logo
HOME
WOMBAT
NOWHERE
MAIL
MAILING LIST参加
MAILING LISTログ
BBS


連載をはじめた経緯



これまでより総合的なシステムだ。このシステムには新しい呼び名があったほうがいいかもしれない。旧来の概念では収まらないからだ。生活と住居、自家農園、水の利用を一体で考えたシステムだ。なーんて、何だかとてつもない世紀の大発明のような言い方をしてしまった。





連載をはじめた経緯




この連載を始めたきっかけは、新しい家を建てる事を考え始めたことだ。もう大きな家はたくさんだった。手間が掛かり掃除ばかり。スペースがたくさんあるので。ものは貯まっていく。

小屋ぐらいの小さな家がいい。それに長期旅行で、家を空けることも多くなるだろう。維持費の掛からない家がいい。使わなければ余分なお金がいらない家。それから何年たっても改築しなくていいような、すぐに傷まない家がいい。郵便物が届いて、銀行や役場に届けておくためだけの家。土地は法的な問題が残っているものの、有るには有った。無理やり建ててしまえばそれなりに居座れるくらいの法的な地位。

水源、排水、トイレ、冷暖房、風、光、作業小屋、車庫、井戸、熱エネルギー・有機物・水の循環、多角的に検討を始め、全てを縫合できるシステムにしたいと思った。予算が少ないので、機能優先、デザインは後回しだ。

最初は、寝転びやすい居間の事ばかり設計していた。検討を進めるうち 家屋と自家農園がセットになって機能する家の姿が見えてきた。21世紀型の住居モデルだ。それから冷暖房に鉱物燃料を使わなくていいような暖かく涼しい家が見えてきた。 春秋は横に風が流れ、冷暖房時には上下に風が流れる。太陽と地球の熱を活用した家だ。

それから水のことを考え始めた。すると現在の家と社会、個人と自然を縫う水のシステムが見えてきた。そのシステムは改善できる点がたくさんあった。

そして頭のなかで何かがひらめき、農作、家屋、エネルギーが一体になったもの、それをエコハウスと呼ぶ人もいるが、あちこちのエコハウスより一歩すすんだ形態のものが、おぼろげにうかんだ。そうして、それを整理するためにこの連載をはじめた。




予告




上下水道は不用、家庭や各事業所ごとに浄化力を十分持った浄化設備があるといい。あるいは密集しているところなら小規模の集合下水処理場でもいいが、要は汚れを出す場所に、その汚れの特性に応じた浄化力の高い設備を設ければいい。汚れを拡散させてはいけない。そのような浄化槽を活かすには、微生物を傷めるような物質を使ってはいけない。

これらの結論を持ち、主張してきた。平行して、いろいろな資料も調べたが、この主張と同じ結論にいくつか出会った益々自信を得た。石井式浄化槽というのもこれとおなじ主旨に立って浄化槽の設計を行っている。

だが、あらゆる技術は発展途上にある。改善はまだまだ進む。急に視界が開け、もう一歩先が見える。新しいシステムのイメージを一刻もここに描き出してみたい。ありがたいことは、ここがコピーレフトの国だということだ。私は産気づいて早く子どもを産み落としたい母親のよう、母になった経験は無いけれど。

他の研究者や専門家より、たぶん先に進んだアイディアを私が持てたのは、微生物農業の経験と、水の浄化装置の経験を合わせ持っていて、住居における自己完結型のシステムを模索していたことが幸いしている。

ダッチロールした私のバラバラの経歴が、パズルを組むように役立つ事を夢に見た事はあったが、 こう言う形で一本の糸に繋がるとは思いもよらないことで、一人興奮した。他の著作者は、浄化設備に対する詳細に疎いか、浄化槽に詳しくても、微生物農業を視野に入れていないので、考えがその先まで進まなかったようだ。

これは見てきた限り、これまでより総合的なシステムだ。このシステムには新しい呼び名があったほうがいいかもしれない。旧来の概念では収まらないからだ。生活と住居、自家農園、水の利用を一体で考えたシステムだ。なーんて、何だかとてつもない世紀の大発明のような言い方をしてしまった。実際は知ってみれば、そんなに対したものでもない。コロンブスの卵の表面についたゴミぐらいのもの。一歩突っ込んだエコハウスのアイディアといったところだ。

ま、読者の興味を引き立てるためのサービスね。次編が待ち遠しいゾ。そうだ、いつも読んでくれてありがとう!





logo
HOME | WOMBAT | NOWHERE | MAIL | MAILING LIST参加 | MAILING LIST過去ログ | BBS



 ・ 微生物活用循環農法 1

 ・ 光合成菌で育てた!?サツマイモ

 ・ 微生物活用循環農法 2

 ・ 微生物活用循環農法 3・4実践編

 ・ 微生物活用循環農法 5

 ・ 微生物活用循環農法 6

 ・ 微生物活用循環農法 7

 ・ 微生物活用循環農法 8

 ・ 微生物活用循環農法 番外編「迫り来る!食料危機」

 ・ ペイする国内農業

 ・ 人糞有効活用への道

 ・ 人糞有効活用への道



 ・ 微生物による土壌の浄化



 ・ 微生物による水の浄化

 ・ 水汚染の止めるには微生物有効利用が鍵

 ・ 世界的な水不足

 ・ 国内の水不足、水争い、水利権

 ・ いかに水を浄化するかが水問題のポイント

 ・ 世界的な水汚染
 ・ 野菜の洗浄消毒
 ・ 塩素
 ・ 連載をはじめた経緯
 ・ 石井式浄化槽
 ・ 石井式浄化槽をめぐって
 ・ 下水道時代から個別浄化時代へ
 ・ 汚れは資源
 ・ 過剰な地下水の汲み上げ
 ・ 設備の小口分散化
 ・ 新しい水のシステム NEW!



 ・ 理想のトイレを考える

 ・ 汲み取り式トイレの話題

 ・ 家つくりのヒント 1



 ・ 微生物と共存するライフ問答


copy right (c) 2001 Fujita Sahaj Licenced Publically under GPL
artwork form Meena's e-nikki ( copyleft )
designed by maha, NOWHERE