Betts started to feel a change for the better. His laboratory tests were revealing that any type of food acid, as well as certain minerals, caused a strong reaction with the soft aluminum surface. By now he was thoroughly convinced that he had found the answer to his riddle. Moreover, after a further month, he had discarded the wheel chair, and very quickly returned to robust health.

    酸味の多い食物、たとえばトマトや茄子、ほうれん草、パイナップなどは、アルミの表面に強い程度の酸化を引き起こすことが判明した。緑野菜に含まれるシュウ素ナス属(トマト科)は、アルミにとって極めて危険なのである。実際には、果物や野菜のほとんどが程度の差こそあれ、アルミの酸化腐食を引き起こす。米と豆はアルミのなかでは極めて中立的だが、それにたまねぎやトマト、コリアンダーのようなものを付け加えることで、有害な状況が生まれることになる。そして、料理が鍋のなかで放置されるのが長ければ長いほど、より毒性を帯びた品質になっていくというわけだ。

    Acid-rich foods such as tomato, brinjal (eggplant/aubergine), palak (spinach/beet tops), and ananas (pineapple) were observed to cause high degrees of oxidization on the surface of aluminum. Oxalic acid (in green vegetables) or nightshades (tomato family) are extremely dangerous mixes with aluminum. In fact, all fruits and vegetables cause varying degrees of oxidization, and whilst rice and dal (lentils) are quite neutral in aluminum, it is the addition of onions, tomato, dhanya (coriander) and the like which create the hazardous conditions, and the longer the pot containing the food is left standing, the more toxic the brew becomes.

    (次のような実験をしてみてほしい。一束のほうれん草をステンレス鍋で調理して観察する。ほうれん草は緑のままだし、水は透明だ。それでは、ほうれん草をアルミ鍋で料理して観察してみよう。ほうれん草の緑はあっという間に黒ずんでくる。水は濁り始める。高い毒性のあるアルミ酸化物が出来始めたのだ。さらに、ある特定の苦味がアルミで調理された食べ物に全体にゆきわたる。だから、食べ物の味ですら汚染されてしまう。)

    (Do the following test: Cook a batch of spinach in a stainless steel pot. Observe that it remains green, the water mostly clear. Now cook spinach in aluminum. Observe the green quickly changing to black, the water becoming cloudy, as the highly- toxic aluminum oxides begin to form. Moreover, a certain bitterness pervades all aluminum- cooked foods, so even the flavors of the foods are contaminated.)

    体はこういう酸化物を容易に取り除くことはできない。だから、肉体の弱い個所に蓄積されていく。最近の実験結果では、アルツハイマー患者の脳から高濃度のアルミニウムが検出されている。事実、老人性痴呆症がらみの病気には、アルミ毒性が脳を冒している可能性が高い。それ以外にも、腎臓や肝臓、胃、関節などは、体内の過剰なアルミの投げ捨て場にもなっていて、それがやがては腎不全や貧血症、胃潰瘍、骨軟化症のような骨の病気に発展していく。胃潰瘍や胃酸過多などを和らげるために…「治す」ためではないことに注意…今日まで最もよく使われたのがアルミ水酸化物をベースに調合されたさまざまな「医薬品」だったのである。実質的に、それはそもそもが体内の消化器官一帯に蓄積さえた有毒な「酸化物」に対する「解毒剤」として使われていたのだ。アルミ産業の人を小ばかにしたようなやり方!ガラス屋が、悪ガキたちに小遣い銭を与えてガラスを割らせにやるような手口だが、こちらはそれと比べて問題にならないくらいに危険だ。

    Since the body cannot easily expel these oxides, they tend to accumulate in various vulnerable places. Recent tests showed high levels of aluminum in the brains of Alzheimer's sufferers. In fact in any form of disease involving senile dementia, there is a high possibility of aluminum poisoning in the brain. Kidney, liver, stomach and joints are other popular dumping grounds for aluminum excess, leading to renal failure, anemia, and stomach ulcers, and bone diseases such as osteomalacia. Consider also that until recently, the most common treatment for the relief, not the cure, mind you, from the burning pain of stomach ulcers and acidity has been various "medicines" with an aluminum hydroxide base, virtually as an antidote to the oxides which have poisoned the digestive tract in the first place. What a great business for the cynical aluminum companies! Like a glazier employing kids to break windows, but infinitely more dangerous.



n a v i g a t o r
地球に生きる
地球の生き方ガイド
▼メールマガジン

NOWHEREテーマ
こころ・ヒーリング
オープンコミュニティ
リアルインド
地球に生きる
アート
アナディみてるだけ
スタッフ


▼地球に生きる   MAIL | MAILING LIST参加 | MAILING LIST過去ログ | BBS | HOMENOWHERE